インターン

【インターン用の写真の撮り方】写真館で撮るべき理由を徹底解説!

インターンの証明写真の印象はとても大事

インターンに参加するためには履歴書やエントリーシートなどで企業に応募をする必要があり、証明写真は絶対に必要になります。証明写真は本人確認のためにも必要なものですが、それだけではなく評価の対象にもなっていることを忘れてはいけません。インターンに参加できる人数は決まっていますし、参加者を決めるためには選考がおこなわれます。

企業としてもせっかくインターンを開催するのであれば真面目な学生、印象の良い学生にきてもらいたいと考えていますので、証明写真の印象は大切です。証明写真は撮り方次第で印象が大きく変わるため、証明写真の印象によって合否が左右される場合もあります。インターンで使用する証明写真はどのように撮影すればいいのかを知り、好印象を与えられる証明写真を手に入れましょう。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

インターン用の証明写真はスピード写真機で撮るのが一般的

インターンに応募することになれば、履歴書やエントリーシートなどを用意しますが、証明写真も同じくらい重要なものです。インターンを受け付けている企業では、応募者がどんな人間だか全く分からない状態です。証明写真を含めた応募書類を見て、インターンに参加してもらうか判断することになります。

写真をどこで撮るかですが、一般的には機械のスピード写真を利用します。商業施設などに置いてあるので気軽に撮れること、料金が安いことがメリットです。インターン用の応募書類が複数ある場合でも、スピード写真ならすぐに用意できるのでとても便利です。ほかにも、写真館で撮る方法もあります。それぞれのメリット、デメリットを比較して、自分に合ったものを選びましょう。

こだわるなら写真館での撮影がおすすめ

写真館での撮影は時間がかかる、料金が高いなど、スピード写真と比較した時のデメリットがありますが良い点もあります。コストや時間よりも質にこだわりたいと考えているのなら、写真館で証明写真を撮ることをおすすめします。

スピード写真の機械では、自分ひとりで撮影をすることとなります。鏡や目の前にある画面で、身だしなみや髪型、どのように写るかのチェックはできますが、取り直しの枚数も決められているため、納得のできない仕上がりになってしまう可能性もあります。その場合、お金も無駄になってしまいますし、時間もかかってしまいます。その場で適切なアドバイスを受けながら準備できる写真館では、失敗のリスクも少なくなります。

証明写真は写真館で撮るべき3つの理由

インターンの選考では証明写真の印象がカギを握りますので、好印象を与えられるようにさまざまなことに気をつけなければなりません。証明写真を撮るときにまず考えなければならないのが、どんな方法で撮影するかです。

証明写真は写真館、証明写真機、スマートフォンのアプリなどで撮影できますが、最もおすすめなのは写真館での撮影です。写真館での撮影は値段が高くコストがかかりますが、なぜいいのか、その理由を知っていきましょう。

①スペックの高いカメラで撮影してもらえる

証明写真を写真館で撮るべき理由としては、スペックの高いカメラで撮影してもらえることが挙げられます。証明写真機であっても高性能な機種が増えていますが、それでも性能面ではプロのカメラには及びません。スマートフォンで撮影する場合はもちろん画質も悪くなりますし、画質が悪いとそれだけでマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

スペックの高いカメラで撮影することで画質が良く、顔色なども明るく見えやすいです。また写真館の場合はカメラの性能が良いだけではなく、撮影環境も完璧に整っています。顔色を明るく見せるライトや背景色を変えることもできますし、何より撮影者がプロですので、最高の仕上がりの証明写真を撮影することができます。

②身だしなみを整えてもらえる

身だしなみを整えてもらえることも、証明写真を写真館で撮るべき理由の一つです。証明写真機などでセルフで撮影する場合は、事前に自分で身だしなみを整えられなければなりません。証明写真であっても身だしなみが整っていなければマイナスの印象を与えてしまいますし、意外に細かい部分までチェックされていますので注意が必要です。

身だしなみのマナーはさまざまあり、自分で整えることは難しいですが、写真館であれば身だしなみもしっかりと整えて撮影してくれます。インターンで使う証明写真だと伝えればインターン用、ビジネス用に身だしなみを整えてくれますし、メイクなどをしてくれる場合もあります。写真館で撮影すれば身だしなみでマイナスの印象を与える心配はありませんし、好印象を与えやすいです。

③修正してもらえる

撮影した写真を修正してもらえることも、写真館で撮影すべき理由の一つです。写真館では写真を撮影すればその場で確認し、納得がいかなければ撮り直しをすることできます。カメラマンと相談しながら何度でも撮り直しができますし、撮影した写真を綺麗に修正して、好印象に仕上げることもできます。同じ写真でも修正するとしないでは印象が全く違いますし、好印象を与えたいのであれば、綺麗に修正するに越したことはありません。

写真館によってどこまで修正できるかは違いますが、基本的には美肌補正など肌質を綺麗に見せる修正はできますし、それだけでも印象は違います。顔色を明るくするなど印象を変えることもできますし、綺麗に撮影でき、かつ印象をある程度操作できることは写真館を利用するメリットです。

④webエントリー用のデータをもらえる

写真館によっては、撮った写真のデータをもらえる場合もあります。通常の撮影のほかに追加料金がかかることもありますが、データを持っていれば自分でコストを抑えてプリントアウトできますし、webエントリーで使うこともできます。これからも、証明写真を使う機会があるという場合には非常に便利です。

webエントリーの時には、もらったデータがあれば用意する必要がなく、パソコンからすぐに応募の申し込みができます。このような点も、写真館で証明写真を撮る大きなメリットのひとつです。スピード写真は料金は安くなりますが、再度必要になった時にはまた撮りに行く必要があるので、写真館でデータをもらえる方が結果的にコストを抑えられることもあります。

インターンの証明写真を撮る際の注意点

インターンの証明写真を撮るなら写真館がおすすめですが、写真館で撮る場合も撮影時にはいくつかの注意点があります。注意点を守れていないと写真館であっても良い写真が撮れない場合もありますし、好印象が与えられない場合もあるので注意が必要です。

また写真館以外で撮影する場合でも撮影時の注意点は共通しています。証明写真を撮影するときにはどんなことに気をつければいいのか、その注意点を知り、インターンで使える好印象な写真を撮影していきましょう。

スーツにしわや汚れがないか確認する

インターンの証明写真を撮るときには、スーツにしわや汚れがないか確認しておきましょう。証明写真では身だしなみをしっかりと整えて撮影することが大切ですが、身だしなみとは髪型やメイクだけではありません。スーツを正しく着ることができているか、服装に清潔感があるかもチェックの対象です。髪型やメイクが完璧であっても、スーツにしわや汚れがあれば、マイナスの印象を与えてしまいます。

写真館であれば、その場で簡単にアイロンなどを当ててくれる場合もありますし、汚れを取ってくれる場合もありますが、落ちにくいしわや汚れもあります。普段からスーツは丁寧に扱い、証明写真を撮るときには清潔な服装で臨めるようにしておきましょう。

背筋を伸ばす

証明写真と撮るときには、服装や身だしなみでだけではなく、姿勢にも注意をしなければなりません。姿勢によっても与える印象は大きく変わりますので、背筋を伸ばして撮影しましょう。証明写真でも姿勢の悪さはわかりますし、猫背になっていると暗い印象、だらしない印象を与えてしまいます。また背中が丸まり、前かがみの姿勢になることで顔に影ができやすく、顔全体も暗い印象に見えてしまいます。

暗い印象を与えてしまうのはよくありませんし、マイナスの印象につながってしまう可能性が高いので注意が必要です。背筋が伸びていれば顔に影がかかることもありませんので、暗い印象を与えることもありません。背筋を伸ばして、真面目さ、誠実さをアピールしていきましょう。

あごを引いて正面を向く

より好印象な証明写真を撮影するためには、背筋を伸ばすだけではなく、あごを引いて正面を向きましょう。証明写真は基本的には正面を向いて撮影しなければなりませんし、顔の向きがずれていると不自然な印象を与えてしまいます。背筋が伸びていても顔が下を向いてしまうと暗い印象を与える可能性がありますし、好印象にはなりません。

あごを引くことで下を向くのを防ぐことができますし、顔全体も引き締まった印象になります。あごを引くときも引きすぎないように注意し、自然に見えるように軽く引くことが大切です。あごを引きすぎると目線が下にいってしまいますし、二重あごになるなど不自然な印象を与えてしまいますので、自然に見えることを意識しましょう。

髪型・髪色に気を付ける

証明写真を撮るときには、髪型や髪の色にも気を配りましょう。アパレル関係やデザイン関連の仕事では、比較的自由なこともありファッションも個性のひとつとして捉えられていることもあるでしょう。しかし、それはごく一部の職種だけです。一般的な企業では、派手な髪型や髪色ではあまり良い印象を与えません。

インターンは、遊びではなく、仕事を体験する場面だということを認識しておきましょう。常識で考えられる範囲なら厳しくする必要はありませんが、男性の長髪や、奇抜なヘアスタイルなどは避けておくべきです。パーマなどは、緩い一般的なもので清潔感が感じられるなら問題ありません。もし、派手すぎる色の髪である場合には、写真を撮るときだけでも、スプレーで暗くするなどの対応をしましょう。

清潔感を意識する

清潔感は、社会人にとって必要不可欠なものと言えます。写真を撮る時にも、すっきりと清潔感が感じられるように心がけましょう。男性の場合、ヒゲがあると清潔感がなく、汚らしい印象となってしまうことがあります。ヒゲをきれいに剃ってから写真を撮るようにして、服装も、シャツにシワが無いか確認しておきます。写真では、細かいところまでは写らないかもしれませんが、意外にシワや汚れがあると目につくものです。女性も、派手なメイクや大きなアクセサリーは避けて、ナチュラルな雰囲気になるようにしましょう。

男性でも、女性でも、髪の毛は顔がよく見るようにまとめるか、ワックスなどを使ってセットします。もし、清潔感があるか気になる場合には、周りの人にチェックしてもらうのも良い方法です。客観的に見ることで、本人には分からない点に気が付くかもしれません。

インターンのESに証明写真を貼る際の注意点

インターンに参加するためには、企業にESなどを提出し、選考を受けなければなりませんが、ESに証明写真を貼るときにもいくつか注意点があります。「証明写真をただ貼ればいい」と深く考えない人も多いですが、実際には細かいルールがいくつもありますので、注意しなければなりません。注意点が守れていないとマイナスの印象を与えるだけではなく、場合によってはESが無効になる可能性もあります。注意点を正しく理解して、証明写真は丁寧に貼りましょう。

サイズと期限を確認する

証明写真をESに貼るときには、サイズと期限を確認しましょう。証明写真のサイズはさまざまありますし、ESで指定される写真のサイズも企業によって異なります。一般的に履歴書で必要とされるサイズを指定する企業は多いですが、それ以外のサイズで指定される場合もあるので注意が必要です。サイズは大きすぎても小さすぎてもいけませんので、適切なサイズを選ぶ必要があります。

大きすぎる場合は切り、小さい場合は証明写真自体を撮り直さなければなりません。また証明写真は使用期限が決まっており、撮影後3ヶ月以内が期限になっています。3ヶ月以上経過したものは原則使用できませんので、期限にも注意して、期限をすぎれば撮り直しをするようにしましょう。

裏に自分の情報を記載する

証明写真は写真自体にも気をつけなければなりませんが、ESに貼り付けるときには裏側にも記載事項がありますので注意が必要です。証明写真の裏に自分の情報を記載してから貼るようにしましょう。記載すべき情報としては、大学名、氏名などであり、これは万が一写真が紛失したときに誰のものかわかるようにするためです。

証明写真はしっかりとのり付けをしておけばはがれることはほとんどありませんが、100%ではありませんし、場合によってははがれてしまうこともあります。証明写真のないESは当然無効ですし、写真の裏に何も書かれていなければ誰の写真なのかを知ることもできません。万が一紛失したときのリスクに備えて、裏に自身の情報を記載してからESに貼り付けましょう。

好印象な証明写真に仕上げよう

証明写真はESに貼り付けられていればいいものではなく、撮影方法や写真の印象、貼り方などさまざまなことに気をつけなければなりません。証明写真は撮り方によって印象が大きく変わりますし、印象が重要視されるインターンの選考では証明写真の印象はカギを握るポイントです。同じ人でも撮影の仕方によって印象は大きく変わりますし、撮影方法には充分に注意しなければなりません。

好印象な証明写真が撮れれれば、それだけで選考でも有利になりますし、インターン参加への道も開けます。たかが証明写真と油断してはいけませんし、細部までこだわってこそ合格率を上げることができます。好印象な証明写真を撮影して、インターンへの参加を決めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ