業界研究

【商社のインターンに参加するメリット】プログラム内容や対策を紹介

商社のインターンに参加するなら概要を押さえておこう

商社業界は就活生に人気の高い業界ですが、一方で業務内容がわかりにくい業界でもあります。そのためインターンに参加し、仕事内容を具体的にイメージ出来るようにしておこうと考える就活生も多くいるでしょう。商社業界では多くの企業でインターンが実施されていますが、そのプログラムは多岐に渡ります。

自身がイメージしていたものとは異なるインターンに参加してしまうと、効率的に就職活動を進めることが難しくなってしまうため注意が必要です。また就活生に人気の業界であるため、インターンに参加するための選考自体も厳しいものになります。この記事では商社のインターンに参加するために知っておきたい選考対策と商社ごとのプログラムの一例を解説していきます。しっかりと押さえ、就職活動を効果的に進められるようにしておきましょう。

自分はデータサイエンティストに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、データサイエンティストの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がデータサイエンティストに向いているタイプか、診断してみましょう。

インターンに参加するメリット

インターンと一言でいっても、企業や業界によってその期間も内容もさまざまです。1日で終わるものから、半年近くかかるものもあります。ただ、少なくとも1日以上という時間をかけるからには、相応のメリットがなければ参加を見送るという人もいるでしょう。

そこで、就活生がインターンに参加するメリットを挙げていきます。参加を迷っている人は以下を参考にしてみてください。

入社後のミスマッチを防げる

入社してみて「思った仕事と違った」「自分はこんな仕事がしたくてこの企業に就職したんじゃない」といって辞めてしまう新入社員は、どこの企業でも一定数いるものです。しかし、それは企業側にとっても新入社員(就活生)側にとっても損になります。企業側は多くの時間と人手、資金を投じて採用活動をおこなって得た人材を失い、新入社員側は就職までにかけた努力と時間、「新卒」という肩書と職を失ってしまうのです。

いくら調べても外からの企業研究だけでは限界があり、実際に入ってみないと分からないことも多くあります。OB訪問という手もありますが、体感した経験が一番の情報になるため、インターンに参加して「仕事」というものを実感してみましょう。

企業に貢献した成果を自己PRできる

大学での学びやアルバイト・サークルでの経験は、確かに自己PRに繋がる重要な経験です。しかし、それらはあくまでも「学生」としての経験であり、企業でどのように活かせるか上手く伝えられない就活生が多いのです。それに比べて、インターンシップは、体験とはいえ「仕事の経験」です。

そこで何を学び、企業にどんな貢献をしたのかという成果は十分な自己PRになり、具体的に「仕事に活かせるアピール」になります。さらに、インターンに参加した企業を受けるのであれば、なおさらそのリアルな経験は志望動機に繋がります。企業によっては、インターンに参加した就活生は選考に通りやすかったり、そもそもインターンへの参加が必須であったりする場合もあります。

人脈が広がる

インターンでは一緒に参加した学生同士はもちろん、社員とも交流する機会があり、人脈が広がります。大学だけでは決して得られない、社会人や他大学の人との関わりはよい刺激になります。同じ企業のインターンに参加した学生とは、企業の選び方や業界が被っている場合が多く、就活の面接会場などで再会することは珍しくありません。

場合によっては、将来同じ企業の同期になったり、同じ業界のライバルになったりすることもありえます。この人脈やそこから得られる情報は、将来きっと有益なものになるでしょう。今ではメールやラインなど、気軽に連絡できるツールがいくらでもあるため、気の合いそうな人とは積極的に連絡先を交換しておきましょう。

商社でおこなわれるインターンの主な内容

商社のインターンには、新規事業立案タイプや既存事業推進・改善タイプ、企業訪問などの研修タイプの3つがあります。新規事業立案や、既存事業推進・改善タイプは、ディスカッションやグループワークの形式でおこなわれることが多いです。

学生同士で意見を出し合ったり、社員からアドバイスやフィードバックをもらったりして、商社での仕事を疑似的に体験できます。また、商社では新規事業立案タイプのインターンが主流である点も、頭に入れておきましょう。

研修タイプは企業での仕事を実際に見学したり、実務を経験できたりします。短期か長期かで内容は変わり、短期なら社内見学、長期なら実務を任せてもらえることが多いでしょう。

商社のインターン選考は倍率が高い

インターンに参加するには選考を受ける必要があり、商社の場合はこの倍率も高いです。これは商社が就活生に人気の就職先であり、志望者が多いことが大きな理由です。競争率は高く、インターンに参加できる人数も限定されると考えましょう。

また、企業や実施される内容によって参加者は違いますが、ワーク形式や実務を経験できるものだと、参加可能枠が小さいことも少なくありません。あまりに大人数だと企業でも管理が難しくなり、効率的にインターンのプログラムを進められないためです。

企業説明会程度の簡単な内容なら、参加者を多く募る企業もありますが、疑似的にでも業務を体験できるものだと高倍率になりやすいことは理解しておきましょう。

インターンで高評価を受けると就活が有利になる

インターンに参加するメリットとしては、業界や企業について詳しくなれる、仕事への理解が深まるなどがあげられます。しかし、実際のメリットはこれだけではなく、インターンに参加して高評価を受けると、本選考でも有利になりやすいことがあげられるでしょう。

インターンでの評価は本選考での評価にプラスされることも多く、採用担当者の印象に残ることで、就活はより有利に進められます。そのため、高倍率の商社への就職を確実にするには、インターンで評価されることが重要といえるでしょう。

高評価をもらいやすい学生の特徴

商社のインターンで高評価を得られるのは、コミュニケーション能力が高く、就職への熱意がある人です。コミュニケーション能力は仕事を進める上での重要な能力であり、議論の中心にいる人や、周りを巻き込んで行動を起こせる人は、特に評価されやすいです。

商社は卸売りの仕事であり、仕入れと納品先の両方の担当者とコミュニケーションを取らなければなりません。そのため、仕入れ先と納品先の双方と円滑な関係を築ける人が求められており、コミュニケーション能力は特に重要視されるといえます。

また、商社はハードな仕事も多く、熱意を持っていることも重要です。熱意があることに加えて、商社についての知識も豊富だとさらに評価されやすく、本選考も有利に進めやすくなるでしょう。

高評価でなくても本選考を通過することは可能

商社のインターンで高評価を得られると、企業から個別にアプローチがあったり、早期に選考を受けられたりなどのメリットがあります。これによって本選考でも有利になりますが、インターンで高評価を得られなかったからといって、内定を獲得できないわけではありません。

インターンでの評価が低い、あるいは採用担当者にあまり印象を残せなかった場合でも、内定を獲得することは可能です。そもそも商社に就職するにあたり、インターンへの事前参加を必須条件にしている企業は少ないです。

つまり、高評価が得られるかどうかに限らず、インターンに不参加だったとしても、本選考でのアピール次第で内定は獲得できます。そのため、インターンで活躍できなくても、本選考できちんと自分をアピールできるなら、十分に就職できる可能性はあるでしょう。

インターンを実施している商社とプログラム内容

ここからは商社業界においてインターンを実施している企業の一例と、インターンにおけるプログラム内容を解説していきます。ひと口にインターンと言っても、1日で終了するものもあれば半年以上かけて行われるものもあります。

インターン生同士でグループワークをおこなうものもあれば実際に職場で社員の方々と共に働くこともあり、その内容は多岐にわたるのです。その中で自分に合ったインターンを見つけ、応募することが重要なポイントになります。以下を参考に自身が求めるインターンをみつけるようにしましょう。

伊藤忠商事株式会社

伊藤忠商事は7大商社のひとつであり、志望する就活生も多いことでしょう。伊藤忠商事では1日で終了するインターンと、3日間かけておこなわれるインターンの2種類があります。1日で終了するインターンでは、総合商社のビジネスモデルについての座学と商社での実務をイメージしたケースワーク、社員との座談会をおこないます。

一方3日間でおこなわれるインターンでは、これらに加え、グループワークに多くの時間が割かれます。与えられた課題に対する解決策を各グループ内で議論し、最終的に解決策をプレゼンするといったビジネスにおける立案力を磨くことの出来る内容です。

豊田通商株式会社

豊田通商も7大商社のひとつであり、商社志望の就活生の多くがエントリーすることになる企業でしょう。豊田通商のインターンは夏、秋、冬の3回に分かれ、実施されています。夏、冬のインターンは1日で終了するインターンであり、商社業界・豊田通商の仕事内容について学ぶ、座学が中心となったプログラムです。

一方冬のインターンに関しては、5日間でおこなわれます。冬のインターンは商社での実務をイメージしたグループワークが中心的なプログラムとなっており、課題解決策を立案し、プレゼンすることが求められるものです。社員との交流会も行われるため、より実務をイメージしやすい内容といえるでしょう。

三菱商事株式会社

三菱商事では60名×2タームで5日間の冬季インターンシップを実施しています。◯年後の世界において、各分野の在り方がどうなっているかについて議論し、三菱商事の各事業グループに分かれて8名程度で新規事業を立案していくという内容です。全体的に、グループでのディスカッションが多い印象です。

ある程度の企業紹介はあると思いますが、「新規事業の立案」が課題であるなら、現在の事業に関しての下調べをしておく必要があるでしょう。事業グループに8名程度という割り振りから、必ずしも全員が希望通りの部署に配属されるとは限りません。その点も加味して、事前の業界研究と企業研究では、広く深く入念に研究しておきましょう。

丸紅株式会社

丸紅では、2月ごろに行われる前半3日と、4月ごろに行われる後半2日間の計5日間のインターンシップを実施しており、「デジタルテクノロジーを活用した新規ビジネスの提案」が課題です。

前半3日間の座学や現場見学、ワークなどで丸紅株式会社の具体的な業務内容や「デジタルテクノロジーでできること」について学び、議論を交わします。そして期間を空けた後半2日間でそれらを踏まえた新規ビジネスの提案をしていくわけです。企業について深く知ることができ、かつ実践的な内容であるため、非常に濃密な5日間になるでしょう。

三井物産株式会社

三井物産では、2月ごろに5日間のインターンシップを2回開催しています。主な内容は職場訪問、グループワーク、新規ビジネスの立案とプレゼン、キャリアアドバイスの4点です。職場訪問では社員との交流の機会もあるため、より現場の空気を感じることができるでしょう。グループワークでは、総合商社の醍醐味に触れられます。

これらの経験や知識、独自の発想をもとに、新規ビジネスを立案して執行役員へプレゼンします。ここで企業に貢献できれば、就活の際には大きな自信と自己アピールに繋がるでしょう。そして、ハーバードビジネススクールで教鞭をとる教授からのキャリアアドバイスは、他では得られない機会です。この濃密すぎる5日間で何が得られるか、どれだけ成長できるかは、すべて自分次第です。

双日株式会社

双日では、1日と5日、2通りのプランでのインターンシップを実施しています。1日インターンシップは東京、大阪、北海道、福岡でおこなわれており、各日程60名程度が参加可能です。社員交流や体感ワークなどをおこない、「総合商社のビジネスとはどのようなものか」を知ることがメインになっているようです。それに対して5日インターンシップは東京の本社でおこなわれ、50~60名が参加することができます。

ここでは6人程度のグループに分かれ、社員と共にディスカッションやケースワーク、プレゼンなどをおこないます。実際に現場で働く社員からのフィードバックは、社会人の卵である就活生にはいい刺激になるでしょう。1日インターンシップに参加した人も5日インターンシップに応募することが可能なようなので、1日インターンシップで興味が沸いた方は両方に参加してみるといいかもしれません。

住友商事株式会社

住友商事の開催するインターンシップは、東京と大阪の2会場で1回ずつ、それぞれ3日間開催されます。具体的な内容としては、実際に住友商事が手掛けたビジネスをケーススタディとして取り上げ、そのビジネスが形になるまでの手順を経験します。

ひとつのビジネスにどれだけの部署が携わっているか、どれだけの業務が存在しているかなどをリアルに体感することができます。それにより、華々しく見える「総合商社のビジネス」に必要な努力や裏方業務などを経験することができるのです。

他の商社のインターンシップのように「新しいアイディア」や「創造性」などは求められません。よりリアルな体験内容で、入社後の自分の姿が具体的にイメージできるようなプログラムです。

インターン選考の特徴とするべき対策

インターンは参加したい人が誰でも参加できるものではありません。多くのインターンでは参加する就活生の選考が行われており、この選考を通過しなければ参加することは出来ないのです。

せっかく「参加したい」と思えるインターンを見つけたとしても、選考を通過出来ず、参加できないのであれば、非常にもったいないです。無事インターンに参加し、その後の就職活動に良い影響を与えることの出来るよう、以下を参考にしっかりと対策を進めるようにしてください。

ESだけでなく動画の提出を求める会社が多い

インターンにおける選考方法は多岐に渡りますが、基本的にはエントリーシートの提出に加え、個人面接・グループ面接・グループディスカッションのいずれかが行われることになります。伊藤忠商事や住友商事、三菱商事などでは、ESに加え、動画の提出を選考の一つとしています。「動画の提出って何?」と疑問に思う就活生も多くいることでしょう。

ここでいう動画とはPR動画のことであり、自己PRの動画を作成し、それを提出することが求められているのです。ES等に比べ、比較的自由な形式で自己をプレゼンすることが可能な点が特徴になります。要点では字幕を取り入れる、自分らしい音楽・画像を挿入するなどアレンジを行い、効果的なアピールを行うようにしましょう。

企業研究を徹底的にしておく

インターン選考に臨む際、業界研究・企業研究は徹底的におこなっておくようにしましょう。企業のことや商社業界についての理解が進んでいない状態で選考に臨むと、「本当に自社のインターンに参加したいと思っているのかな」とインターンに臨む意欲を疑われてしまう恐れがあるのです。インターンを実施している企業は多く存在します。

その中でなぜ商社業界のインターンに参加するのか、何故その企業のインターンでなければならないのかをしっかりと説明する必要があるのです。これらについて、説得力のある説明を行うには業界研究・企業研究をしっかりと進めておく必要があります。HPやパンフレットに目を通すのはもちろん、OB・OG訪問などを活用して、業界研究・企業研究を深めておくようにしましょう。

なぜインターンに参加したいのかを明確にしておく

インターンに臨む際には、インターンに参加する理由を明確にしておくことも重要なことです。インターンは日々過密なプログラムが組まれており、受け身な姿勢で参加するとあっという間に時間だけが過ぎてしまい、ほとんど何も身につかないまま終了してしまうでしょう。

インターンを実施する企業としても、学生に多くのことを学んでもらうためにインターンを開催するのであり、意欲的にインターンに参加したいと考えている学生を受け入れたいと考えているのです。

選考においてインターンに参加する理由については必ず聞かれます。そこで明確な回答が出来なければ「積極的にインターンに参加したいわけではないのかな」と疑われてしまう恐れがあるのです。インターンに参加したい理由は必ず明確に説明できるようにしておきましょう。

グループディスカッションの対策をしておく

インターンに臨むなら、グループディスカッションの対策をしっかりする必要があります。なぜなら、実際の仕事でも大きなプロジェクトはチーム単位でおこなうことが多く、社会人には協調性が求められるためです。インターンやその選考ではグループディスカッションがおこなわれることが多く、そこで社会人として、あるいはチームの一員としての資質が問われます。

具体的には、まずディスカッションの進め方や必要な役割などを把握することが第一です。こういった知識面の対策はもちろんですが、「ディスカッション」である以上、考えをまとめて発言することは必要不可欠です。セミナーを受けたり就職支援課のプログラムを利用するといいでしょう。

インターンで得られるスキル

インターンに参加することでもちろん、業界研究や企業研究を進めることが可能になります。しかしインターンで得られるものはそれらだけではありません。インターンに参加することでさまざまなスキルを身につけることが可能になるのです。

ここではインターンにおいて身につけることが可能であるスキルをいくつか紹介していきます。社会人になる前に身につけておきたいと思うスキルがあれば、これらを参考にインターンへの参加を検討してみるようにしましょう。

マネジメントスキル

インターンに参加することで身につけることが可能なスキルの一つ目は、マネジメントスキルです。インターンにおいてはグループワークを通じ、与えられた課題への解決策を見出し、プレゼンする機会が多くあります。グループでの議論の方向性をマネジメントするのはもちろん、制限時間内に解決策をまとめるためのマネジメントもグループワークでは求められています。

マネジメントスキルは社会人として必要とされるスキルですが、商社で働くにあたっては特に大切なスキルです。インターンに積極的に参加し、プログラムに取り組むことで、商社において業務に励み、活躍していくための必須スキルを、早いうちから磨いておくことが可能になるのです。

コミュニケーション能力

インターンに参加することで身につけることが可能なスキルの二つ目は、コミュニケーション能力です。「コミュニケーション能力はそんなに問題ないと思う」と考える就活生もいるでしょう。しかし、ビジネスにおいて求められるコミュニケーション能力は普段のものとは異なるのです。

企業においてはどのような仕事もチームでおこなわれます。そのため企業において業務を進めるにはコミュニケーション能力が必要不可欠なのです。インターンにおいては、グループワークなど、他のチームメンバーと協調し、課題に取り組む機会が多く組まれています。これらのプログラムに意欲的に取り組むことで、ビジネスにおけるコミュニケーション能力を身につけることが出来るのです。

PCスキル

インターンに参加することで身につけることが可能になるスキルの三つ目は、PCスキルです。企業において働く上でPCスキルは欠かすことの出来ないものです。顧客向けの提案書の作成にはPower Point、所属するチームの売上・収益など数字の集計にはExcel、記録書・稟議書の作成にはWordなど、日々の業務においてさまざまな場面でPCスキルは必要となります。

インターンにおいては、グループワークでのプレゼン資料の作成など、さまざまな機会でPCスキルが求められます。積極的にインターンに取り組むことで、PCスキルを高めていくことが可能になるのです。PCスキルは社会人として働くにあたり、間違いなく必要となるスキルですので、早いうちから身につけておくようにしましょう。

商社のインターンは学べることが多いため参加するべき

ここまで商社のインターンに参加するための対策からプログラムの例、参加することで得られるスキルまで解説してきました。もちろんインターンは意欲的に参加しなければ得られるものは少ないです。受け身な姿勢で参加してしまえば、かえって時間の無駄遣いに終わってしまう恐れすらあるのです。しかし綿密に組まれたプログラムに意欲的に取り組むことで、学ぶことも非常に多いものになります。

商社のインターンに参加することで得られるものは、就職活動に必要な知識だけではありません。社会人として働くにあたって必要となるスキルも身につけていくことが可能になります。商社のインターンは学べるものも多いため、ぜひ積極的に参加するようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ