面接対策

面接の到着時間はいつがベスト?遅刻する場合の対処も解説

面接の到着時間はいつがベストか?

就活生のみなさんは、面接開始時間のどのくらい前に到着するようにしているでしょうか。遅刻はもちろんNGなので、時間ぴったりか時間前に着くようにする人がほとんどでしょう。時間ぴったりの到着には、準備をする間もなく面接に臨まなければならなくなるかもしれないという注意点があります。

また面接官によっては、時間ぎりぎりに到着したとなると心象が悪くなるかもしれません。以上をふまえると、面接の際には時間に余裕を持って面接会場に到着するというのがよさそうです。では、面接開始の何分前に会場に到着すればよいのでしょうか。

開始時間の10分前

面接会場に到着するのにベストの時間は、面接開始の10分前です。10分前に着けば、身だしなみを整えて気持ちを落ち着かせてから、面接を受けることができます。面接前にきちんと準備ができたという事実は、面接中の気持ちの余裕を生んでくれるでしょう。では、5分前だとどうでしょうか。面接開始5分前の受付では、駆け込んできたという印象を与えかねません。

また、身だしなみや気持ちを整えられないまま面接に臨まなければならなくなる可能性もあります。やはり、10分前には面接会場に到着しておいた方が良いようです。ただし、到着時間は早ければ早い方がよいというわけではありません。あまり早く着きすぎても、マナー違反となってしまうので注意しなければなりません。

到着が早すぎでも迷惑

採用活動を行っている間、企業は毎日何人もの学生の面接をします。面接官や面接会場のスケジュールも、細かく決められています。そんな中、予定よりだいぶ早い時間に学生が来てしまったらどうなるでしょう。採用担当者は、面接官のスケジュール変更などの対応に追われることになります。学生を待機させるにしても、待機場所を別途設けなければなりません。

これが、早すぎる到着がよくないとされる理由です。「面接時間よりもずいぶん早くに会場に来たな」と採用担当者に思われてしまう時間の目安は、面接開始時間の30分前です。30分以上早く面接会場に到着してしまいそうなときには、どこかで時間の調整をするようにしてください。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

無事に到着したらいざ面接

面接時間に間に合わなかった場合、連絡マナーを守って企業の採用担当者に連絡する必要があります。しかし、就活においてマナーが必要な場面はいくつもあります。電話をかけるとき、メールをするとき、面接時の服装、面接をおこなうときのマナーなどです。

就活は知っておくべきマナーがたくさんありますが、そこでおすすめするのが、就活マナーマニュアルです。この資料は、就活で必要なマナーを1冊にまとめています。

これからのこれから面接という人も、就活が不安な人も1冊持っておくと安心です。ぜひチェックしてみてください。

面接の到着時間が遅れる場合の対処

就職活動では、社会人としての常識を持っているかということも選考の大きなポイントとなります。そのため、面接時間に遅刻するというのはあってはなりません。

遅刻をしないよう、電車の乗り換え方法や駅からビルまでの道のり等を事前に確認しておく必要があります。しかしどれだけ準備をしていても、予想外のできごとで遅刻してしまうこともあるでしょう。ここでは、万が一遅刻をしてしまったときの対処法を見ていきます。

すぐに採用担当者に電話をする

面接に遅刻してしまう突発的なできごととして考えられるのは、電車の遅延や体調不良です。遅刻してしまいそうだと思ったときには、まず速やかに採用担当者に電話をして報告しましょう。面接の時間に間に合わなそうだということと、その理由を正直に伝えてお詫びをしてください。その後、どのように対応したらよいかの指示を仰ぎます。時間に遅れてもその日に面接をして貰えるのか、もしくは日にちを変更して貰えるのかを確認します。

電車やバスの遅延の場合は、鉄道会社が発行している遅延証明書も必ず受取っておきましょう。遅刻をするのは社会人としてやってはいけないことです。ですが、突然のトラブルは回避できない場合もあります。そのようなときに常識のある誠実な対応を取ることができれば、採用担当者への印象悪化を防ぐことができるでしょう。

電話で伝える場合のテンプレート

面接に遅刻する場合の電話での伝え方となると、急に文章を考えるのは大変かもしれません。その場合、下記のテンプレートを状況に応じて修正してぜひ使用してください。基本的に、企業相手の電話は報告・連絡・相談の3点を押さえて話すようにしましょう。

お世話になっております。私○○大学△△学部✕年の□□と申します。大変申し訳ございませんが、本日、○○時からの面接選考に遅れてしまう可能性があるためご連絡させていただきました。
(この部分は、各自遅れてしまう理由を簡単にまとめて報告します。)
そのため、集合時間に面接会場に到着することが難しい状況です。
集合時間に○分遅れで到着する予定です。遅れて面接をしていただくことは可能でしょうか?もしくは代替時間に参加させていただくことは可能でしょうか?

面接当日は早めに家を出る

面接に向けて万全の準備を整えていても、電車の遅延や運休といったトラブルで、遅刻をしてしまうことがあります。面接に絶対に遅刻をしないためには、突発的なトラブルにも備えなければなりません。そのためには早めに家を出て、面接会場の最寄り駅に余裕を持って到着しておくとよいでしょう。

面接時間が来るまでは、面接会場の近くの喫茶店やカフェなどで待つことがオススメです。待っているあいだに面接内容の最終確認をし、気持ちを落ち着かせておいてください。喫茶店やカフェを選ぶときには、スーツに臭いが付かないよう禁煙席のあるところを選ぶようにしましょう。

面接の日程を変更する場合は前日までに連絡する

面接の日程は、基本的に企業にとってゆっくりと話をしやすい日程を指定してきているものです。とはいえ、こちらの都合によってはどうしても日程を変更しなくてはいけない時というのも、就活を続けていれば出てくることもあるでしょう。

どうしても当日に企業へ行くことがでけいない場合は、基本的に前日までに日程の変更について連絡をしておく必要が出てきます。前日までに連絡することで、企業も参加できない時間の穴埋めをするのが楽になるという理由もあります。

その際も、相応のマナーが要求されることになります。きちんとマナーを踏まえたうえで、日程変更の連絡をするようにしましょう。

面接前日の場合は電話・それ以前の場合はメールでも可

例えば急に病気になってしまったなど、前日まで予想していなかった理由で面接を欠席せざるを得ないときには、基本的に電話で連絡をするようにしましょう。電話であれば、すぐに情報が面接担当者に伝えられるという理由もあります。

当日に面接を受けられなくなったことが前日よりも前に分かっている場合は、連絡する場合メールを用いても問題はありません。ですが、どちらにしても早めに連絡をするように心がけた方がいいでしょう。面接をキャンセルすることになると、面接担当者のスケジュールを再調整させることになります。そのためメールであれ電話であれ、連絡をする際は相手に丁寧な理由の説明と、しっかりとしたお詫びの気持ちを伝えるようにしましょう。

面接の日程を変更する場合のテンプレート【電話】

面接の日程を急に変更して貰う場合の基本的な電話の内容も、遅刻の際と同じく「報告・連絡・相談」を意識して電話をするようにしましょう。以下をテンプレートに使うといいでしょう。

お忙しいなか失礼いたします。私○○大学△学部✕年□□と申します。人事部(採用担当者)の○○様に連絡したいことがあるのですが、ご在籍でしょうか?
(採用担当者へ直接つながった場合、この部分は飛ばします)
ただいまお時間よろしいでしょうか?
大変申し訳ありませんが、面接の予約をさせていただいた〇月〇日は、~のため当日の面接参加が難しい状況になってしまいました。つきましては、日程を再調整させていただくことはできますでしょうか?変更していただけるのでしたら、こちらでは、〇月〇日や✕日を候補として考えております。いかがでしょうか?

 

面接の日程を変更する場合のテンプレート【メール】

メールの場合は、ビジネスメールを送る際のルール通りに装飾や署名をつけるのを忘れないようにしましょう。以下をテンプレートにして送るといいでしょう。

●●株式会社
人事部△△様

お世話になっております。○○大学○年の○○でございます。

今回は面接の機会を頂き、ありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、(参加できない理由を説明)のため、当日に参加することが困難になってしまいました。

つきましては、下記日程で調整いただくことは可能でしょうか。

●月●日(●)15時∼18時
●月●日(●)16時以降
●月●日(●)17時以降

(相手の都合にあわせて日程を決める場合は、ここを省いても可能です)

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

******************************
署名欄
******************************

面接当日は到着時間に余裕を持って行動しよう

就職活動で面接を受けるときに、時間に余裕を持って行動しなければならない理由は2つあります。1つ目は、ビジネスマナー違反となる遅刻をできるだけ回避するためです。2つ目は、時間の余裕は心の余裕を生むからです。時間に余裕があれば、身だしなみや面接内容の最終チェックをすることができるため、不安なく面接に臨むことができます。

不安がなければ、自信を持って自然な笑顔で面接に臨むことができるはずです。就職活動の面接では、たった5分の到着時間の違いが、面接を成功させるか否かに関わってくる場合もあります。大切な面接を成功させるためにも、時間に余裕を持った行動を心がけるようにしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ