内定について

【志望度の高さに対する質問の答え方】内定を勝ち取る内容とは

志望度のアピールに悩む学生は多い

面接を攻略するためには志望度をアピールしなければなりませんが、このアピールに悩む学生は多いです。志望度をアピールすると口で言うのは簡単ですが、実際にそれを伝ていくのは大変ですし、アピールに説得力を持たせなければなりません。どれだけ志望度が高いとアピールしても、志望度の高さが伝わなければ意味はありませんし、高評価も得られなくなってしまいます。

志望度をアピールする上で重要なのは説得力であり、説得力を高めることができれば、魅力的なアピールになり、好印象を与えることができます。面接を攻略するには志望度の高さを伝え、就職意欲をアピールすることがカギです。志望度を上手にアピールするためには、ポイントがありますので、それらを知って就職意欲の高さを上手にアピールしていきましょう。

就活ではなぜ志望度が重要視されるのか

志望度の高さをアピールするためには、まずは志望度が重要視される理由を知っておきましょう。志望度が重要視されるのには理由がありますし、どのような点が評価されているのかを知っておくことで、よりスムーズにアピールをおこなうことができます。

志望度のアピールは就活では欠かせないものですし、就職意欲の高さを上手にアピールするためにはしっかり内容を練り込んでおく必要があります。志望度が重要視される理由を知り、何が評価されているのかを理解していきましょう。

仕事に対するやる気を見るため

就活で志望度が重要視される理由としては、仕事に対してのやる気を見るためが挙げられます。企業への志望度が高い=仕事へのやる気が高いと考える企業は多く、志望度の高さから仕事へのやる気の度合いが測られています。いくら能力があってもやる気がなければ仕事で活躍することはできません。

企業はやる気のある人材を採用したいと考えているため、それを測るために志望度の高さを確認することを知っておきましょう。本当に志望度が高く、仕事へのやる気があったとしてもそれが企業に伝わらなければやる気はないと判断されてしまいます。実際にやる気があるかどうかも大切ですが、それが伝わることが大切ですので、どうすれば志望度が伝わるのかをしっかりと考えておかなければなりません。

企業の仕事へ関心を持っているかを知るため

企業の仕事へ関心を持っているかを知ることためであることも、志望度が重要視される理由のひとつです。仕事に対してやる気を持つことはもちろん、企業や仕事への関心を持っていることも大切です。ただ漠然と仕事をこなすだけなら誰でもできます。企業が求めているのは、その人にしかできない仕事、その人だからこそできる仕事をすることです。

企業の仕事に関心を持っていることで、仕事を突き詰められるため、自分にしかできない仕事を実現しやすいと企業は考えます。関心があれば企業の仕事を正しく理解しているはずで、その理解度の高さから志望度を判断しています。企業についてはもちろん、企業の仕事への理解を示すことが、志望度の高さをアピールするポイントです。

成長意欲を見るため

就活で志望度が重要視されるのは、就活生の成長意欲を見るためでもあります。新卒では即戦力での採用ではなく、就職後の成長力を見越して採用が決定することが多いです。企業に就職後、いかに企業に貢献できる人材に成長できるかが重要視されており、成長力が高ければ高評価を得やすくなります。

企業への志望度が高ければ、企業での成長意欲が高いと判断され、好印象を与えることができます。就職してからの成長力は新卒採用では非常に重要なポイントなので、志望度の高さからその程度が見られているので注意しなければなりません。志望度が低ければ成長意欲も低く、企業への貢献度が低いと思われてしまいます。成長意欲はそのまま成長力と判断されますので、志望度の高さは念入りにアピールしなければなりません。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

面接で志望度を問われた場合の答え方

面接では志望度を問う質問は頻出であり、その答え方にも注意しなければなりません。志望度を高く持って面接に臨むことは大切ですが、いくら志望度があってもそれが企業に伝わらなければマイナスの印象になってしまいます。志望度の高さを上手に伝えるためには、面接で問われた際の答え方が大切です。

同じ回答でも、答え方次第で相手に与える印象は違い、志望度の伝わり方も違います。志望度をアピールする際にはどのような点に気をつければいいのかを知り、志望度の高さを上手に伝えていきましょう。

迷わず第一志望と答える

面接で志望度を問われた場合は、迷わず第一志望であると伝えることが大切です。第一志望と答えることで、志望度が高いことは伝わります。仮に第一志望でない場合でも、第一志望と答えておくことで合格率を高めることができるので、必ず第一志望と答えましょう。

企業は学生の志望度の高さを重要視しており、第一志望以外の答えだと印象が悪くなってしまうことも多いので注意が必要です。本当に第一志望かどうかに関わらず、合格したいなら第一志望と胸を張って答えるべきです。企業としては第一志望で受けてくれている学生を採用したいと考えていますし、志望度の高さをアピールするには第一志望と伝えるのは必須だと言えます。少しでも志望度の高さを伝えるためには、迷わず第一志望と答えましょう。

はっきりと言い切ることが大切

志望度を問われれば第一志望だと答えるのがベストですが、このときの答え方にも注意が必要です。第一志望と言っていても、自信のない様子だったり、目が泳いでいると嘘だと思われかねません。口では第一志望と答えていても、本当は第一志望ではないと分かってしまうと、企業からの印象は悪くなってしまう可能性が高いので注意が必要です。

志望度を問われれば自信を持って、第一志望だとはっきり言いきることが大切であり、迷うそぶりを見せてしまうと、本当に志望度が高いのかと疑われてしまいます。志望度の質問であっても嘘をついていると分かれば印象は悪くなるので注意しなければなりません。志望度を問われば臆することなく第一志望ですとはっきり言い切り、就職意欲が高いことをアピールしていきましょう。

正直に答えると印象が悪くなることも多い

面接で嘘は絶対NGなので、志望度の質問に関しても嘘をつきたくないと考える人は多いです。志望度の質問でも嘘をつくと印象が悪くなりますし、確かに嘘をつかないことは大切ですが、正直に第一志望ではないと答えてしまうと、印象が悪くなる可能性が高いです。正直に答えることで好印象になるケースもありますが、それは極めて稀だと言えます。

基本的には第一志望であることが最も印象が良く、高評価を得やすいですし、それ以外の回答ではマイナスの印象を与えてしまいます。よっぽど高評価を得ている場合であれば、第一志望ではないと伝えても内定がもらえる可能性もありますが、それはレアケースです。面接ではどの企業でも第一志望のつもりで真剣に取り組み、志望度を問われれば第一志望だと伝えることが大切です。

志望度の高さをアピールするための事前準備

志望度の高さをアピールするには、面接での答え方を工夫することが大切ですが、アピールするための事前準備も大切です。どれだけ上手な答え方をしていたとしても、アピールの内容がきちんと定められていなければ志望度の高さを伝えることはできません。

志望度の高さを伝えて好印象を与えるには、事前準備が必須であり、しっかりと準備をすることで評価もされやすくなります。事前準備として何が必要なのかを知り、志望度の高さを上手にアピールしていきましょう。

インターンへ参加する

志望度の高さをアピールするための事前準備としては、インターンへの参加が挙げられます。インターンに参加することで、業界や企業について知ることができ、理解を深めることができます。また企業の仕事についても理解することができ、それが選考でも有利になることが多いです。

インターンに参加していることで、企業を志望する理由を裏付けしやすくなり、志望度のアピールにも説得力が出るため志望度も伝わりやすくなります。企業の仕事への理解が高いだけではなく、興味関心が強いことも伝わるため、高評価を獲得しやすいです。インターンの経験を踏まえながら志望度の高さを語ることで、アピール内容に具体性が出ますし、業界、企業、仕事を理解した上でのアピールのため好印象を与えやすいです。

OB・OG訪問

OB・OG訪問も志望度をアピールするための事前準備しては大切です。OB・OG訪問をすることで、企業の内情についてを理解でき、普通では知れないことまで知ることができます。より深くまで企業を理解した上で選考に臨むことができるので、選考も有利に進めやすくなります。企業について細部まで知っていることで、志望度の高さはアピールしやすく、好印象も与えやすいです。

実際に働いている人の話を聞くことで、企業の雰囲気なども感じやすく、社風に合わせたアピールを心がけることで、企業への理解度の高さもアピールしやすくなります。志望度を伝えるためには、企業について細かく理解しておくことが大切ですし、OB・OG訪問を通じて普段は得られない情報を得ておくことで、高評価になりやすいです。

志望度の高さをアピールする方法

志望度の高さをアピールする方法は非常にさまざまであり、上手に伝えるためにはいくつかのポイントがあります。ポイントを踏まえてアピールすることで、志望度が伝わり、好印象を与えやすくなります。

反対にポイントが理解できていないと、アピールしても志望度が低いと思われてしまいますので、注意しなければなりません。志望度の高さをアピールする方法は、大きく3つにわけられますので、それぞれのポイントを理解して、上手に伝えていきましょう。

業界・企業への理解を深めておく

志望度の高さをアピールするためには、まずは業界・企業への理解を深めておかなければなりません。業界や企業への理解度が高ければ、それだけ関心を持っているため志望度が高いと思ってもらいやすいです。反対に理解度が低いと、事前の業界・企業研究ができておらず、優先度が低いため志望度も低いと思われるので注意しましょう。

志望度の高さをいくら口でアピールしても、理解度が低ければ印象は悪くなります。選考前には業界・企業研究を徹底しておこない、理解を深めておくことが大切です。業界・企業研究の方法はさまざまありますし、理解度を高めるためにもさまざまな方法を試しましょう。インターンやOB・OG訪問はもちろん、説明会への参加、企業のホームページのチェックなども欠かすことはできません。

企業が求める人材をに合わせてアピールする

企業ごとに求める人材像は違うため、志望企業の求める人材像に合わせたアピールをすることが、志望度の高さを伝えるポイントです。求める人材像を理解してアピールできている=企業研究ができていると判断され、好印象を与えることができます。いかに優秀であっても、求める人材像から大きく外れてしまっていると、企業研究ができていないと思われ印象は悪くなるので注意しましょう。

またアピール内容は求める人材像に完全に一致させる必要はありませんが、アピールの方向性が大きく外れてしまわないようにだけ注意が必要です。細部に相違はあっても、大枠でのアピールが間違っていなければ問題はありません。方向性だけ間違えないように注意して、上手に志望度を伝えていきましょう。

就職後のビジョンを明確に述べる

志望度の高さをアピールするためには、就職後にどのように成長していきたいのか、就職後のビジョンを明確に述べることが大切です。将来のビジョンを述べることで、企業での成長意欲を伝えることができ、志望度の高さをアピールできます。ビジョンについては長期と短期両方を設定してアピールすることが大切です。

長期的に達成したい目標を掲げ、それを実現するためにどのように短期目標を達成していくのかを述べれば、志望度の高さを伝えやすくなります。企業では成長力が重要視されていますし、志望度の高さをアピールするためには、自身のキャリアプランをしっかりと見定めておかなければなりません。将来のビジョンは就職後にも必要になりますし、事前にしっかりと設定して志望度をアピールしていきましょう。

志望度の高さをアピールすることが内定獲得の近道

就活では志望度の高さが重要視されており、志望度の高さを上手にアピールすることが内定獲得の近道です。企業は志望度の高さからさまざまなことを判断していますし、アピールの内容はしっかりと考えておかなければなりません。またアピールの内容だけではなく、その伝え方も大切です。

同じ回答でも伝え方次第で印象は違いますし、志望度の高さの伝わり方も違ってきます。志望度の高さを上手にアピールするためには、しっかりと事前準備をすること、自信持って回答することが大切です。志望度のアピールは就活の中でも特に重要なものですし、これがしっかりとできていなければ内定を獲得することはできません。上手なアピールの方法を知り、志望度の高さを伝えて内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ