面接対策

【5年後の自分を面接で答えるには】効果的にアピールするポイント

5年後の自分をイメージできていない人は多い

面接では5年後の自分について聞かれることも多く、これがイメージできていない人は多いです。5年後の自分といっても何をしているかは分かりませんし、回答に困ってしまうのも確かです。

5年後も学生であれば勉強をしていると答えることができますが、社会人ですので、やったことのない仕事で将来をイメージするとなると難易度は高いでしょう。面接で聞かれている以上、明確な答えを出さなければなりませんし、仕事をしているなど漠然としたものをアピールするのはNGです。

自身の将来像を上手にアピールするためには、事前にしっかりと考えておかなければなりません。将来について考えることは、就活をスムーズに進めるためにも大切なことですので、5年後の自分をイメージしてどのようにアピールするかを考えていきましょう。

面接で5年後の自分を聞かれる理由

5年後の自分について上手に答えるためには、面接で聞かれる理由を知っておくことが大切です。面接で聞かれる以上、評価の対象になっていることは確かですし、5年後の自分をどのように伝えるかによって与える印象は違ってきます。評価基準を知っておけばアピール内容も考えやすくなるため、この質問で何が見られているのかを知っておきましょう。

将来のビジョンを持っているかを知るため

面接で5年後の自分について聞く理由としては、将来のビジョンを持っているかを知るためです。将来のビジョンを持っている=成長意欲があるということであり、意欲の高さをアピールできれば高評価に繋がります。

新卒では就職後の成長力やポテンシャルを重視して採用を決定することが多いため、将来のビジョンを持っていることが大切です。成長力がなければいかに現時点での能力が高くても評価されませんし、面接でも不合格になる可能性が高いので注意しましょう。

仕事はただ漠然とこなすだけではなく、目的意識を持って取り組むことが大切です。仕事に対してきちんと目的意識を持っているかどうかによって、成長意欲の高さがチェックされています。

企業への志望度を確認するため

企業への志望度を確認することも、5年後の自分について聞かれる理由のひとつです。企業での5年後がイメージできているということは、それだけ企業で働く意志が強いということになります。明確なイメージができていれば、企業への興味関心が強いことの証明になるので、志望度の高さのアピールに繋がります。

志望度の高さは評価を決定する上でも重要なことであり、具体的なキャリアプランを持てているかどうかで、企業への志望度が測られているといえます。企業での将来像がイメージできていなければ、企業の仕事に対する関心が弱く志望度も低いと判断されてしまいます。企業での5年後を想像するためには、企業の仕事について知っておかなければなりませんし、企業研究ができているかどうかも見られています。

企業との相性をチェックするため

5年後の自分についてしっかりとイメージし、明確なキャリアプランを持っていることは大切ですが、それが企業とかみ合わなければ評価の対象にはならないので注意が必要です。企業にも社員にどのように成長してほしいかというキャリアプランはあり、そのプランと方向性が大きく違っていないことが大切です。

企業の考える方向性とかみ合っていなければ、成長しても企業に貢献できない、そもそも企業で成長できる見込みが薄いと評価されます。完全に一致している必要はありませんが、大枠では外れていないことが重要です。企業が考えるキャリアプランと学生が考えるキャリアプランの一致度から企業との相性が見られていますので、企業ごとにアピール内容は変えなければなりません。

5年後の自分をイメージするために大切なこと

5年後の自分をイメージするといっても、社会人については分からないこともたくさんありますし、実際に仕事をしてみなければイメージできないこともたくさんあります。そのため細部についてはイメージするのは難しいですが、それは企業も承知しています。

大切なのは、分からないことも含めていかに正確にイメージができるかであり、それも評価の対象です。5年後の自分を考える上では重要なポイントがいくつかありますので、それらを知っておきましょう。

自己分析

5年後の自分を考えるためには、自己分析は必須です。将来の自分をイメージするためには現在の自分を知らなければなりませんし、自己分析は就活の基本でもあります。将来は現在からの延長なので、今の自分が正しく把握できていなければ明確なキャリアプランを決めることはできません。

まずは自己分析を徹底しておこない、仕事に対して何を求めたいのかを考えておくことが大切です。5年後の自分とは、仕事を通じてどのように成長しどんな存在になりたいのかという目標でもあります。自分が仕事に対して何を求めているのか、企業に対して何を求めたいのかを知っておくことが大切です。自分自身の望みを知って、その上で目標を考えていきましょう。

自己分析ツールを活用して、5年後の自分像を描こう

5年後の自分像を描くには、自己分析を通じて、自分の強み・弱みを把握し、それを踏まえたキャリアプランを作成しておく必要があります。ただ、自己分析をじっくりやる時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、それを踏まえて、面接官も納得する「5年後の自分像」を回答しましょう。

業界研究

5年後の自分を考えるためには、業界への理解を深め、業界の動向や将来性を把握しておくことも大切です。志望する業界で成長するためには何を考えればいいのか、またどのようなことに着手すべきなのかを知っておけば、キャリアプランの形成にも役立ちます。

将来性のないものをキャリアプランに設定しても評価の対象にはなりませんし、仮にそれを目指して努力をしても報われないことが多いです。業界の動向をきちんと把握した上で、何に将来性があるのかを考え、それを踏まえてキャリアプランを考えていくことが大切であり、評価されるコツでもあります。

特に将来性を考えるのは重要なポイントですので、自分の将来性、業界の将来性の両方をキャリアプランに反映させましょう。

企業研究

企業で働く5年後をイメージするためには、企業について正しく理解しておかなければなりません。事業内容や今後の展開はもちろん、仕事内容や職種、部署など細かく知っておくことが大切です。企業で働いて5年もすれば、さまざまな部署に異動している可能性がありますし、人によっては職種も変更になっていることもあります。

新入社員としての配属先は同じでも、それぞれ個性や能力によって部署や職種は分けられますし、それらも想定しながら将来像を考えましょう。もちろん、これはあくまで自分の希望ですので、実際の将来と完全に一致していなければならないわけではありません。企業についてしっかり理解を深め、自分の個性はどの部署のどんな仕事で役立てられそうかを考えておきましょう。

5年後の自分をアピールするポイント

5年後の自分をアピールするためにはポイントがあり、これを踏まえて伝えられるかどうかで印象は大きく違ってきます。5年後の自分像をしっかりと作り上げておくのは大切ですが、完璧に練り上げられていても、上手にアピールできなければ意味はありません。

アピール内容を考えることはもちろん、それをいかに分かりやすく、上手に伝えられるかが評価を左右します。同じ内容でも伝え方で評価は違ってきますので、高評価を獲得するためのポイントを知っておきましょう。

明確な目標を提示する

5年後の自分について上手にアピールするためには、まずは明確な目標を提示しましょう。どのような職種、部署で働き、どのような仕事をしたいのかなど、目標は細部まで明確にして伝えることが大切です。企業の仕事について詳細まで理解していれば、企業研究ができていることが伝わり、志望度の高さのアピールにも繋がります。

担ってみたい役割、役職などがあればそれも提示することで、成長意欲をアピールすることができ、より高評価になりやすいです。企業の仕事はたくさんありますし、企業で活躍するといっても活躍の場所や方法は多岐にわたります。どこでどのように活躍するかが重要ですので、将来像の背景を明確に伝えて、企業で働いている姿を相手にイメージさせることが大切です。

目標達成に向けての道のりを明らかにする

5年後の自分はただ提示するだけではなく、目標達成に向けてどのように取り組んでいくのかを伝えることも大切です。5年後の自分像を実現するためにどのような努力をするのか、また現在どのような努力をしているのかをアピールしていきましょう。

目標達成に向けた具体的な取り組みを述べることで、実現可能性の高さが伝わり、好印象を与えやすくなります。短期的な目標を打ち立て、それを達成することでキャリアプランの実現に繋げることが大切です。

5年後の自分という大きなハードルを超えるために、小さなハードルをいくつも超え、その成長によって大きな目標を達成するとアピールしましょう。短期的な目標を細かく設定して伝えることで、より将来像は伝わりやすくなります。

成長することで企業が企業の利益に繋がること

5年後の自分は個人として成長していることはもちろん、成長したことが企業の利益に繋がっていることが大切です。いかに成長できても、それが企業の利益に繋がらなければ意味はありません。

企業が社員に対して成長を求めているのは、個人として立派になってもらいたいからではなく、仕事で活躍し、企業に貢献できる存在になってほしいからです。もちろん個人の成長を願う企業もたくさんありますが、企業という組織に属している以上は企業に貢献できることが求められています。

ただ自分自身が成長できるだけではなく、成長した結果企業にどのように役に立つのか、貢献できるのかをアピールすることが大切です。企業への貢献度も意識しながら、アピール内容を考えていきましょう。

5年後の自分をアピールする例文

5年後の自分としては、営業部でチーフとしての役割を任され、営業チームを引っ張るリーダーとして活躍したいと考えています。就職後はまずは営業職として現場で働き、営業のノウハウを身に付け、すぐに一人立ちできるよう努力を重ねます。営業として一人前に成長し、次のステップとして新人の育成やチームの運営などを目指したいと考えています。自らも現場に出て高い営業成績を獲得しながらチームの運営にも力を入れ、営業部全体のモチベーションを高めて前年度売上を更新し続けたいと考えています。

5年後の自分像として営業部でチーフとして働き、リーダーとして活躍したいと述べられています。営業部という部署、チーフという役職、リーダーの役割など目指すべき目標が詳細に述べられており、企業で働いている姿がイメージしやすいです。

また就職後どのように目標達成を目指すのか、その道しるべも明確に示されていますし、これも好印象に繋がっています。自身の目標の達成によって、企業に貢献できることが明らかにされています。さらに前年度売上を更新し続けたいと継続的な目標を提示することで、成長力の高さもアピールできているでしょう。

5年後の自分をアピールする際の注意点

5年後の自分をアピールする際にはいくつか注意点があり、それが守られていなければマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。将来像を明確にできていたとしても、それが評価の対象にならなければ意味がありませんし、きちんと評価されるものを伝えることが大切です。

注意点が守れていなければ、評価の対象にはなりませんし、面接でも不利になります。どのような点に注意すればいいのかを知って、マイナスの印象を与えないようにアピールしていきましょう。

実現可能性がないものはNG

5年後の自分を聞く質問では成長意欲が見られていますので、理想を高く持つことは大切ですが、実現可能性のないものをアピールしても評価の対象にはなりません。理想があまりにも高過ぎると、現状を正しく把握できていないとしてマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。

また、志望する企業で実現できることも、5年後の自分を伝える際には重要なポイントです。きちんとキャリアプランが練られていたとしても、志望企業で実現できる内容でなければ評価の対象にはなりません。

5年という短い期間で達成可能な範囲で設定すること、志望企業で実現できることを意識してキャリアプランを設定することが大切です。実現できるものを設定して、説得力の高いアピールを心がけましょう。

曖昧なアピールはNG

5年後の自分の姿については明確に目標を決めることが大切であり、曖昧な目標設定でアピールするのはNGです。曖昧なアピールになってしまうと、企業で働き、活躍する姿がイメージできず、評価の対象になりません。

企業は単なる労働力として人材を求めているわけではありませんので、活躍することをアピールしていかなければなりません。仕事で活躍できる姿がイメージできなければ、企業としても採用に躊躇してしまいますし、評価を下げられてしまうことも多いです。

5年後の自分については自分がはっきりイメージできることはもちろん、企業にも正確にイメージしてもらうことも大切です。

プライベートな目標は答えない

就活で5年後の自分について聞かれている以上、回答するのはあくまで仕事での目標です。プライベートな目標についてはアピールしても評価されないので注意が必要です。社会人になれば環境は大きく変わりますし、ライフスタイルなど変化します。

学生と社会人では全く生活が違ってきますが、プライベートに関しては企業が関知するところではありません。プライベートな目標をいくら明確に伝えたとしても、評価の対象にはなりませんので注意が必要です。

仕事上の目標を伝えられていないと評価されないだけではなく、質問の意図を理解できていないと思われる可能性もあります。自分勝手にアピールしている印象も与えかねないため、5年後の自分については必ず仕事上の目標で答えましょう。

5年後の自分は最終目標ではない

5年後の自分では将来の目標を伝えることが大切ですが、それは最終目標ではなく、あくまで通過点にしか過ぎません。企業で働くとなれば、数十年単位になることも多く、定年まで働けば約40年働くことになります。

そのため5年後で完結してしまう目標ではなく、その先のことも考えて目標を設定することが大切です。実際に面接で問われた場合では5年後の自分についてのみ回答すればOKですが、頭の中では10年後、15年後についても考えておきましょう。

さらに長期的な目標を設定しておけば、その過程として5年後の目標も明確に設定しやすいです。また5年後+その先の目標まで伝えることができれば、成長意欲の高さもさらにアピールできます。5年で最終目標を達成してしまうと、成長意欲が低いと思われますので注意が必要です。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

5年後の自分をイメージして社会人としての自覚を持とう

5年後の自分については考えてみても分からないことが多く、目標を設定しても実際にその通りになるとは限りません。しかし、目標があるのとないのでは成長意欲が大きく違いますし、目的意識を持って取り組むことが仕事の成功にも繋がります。

企業は5年後の自分像を必ず達成できる人を求めているわけではなく、企業で働く将来をしっかりイメージ出来ている人を求めています。企業としては少しでも長く働き、成長してほしいと思っていますし、企業で働く意思の強さをアピールすることが、高評価を獲得するポイントです。

5年後の自分を考えることは社会人として成長する道しるべを作ることでもあるため、今後の人生で大きく成長するためにも真剣に考えておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ