職種研究

税理士の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

税理士について

国家資格である税理士とは、税務と会計のプロフェッショナルです。顧客や顧問先の依頼に応じて会計書類や税務書類を作成したり、会計と税務の知識をベースにコンサルタント業務をおこないます。

資格取得後は独立開業する他に、税理士事務所、会計事務所、税理士法人へ就職したり、一般企業に入社し企業内税理士として活躍できます。この記事では、税理士事務所、会計事務所、税理士法人、一般企業に就職する場合に必要な志望動機についてご紹介します。

税理士の主な業務内容

税理士の仕事には、税務業務、会計業務、国際税務、経営コンサルティング、相続・事業継承コンサルティングがあります。これらの仕事のうち、税理士だけがおこえる業務は税務業務です。

税務業務は、税務書類の作成、税務代理、税務相談の3つから成り立っています。日本にはさまざまな税金があり、税金の種類によって納税方法が異なります。納税の仕組みは複雑で工数が多いため、企業や事業主が税務書類の作成や申告を行うには労力と知識が必要です。

忙しい企業や事業主は、業務に専念するために税務関係の業務を最初から税理士に依頼するケースがあります。負担軽減になるうえ、税務のプロに依頼することで確実な申告を行うことができます。

志望動機を書く際の注意ポイント

あなたがなぜ税理士事務所への就職を志望するのか、具体的にその理由をアピールするために書かなければなりません。一般的に紹介されている志望動機の書き方は、業界や仕事内容に関係なく、あくまで就職を勝ち取るにあたっての大まかなことを伝えている場合がほとんどです。

税理士事務所への就職を目指している場合は、まず専門性に関わる部分の内容がきちんと表せていないといけないでしょう。要はその業界を目指す明確なビジョンが必要だということです。

そんな税理士業界を目指すあなたがより具体的に志望動機をどう書くべきか、以下の3つのポイントでお話ししますのでご参考にしてください。

その業界を選んだ理由を説明する

まず一つ目ですが、なぜ税理士業界を選んだのかという理由を説明することが大切です。税理士は先ほども申し上げたように専門性が高い仕事です。あなた自身がその専門性を理解した上で、税理士業界に就職したいという強い思いを伝えなければなりません。

理由の内容は個別にさまざまなものがあると思われます。例えば、銀行業界とは違ったお金に関する取り扱いができることが志望理由だという場合もあるでしょうし、税金にすごく興味があるけれど税務署員のような公務員は希望していないという場合もあるでしょう。

とにかく、税理士業界という専門性が高い業界に対しての選択理由を、抽象的でなく具体的に説明する必要があります。

なぜその企業・事務所を選んだのか伝える

二番目に、どうしてその企業・事務所を選んだのかをきちんと伝えることです。ここが、志望動機を書く際の一番の注意ポイントとなります。他にある同じ業界の企業・事務所ではなく、そこを選んだことを伝えることは、志望動機のアピールポイントとしては大きなものになります。

ただし、漠然とした思いだけで志望したなどの、抽象的で精神的な部分ばかりをアピールしてはいけません。あなたがそこを選ぶまでには、数多くの時間をかけてきたはずです。そしてきちんと自分で業界の分析もおこなってきたでしょう。業界の動向や現在有名な企業・事務所などもきっちり研究しているはずです。

相手先はどうして我が社・我が事務所を選んだのか、興味を持ってあなたを見ています。他の人と差別化したアピールをするには、ここで今まで時間をかけて分析してきた結果を志望動機としてわかりやすく説明することが大切です。そうすることによって、あなたが評価を得る近道となるのです。

入社後にやりたいことをアピールする

三番目は、入社後にやりたいことをアピールすることです。これは、どの業界でも相手先にわかりやすくアピールする方法となります。

税理士業界に就職した後にやりたいことは何かをきちんと伝えなくてはいけません。その会社・事務所が求める人物像は当然あります。そのビジョンにどこまで沿った形であなたが活躍したいのか、やりたいことを通じて何を得ようとしているのかを相手先がとても知りたいはずです。

やりたいことを相手先が知れば、その会社・事務所が今必要としている人材にふさわしいかどうか判断する材料の一つになります。また、人材育成のビジョンに当てはまる人物かどうかの判断もできます。

中途採用でない限りは、なかなか即戦力というわけにいかないことを相手先はよく理解しています。しかし、一方で少しでも早く戦力となって活躍してほしいと思ってもいるのです。あなたに対する期待値をこのアピールでより強く持ってもらえるようにしましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

税理士の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に税理士に採用される志望動機を完成させましょう。

税理士の正しい志望動機例3選

税理士の正しい志望動機と理由を3つご紹介します。志望動機作成の際の参考にしてください。

志望動機の例文①

私が貴事務所を志望する理由は、納税を通じて顧客を助け、感謝される仕事ができるからです。税金の計算はとても複雑です。その手助けができるのは、税理士しかいません。税務業務だけでなく、貴事務所の顧客と寄り添う経営方針の下でなら、個々の顧客に沿った経営アドバイスもできます。顧客から頼りにされ、税務業務だけでなく幅広い対応ができる税理士として活躍していきたいと思っています。

上記の例文では、志望事務所の経営方針の下でこそ実行できることを記載しています。このように、事前に企業・業界研究をおこなうことで、説得力の高い志望動機を作成することができます。また、税理士としての活躍ビジョンを持っているため、採用担当者に好印象を与えることができます。

志望動機の例文②

私が貴事務所を志望する理由は、国際税務などの専門的的な税務手続きにも携わることができるからです。私は税務のプロフェッショナルを目指しています。貴事務所は顧客企業のグローバル化を支援しており、他事務所ではなかなか携われない領域にも挑戦できます。大学時代に磨いた高い英語力を武器に、グローバル化の時代の流れに合った税理士として活躍し、お客様の力強い味方として頼りにされる存在を目指します。

上記の例文では、税理士資格以外にも高い英語力があることをアピールできています。このように、自分の強みやスキルを述べることで、採用担当者にとって魅力的な志望動機にすることができます。企業・業界研究だけでなく、自分を見つめ直すことも大切です。

志望動機の例文③

私が貴事務所を志望する理由は、経営面から顧客企業にアドバイスできる税理士を目指しているからです。貴事務所は税務業務だけでなく、経営コンサルタントの分野にも力を入れてます。税務義務の手助けだけでなく、助言により企業の成長支援までおこなうことで、本当の意味で顧客に感謝されると考えています。顧客と信頼関係を築き、良き相談相手として活躍する税理士となって、貴事務所に貢献していきたいです。

上記の例文では、その企業を選んだ理由を明確に説明できています。税理士資格を取得済みという現在のあなたの価値に加え、顧客へのコンサルタント業務という活躍の可能性があることが伝わってきます。作成した志望動機から、自分を採用するメリットが感じられるか確認しましょう。

志望動機の例文④

私が貴事務所を志望する理由は、相続・事業継承コンサルティングに興味を持っているからです。高齢化がどんどん進む現代社会で、相続や事業継承については非常に需要もやりがいもある仕事だと考えております。いろんな会社や事務所がある中で、御社はそこに力を入れて業務されていることをインターネットを通じて知りました。私もお客様の事業発展に少しでも貢献できる税理士であることを目指し、貴社の一員として活躍したいと考えております。

上記の例文では、企業の志望動機を明確に伝えていることがわかります。現代社会が抱える課題をきちんとビジネスチャンスと捉えていることもよくわかります。志望事務所の経営方針をよく把握して活躍できる要素を感じることができるでしょう。

志望動機の例文⑤

私が貴事務所を志望する理由は、会計業務を通じて顧客のニーズを把握し、顧客の経営状況の改善にも携われることだと考えております。貴事務所でおこなわれている会計業務は、まさに私が考える以上の業務精度の高さが伺えます。また、適切な会計業務をおこなってきた実績はお客様の高い評価を得ていらっしゃることもよくわかります。私は貴事務所の業務を通じて、より顧客の安心と繁栄を手助けすることで頼られる税理士として貢献したいと考えております。

上記の例文では、企業の精度の高い会計業務に対するリスペクトの念がよくわかります。そのことが顧客からの評価も高いこともわかります。自分が今後携わることで顧客がより安心して事業に専念できることを感じさせてくれます。

税理士の志望動機NG例

税理士の志望動機として、ふさわしくない例と理由をご紹介します。自分の志望動機と比べてみてください。

NG例①

私が貴事務所を志望する理由は、取得した税理士の資格を活かしたいと思ったからです。貴社は多くの顧客を抱えているため、それだけ私の活躍の機会も多いと考えました。また、貴社のホームページを見たところ、研修制度が充実していることを知り、自分の知識とスキルをさらに上げることができると確信しました。研修と併せて現場での経験も積み、早く一人前の税理士として活躍したいと考えています。
顧客の数が多いという点だけでは、その事務所を志望した魅力としては不十分です。顧客数の多さにも理由があるはずです。企業・業界研究をおこない、その事務所の魅力・特徴を志望動機に盛り込みましょう。

また、研修を通じて自分が成長できることをアピールしています。これだけでは、採用する側にあなたを採用するメリットが感じられません。熱意を伝えるためにも、具体的な貢献方法を記載するようにしましょう。

NG例②

私が貴事務所を志望する理由は、貴社が顧客に対する手厚い対応をおこなっている事務所だと感じたからです。また、受託先の企業名も有名なところが多くあり、安定的な経営ができていると感じ、そこも魅力だと思いました。そういう貴社ならば、私はきっと一つ一つ丁寧な仕事ができると考えております。また、貴社の福利厚生の充実と給与面の良さがとても興味を持つ理由となりました。せっかく税理士になるのであれば、しっかりと安定した貴社で働きたいと思っております。

上記の例文では、とにかく自分が働きやすい理由しか述べていません。税理士事務所を志す動機というものが全く垣間みえません。ましてや待遇面ばかり考えて、その事務所で何がしたいのか意思表示もできていません。

もっと、具体的にこの事務所を選んだ理由を自分本位ではない形できちんと表現していきましょう。

NG例③

私が貴事務所を志望する理由は、私が取得した税理士資格を有効に活用できると考えたからです。税金にお悩みの顧客に対して、適切な節税アドバイスをおこなうことでしっかり儲けてもらえると確信しております。また、その結果として委託料もたくさんもらって貴社の経営に十分貢献できるような税理士になりたいです。貴社であれば、私の希望を十分叶えてもらうことが可能だと考え志望いたしました。必ずお役に立てますのでよろしくお願いいたします。

上記の例文では、ちょっと極端すぎる例になってしまいました。まず、取得した税理士資格を活かしたいことはよくわかります。また、顧客の税務相談にも乗りたいと考えていることも理解できます。

しかし、その説明内容に問題があるといえます。「事務所に入るお金も増えて儲かります。」というような表現はまずいでしょう。

せっかく事務所に貢献したいという意思表示をしたければ、もっと表現を考えなければなりません。

まとめ

税理士は、税務と会計のプロフェッショナルです。税法や会計ルールは時代と共に変わります。最新の情報を仕入れておくために、税理士には常に勉強する姿勢が求められます。

努力家であることに加え、税理士には高いコミニュケーション能力も求められます。顧客とのやりとりが発生するため、接客技術も長所としてアピールできます。自分の経験を振り返り、志望動機に盛り込めることがないか確認しましょう。

志望動機は、最初の選考であるエントリーシートや履歴書に記載するものです。志望動機から、あなたの人材像、採用するメリット、熱意は伝わるでしょうか。最初の選考を通過するためにも、説得力の高い志望動機を作りましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ