面接対策

【大学生らしい面接の髪型】就活向きのヘアスタイルを解説

面接の髪型で悩む大学生は多い

面接の髪型で悩む大学生は多く、どんな髪型で就活に臨めばいいのかわからず困っている人はたくさんいます。面接では受け答えの内容はもちろん、身だしなみなども評価の対象として見られていますし、髪型によっても評価は違ってきます。面接での受け答えで好印象が与えられていた場合でも、髪型の印象でマイナスの評価を受けてしまい、それが不合格に繋がることもありますし、髪型にも注意が必要です。

身だしなみは就活では重要視されているポイントであり、髪型は特に目に付きやすいポイントでもあります。面接を攻略するためには、髪型を整えるのは必須のことです。大学生におすすめの髪型はどんなものがあるかを知り、身だしなみをきちんと整えて面接の攻略を目指しましょう。

面接で避けた方がよい髪型

髪型に悩んでいる方は、まずは面接で避けた方がよい髪型から確認していきましょう。せっかく書類選考を通過して面接に挑んだとしても、見た目の印象でマイナスになってしまっては元も子もありません。印象を悪くしてしまう髪型を選ばないよう注意して、好印象な人物として面接試験を通過できるようにしましょう。

パーマヘア

面接で避けた方がよい髪型の1つに、パーマヘアが挙げられます。パーマは髪型にウェーブの癖をつけるため、髪を巻いているように見せることができるファッション性が高いヘアスタイルです。そのため、パーマをしているヘアスタイルの学生が目の前に現れてしまうと「この人はお洒落の方が大事なのか」と思われてしまう可能性が高いです。面接では、お洒落を優先するよりも、清潔感のある髪型の方がふさわしいです。まずは寝癖がついていないか、ごみがついていないかなど、身だしなみの観点から髪型を整えていきましょう。

ただし、天然パーマの方はわざわざストレートパーマにする必要はありません。もし面接官にパーマのことを聞かれたら、天然パーマであることを伝えて構いません。故意にお洒落に見せようとパーマをかけることが問題に当たります。せっかくの就職活動という場ですから、ビジネスシーンを意識した身だしなみをするようにしてください。

髪で目や顔が隠れている

他にも、髪で目や顔が隠れている髪型はNGです。人間は、相手の目が見えないとアイコンタクトができません。アイコンタクトや目の動きは表情の一部であり、感情を表します。そのため、髪で目が隠れてしまっている人は、表情がわからず暗い人だと思われてしまいます。結果、コミュニケーション能力が低いと思われてしまうこともあるでしょう。

また、髪の毛で輪郭が隠れていると、自信がない人に見えます。なるべく輪郭が出るように耳を出したり、髪の毛を結わうようにしてください。そうすることで、清潔感や健康的な印象を演出することができます。このとき、結び目を強く締めないと髪にたゆみが出てしまい、幼稚でだらしない印象になることがあります。髪を結わうときは、必ず鏡を見ながらやるようにしてください。

就職面接では第一印象がカギを握る

null

面接を攻略するためには、第一印象が非常に大切です。第一印象次第で面接が有利になるか不利になるかも違いますし、最初に与えた印象を短い面接時間で覆すことはできません。

第一印象によって評価の大半は決まっているといっても過言ではありませんので、好印象を与えられるように身だしなみはきちんと整えておくことが大切です。第一印象を良くするためには身だしなみが重要ですので、正しい身だしなみを知って、第一印象で好印象を与えていきましょう。

髪色は重要

髪の色は第一印象に大きく影響を与えるので注意が必要です。基本的には黒色が望ましいく、黒髪だと清潔感もアピールしやすいため好印象になりやすいです。就活では染めてはいけないわけではありませんが、基本的には染めない方が印象は良くなります。染める場合でも限りなく黒に近いこげ茶など、違和感がないことが大切です。

また染めていい場合でも、染めることで好印象になるわけではないので注意が必要です。あくまでマイナスにならないだけで、プラスにも働くことはありません。アパレルや美容系など、業界によっては多少染めても問題ないことが多いです。この場合でも染めたことがプラスに働くわけではありませんので、就活の基本は黒髪だと覚えておきましょう。

カジュアルな髪型アレンジはNG

就活ではビジネスにふさわしい髪型が求められているため、奇抜な髪型はもちろん、カジュアルに見えてしまう髪型もNGです。社会人としておかしくない髪型、不信感を持たれない髪型で面接に臨まなければなりません。また髪型自体はフォーマルなものでも、アレンジによってカジュアルに見えてしまうのもよくないので注意しましょう。

もともとの髪型はフォーマルでも、アレンジによって奇抜になってしまえば意味はありません。髪型自体が評価されているわけではなく、見た目の印象が評価されていますので、アレンジをしていれば印象が悪くなることが多いです。就活にふさわしくなるよう、フォーマルな髪型を心がけ、過度なアレンジは控えることが大切です。

清潔感が大切

就活では身だしなみが評価の一環として見られていますので、どんな髪型であっても清潔感がなければ好印象にはなりません。いかにフォーマルな髪型であっても、清潔感がなければ印象は悪くなりますので、髪の状態にも注意を払うことが大切です。清潔感をアピールするためには、ぼさぼさになっていないか、パサついていないか、フケが出ていないかも確認しておきましょう。

寝ぐせがついていたり、髪の毛があまりに傷んでいる、髪や肩にフケがついていると清潔感がないと判断され、マイナスの評価になってしまいます。過度なアレンジは禁物ですが、適度に整える程度であれば問題はありません。ワックスやジェル、ムースなども適量使いながら、派手にならないようにセットすることが大切です。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

大学生におすすめの面接での髪型(男性編)

面接でのおすすめの髪型はさまざまありますが、男女によって髪型のポイントなどは違っています。男性の場合は基本的には短髪にしておかなければならず、髪が長いとそれだけで印象が悪くなってしまうことが多いです。

また短ければ何でもいいわけではなく、短髪の中でもどのような髪型になっているかが重要視されています。一口に短髪と言ってもさまざまな髪型がありますので、面接におすすめの髪型を参考にしながら、どんな髪型がふさわしいかを知っていきましょう。

①リクルートカット

面接におすすめの髪型としては、リクルートカットが挙げられます。リクルートカットは就活をする大学生にとってお馴染みであり、最も無難な髪型です。髪型に迷った場合はリクルートカットがおすすめであり、美容院で伝えれば切ってもらうことができます。

リクルートカットと注文するだけで髪型を決めることができますし、どんな髪型にしていいのかわからず悩んでしまう人は、迷わずリクルートカットで注文しましょう。就活ではオシャレさよりもフォーマルさを意識しなければならないため、清潔感がアピールしやすいリクルートカットはおすすめです。就活中はオシャレを我慢し、フォーマルさを意識して面接官に好印象が与えられることが大切です。

②刈り上げも清潔感を出しやすい

男性の髪型としては基本的には短髪ですが、刈り上げにすることで全体がさっぱりと印象になり、清潔感をアピールしやすくなるのでおすすめです。襟足はもちろん、耳回りを刈り上げることで、より爽やかな印象を与えることができます。同じ長さでも耳が出ているかどうかによって印象は大きく違いますし、より爽やかで清潔感をアピールしたいのであれば、耳回りも綺麗に整えておきましょう。

刈り上げにすることである程度の長さがあっても、さっぱりとした印象を与えることができますし、トップなど長さを残したいという人にもおすすめです。就活だからといって短くしすぎたくないのであれば、適度に刈り上げを取り入れ、部分的にすっきりさせて清潔感をアピールしていきましょう。

③ツーブロックは業界による

刈り上げを使ったツーブロックはオシャレかつ清潔感を与えやすいため、就活生にも人気ですが、すべての業界で好印象になるわけではありません。金融系や公務員など、堅い職業ではツーブロックは印象が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。志望する業界に合わせて髪型は変えなければなりませんし、ツーブロックにする場合は特に気をつけなければなりません。

また、ツーブロックでも極度な刈り上げはNGです。極度に刈り上げてしまうと奇抜に見えやすく、業界・企業を問わずにマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。ツーブロックは清潔感を与えやすい反面、刈り上げる角度などによっては奇抜にも見えやすいので、美容院でよく相談しておくことが大切です。

大学生におすすめの面接での髪型(女性編)

女性の場合は男性とは違って面接時の髪型でも選択肢がさまざまあります。しかし選択肢が多い分、それぞれの髪型ごとに注意点は違いますし、注意点などもきちんと理解しておかなければなりません。

面接にふさわしい髪型でなければ印象は悪くなりますし、就活でも不利になってしまいます。注意点が守れていないとどんな髪型でもマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。女性におすすめの髪型を知り、どの程度の長さで整えるのかも決めていきましょう。

①ショートの場合はシンプルボブなど

ショートカットの場合はボブなどがおすすめです。ボブは清潔感もあり、ビジネスにもふさわしいフォーマル感があるので好印象を与えやすい髪型です。ボブであればビジネスだけではなく、カジュアルにも使い分けることができますし、プライベートでもオシャレを楽しむことができます。

またショートカットにすることで活発な印象、明るい印象を与えやすく、これも好印象になることが多いです。ボブにする場合はアレンジをし過ぎない、シンプルボブにすることを心がけましょう。同じボブでもアシンメトリーにするなど、アレンジが強いと印象が悪くなるので注意が必要です。ショートでも奇抜な髪型になると印象は悪いので、あくまでシンプルな髪型にすることが大切です。

②ロングの場合はハーフアップなどでまとめる

男性の場合は基本的には短髪にしなければなりませんが、女性はロングでもOKです。ロングでも問題はないものの、束ねていない状態はNGですので注意しましょう。ロングの場合は、ゴムや髪留めなどを使って綺麗にまとめることが大切です。綺麗にまとめられていることで、マナー違反にならないだけではなく、清潔感をアピールできますので、好印象にも与えやすくなります。

ただまとめるだけではなく、ハーフアップにしていると就活中でもオシャレを楽しみながら好印象を与えられるためおすすめです。髪を束ねる際のゴムや髪留めにも注意が必要で、黒や茶色など目立たないものを選びましょう。髪留めが目立つとカジュアルな印象を与えてしまい、印象が悪くなってしまいます。

③ミディアムの場合はそのままでOK

ロングの場合は髪をまとめてなければなりませんが、ミディアムの場合はまとめずそのまま下ろしてOKです。ミディアムはショート同様にボブがおすすめであり、ふんわりとした印象を与え、優しい人柄をアピールしやすくなります。ミディアムの場合は就活とプライベートで分けて、アレンジなども楽しみやすですが、伸びたときに髪をまとめるべきかどうか悩むことが多いです。

髪が伸びればまとめなければなりませんが、やや長くはあるもののまとられるほどの長さではなく、中途半端な印象を与えてしまうこともあります。ミディアムはアレンジを楽しめるものの、こまめに髪を切るなどメンテナンスが必要ですので、面接に合わせてこまめに髪を切るなど工夫が必要です。

面接で好印象な髪型を知っておこう

面接では受け答えはもちろん、身だしなみも評価の対象として見られています。いかに面接での回答が良くても、身だしなみの印象が悪ければ高評価を得ることはできませんし、場合によっては身だしなみが原因で不合格になってしまうこともあります。身だしなみとしては全身に気を配る必要がありますが、面接でぱっと目に付きやすいのは髪型です。

髪型によって第一印象が決まることは多く、そこでどのような印象を与えるかによって面接を有利に進められるかどうかが決定します。面接を有利に進めるためには、就活にふさわしい髪型で面接の臨むことが大切です。男女ともにおすすめの髪型はさまざまありますので、就活にふさわしい髪型にして面接でも好印象を与えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ