職種研究

【コールセンターの志望動機】例文4つとポイント・NG例を紹介

コールセンターはコミュニケーション能力を活かせる職業

お客様と話をするのが好きな人や、トークスキルを磨きたい人、知識やコミュニケーションスキルを活かしたい人などにとって、コールセンターは人気の職種です。

コールセンターでは具体的にどのような業務をおこなっているのか、コールセンターで働くためにはどのような志望動機を書けばよいのか、今回はそのポイントと例文をいくつかご紹介していきます。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的にトレーラー運転手に採用される志望動機を完成させましょう。

コールセンターの仕事内容

コールセンターを志望するなら、どのような仕事があるのか知っておくことが大切です。仕事内容を把握していないと、スムーズに業務を進められないばかりか、業界や企業への理解度が低いと判断される可能性があります。

理解度の低さは、そのまま志望度の低さと思われることが多いため、仕事への理解はきちんと深めておくことが大切です。コールセンターの仕事は、大きくインバウンドとアウトバウンドの2つがあげられます。それぞれの違いを知り、コールセンターの仕事への理解を深めていきましょう。

インバウンド

インバウンドはお客様から注文や問い合わせを受ける仕事であり、注文や疑問に対しての応対をおこないます。注文の処理は迅速におこなう必要があり、素早い事務処理能力が求められるでしょう。

また、カスタマーからの疑問を解消するには、商品やサービスへの深い理解が必要であり、自社で扱っている商材については、細部まで理解を深めておかなければなりません。基本的なコミュニケーション能力も重要であり、電話での応対が企業の顔になることを意識して、仕事に取り組む姿勢が求められます。

インバウンドは文字通りカスタマーからコールセンターに対して、問い合わせが入ってくる仕事であるため、電話を受けて対応する仕事の総称と考えてもよいでしょう。

アウトバウンド

カスタマーからの問い合わせを受けるインバウンドに対して、自分から顧客に対して連絡をおこなう仕事がアウトバウンドです。アウトバウンドの仕事は多岐にわたり、現在自社の商材を利用している顧客に対して連絡をおこなうほか、新規顧客獲得のための営業もかけます。

いわば、テレアポの仕事ともいえ、営業スキルを求められることが多いです。これから顧客になる人はもちろん、すでに顧客となっている人のサポートもおこなうため、業務内容は幅広いでしょう。

企業によってはインバウンドとアウトバウンドの仕事がわけられておらず、それぞれを兼任することもあります。実際の業務範囲は企業ごとに違うものの、仕事の基本としてはお客様に対して電話をかけることと考えましょう。

コールセンターで求められる人物像

コールセンターでは、基本的なコミュニケーション能力が求められます。特に電話での応対スキルが求められており、これが高い人ほど、選考でも評価されやすいでしょう。コールセンターは電話を通じた顧客との対話が主な仕事になるため、コミュニケーション能力が必須です。

また、部署内で円滑に業務を回すためにも、コミュニケーション能力の高さは求められており、電話での応対から対人のスキルまで幅広く必要です。受け答えが問題なくできることはもちろん、正しい敬語を使って話せることも重要であり、コミュニケーションにおける全般的な能力が求められます。

電話のマナーなど、詳細部分は入社後に教育をおこなうケースが多いため、基本として必要なのはコミュニケーション能力と考えましょう。

志望動機を書く際のポイント

選考で高評価を獲得するには、志望動機の上手な作成方法を知っておくことが大切です。志望動機は細部まで工夫して作成することが重要であり、ポイントを押さえているかどうかによって、得られる評価は異なります。

大まかな内容が同じであっても、細部のポイントが守られていないと、高評価にならないばかりか、マイナス評価になる可能性もあります。どのような点に注目すべきかを知り、コールセンターで評価される志望動機を作成しましょう。

なぜコールセンターに就職したいのか書く

まずは業界全体の志望理由を示す必要があり、なぜコールセンターを選ぶのか、その理由を明確にしておきましょう。新卒では仕事の選択肢は無数であり、極端にいえばコールセンター以外にも就職先はいくらでもあります。

そのため、多数ある選択肢の中から、なぜコールセンターを選ぶのか、他の仕事ではだめな理由は何なのかを提示しなければなりません。ただ漠然とコールセンターを選んだというだけでは、志望度の高さがアピールできず、マイナス評価にもなりやすいです。

また、そもそも仕事へのやる気が伝わりにくくもなるため、業界を志望する理由は必ず含めておきましょう。業界全体を志望する理由は、志望動機の根幹になるため、最初に提示しておくことが大切です。

なぜそのコールセンターを選んだのか述べる

志望動機をより明確にするには、その業界でもなぜ志望先のコールセンターを選ぶのか、その理由を提示することが大切です。コールセンターは同業他社が多く、それぞれで仕事の内容は少しずつ異なります。

また、扱う商材もコールセンターごとに違うため、これらのポイントを示しながら志望動機を作成すると、より高評価を獲得しやすくなるでしょう。ただコールセンターを志望するというだけでは、どの企業でもよいことになってしまい、志望度が低いと思われることも少なくありません。

重要なのは他の企業ではなく、志望先だからこそ就職したいという気持ちをアピールすることです。他社を志望する理由と差別化するためにも、志望先だからこそ選んだ理由は明確にしておきましょう。

コールセンターの正しい志望動機例文4選

コールセンターの志望動機の書き方についてみてきました。しかし、志望動機を一から自分で考えるのは大変な作業といえます。そんな就活生の方は、例文を参考に志望動機を考えてみましょう。

ここでは、コールセンターの場合どのような志望動機を書くのが望ましいのか、例文を紹介します。例文の解説も参考にして、自分らしく一緒に働きたいと思ってもらえるような志望動機を考えていきましょう。

志望動機の例文①

私は以前コールセンターでアルバイトをしていた経験から、声だけでお客様をご案内する仕事にとてもやりがいを感じています。また、御社の「お客様の声に耳を傾ける」姿勢に共感し、志望しました。クレーム対応など大変なこともありますが、お客様の話を聞き真摯に対応することで、感謝の言葉をいただいた時は嬉しかったです。
採用されましたら、アルバイトで培ったトークスキルを生かして、御社に貢献したいと考えています。

コールセンターでのアルバイト経験がある場合は、具体的なエピソードなどを入れて積極的にアピールしましょう。経験がない場合でも、接客業で得たコミュニケーションスキルや、タイピングなどのパソコンスキルもアピールポイントになります。

志望動機の例文②

私が御社を志望した理由は、私自身が御社の製品を日頃から愛用していることもあり、知識を活かしながらお客様の目線に立ったご案内ができると思ったからです。もともと人と話すことが好きで、話すことを仕事にしたいと考えていたため、大学在学中に「話し言葉検定2級」を取得しました。
もし入社することができたら、ひとりひとりのお客様に合わせた声のトーンや話し方で、聞き取りやすいご案内を心がけたいです。

仕事内容に関連して、自分の好きなことや得意なことを伝えています。この仕事に就くために取得した資格などがあると、前向きに取り組んでいることが伝わり効果的です。また、入社後に何をしたいか、どうなりたいかなどのビジョンは、採用担当者がチェックするポイントです。しっかりと述べましょう。

志望動機の例文③

私は3年間家庭教師のアルバイトをしており、わかりやすい説明や伝わりやすい話し方には自信があります。コールセンターの仕事は未経験ですが、アルバイトを通じて培った経験を生かすことができると考え志望しました。御社を志望した理由は、未経験者のための研修制度が充実していると伺ったためです。
基礎からスキルを身につけて着実にステップアップし、お客様に安心を届けていきたいと思っています。

コールセンターでの仕事が未経験の場合は、自分が持っているスキルのほかに向上心をアピールすることが大切です。コールセンターの仕事は、特別なスキルなどはあまり必要ない仕事です。経験がなくても、今後しっかり勉強して活躍してくれるという期待感を採用担当者に持ってもらえるように工夫して伝えましょう。

志望動機の例文④

○○という商品の使い方を貴社のコールセンターに問い合わせ、その時の対応が素晴らしく、感動しました。同じように商品やサービスの使い方で困っている人を助け、より円満な商品提供をしたいと考え、貴社を志望しました。貴社の担当の方は私の疑問にも丁寧に答えてくれ、様々な解決方法を提案してくださいました。
私もインバウンドの部署で働き、お客様からの問い合わせに徹底的に向き合うことで、満足度の高い商品やサービスの提供に貢献したいと考えています。

実際に利用したことがあるコールセンターなら、その時の経験をもとに志望動機を作成するのもおすすめです。利用した経験があるなら、企業との接点も示すことができ、その企業ならではの志望理由にもしやすいでしょう。

コールセンターの志望動機NG例文

私が御社を志望する理由は、シフト制で残業がなく、時間の融通がきくため、働きやすいと感じたからです。給料の面でも他社より高く、とても社員に優しい会社だと思い志望しました。また、勤務地となるオフィスが自宅より近く、利便性が高いことも決め手です。また教育制度がしっかり整っているため、未経験でもできると感じました。
採用されましたら、早く仕事を覚えて一人前になれるよう精一杯がんばりたいと思います。

上記の例文を見てみると「残業がない」「給料が良い」「勤務地が近い」などの理由で志望していて、業務内容についてふれていません。また、「未経験でもできる」という文章は仕事を甘く考えているような印象を受けてしまいます。「早く仕事を覚えて一人前になる」という目標もぼんやりしているため、どのような対応をしたいか、どのようなオペレーターになりたいか、という点が伝わりません。

コールセンターへ就職するには説得力のある志望動機を書くことが大切

コールセンターの志望動機の書き方についてみてきました。コールセンターの仕事は、電話対応をしながらパソコン入力をおこなうため、接客と事務の要素を併せ持っています。お客様に対応するための専門的な知識が必要となるほか、クレーム対応などもあり大変ですが、やりがいのある仕事です。

こうした点を踏まえ、その企業を志望した理由を考えてみましょう。自分のスキルや経験をどのように活かせるのかを、抽象的でなく具体的なエピソードを交えて書くことが大切です。その上で、入社したらどのように活躍したいのか、将来はどんなふうになりたいのかというビジョンを述べることで、説得力のある志望動機を書くことができます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ