職種研究

アナリストの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

アナリストとは

金融市場の発達により、株取引などの高度化・スピード化が進んでいます。変化に伴い、アナリストの活躍の場が広がるとともに、仕事の重要性が増しています。専門知識を持ったアナリストの意見が企業や投資家の判断に重要な影響を及ぼし、日々多額のお金が動いています。

ここでは、金融のスペシャリストであるアナリストに関して、業務内容、求められる能力、年収などを見ていきましょう。

アナリストの業務内容

アナリストの業務は、様々な情報やデータから企業の価値を分析したり、将来の予測をおこなうことです。

株式を例にすると、アナリストは会社の実力を判定して、今の株価が高いか、安いかを分析します。その結果をまとめて、企業や投資家に投資判断のためのレポートを作成したり、投資に関する助言をおこないます。

データを収集して分析するだけでなく、実際に企業におもむき経営者に取材をしたり、新商品の調査をしたりすることもあります。

株価は、景気、国際情勢、為替、国の政策等に敏感に反応します。そのため、株価に影響する幅広い情報をキャッチするアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

自分はアナリストに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、アナリストの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がアナリストに向いているタイプか、診断してみましょう。

アナリストに求められる能力について

  • 情報収集能力
  • 分析力

 

アナリストには、情報収集能力が求められます。経済、国際情勢、為替、国の政策、企業の状況など、幅広い分野の情報を入手する能力が必要です。自ら企業に足を運んで経営スタッフに取材をし、生の声を入手することもあります。変化をいち早くキャッチする感度を磨いておきましょう。

分析力もアナリストにとって重要な能力のひとつです。アナリストは、収集した膨大なデータや情報から、投資価値の評価を算定して今後の動向を予測します。企業や投資家に対して、信頼性の高いレポートの提供や助言をおこなうためには、高い分析能力が必須だといえるでしょう。

アナリストの平均年収と他職種との比較

アナリストの平均年収について

DODA調べによると、アナリストの平均年収は837万円となっています。特に外資系は高収入の傾向が高いようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 投資銀行業務:855万円
  • データアナリスト:534万円

 

アナリストの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、415万円高くなっています。また、他の関連する職種を見てみると、投資銀行業務は855万円、データアナリストは534万円です。

アナリストのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

アナリストのボーナスは、多くの企業で支給される傾向にあるようです。ただし、企業やアナリストの成果によって、ボーナス事情には差が出るようです。

昇給について

アナリストの昇給についても、企業によって異なります。成果主義の企業が多いため、成果を出すことで昇給につながることもあるでしょう。

まとめ

アナリストは、証券会社、投資信託会社、保険会社、銀行など、金融機関に所属しています。専門知識の他に、膨大な情報を収集し分析する能力が求められるスペシャリストです。彼らの意見は、多くの人の判断に影響を与えます。

金融市場の発達に伴い、アナリストの分析の重要性は高まっています。アナリストとして働くためには、必ずしも資格は必要とされていません。証券会社などに勤務しスキルアップした後、アナリストになるケースもあります。

高度な専門知識とスキルだけでなく、情報収集などのさまざまな努力が必要とされる仕事です。証券アナリスト協会の証券アナリスト資格を取得するなど、あらかじめ知識を取得しておくといいでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ