身だしなみ

【面接で髪色はどの程度ならOK?】好印象を与えるためのポイント

面接で好印象を与える髪色とは?

もしかしたら、普段はオシャレとして髪の毛を染めている人もいるかもしれません。髪色を変えることにより、気分を高めるなどの効果もあるでしょう。周囲の人から「かわいくなった」「明るい性格になった」といわれることもあるかもしれません。

見た目を変えることにより、相手に与える印象は大きく変わります。では、就活中の面接において髪色はどれくらい影響するのでしょうか。人によって「そもそも染髪はNG」「派手な方がよい」などさまざまな考えがあります。

本記事では、面接でよい印象を与える髪の毛の色をご紹介します。してはいけないカラーや職種による違いなども網羅していますので、髪色が気になる人はぜひお役立てください。

面接でNGな髪色

面接官に好印象を与える髪色があれば、そうではないカラーがあるでしょう。まずは、NGな染髪をご紹介します。自分では「この明るさならば問題ない」「これぐらいならば許容範囲だろう」と思っている場合でも、人によっては「非常識」「不真面目」と感じることがあるかもしれません。

就活において、もっとも重要なシーンのひとつである面接では、どのような髪色をしてはいけないのでしょうか。詳しく見ていきます。

不真面目に見える明るい茶色や金髪

金髪に近いような明るい茶髪やそもそも金髪である場合、就活のシーンではどう見られるのでしょうか。業界や職種にもよりますが、おそらく多くの人が「ビジネスパーソンとしておかしい」「不真面目だ」と感じるはずです。

就活生に求められる「誠実さ」「フレッシュさ」とも遠いてしまうでしょう。ですので、基本的には明るい茶髪や金髪は避けてください。「目立ちたい」「どうしても入社したい」という強い思いがあるのならば、それを容姿でアピールすることはありません。

履歴書の内容や面接での受け答えで、自分の魅力を存分に伝えましょう。髪色での自己アピールは「悪目立ち」だけになってしまう可能性が高いといえます。十分注意してください。

個性的で奇抜に見える髪色

明るい茶髪や金髪の他にも、NGといえる髪色はあります。それは、「赤髪」「青髪」「ピンク髪」「緑髪」などの派手なカラーです。最近では、ファッションとしてこうした色に染めている人も少なくありませんが、就活のシーンに適しているとはいえないでしょう。

もちろん、業界や職種によって異なる話ではありますが、面接においてオシャレさをアピールする必要性はありません。もっとも重視すべきポイントは、清潔感でしょう。とはいえ、いくら清潔感に気を使っていたとしても、先のような髪色は「常識がない」と思われてしまうだけかもしれません。

スーツの着こなしにマナーがあるように、髪色にもある程度マナーがあることは、しっかりと認識しておきましょう。

面接で好印象を与える髪色

面接でよい印象を与えられる髪色は、明るい茶色や金髪、個性的で奇抜な髪色以外ということになります。面接前だけではなく、履歴書に貼り付ける写真を撮影する際なども、染髪している人は元の髪色に戻しておきましょう。もちろん、会社説明会の前も同様です。

髪色ひとつで、面接官に与える印象に大きな影響があります。「入社したい」という情熱が伝わったとしても、「派手な色はNG」と判断される可能性も否定できません。では、次に好印象を与える髪色を見ていきましょう。

誠実な印象を与える黒色

もっともオーソドックスな色は、黒ではないでしょう。街中で見かける就活生やスーツを着用しているビジネスパーソンも、黒髮が多いです。この色が、就活にもっとも適したものだと言えます。

黒髮が相手に与える印象は、就活生にとってメリットになるに違いありません。「真面目」「純粋」などのイメージがあり、多くの企業にとって求める人物像にマッチします。

就活前や内定後に髪の毛を染めることで、デメリットになることはあまりないかもしれません。しかし、就活の真っ只中においては、髪色を戻しておきましょう。企業からは「社会人」「会社を支える人材」としてみられています。このことを、深く認識しておいてください。

柔らかい印象を与える焦げ茶色

特に女性の場合は当てはまりますが、焦げ茶色程度であれば、染髪していても問題ないでしょう。自然な色合いであれば、「明るい」「優しい」といった印象を与えられる可能性があります。

茶色に染める時の注意ポイントとしては、色ムラに気をつけることです。不自然な染髪は、清潔感から遠のいてしまうでしょう。「だらしない」「汚い」と思われないように、美容室などでキレイに染めることをオススメします。

「焦げ茶色程度」といわれても、人によって捉え方が異なるかもしれません。そして、企業によっては、色の明るさを気にすることもあるでしょう。黒髮よりも印象をアップさせる可能性がありますが、色のレベルには十分気をつけてください。

ヘアカラーは8トーン以下がおすすめ

就活中にヘアカラーをして髪の毛を染める場合は、派手になりすぎない色を選ぶことが大切になります。明るすぎる髪色は悪目立ちしてしまう恐れがあるため、落ち着いた色味になるように気を付けましょう。

ヘアーサロンに行くとヘアカラーの色見本があります。カラーとトーンが確認できますので、面接の前に染め直す場合は8トーン以下を選ぶとよいでしょう。数字が大きくなるほど明るいトーンになりますが、9トーンや10トーンは明るすぎる印象になってしまいます。

染めた直後は暗く見えても、時間が経つと明るくなることもあるため注意してください。4~6トーンは黒髪と同じように見えるため、髪の毛を明るくしたくない場合にはこのトーンを選ぶようにしてください。

職種によって髪色の基準は異なる

「茶髪NG」という企業があれば、「染髪OK」という会社もあるでしょう。つまり、業界や職種によって、髪色に対する判断は異なるといえます。もしかしたら、髪色にこだわった方が好印象を与えられる企業もあるかもしれません。

一般的には就活シーンにおいて「染髪NG」かもしれませんが、ケースバイケースであることは認識しておきましょう。つまり、仕事内容によって髪色の基準に相違があります。詳しい内容を見ていきましょう。

公務員や銀行員は真っ黒が原則

黒髮が「真面目」「純粋」などのイメージを持つ色であるとご紹介しましたが、この髪色がよいとされている職種があります。まずは、公務員が挙げられます。この職種名を聞くと「真面目」と感じる人も少なくないはずです。その印象通りに、一般的な民間企業の仕事と比較すれば、真面目さが武器になる職種かもしれません。そうでなければ、務まらない可能性もあります。

公務員と同じような「堅い」イメージを持つ仕事といえば、銀行員です。直接お金に関わる仕事は、何よりも「信頼感」が大切になります。茶髪や金髪の銀行員では、人によっては信頼できないかもしれません。そのため、黒髮がよい髪色だとされているのです。

美容や服飾業界は髪色に決まりはない

公務員や銀行員では、就活中も入社後も髪色に関する規則は厳しいかもしれませんが、業界によっては、気にしないケースも考えられます。それは、オシャレさやファッション性に重きを置いている美容業界や服飾業界です。こうした業界では、むしろ個性的である方がよいかもしれません。世の中のトレンドを無視することは、仕事柄、NGだといえるでしょう。

また、自由な服装などが許されているIT系企業も、髪色に対して強い反発はないかもしれません。就活の時はさておき、美容・服飾業界、IT系企業などは染髪を許容している可能性は否定できません。美容・服飾業界ならば「オシャレか否か」、IT系企業では「実績を挙げているのか」などがポイントになります。

清潔感のある髪型であることが大切

面接時の髪型で注意したいのは、清潔感があるかどうかという点です。髪色やヘアスタイルも大切ですが、面接官から見た時にビジネスシーンにふさわしいヘアスタイルとなっているかチェックしてみるとよいでしょう。

髪型に問題が無くても、髪の毛が傷んでパサパサになっていたり、染めてから日数が経ち根元が黒くなっているとあまりよい印象とはいえません。誰から見ても清潔感がある髪型になっているかどうか、鏡の前で再度確認してみてください。

長い髪は一つに束ねて前髪で目が隠れないようにする

髪の毛にツヤがあり、綺麗な状態になっていても髪型が整っていないと清潔な印象を与えることはできません。長い髪をそのままにしておくと面接の際に邪魔になりますし、顔が隠れて暗い雰囲気となってしまうこともあります。

髪が長い場合は一つに束ねておきましょう。お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないようにするとスッキリとみえます。また、前髪の長さにも注意が必要です。眉毛と目が隠れないようにして、長い場合は短く切ったり、ピンで留めるなどの対策をしましょう。

おでこが見えていると、明るく爽やかな雰囲気になります。男性でも前髪が長い人がいますが、顔が隠れると清潔な印象とはいえませんので、短めにしておくとよいでしょう。

傷んでいたり黒染めスプレーを使うのはNG

髪の毛が傷んでいると、うまくまとまらずボサボサになってしまいます。髪の毛のケアも忘れずにおこないましょう。頻繁に美容室に行かなくても、自宅でトリートメントなどをすれば充分です。

髪の毛が濡れた状態で寝ると傷みやすいといわれていますので、シャンプーの後はなるべく乾かすようにしてください。セルフケアだけだと不安な場合は、面接の前に美容室でトリートメントをしてもらうと、髪の毛の状態がよくなります。

また、明るすぎる髪色を落ち着かせたい場合に黒染めスプレーを使うのは避けましょう。雨が降ったり汗をかいたりすると、スプレーの色が落ちて顔や服についてしまう場合があります。汚れるのを避けるためにも、髪色を変えたいと思ったら美容室で染めてもらいましょう。

面接は無難な髪色で臨もう

面接において、よい印象を与える髪色はあります。NGなカラーとしては、明るめの茶髪や金髪などがそうです。不真面目な印象を与えかねません。また、赤や青などの奇抜な色も、業界や職種によってはNGです。

印象のよい色としては、まずは黒です。真面目な印象が伝わり、面接でも好印象を与えます。焦げ茶色などの落ち着いたカラーもよいです。明るい印象を与えられるので、効果的です。

公務員や銀行員などの堅めな仕事であれば、黒髮が望ましいです。一方、美容業界や服飾関連、IT系企業などは、染髪をよしとしている可能性があります。誰も文句をいわないのは黒髪かもしれませんが、業界や職種を見極めて、髪色を選ぶのがよいでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ