職種研究

居酒屋の志望動機を作るためのポイント【参考例文5選付き】

居酒屋について

多くの人が利用する居酒屋。接客業を希望する人や、食べることが好きな人には向いている業界です。以前では長時間労働や、休みの少なさからブラック業界と言われていた居酒屋ですが、近年は業界全体的に働き方も改善されつつあり、福利厚生を充実させる居酒屋も増えています。

個人経営の居酒屋か、チェーン店かにもよって働きかたにも違いが出てきますが、ここでは系列店も多く持つチェーンでの居酒屋を中心にご紹介していきます。

居酒屋の主な業務内容

まずは居酒屋の主な業務内容についてご説明します。居酒屋では、ご利用のお客様に食事や飲み物を提供します。ホールとキッチンに分かれているケースが多く、ホールスタッフがお客様を席までご案内し注文をとる、注文の料理またはドリンクをキッチンスタッフが用意する、用意できた商品をホールスタッフがお客様まで届ける、これらが一連の流れになります。

また、営業が始まる前の清掃や食器並べ、予約電話の対応、営業が終わってからの清掃や売り上げ確認なども業務内容に含まれます。

居酒屋の志望動機の作成ポイント2つ

居酒屋に就職したいのであれば、志望動機の書き方にも気を付ける必要があります。

志望動機を作成する際に押さえておきたいポイントは「居酒屋を志望する理由を明確にする」「就職にあたってのやる気を伝える」という2つです。これらを志望動機の中でしっかりとアピールできるかどうかで、今後の就職活動につながるかが変わってきます。あわせて「接客の経験があれば具体的に述べる」ことも大事です。それではこれらのポイントについて、より詳しく解説していきます。

①居酒屋を志望する理由を明確にする

志望動機で大事なのが、「何故ここに就職を志望しているのか」という部分です。この点が明確でない志望動機は選考の通過率が低くなる可能性があります。特に重要なのは「その企業でなくてはいけない理由」です。例えば「御社に魅力を感じました」だけでは、どんな会社に向けてでも言えてしまいます。企業のどういった部分に魅力を感じたか、企業ならではの特長を押さえたうえで志望動機を書く必要があるのです。

これらを意識して志望動機を書くのであれば、できるだけ企業について詳しく調べたうえで書くようにしましょう。企業だけでなく、業界全体の傾向なども理解してから書くと、より一層具体的な企業の特長が見えてくるでしょう。

接客の経験があれば具体的に述べる

居酒屋の基本的な業務は、多くは店舗での接客業です。そのため、過去に接客の経験があれば、できるだけ志望動機の場面であわせて伝えておくほうがいいでしょう。その方が「接客業の経験があるのであれば採用したい」と好意的に捉えられる場合が増えるからです。そういった点を踏まえて、志望動機では接客経験の有無をあわせて述べるようにしましょう。

特に接客経験があれば、志望動機と共に具体的な内容についても話すようにしましょう。採用担当からしても、接客経験があると分かれば採用候補として具体的な質問などをおこないやすいでしょう。接客経験の内容が居酒屋とは若干違う場合でも、記入によって自己PRに繋がるため問題はありません。

②就職にあたってのやる気を伝える

志望動機のもうひとつのポイントが、やる気を伝えることです。やる気を具体的に書くと、自分のアピールにもつながります。やる気を示したいのであれば、自分が就職した後どういった形で企業に貢献したいか、どういった仕事をしたいのかをアピールしていきましょう。

居酒屋や企業に就職後、自分がどうなりたいか明確にしたうえで書くことが大事です。具体的にどういった仕事をしたいかなど、自分なりに就職後の未来の展望を考えて文章を書くようにしましょう。単に志望動機に「やる気があります」と書くよりも、やる気を志望動機のなかで具体的にどう表現するかによって、印象は大きく変わります。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

居酒屋の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に居酒屋に採用される志望動機を完成させましょう。

居酒屋の志望動機NG例

まずは、居酒屋の志望動機でNGとなる例文からご紹介しましょう。NGの理由も一緒に解説しますので、自分の志望動機と比較してみてください。

NG例

私は、大学時代によく友達と居酒屋を利用していました。特に大学近くの居酒屋は、店員さんがとても元気で愛想が良く、サービスも充実し、味もおいしく、全てにおいて素晴らしと思えるお店でした。ここまで完璧な居酒屋だったため、私も良く利用していました。自分が利用して素晴らしいと感じていたように、同様に思われリピート客が増える居酒屋作りをしたく、志望しました。

自分の利用していた居酒屋を例に挙げた志望動機です。居酒屋は身近な存在のため、同様の理由を志望動機とする人もいるのではないでしょうか。しかし、この志望動機は作文のような印象を受けませんか?そこがNGポイントです。一文目に「店員の接客満足度が高く、リピーターの多い居酒屋づくりを目指し志望します」と持ってくるだけで、志望動機が明確化します。

居酒屋の志望動機例5選

では次に、ぜひ参考にしてほしい居酒屋の志望動機の例文をご紹介します。評価されるポイントについても解説しますので、合わせてチェックしてください。

志望動機の例文①

私が居酒屋を志望する理由は、人と食べることが大好きであることと、幼少期から人見知りがなく、人に対して興味を持つため、知らない人でも話しかけるのが苦にならないという2つからです。そのため、就職するのであれば接客業に勤めたいと思っておりました。私の好きなものが2つ詰まった空間は居酒屋しかありません。食に興味のない人が足を運びたくなるような居酒屋にし、知らない人同士がコミュニティを作れるような居酒屋づくりに携わっていきたいです。

この志望動機には、当人が好きだからこそ利用者が満足できる空間を作りたいという、やる気が見られます。また、「食に興味のない人が足を運びたくなるような」の部分からは、新たなニーズの開拓も予想されます。これは居酒屋にとっても大きなメリットとなるでしょう。

志望動機の例文②

アルバイトの経験を活かし、店舗売り上げNo1を目指します。私は貴社の居酒屋で大学3年間、アルバイトをさせていただきました。店舗の売り上げを比較した際、私がアルバイトしていた店舗は都内No3でした。私は3年目ではNo1を目指し、サービスやアメニティの充実など提案していたため、この結果は非常に悔しいものでした。貴社に入社した際には、3年間の経験を活かし、私が配属となった店舗の売り上げNo1を目指したいと思っております。

こちらもやる気の十分に伝わる志望動機です。居酒屋の場合、アルバイト経験を活かして取り組みたいという志望動機が書きやすいでしょう。彼はアルバイトの際も、店舗の売り上げを考え試行錯誤しています。入社後もさらに期待のできる人材と思われるでしょう。

志望動機の例文③

ファミリー層が利用しやすい居酒屋作りに取り組みたく、貴社を志望します。近年では、若者の宅のみの流行や、外食費の削減など、居酒屋の利用は減少傾向にあります。そのため私は、ファミリーで利用しやすい居酒屋を提案します。居酒屋は小さな子供が好むフードやドリンクも充実し、最近は分煙化も進み、子供でも利用しやすくなっているのではと思います。他人の目を気にせず、小さい子供連れのファミリーも利用しやすいよう、時間制限や空間を区切るなど、考えていきながら貴社の居酒屋に新しい風を吹かすことのできる人材になりたく志望いたしました。

この例文は、市場を把握して、自分なりの考えがまとめられている志望動機になっていますね。自分の理想を伝えるだけでなく、業界研究によって見えてくる市場の動きや業界の課題、展望を志望動機に取り入れることで、より充実した志望動機となります。

志望動機の例文④

私は家族と共にであったり、大学のサークルの集まりなどでよく居酒屋を利用し、その中で様々なコミュニケーションを交わす機会に恵まれました。自然と人と話したくなる場として、居酒屋は非常に良い面を持っていると思っています。御社の経営理念の「人と人をつなぐ」という言葉にも、居酒屋のコミュニケーションの場としての面が出ていると感じました。御社に就職した際には、お客様にとって気持ちのいいコミュニケーションを演出できる場となるように業務に取り組んでいきたいと考えております。

就職先をどういった場所と捉えているか、というのも企業によって変わってくるものです。自分の考えている居酒屋と、企業の考えている居酒屋とはどういうものかが噛み合っている場合は、積極的に志望動機のなかに記入するといいでしょう。

志望動機の例文⑤

御社を志望した理由は、接客が好きだからです。私は学生時代に接客業のアルバイトを長く経験しました。その中で接客を通じて人に関わることが私の性格に合うと感じるようになり、また積極的に関わってきたことで接客のスキルも高くなったのではないかと自負しております。そのため社会に出てからも、より本格的に接客業に関わっていきたいと考えております。御社へは居酒屋経営において、接客面を重視されている部分に魅力を感じ、志望致しました。御社に就職した際には、接客業での経験を活かして企業の業績に貢献したいと思っています。

志望動機が「自分がその仕事を好きだから」という形でも、志望動機は書けます。その場合好きだと思うようになったきっかけや、得られた能力などの記載によって、単純に好きというだけでなく積極的に取り組みたい理由付けをするといいでしょう。

先輩の志望動機を参考に作成するのもアリ

志望動機の記載ポイントについては紹介しまっしたが、まだ、どのように作成するればいいか迷いが生じている人もいるでしょう。そんなときは、先輩の志望動機を参考にしてみてはいかがでしょうか?

ご紹介するのは、大手内定者の志望動機を1冊にまとめた志望動機まとめです。この資料では、伊藤忠やANAなど就活生から人気の大手企業に内定した志望動機を掲載しています。また人事が見るポイントも紹介しているので、自分が作成する際の参考になることでしょう。ぜひ一度チェックしてみてください。

居酒屋の志望動機は作成ポイントを参考にしよう

居酒屋で勤める際の志望動機についてご紹介してきました。居酒屋は身近なところにも多くあり、アルバイトで経験している人も多いため、志望動機の題材は上げやすいでしょう。しかしその分、志望する理由や、やる気が明確化されていないと、ほかの就活生と差別化できず埋もれてしまうようになります。そのため、「志望動機の一文面で志望理由を明確化する」「やる気をアピールする」点を含めて作成するようにしましょう。

志望動機は、履歴書やエントリーシートで記載する選考の一番初めに必要なものです。志望動機があやふやだとその先の選考に進めませんので、十分に時間をかけ、満足のいく内容に仕上げるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ