就活その他

【就活後におすすめのバイト4つをご紹介】終わった後にお金を稼いでおくべき理由も解説

就活後にバイトをおこなう学生は多い

就活中はやらなければならないことも多く、忙しい日々を過ごしますが、就活後は自由な時間も増え、バイトをする人は多いです。就活中はなかなかバイトをする暇はありませんし、就活では何かとお金が必要になります。

就活中に使ってしまったお金を取り戻すためにもバイトはしておいた方がいいですが、就活後にバイトをするメリットはそれだけではありません。他にもさまざまなメリットがありますし、就職後の社会人生活のためにもバイトはしておいた方がいいです。

就活後は自由な時間も増えて、やりたいことがたくさんたまっている人も多いですが、バイトも選択肢の一つとしていれておくことが大切です。就職までの時間を有意義に過ごすためにも、バイトを積極的におこないましょう。

就活後にバイトをすべき理由

就活中はお金が必要になることも多く、就活で貯金が底をついてしまった、あるいはかなり減ってしまう人は多いです。貯金はあるに越したことはありませんし、バイトをしてお金を稼ぐことが大切ですが、就活後にバイトをすべき理由はそれだけではありません。

それ以外にもバイトをすべき理由はさまざまありますし、バイトをしておくことで得られるメリットも大きいです。就活後にバイトをすべき理由を知って、積極的にバイトに取り組んでいきましょう。

社会人としての自覚を持つ

就活が終わった段階では、まだ大学生ですし、社会人になるまでの時間で学生生活を謳歌することは大切なことです。しかし就職日を迎えれば、社会人として働き始めなければなりませんし、学生のうちに少しずつ意識を変えていくことが大切です。

就職するにあたっては社会人としての自覚を持つことが大切ですが、入社日にいきなり切り替えられるほど簡単なものではありません。就職に向けて少しずつ自覚を持っていくことが大切ですので、社会人としての自覚を持つためにも、バイトはすべきです。

バイトで働く場合と社会人として働く場合では違う点がたくさんありますが、働くことにおいては共通しています。バイトでも意識することで、社会人としての自覚を持つことはできますし、バイトをする際は、社会人のつもりで取り組むことが大切です。

就職後に必要なものを揃えるものを購入するため

バイトをする目的としては、お金を稼ぐことは欠かせませんし、就職後に必要なものを揃えるものを購入するための資金集めの意味でもバイトはしておいた方がいいです。就職後はいろいろなものが必要になりますし、それに備えてお金を貯めておくに越したことはありません。

社会人の準備として細々とした出費はありますし、就職に伴って一人暮らしをする場合などはかなりの金額が必要になります。企業によっては住宅手当などもありますし、給料を期待している人も多いですが、実際に支給されるのは就職してから約1か月後です。

最初の月は給料が出ませんので、就職してすぐには自身のお金でどうにかしなければなりません。いきなり前借をすることはできませんし、社会人生活をスタートさせるためにもお金は貯めておきましょう。

就活後におすすめのバイト4つ

就活後にはさまざまな理由からバイトをしておくべきですが、バイトをする場合はどんな仕事をするかも大切です。就活前からバイトを続けている場合はそこに復帰してもいいですが、就活後に新たに始める場合は、条件からバイトを選ぶことがおすすめです。

バイトにはさまざまな種類がありますし、どの種類のバイトをするかによって得られるメリットや身に付くスキルなどは違います。おすすめのバイトは4つありますので、その中から自分に合ったものを選んでいきましょう。

単発も可能なイベント系バイト

就活後におすすめのバイトとしては、単発も可能なイベント系バイトが挙げられます。イベント系のバイトは複数日にわたって仕事をする場合もありますが、基本的には単発であることが多く、1日でバイトは終わります。

単発なので日程があわせやすいですし、プライベートな時間を確保しやすいことがメリットです。就活後の就職するまでの期間は非常に重要なものですし、バイトだけで終わらせるのは勿体なくもあります。

バイトもしながら旅行をしたり、勉強をしたりと他にもすべきこと、やっておいた方がいいことはたくさんあります。単発のバイトであれば、さまざまな予定を立て、それと並行しながらおこないやすいですし、より有意義な時間を過ごしやすくなるためおすすめです。

時間の融通がきく派遣

時間の融通がきく派遣も就活後におすすめのバイトの一つです。単発のバイトほどではありませんが、派遣の仕事も時間の融通がきくため日程を合わせやすいですし、他のことと並行しながらおこなうことができます。

派遣の仕事のメリットは時間の融通がきくだけではなく、いろいろな仕事の経験できることもであり、社会人に向けて多くの経験を積むことができます。さまざまな仕事の経験を積んでおくことで、多くの能力やスキルを身に付けることができますし、それが就職後の仕事で役立つことも多いです。

就職先の企業と同じ業種、職種の仕事が経験できる場合もありますし、それらを経験しておくことで、就職後もスムーズに仕事を進めることができます。

自分の勉強にもなる家庭教師

就活後におすすすめのバイトとしては家庭教師が挙げられ、家庭教師のバイトをすることで自分の勉強にもなります。人に勉強を教えるためには、まずは自分が正しく理解しておかなければなりませんし、バイトを通じて勉強のおさらいができます。

また家庭教師のバイトは時給が高い場合も多く、お金を稼ぐ面で考えてもおすすめ度は高いです。就職後に必ずしも勉強が必要になるとは限りませんが、高校や大学での勉強が役立つシーンは意外に多いですし、勉強していなかったことを後悔する人も多いです。

社会人になれば仕事が忙しくなりますし、仕事をしながらもう一度勉強をするのは非常に難しくもあります。勉強しておけば良かったと後悔しないためにも、家庭教師のバイトはおすすめです。

話術を学べる接客業

接客業も就活後のバイトとしてはおすすめであり、話術を学ぶことでコミュニケーション能力を高めることができます。社会人になれば業界、企業、職種に関わらずコミュニケーション能力が必要になることも多く、事前に身に付けておくことで仕事をスムーズに進めることができます。

コミュニケーション能力は一朝一夕で身に付けられるものではありませんし、就活後の期間を利用してバイトをすることで、少しずつ身に付けられるものです。社会人になってコミュニケーション能力が必要になっても、すぐに身に付けることはできませんので、学生のうちに身に付けておくことが大切です。

就職後の仕事に直結する能力を身に付けることができますし、接客業もおすすめのバイトだと言えます。

【おすすめバイト】 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは今おすすめの仕事!メリット・デメリット・評判について徹底解説 

就活後は学業にも力を入れる

就活後にバイトをしておくことでさまざまなメリットがありますし、バイトは積極的にしておくべきです。しかしバイト以上に力を入れなければならないのが学業であり、しっかりと勉強をしておく必要があります。

内定契約は卒業を条件に結んでいるものですし、どれだけバイトをして社会人生活に備えていても、卒業できないのでは意味がありません。卒業できなければ基本的には内定が取り消しになりますし、企業だけではなく大学にも迷惑をかけてしまいます。

内定を獲得すれば、真っ先にしなければならないのは卒業であり、きちんと単位を取得しておくことが大切です。本当に卒業できるかどうかをしっかり確認し、学業にも力を入れた上でバイトにも精を出すようにしましょう。

バイトは就活後に集中しておこなうのがおすすめ!

就活中はお金が必要になることも多いですし、今後の生活を考えればバイトをしておいた方がいいですが、無理に就活中にバイトをする必要はありません。就活中は忙しく動き回らなければなりませんし、選考などに参加していればバイトをしている余裕がない場合も多いです。

就活後であれば自由な時間も増えますし、就活中に無理にバイトをしなくても、就活が終わってからゆっくりとバイトをしても問題はありません。就活後であればバイトにも集中して取り組むことができますし、得られるメリットも大きいです。

就活中の優先順位は内定を獲得することですので、まずは就活一本に絞り、内定を目指すことが大切です。志望企業から内定をもらうことができれば、就職までの間にしっかりとバイトをおこなっていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ