業界研究

銀行の志望動機の書き方|記載ポイントと例文を合わせて紹介

銀行業界について

誰もが一度は関わる身近な存在の銀行。安定していて倒産の心配のない業種、勉強好きなエリートの集まりというイメージに憧れる人も多いのではないでしょうか。しかし、その人気ゆえに難関でもあります。また幅広い業務を扱っているため、入行してからも日々勉強を求められます。

そのため、安易な気持ちで働ける仕事ではありません。採用されるためには、業務内容の理解は当然ですが、意欲が全面に現れるような魅力的な志望動機の作成が大切です。

では、銀行に入るための志望動機を書くために必要な、銀行業界の全体像から紹介します。

銀行業界の主な業務内容

銀行の業務は大きく分けて預金・貸付・為替の3つの業務です。お金を集める預金業務は、お客様とのコミュニケーションと信頼が欠かせません。貸付業務は、貸し付ける相手を分析する能力や法律知識が求められます。お金を送金する為替業務は、正確性が何よりも重要です。

どの業務にも共通するのは、幅広い知識と正確性です。ニュースなどによる情報収集能力も求められます。

銀行に入ってからも、学ぶ内容あ多い業界です。常に知識や学力を高め、あらゆる情報をキャッチする能力がなければ良い銀行員にはなれません。さらに、顧客から信頼される誠実さも欠くことの出来ない要素です。

預金業務

普段銀行を利用する私たちの視点からすれば、一番想像しやすい銀行業務が預金業務ではないでしょうか。簡単に言えば、個人だけでなく企業から資金を預かる業務を言います。一口に預金といってもその中身は様々です。

例えば、私たちが普段利用しているのは普通預金と呼ばれるものです。他には一定期間その資金が引き出せない代わりに、普通預金よりも高い金利がつく定期預金もこれに当たります。その他には、小切手や手形のための当座預金も含まれます。銀行としては、顧客に資金を預けてもらってそれを運用して利子をつけて返さなければなりません。普段意識していませんが、私たちの目から見たら立派な投資の一種といえます。

貸付業務

先ほど、預金業務のところで少し説明しましたが、銀行は顧客から預かった資金を運用し利子をつけて返さなければなりません。ここで運用をするのがこの貸付業務です。貸付業務は、銀行の収益の多くの部分を支える大切な仕事の1つです。個人がローンを組んで家を買うときにお金を貸すのも貸付業務に含まれます。

また他にも、例えば新しく設備投資をしたいと考えている企業にお金を貸し付けるのもこの貸し付け業務です。このとき、銀行が気にかけているポイントがあります。それは、もしその企業にお金を貸して、その企業が設備投資をしても、その企業が倒産してしまったらその企業は返済ができなくなってしまいます。その際は不良債権となるのでお金が回収できなくなり銀行にとっては損失となってしまいます。

為替業務

為替業務と聞くと、海外旅行やFXするときにアメリカドルから日本円に変えたりすることを想像します。しかし、これは為替業務の1つに過ぎません。銀行の為替業務とはもう少し広い意味を持つからです。為替業務は、送金や振込、手形・小切手などで現金を移動させるのではなく、代金支払といった決済をおこないます。

この為替業務の定義を読んでみると、普段私たちが一般的に為替と読んでいるもののイメージと少し離れているのではないでしょうか。また、マネー百貨によると、為替業務には内国為替と外国為替があり、「送金や振込、手形・小切手によって現金の移動なく、代金支払などの決済する部分は国内為替をさす場合が多いのです。

銀行の志望動機を書くポイント

さて、ここまでは銀行の主な業務内容である、預金業務、貸付業務、為替業務について見てきました。銀行に就職した際の働いているイメージが少し持てたのではないでしょうか。銀行業界の全体を把握してもらったとこで、ここからは志望動機の書き方について紹介していきます。

なぜ銀行なのか明確にする

さてここからは、実際にエントリーシートや面接などで「どうして銀行業界を志望したのですか」と質問された場合の回答について考えてみましょう。こういう種類の質問をされたときに最も大切なポイントは、なぜ他の業界ではなく銀行業界を選んだのかという点にしっかりとフォーカスを当てて考えることです。

つまり、あまり抽象的な志望理由だと「その理由なら〇〇という業界にも当てはまるよね?どうし○○業界は志望しなかったの?」と面接官に突っ込まれてしまうかもしれません。このように回答に詰まってしまわないように、徹底的な業界研究が必要です。この際、銀行業界だけではなく、関連業界もリサーチしておくと、事前に予想していない角度から質問をされた場合でも落ち着いて回答できるでしょう。

メガバンクと地方銀行の違いを明確にする

先ほどの段落は、段落ではなぜ銀行業界を志望したのかしっかりと業界研究をしておきましょうという趣旨でした。ここでは、企業研究について焦点を当てます。先ほどの業界研究ついての段落で紹介した「どうして銀行業界を志望したのですか」の質問は、企業レベルの話でもよく聞かれます。つまり「銀行といってもたくさんあるけれど、どうしてウチで働きたいの?」という類の質問です。

銀行の場合は、メガバンクとその他の銀行で業務の内容も規模も全く違うので特にこの質問にはしっかりと事前に準備をして回答したいものです。この質問も先ほどと同様に抽象的な回答はNGです。具体的でユニークなポイントを見つけられるまで徹底的に企業研究をしましょう。

金融業界で自分がなにをしたいか記載

エントリーシートで志望理由を記載する場合は、その文章の終わりに「貴社に入社できた暁には〜」と自分が入社した後どのように働きたいのかを記載するケースがあります。この一文には、就活生の仕事観が色濃く出たり、どのような考え方を持っているかがよく滲み出るので非常に重要なポイントです。この文章を書くときに重要なのもやはり自己分析です。

現時点で、働くことに関してどういう考えを持っているのか、どのようなスキルを生かして働きたいのか、というポイントを常に意識し続けましょう。また、このとき、エントリーシートに記載している志望動機や自分の長所と関連づけた内容をかけるとエントリーシートに一貫性が出てより良いものになるでしょう。

銀行業界の現状と課題・動向を把握する

この記事で、ここまで何度か強調していますが、就活を有利に進めていくうえで、業界研究、企業研究、自己分析は欠かせない要素です。この3つをしっかりと自分で研究できている場合はあらかたの面接官からの質問にも答えられるでしょう。この意味において、銀行業界の現状と課題・動向の把握に重要性があります。

これは、自分が就職した後に役立つ内容でもあります。特に、近年の銀行の統廃合、ビットコイン、リップルのようなブロックチェーン技術を用いた暗号通貨の影響は銀行業界にとって無視できるものではありません。このような早い時代の流れに対応するためにも現状の把握が大切です。

合併が進む地方銀行

2013年ごろから銀行の合併がよく見られるようになってきました。最近では、2018年の4月に関西アーバン銀行とみなと銀行、近畿大阪銀行が合併したり、同じ時期には三重銀行と第三銀行も合併しました。同年10月には第四銀行と北越銀行が、時期は未定ですが福岡FGと十八銀行の合併などが予定されています。メガバンクやインターネットバンクの躍進もこの加速し続ける銀行合併の流れを後押ししていることは確かでしょう。

さらに、アベノミクスの掲げる大規模緩和、日本銀行・黒田総裁による低金利政策による銀行の収益の圧迫なども一員として考えられます。この記事の冒頭でも紹介したように、銀行は、預かり金を貸し付け、そこに利子をつけることによって銀行の利益としています。その利益をうむ金利を国によって制限されると、銀行の経営が厳しくなるのはいうまでもありません。

外資系・仮想通貨への投資増加

銀行業界では、外資系・仮想通貨への投資が増加しています。特に仮想通貨のインパクトはかなり大きなものがあります。国内の銀行から海外の銀行に送金するためには、かなりの時間と高額な手数料を払わなければなりません。

「最も早く海外に大金を届ける方法は自分で飛行機に乗って直接届けにいくことだ」と揶揄されることもしばしばです。手数料が高いのは、ここから銀行が利益をあげてるわけですが、リップル(XRP)と呼ばれる仮想通貨を用いることによって、速くほぼ0の手数料で国内から海外への送金が可能になります。実際にこのリップルの技術を採用する銀行も世界中で続々と増えてきています。このような仮想通貨への投資が増加するのは当然の流れと言えるかもしれません。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

銀行業界の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に銀行業界に採用される志望動機を完成させましょう。

銀行業界の志望動機NG例

銀行の志望動機を書く際に何がNGなのかを、例を挙げてあげて説明します。

NG例

私が銀行を志望した理由は、人から信頼される仕事だからです。私のいとこが銀行員で、お見合いの話が殺到すると嬉しい悲鳴をあげています。また、人気業種なので人に自慢も出来ます。それは、銀行という仕事が社会から安心と信頼を得ているからだと思うのです。そんな仕事に就いて親に安心させてあげたいと思っています。
また、お見合い相手がす直ぐに見つかれば、家庭というしっかりとした土台の上で業務に専念でき出来ます。転勤が多いと伺っているので、旅行好きな私は各地を回るのも楽しみにしています。

この例文だと、これでは自分を人に自慢したいがために銀行を志望したと捉えかねられません。

また、お見合いや旅行好きという個人的な理由は銀行に何ももたらしません。自分が銀行に入ってどう貢献したいかという重要なポイントが抜け落ちてしまっているのは、致命的といえるでしょう。

旅行好きだからという理由も意欲が感じられません。日々の勉強が求められる中で、余暇を遊びだけに費やすのではないかと思われかねないのです。

銀行業界の志望動機例3選

競争率の高い銀行で採用されるためには、これはと唸らせるような志望動機を書く必要があります。以下に採用されやすい志望動機の例を挙げあげますので、参考にしてくだ下さい。

志望動機の例文①

私が数ある銀行のなかで貴行を志望したのは、貸付先と共に成長したい姿勢に共鳴したからです。成長する顧客を見つけ出し、共に知恵を出し合うことが、混迷する日本経済のの中で何よりも重要だと思います。

それが一企業のみならず、日本経済の発展に貢献できると考えます。国際化が進む中で日本企業も社会も停滞しつつあります。成長を目指す企業を銀行として手助けでき出来るのは大きな喜びと励みになると信じています。社会のためにも、銀行員として社会の発展に寄与したいと考えています。

銀行は、安定した企業に貸し付けて利潤を得るという過去の考えでは立ち行かなくなっています。成長を期待できる企業を見付ける先見性のある目が必要となります。銀行の今後進む道を自分なりに表現することは好印象を与えるます。

利潤とともに社会貢献も求められるのが銀行の特色です。その点を述べることで、自分が銀行だけでなく社会に対しても目を向けているのだと示すのも効果的です。

志望動機の例文②

私が銀行を志望したのは、お金という人間が生活する上で不可欠なものを取り扱って人に安心感をもたらす、素晴らしい仕事だからです。また、単に預かるだけではなく、どうしたら便利になるかを常に考える銀行の姿勢にひかれます。

ものづくりが好きで、家には私が作った書棚やラックがいつくも並んでいます。ものづくりには几帳面さが必要です。また機能性を追求するには創意工夫が必要です。それらで培った正確性を追求する能力と創造性、部活で培ったコミュニケーション能力はきっと銀行の業務を遂行する上で役立つものと信じています。

学生時代に育んできた能力がいかに銀行業務に活かせるかを、具体的に述べることで、自分をアピールしているのがポイントです。実際に何をやって来たかを示せば、イメージが明確化して印象を深めます。

特に物事に打ち込む姿勢は好印象を与えます。保守的と言われる銀行ですが、これからは新しいものに挑戦する姿勢が求められます。創造性の打ち出しも重要です。

志望動機の例文③

私が銀行を志望したのは、経済学・法学で学んだ知識を活かせると考えるためです。また併せて学んだITの知識もきっと役立つと考えています。効率化が求められる銀行は今後IT、とりわけ人工知能を活用したシステムが重要な地位を占めるのではないかとの思いが強いのです。

国際化により競争が激化するなかで、それに打ち勝つためには今までにない発想が必要です。それをおざなりにしては勝ち抜けることは困難だと思います。競争を勝ち抜くために私の知識・発想力が必ず活かされるとの強い思いから志望させていただきました。

注目する人が意外と少ないコンピュータ化についての思いを盛り込んだのが一番のポイントです。コンピュータは効率化をもたらして、財務体質を強固なものにします。また、今まで不可能だった複雑な商品を生み出す可能性もあります。

その点の理解を伝えることは強い印象を与えるでしょう。また、学生時代に育んだ知識や発想力のアピールも大切です。

銀行業界の志望動機は作成ポイントを参考にしょう

国際化・IT化に伴い、銀行の立ち位置は大きく変わりつつあります。業務も多種多様です。そのため総合的な能力、適応力、先見性のみならず、その下地になる知識の習得が常に求められるのが銀行の大きな特色です。

休みの日にも通信教育や法律の勉強が求められますし、ニュースにもしっかりとアンテナを張っておく必要があります。日々が学習なのです。そのため、学生生活の中で、勉学やスポーツや趣味を通じて日々をどう過ごしたかを具体的にアピールするととも共に、今後の意欲や熱意をを具体的な体験を元に示すことが大きなポイントになります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ