業界研究

コンサルの志望動機|例文5つとポイント・NG例を紹介

コンサルについて

人気の高い職業のひとつでもあるコンサルという職種。就職したいと思っている方も多いことでしょう。そのためにも、まずは書類審査の際に人事スタッフに自分の強みや意欲を正しくPRできるかという部分が重要になってきます。では、実際にコンサルに就職するにはどういう風に自分をアピールしていくといいのでしょうか。志望動機の書き方を中心に、印象をよくする例文やNG例などをまとめてみました。

コンサルの志望動機の書き方

コンサル業界は人気のある就職先なので、その分選考難易度も高く、書類選考の時点でかなりの数をふるいにかける企業も珍しくありません。履歴書、エントリーシートはコンサル業界を目指す就活生にとって最初の難関となっているのですが、その中でも要注意なのは志望動機です。それでは具体的なポイントを見ていきましょう。

なぜコンサルになりたいのか

コンサル業界への志望動機のポイントは「なぜコンサルになりたいか」を明確にすることです。これは他の業界に対しても言えることですが、コンサル業界は様々な手段、手法を用いて他社の経営や人事戦略などの深部に入り込みソリューション解決を図るという無形商材を扱っているため重要なのです。

「多くの企業の問題を解決し経営支援がしたい」「厳しい環境に身を置き成長したい」などでは他の業種とも汎用性があるため、どうしてもコンサルになりたい強い思いが伝わりません。なぜコンサル業界に入社したいのかを伝えるには、体験に基づくエビデンス(先輩の話、ゼミ活動など)や固有の思い(社会的意義、働き方など)のいずれかまたは両方が必要です。

自分はコンサル業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、コンサル業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がコンサル業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

なぜその企業を志望するのか

「なぜその企業を志望するのか」を明確にすることも大切です。前述の通り、コンサル業界は様々な分野に分かれている上、各企業がそれぞれの強みを活かして重なり合った領域で切磋琢磨しています。「コンサルならどこでもいい」という考えでは内定は程遠いといえます。コンサル業界全体と応募先の企業研究を怠らずに「なぜこの分野のコンサルの中でも応募企業で働きたいのか?」を論理的に整理しておきましょう。

「なぜ?」には確固たるエビデンスが必要となるため、論理的に理由を導き出さなくてはなりません。例えば「戦略系のコンサルで働きたい」→「M&Aに携わりたい」→「早い段階から海外プロジェクトに参加したい」→「志望企業」のように志望先を絞っていく方法もあります。

企業にどのように貢献したいのか

最後のポイントは「企業にどのように貢献したいのか」をまとめることです。企業が人材を採用する上で最も重要なことは、学歴でも成績でもなく「入社後どのように貢献してくれるのか?」ということです。

どれだけ優秀な人材でも、ビジョンがなくてはコンサル業界で活躍することはできません。「英語力(TOEIC900点)を活かして」「ゼミの課題解決型授業で優秀提案賞を受賞した経験を活かして」など、具体的に記述するようにしましょう。

自分はコンサルに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、コンサルの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がコンサルに向いているタイプか、診断してみましょう。

コンサルの正しい志望動機例5選

では、企業に提出する志望動機はどのように書けばいいのでしょうか。5つの例文とその解説を参考にして志望動機を考えてみましょう。

例文①

私が貴社に就職を希望した理由は、ITに関するスキルを活かして様々な人の役に立ちたいと考えたからです。コンサルタント業務は複数の顧客の課題に取り組む業務であることから、一般的な企業以上に自身の能力を沢山の顧客のために活用できるのではないかと考えました。また、問題を解決できずに困っている人のサポートをおこなったり、問題を整理すること自体も苦ではなく、兼ねてよりサークル内で進んで取り組んできたことのひとつでもあります。

この内容では、コンサルタントを選択した理由に「複数の企業に関わるため、様々な人のためにスキルを活用できるから」と明確に記載されています。単に「いろんな人の役に立ちたい」では説明不足ですが、企業研究の結果なども混ぜてコンサルタントを希望する理由としてまとめられています。

例文②

志望動機は、ひとつの企業での活動に留まらず様々な顧客に貢献するコンサルタント業務にやり甲斐を感じたからです。あらゆる企業の問題を解決するというコンサルタントの仕事は、社会全体のかたちを変えるきっかけになると考えております。また、貴社の説明や、先輩社員の方のお話から社会に変化を起こしたいという熱意を感じ取り、志望いたしました。特に貴社では経営コンサルタントを主体としていることから、大学時代に学んだ経営学の知識や資格が活かせるだろうとも考えております。

こちらは実際の社員からの話や、企業研究で知ったことが主体となった内容になっています。コンサルタントは様々な顧客を相手にすることが一番のポイントでもあります。、コンサルを志望する場合、その業務活動を選択する理由に関しては、採用の際に聞かれることになるでしょう。自分はなぜそう思うのかを明確に説明できるようにしておきたいところです。

例文③

貴社へ就職を希望した動機は、企業の問題を解決し成長を促すという業務内容に強い関心があるからです。というのも、学生時代にサークル内で発生した問題を解決したことで、サークル全体がよりよいものになったと間近で感じた経験があるからです。その際、私も積極的に問題解決に努めたことで、問題を正しく整理し、解決することの大事さを理解しました。貴社に就職した際には、資格を活かして企業全体がよりよいものになれるよう、クライアントと共に課題解決に当たりたいと考えております。

こちらは、学生時代の個人的な経験から、コンサルの仕事に関心を持ったという内容が記載されています。また一人で問題を解決するのではなく、クライアントと関わり合って課題に取り組む意欲も伝わってくる文章になっています。こういったコンサルという職業に繋がる明確な経験を混ぜて志望動機が書けると、人事採用も入社した際のビジョンが描きやすくなることでしょう。

例文④

官公庁にも提言できる研究機関にて専門性の高い仕事がしたいと考え、貴社を志望いたしました。私はゼミ活動で自治体の観光資源を具体化するソリューションを継続して行っており、今年度のコンペでは最優秀賞を獲得しました。
実現可能な施策を提言するため、まず観光課題を明確に定義しました。さらにビジネス書を読み、モデルとなる他の自治体関係者へのインタビューも複数回行うなど、実績を上げるための裏付け作業に注力した結果、私の案は来年度の予算要求に上げられることになりました。

こちらは、シンクタンク系を意識した志望動機です。シンクタンクと他のコンサルとの大きな違いは研究機関であるということです。ここではゼミの活動ながら、漠然とした課題を明確化し、書籍やインタビューなどをもとに研究し提言を行ったという経験が、業務への理解とシンクタンクを志望するエビデンスとなっています。

例文⑤

私は、人事や組織の側面から企業の問題を解決したいと考え貴社を志望しました。私の父が経営する会社が経営難に陥った際、コンサルのお世話になり大規模なリストラと組織改革を断行したおかげで持ちこたえることができ、今では安定した業績を上げることができています。
企業にとって、リストラは経営上効果がありますがリスクも伴います。慎重かつ計画的に行うには専門家のアドバイスが必要だと考えます。私は、父の会社がそうであったように、経営上の問題を抱える企業に対して人事・組織の専門家として支援していきたいと考えています。

こちらは、人事系コンサルへの志望動機ですが、父親の会社で起きた出来事から感じたこと(体験)をエビデンスとしています。文系の大学生はコンサル業界への志望動機となるような専門的な学習や体験をしてこなかった人も多く、何を書いていいのかわからず背伸びや誇張をしてしたいと思ってしまいがちですが、実体験から生まれた固有の考え方、強い思いなどは志望動機につなげることができます。

コンサルの志望動機NG例

実際にコンサルの志望動機を書く場合、どのような点に気を付けて書くといいでしょうか。NG例の例文を元に、問題点をまとめてみました。

私が就職を志している理由は、コンサルタント業務を通じて企業全体の課題解決に取り組みたい、という思いがあったからです。特にITに関する知識、資格を持っていますので、企業のIT関連の課題に取り組むことができたら、と考えております。

この内容では、問題解決などに関わってきたということをアピールできていますが、企業の課題解決に取り組みたいという就職理由が印象が曖昧になってしまっています。企業の課題解決自体は、元々専門の部署でも執りおこなっているものです。この場合は、「何故あえてコンサルという職業を選んだのか」を企業にアピールすることが、人事採用の目に止まるための重要なポイントになってきます。

自分はコンサル業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、コンサル業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がコンサル業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

コンサルの志望動機は明確なビジョンが大切

様々な会社の課題解決に取り組むコンサルは、若くしてキャリアを積むことができるという理由から、競争率の高い職種になりつつあります。しかし、その業務は専門的な内容も多く、単に憧れだけでできる仕事でもないのが事実です。人事や採用担当者も、その点を踏まえて有能な学生を採用しようと考えているでしょう。

自身が企業に就職し業務に取り組んでいるイメージをしっかり思い描いてから、志望動機にそのイメージを落とし込むことで、より明確なビジョンを描くことができます。また、採用担当者もその後の働いている姿をイメージしやすくなるでしょう。まずは自分の強みと、なぜコンサルでなくてはいけないのかという部分をしっかりと整理し、企業にマッチする志望動機を作成していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ