身だしなみ

【就活中のカバンに入れておくべき持ち物とは】持っておくと役に立つアイテムをご紹介!

就活に必要な持ち物をリストアップしよう!

就職活動において、リクルートスーツの準備は抜かりなく誰もが行うものです。しかしそのほかの持ち物について「何を準備すればよいのだろう?」と悩む就活生も多くいることでしょう。就活において必要な持ち物について、当日会場に着いて周りを見渡してから「あっ、〇〇が必要だったんだ」と気付いても遅いです。そのようなことの無いよう、就活中カバンに入れておくべきものをリストアップしておくようにしましょう。

ここでは就活においてカバンに入れておくべき持ち物について紹介していきます。持っておくべきモノを当日忘れてしまうと、動揺してしまい、気持ちが整わないまま面接に臨まなければならなくなります。就活を円滑に進めていけることが出来るよう、しっかりと押さえておくようにしましょう。

就活のマナーを確認しよう

服装に気を付けること以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

持ち物を入れるカバンについて

就職活動において、スーツの次に準備するものとしてカバンが挙げられるでしょう。「カバンなんて何でも良いのでは?」と思う就活生もいるかも知れません。しかしカバンは面接の際、面接室に持ち込みます。

社会人として恥ずかしくないデザインのものを選ぶ必要があります。また必要な持ち物は全てカバンに入れることになりますので、それらを無理なく入れることの出来ることも重要です。以下、カバンを選ぶポイントとして重要な点を解説していきます。しっかりと理解し、最適なカバンを準備しておくようにしましょう。

A4サイズが入るカバン

カバンのサイズとしては、A4サイズの書類をそのまま入れられる大きさのカバンを選択するようにしましょう。説明会などに参加する際、会場で配られるパンフレット、資料等のほとんどはA4サイズのものです。それらを折りたたまずに入れられることが重要なポイントになります。また面接に向かう際、履歴書を持参することもあるでしょう。

折りたたんでバッグに入れた履歴書を面接官に渡すのは失礼にあたります。面接官に余計なところでマイナスの評価を受けないためにも、提出する履歴書をきれいな形でカバンに入れられることが大切なのです。社会において公的書類の多くはA4サイズで作成されています。A4サイズの書類を折らずにそのまま入れることが出来るサイズのカバンが求められているのです。

無地で黒色のカバン

カバンを選ぶ際、無地で黒色のカバンを選択するのが無難だと言えるでしょう。柄が入っているようなカバンは採用担当者に落ち着きのない印象を与えてしまう可能性があります。無地のものを選び、誠実な印象を与えられるようにしましょう。また色も黒色を選ぶのが賢明です。しかし、茶色やグレー系のカバンを持っている社会人ももちろん多くいます。

それ自体は決してマナー違反ではないのですが、就職活動においては、浮ついた印象を与えてしまう恐れがあります。黒色を選ぶことでまじめな印象を採用担当者に与えることが出来るのです。就職活動において、カバンでおしゃれをする必要はありません。スーツ屋で売っているようなリクルート用のカバンを選択するのが良いと言えるのです。

絶対に持っておくべき就活の持ち物リスト

就職活動を進めるにあたり、必ず持っておくべき持ち物が存在します。もちろん説明会に行くのか、面接に行くのかなど、用途に応じて持っていくものは変える必要があります。しかしどのような場面であれ、就職活動の一環として訪れるのであれば、持っておくべき物もあるのです。

以下、どのような場面であれ、絶対に持っておくべき就活の持ち物を3つ挙げ、それぞれ解説していきます。これらを忘れてしまい、そのことで気が散り、面接や説明会に集中できなくなってしまうのはNGです。これらについては常時携帯しておくようにしましょう。

①応募書類とそのコピー

就職活動において必ず持っておくべき持ち物の一つ目は、応募書類とそのコピーです。「面接に行くわけでなければ、必要ないな」とカバンから応募書類を取り出してしまっていたことで、当日応募書類を忘れてしまうこともあるのです。そのようなことの無いよう、履歴書などの応募書類はファイルに入れてカバンに入れておくようにしましょう。

またその際、応募書類のコピーを事前に取っておくようにしましょう。コピーをせずに提出してしまい、書いた内容を確認することが出来なくなってしまうと、次に新たに応募書類を作成する際、また一から内容を考えて書かなければならなくなります。時間を効率的に用いるために、応募書類のコピーを必ず取っておくことが必要なのです。

②腕時計

就職活動において必ず持っておくべき持ち物の二つ目は、腕時計です。「時間が知りたいときは携帯で確認するから大丈夫」と考える就活生もいることでしょう。しかしビジネスの場において携帯電話で時間を確認するのはマナー違反です。腕時計をしていないことで、「社会人としてのマナーが理解できていないのかな」と採用担当者にマイナスの評価を受けてしまう恐れがあります。

もし持っていない場合はこれを機に揃えておくようにしましょう。その際、腕時計はできるだけ落ち着いた色でシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。リクルートスーツと不釣り合いな、派手な装飾が施された腕時計をしていると落ち着きのない印象を採用担当者に与えてしまいます。誠実な印象を与えるデザインのものを選ぶのが良いと言えます。

③印鑑

就職活動において必ず持っておくべき持ち物の三つ目は印鑑です。「印鑑なんて何に使うの?」と思う就活生もいることでしょう。しかし交通費の清算で使用するケースがあるのです。企業によっては、説明会、面接への交通費を支給してくれるところもあります。その際、交通費を受け取った証として受領印を押すこともあるのです。そのようなことに備え、印鑑を常時携帯しておくのが良いでしょう。

その場合、シャチハタ以外の印鑑を準備しておくのが賢明です。シャチハタは朱肉を使う必要がなく、非常に便利な代物とされています。しかし公的書面など、正式な文書に押印する際、シャチハタは認められないことがほとんどです。念のためシャチハタ以外の印鑑を準備しておいたほうが良いのです。

説明会に持っていく持ち物リスト

  • メモ帳
  • スケジュール帳
  • 筆記用具
  • クリアファイル

会社説明会で社員の話を聞く際には、印象に残ったことをメモしましょう。会社説明会で印象に残った内容は、志望動機や面接で話すためのネタになります。話を聞いたことは、その場でメモをしなければすぐに忘れてしまうので、印象に残ったことをすぐにメモするために、メモ帳と筆記用具を持っていきましょう。

また、企業説明会では今後の採用スケジュールについて説明があります。エントリーシートの提出期限やSPI受検、面接などのスケジュールをメモするために、スケジュール帳を持っていきましょう。就職活動中は1日に何社もの企業説明会に参加することもあります。企業説明会では資料をもらいますが、複数の企業の資料がごちゃごちゃにならないように、企業別に分けるためのクリアファイルを持っていきましょう。

面接に持っていく持ち物リスト

  • 提出書類
  • 靴磨き
  • ヘアワックス
  • ハンカチ、ティッシュ
  • メモ帳
  • 筆記用具

企業からのメールで履歴書やエントリーシートを持ってくるように指示されている場合は、提出書類を忘れないようにしましょう。面接に行く途中で、靴が汚れたり、風が強くて髪型がぼさぼさになっていることがあります。面接では、最初の3秒でその人の印象が決まると言われているので、外見を整えることが大切です。面接に挑む前に、靴磨きで靴を綺麗にして、ヘアワックスで髪型を整えるようにしましょう。

また気温が高かったり、急いで走ってきた場合は、汗をかいてしまいます。汗だくで面接を受けると、印象が悪くなる可能性があるので、汗を拭くためのハンカチやティッシュを持っていきましょう。面接が終わってから、質問された内容や回答をメモしておくことで次の面接に役立つので、メモ帳と筆記用具も持っていきましょう。

内定式に持っていく持ち物リスト

  • 靴磨き
  • スーツブラシ
  • ヘアワックス
  • ハンカチ、ティッシュ
  • 提出書類
  • クリアファイル
  • メモ帳
  • 筆記用具
  • 現金

内定式では先輩社員と話をするだけでなく、社長や取締役が話をするので、外見には気をつけましょう。靴やスーツは汚れやすいため、靴磨きで靴の汚れを落として、スーツブラシでスーツのホコリや汚れを取っておきます。また、ヘアワックスで髪型を整えて、汗をかいていたらハンカチかティッシュで拭いておきましょう。

内定式で書類を提出するように指示されている場合は、提出書類を必ず持っていきましょう。提出書類をそのままカバンに入れてしまうと、書類が破れてしまうことがあるので、クリアファイルに入れて持っていきます。

内定式で聞いた話や課題、注意点をメモするために、メモ帳と筆記用具も持っていきましょう。内定式後の懇親会が終わってから、同期で二次会に行くこともあるので、多少の現金を持っていくほうがよいです。

 

女性が持っておくべき就活の持ち物リスト

  • 替えのストッキング
  • 化粧ポーチ
  • 上着

女性が持っておくべき就活の持ち物として、替えのストッキングがまず挙げられます。移動中にストッキングが伝線してしまう恐れもあります。そのようなことに備え、替えのストッキングを準備しておくのは重要なことなのです。

また最低限の化粧品を入れた化粧ポーチも携帯しておきましょう。夏場の就活では特に、汗によりメイクが崩れてしまうことがあります。途中でメイクを直すことが出来るよう、最低限の準備をしておきましょう。

さらにクールビズで企業に行く場合、上着を携帯するようにしましょう。面接会場によっては、冷房が効きすぎている企業もあります。寒さが気になり面接に支障が出てしまうともったいないです。そのような場合に備え、調整が出来る上着を準備しておくことが重要なのです。

忘れ物をして焦らないように前日に準備しよう!

ここまで就活における必需品について解説してきました。就職活動はただでさえナーバスなものです。忘れ物をすることで心が動揺してしまうと、冷静に質問に答え、面接を切り抜けることが困難になってしまいます。しかし忘れ物をしてしまうことは誰にでも起こり得ます。どんなに気を付けていても忘れ物をしてしまう可能性はあるのです。

重要なのは忘れ物をしてしまうことの無いよう、前日に落ち着いて準備を行うことです。当日準備を行うと、当日という緊張もあり、落ち着いて準備を進めることが出来ない可能性があります。前日に落ち着いた心で準備を行い、当日出発前に忘れ物がないか再度確認するようにして、忘れ物によって焦りが生じないようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ