インターン

【インターンは採用に直結するのか】参加するメリットと内定との関係

インターンは本採用に直結するのか

null

現在、首都圏を中心に、多くの大学生がインターンに参加しています。インターンへの参加時期もさまざまありますが、大学3年次の夏や冬のインターンが割合としては多いでしょう。

いずれにしても、インターンに参加するのは就職活動が本格する前のタイミングです。しかし、もしインターンが本採用に直結するのであれば、実質的な就活スタートはインターン参加への準備段階からということになるでしょう。

インターンが本採用に直結するかしないかで、インターン参加への心構えや参加企業の選び方、志望企業の選定や自己分析をおこなうタイミングなど、さまざまなことを見直さなくてはならない可能性があります。そこでこの記事では、インターンと本採用の繋がりについて詳しくみていきます。

企業がインターンを開催する理由

就活生にとってインターンは自分をアピールするチャンスの場です。しかしインターンは、就活生だけのために開催されている訳ではありません。企業側も複数の意図を持ってインターンを開催していることを忘れないようにしましょう。働いている人たちはとても忙しく、メリットがなければインターンを受け入れる必要はないからです。

例えば企業側の意図やメリットを言えば、社会貢献と共に企業PRにもつながります。インターンシップで企業や業界の状況を広く知ってもらうことができ、同時に優秀な人材を確保するという面でも大きなメリットがあると言えるのです。

優秀な学生を見つけるため

企業がインターンを実施する目的の中でも、特に重要視されているのが「優秀な学生を見つけること」です。企業が採用活動をおこなう目的は「自社で活躍できる優秀な人材を獲得する」ことでしょう。そのためには、まず優秀な人材を見つけなくてはなりません。

もちろん、優秀な人材を見つけるために、書類選考や面接などが選考フローとして実施されます。しかし、これらのフローだけでは、学生の実際の働きぶりを把握するのに限界があるでしょう。実際に学生がどのように仕事をするのか見極めるには、インターンが絶好の機会なのです。

また、近年、就職活動の時期が後ろ倒しになりました。企業は採用活動の期間が短くなった中で、優秀な学生を的確に採用していかなければなりません。優秀な学生は、当然他の企業も採用したがります。自社に優秀な学生を採用しようと思えば、インターンを有効利用して早めに優秀な学生を見つけ出し、アプローチしたいと考える企業も多いでしょう。

企業について知ってもらうため

null

企業がインターンを実施する目的の2つ目は、「自社について知ってもらうため」です。インターン以外で学生が企業について知る機会といえば、就活サイトや合同企業説明会が代表的といえるでしょう。

しかし、就活サイトや合同企業説明会の場合、学生がもともと知っている有名な大企業などに人気が集中しやすいでしょう。また、興味を持ってもらったとしても、就活サイトや合同企業説明会では、企業の中身について詳しく知ってもらうには限界があります。

そこで、中小企業を中心に、「自社をよりよく知ってもらいたい」という目的でインターンを実施する企業があるのです。インターンを実施すればより深く自社のことをわかってもらえますし、学生との距離が縮まり、信頼関係が生まれやすいということもあるでしょう。

企業に合う人材を探すため

最後に、「企業に合う人材を探す」というのもインターンの目的の1つとなっています。「優秀な学生を探す」という1つ目の目的と重なると思われるかも知れませんが、実は優秀な学生というだけでは採用するのにリスクもあります。

例え優秀であったとしても、その学生の価値観や考え方などが企業と合わない可能性もあるでしょう。その場合、採用したとしても早期に退職となってしまうリスクがあります。また、優秀な学生は引く手あまたですので、内定を出しても他社に就職してしまう可能性もあります。

そうなると、新たな人材を探さなくてならず、余計な労力やコストがかかってしまうのです。そのため、インターンを通して企業の学生理解、学生の企業理解の双方を深め、ミスマッチを防ぐというのもインターンの大切な目的となるのです。

インターンに参加するメリット

具体的にインターンに参加するメリッは何があるでしょうか。就活生にとってインターンに参加して損はないという話はたくさんあります。しかし具体的にそのメリットを知らなければ、モチベーションを維持することはできません。

だからこそインターンに参加をするメリットを知っておく必要があります。メリットを知ればインターンの目的も明確になりますし、意味もわからずただ参加しただけで何も得られなかったという事態を回避できるでしょう。

スキルや知識が身に付く

インターンの対象が志望業界の企業なら有意義になる可能性が高いです。インターンでは実際にその企業で働けるからです。実際の業務を通しその業界に必要なスキルや知識を身につけられるのは大きなメリットと言えます。それまでふわっとした感じでしか知らなかった業界や仕事のことを自分の目や耳で知ることができます。

より業界と仕事を知ると、想像していた通りだったり、逆に違ったという発見をすることもできます。プロフェッショナルがどのように業務を行っているか、また、社会人として相応しいマナーが身につくなど、スキルアップに役立つでしょう。さらに、インターンで経験したことを面接などで語ることもできるのです。

会社の実際の雰囲気を確かめられる

実際に現場を経験しなければ、会社の雰囲気を知ることはできません。OB訪問などで会社の雰囲気を聞いたとしても、個人の感覚次第ではズレが生じる場合もあるでしょう。インターンへ参加すれば、実際に自分の目や耳を通し現場を確認することができるのです。

会社で働く上で、仕事内容が自分に合っているかどうかは重要なポイントになります。しかし会社の雰囲気が合っているかどうかも、快適に長く勤めるためには重要です。インターンは自分と企業のミスマッチを防止するというメリットもあります。

インターンは本採用に直結するのか

インターンに参加して知識やスキルが勉強でき、会社の雰囲気を知ったとしても、採用されなければ意味がないと感じる就活生も居るでしょう。インターンは本採用に直結するという話もありますが、実際の所、本当の話かどうかも気になる部分です。

基本的に多くの企業ではインターンに参加したからと言って、すぐ内定を出すことはほとんどないと考えてください。ただ、インターンの結果は本選考の上で重要な採用可否の判断に大きく影響するのは間違いありません。

直結する場合もある

企業ごとにインターンの考え方は異なります。ただ、採用基準にインターンへ参加したかどうかが入っている企業もあるのは無視できません。また、外資系企業や銀行、メーカーでは、インターンを本選考と同様に考えている所もあります。多くの企業では、インターンで優秀と判断された就活生は採用されやすくなる傾向にあります。

企業側がインターンを実施する理由に「優秀な学生を確保したい」ことが入っているからです。実際の働きぶり以外にも入社して周りと上手くやっていけるかどうかも見られています。企業としては、インターンでのパフォーマンスが良い優秀な人材をみすみす逃したくはないでしょう。その企業意図を考えれば、インターンシップが採用に直結する場合もあると言えるのです。

1dayより長期のインターンが採用に直結しやすい

インターンの中には、採用に直結しやすいものとそうでないものがあります。そのため、その見分け方が気になるという人が多いのではないでしょうか。採用に直結しやすいインターンの見極め方としては、「長期インターンかどうか」が目安となるでしょう。

インターンの中には1dayのもの、数週間から1カ月程度の中期のもの、そして1カ月以上の長期インターンがあります。1dayのインターンは自己分析や事業立案、会社の説明などの内容であることが多く、もちろん就活に役立つ内容ではありますが、企業側が自社に合った優秀な学生を見つけ出すことは困難でしょう。

一方、中期・長期インターンになってくると、企業側も採用を意識して学生と向き合う傾向が強くなります。中・長期のインターンでは実際に企業の仕事をするものもあり、企業が採用後の活躍ぶりを計るにはもってこいの機会です。長期のインターンになるほど内定に直結しやすい傾向があるといえるでしょう。また、内定に直結しやすいインターンほど、参加決定するまでに複数の面接が行われるなど、慎重な選考フローを組んでいる傾向があります。

関係ないという企業も多い

インターンに参加さえすれば、採用に直結すると過度に期待をしないようにしましょう。働きぶりや性格面で「ぜひとも来て欲しい期待の新人」と感じさせるのはなかなか難しいものです。その辺りはまさに実力次第と言っても良いでしょう。単純にインターンへ参加すれば採用されるということはないのです。

しかし企業の利益となる優秀な新人をインターンで見つけたいのはどこの企業も同じと考えましょう。実際の選考はまた別だと言っている企業でも、採用担当者にはインターンの結果は情報として伝わっており、内定と全く関係ないとは言い切れません。実際、一緒に働いて優秀だと思われるような人材の方が「採用したい」と思われるのは必然なのです。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

本採用に繋げるインターンにするためのコツ

null

インターンで本採用につなげるには、企業が求めるものを持っていると思われなければなりません。そのためには何も考えず参加しては難しいです。インターンで良い評価を得られるコツを事前に知り、対策をした方が結果は出やすいでしょう。本採用につなげるためのコツは複数あります。そのコツやポイントをしっかり押さえておけば、本採用に近づくことができるのです。優秀な人材と認められるにはインターンでどんなことをすれば良いのかぜひ参考にしてみてください。

インターン期間で実績や作品を残す

インターン期間で実績や作品などを残すことが大切です。企業としてもなんとなく良い人材だとふわふわとした印象だけでは、即採用にはリスクも感じるはずです。しかし客観的な実績を残しておけば、採用を出しやすくなります。実績と言ってもそこまで難しく考えなくて良いでしょう。例えば頼まれた仕事を誰よりも早く終わらせることは実績となります。

一回だけではなく複数そのような結果を出すと優秀な人材と思われる可能性が高くなります。最も分かりやすいのは、会社にとって良い結果をもたらしてくれた人材と言えるでしょう。しかし就活生という立場ではまず仕事を任せられることはありません。そのため任された範囲内で精一杯、細かな実績を積み重ねて良い評価を目指しましょう。

社員としての意識をもって働く

インターンという立場に甘えていては本採用が遠ざかるだけです。インターンだとしても「自分は社員」と意識をして働いてください。例えば社会人として必須なのがマナーです。マナーができていない人を採用してくれる企業はありません。一緒に働く人にとっては不快感しかないですし、取引先でしたら企業にとっての損失にもつながるからです。

インターンだしマナーなんてどうでもいいと考えていると、基本中の基本を理解する気もないと判断されるだけでしょう。また時間にルーズなのも厳禁です。一回ぐらい遅刻したって良いと思い、本当に遅れたら採用はないと考えてください。自ら積極的に動き、仕事をもらうぐらいのつもりでがんばりましょう。

インターン終了後にお礼状を提出して意欲を見せる

インターン終了後はお礼状を出してください。その際、感謝の言葉はもちろん、意欲や勉強したことを書くと良いです。感謝の言葉は社会人として、また人としても当然のことだと考えてください。ただ、お礼状を出すのはマナーの面だけではなくアピールにもつながるのです。インターンの結果、ぜひ働きたいと考えたら、ライバルたちと差をつけなければなりません。

インターンに手応えを感じたら採用に向け、ライバルたちより一歩リードしているようなものです。本選考ではより採用担当者の印象に残らなければなりません。お礼状を送っておけば採用担当者にとって自分の印象は大きくなります。より確実な採用を勝ち取るためにもお礼状を出すことは重要なのです。

インターン中のアピールや実績が本採用に繋がる

言語聴覚士まとめ

インターンは採用に影響をもたらします。インターンに参加することを採用の基準にしている企業もあるぐらいです。そのためインターン中でどれだけ自分の存在をアピールできるかが合否の結果を左右します。インターンで注意したいのは「学生の甘さ」は通用しないということです。

企業が求めているのは利益をもたらしてくれる優秀な人材だからです。そのことを意識し、期待できる優秀な人材として成果を残すことを考えましょう。もちろん成果を出しただけではダメで、遅刻をしないこと、マナーをきちんとすることを心がけてください。そして先輩たちから「一緒に働きたい新人」と思われるようなインターンにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ