就活その他

【保険会社に就職するには】魅力や人気就職先ランキングをご紹介

保険会社に就職したいと考える人は多い

保険会社は就活生からの人気が高く、多くの人が選考にチャレンジしています。保険会社にはさまざまな魅力がありますし、就職するメリットも大きいです。魅力やメリットに惹かれて就職を目指す人は少なくありませんし、倍率は高いことも多いので注意しなければなりません。

就職先として人気が高いということは、それだけ志望する学生も多いということですし、しっかり準備しておかなければ選考を勝ち抜くことは難しいです。人気の高い保険会社に就職するためには、事前準備の徹底が重要であり、念を入れて対策をおこなうことが大切です。

保険会社とはどんな会社なのか、どのような仕事をしているのかを深くまで知って、他の就活生と差別化を図って就職を目指しましょう。

保険会社とは

保険会社に就職するためには、そもそも保険会社とはどんな会社なのかをきちんと理解しておかなければなりません。保険会社は就活生からの人気も高いですが、漠然としたイメージしか持っていない人は多いです。

選考を突破するためには、企業についてしっかりと理解しておかなければなりませんし、どれだけ理解度を深められているかによって、選考の合格率は変わります。保険会社への就職を決めるためにも、まずは保険会社とは何か、基本的な部分を知っておきましょう。

金融業界に属する分野

保険会社は金融業界に属する分野のひとつです。金融業界では銀行、証券、保険などの分野がメジャーであり、これらはどれも就活生からも人気が高いです。金融業界ではあるものの、その他の分野とは業務内容なども全く違うので注意しなければなりません。

基礎的な金融知識などは共通している部分も多いですが、分野ごとに違っている点は多いため、保険業界に合わせた選考の対策が大切です。金融業界=銀行をイメージする人は多いですが、分野としてはそれだけではありませんし、保険と銀行では必要な知識やスキルなども違っています。

保険会社といってもさまざまな種類がありますが、どれも金融業界に属するという点では共通しています。

保険商品の種類はさまざま

一口に保険といってもさまざまな種類があり、企業によって扱っている保険商品が違っています。メジャーなのは生命保険や火災保険、自動車保険などの損害保険であり、これらの商品を扱う大手企業は多いです。保険会社に就職したいのであれば、志望先の企業が扱っている商品への理解を深めることが大切であり、それぞれの違いを知ることが選考を突破するためのポイントでもあります。

同じ保険業界に属する企業でも、取り扱う商品は違うことも多いですし、同じ種類の商品を扱っている場合でも、企業によって商品の特徴は違っています。たとえば生命保険といっても企業ごとに特徴は違いますので、それらの違いについてもきちんと把握し、他社との差別化を図ることが大切です。

保険業界内定者のESを覗き見!

保険会社の内定を得るためには、エントリーシートを通過させる必要があります。エントリーシートでは、志望動機だけでなく各企業ごとに色々な質問が用意されています。そこでおすすめなのが「金融業界の内定者ESまとめ」です。

この回答集には、大手保険会社に内定をもらった就活生のESが掲載されています。東京海上火災保険や日本生命のES回答無料でダウンロードできるため、他の就活生に差をつけて対策をしたい就活生におすすめです。

保険会社に就職する魅力

保険会社は就活生の就職先として人気が高いですが、それには理由があります。保険会社はほかの企業にはない魅力がたくさんありますし、それらを求めて就職を決める人は多いです。

選考を突破するためには就職意欲を高く持つことが大切ですし、モチベーションを上げるためにも魅力を知っておくのは大切なことです。保険会社はどのような魅力があるのか、就職することで得られるメリットは何なのかを知り、就職意欲を高めていきましょう。

年収が1000万円を超えるなど給与水準が高い

保険会社の魅力としては、給料の高さが挙げられます。保険会社は給料が高い企業が多く、特に大手の生命保険会社などは高給取りであることが多いです。企業によっては30代前半で年収が1,000万円を超える場合もあり、金融業界の中でも給与水準は高い傾向にあります。

加えて給料が安定している企業も多く、金銭的な優遇の大きさから保険会社を目指す人はたくさんいます。金融業界は給料が高い、安定しているなどのイメージがありますが、保険会社はそれぞれのいいところを両方持ち合わせているのが大きな特徴です。将来性が高いことも魅力だといえます。

頑張り次第で収入が増える歩合制

保険会社はインセンティブ制度が豊富な企業が多いです。特に営業職はノルマがある分、歩合制を採用している企業はたくさんあります。歩合制の場合は業績に応じて給料が変化するため、実績を積めば積むほど多く報酬を受け取ることができます。

実力主義の企業も多いため、頑張った分が成果としてあらわれることも魅力のひとつです。もちろん、歩合制だからといって結果が出なければ給料が支払われないわけではありません。歩合制でも最低賃金は必ず保証されていますし、そもそも実績が出ないことで給料が下がる企業は少ないです。

基本的にはインセンティブ制度はプラスアルファに考えられているものですし、やった分だけで給料が伸びると考えた方がイメージは湧きやすいでしょう。

保険会社に就職する際の注意点

保険会社にはさまざまな魅力がありますが、就職したからといって必ずしもいいことばかりがあるとは限りません。何でもメリットがあればデメリットがありますし、保険会社だからこその注意点もあります。

注意点を知らないままに就職を決めてしまうと、就職後に後悔しますし、そもそも選考を突破できない可能性も高いです。就職を決めるためにはしっかりと志望先について理解しておくことが大切ですし、いい面も悪い面も両方知っておきましょう。

大手の総合職は大卒者が中心

保険会社に就職するのであれば大手を目指したいと考える人は多いですが、大手の保険会社の総合職は大卒者の採用が基本です。特に新卒での採用が中心になっているため総合職で働きたいのであれば、新卒で応募することが大切です。

大卒でも既卒だと大手の募集は少なくなりますし、転職するにしても新卒以上にハードルは高いです。保険会社の大手に就職したいのであれば、新卒時の就活が最もチャンスであることを覚えておきましょう。

営業職は離職率が高い

保険会社に新卒で就職する場合は、総合職として就職することが多いですが、企業によっては営業職を募集している場合もあります。総合職で就職したとしても、異動などで営業を担当する可能性もあります。

営業職は厳しいノルマが課せられていることも多く、離職率が高いので注意が必要です。営業職に関しては大卒者に限らず就職は可能であることが多いですが、就職のハードルが低い分、入ってから大変なことも多いです。

インセンティブ制度が導入されているということは、実力主義的な側面が強いということですし、就職後もしっかり勉強をしてスキルを身に付けなければなりません。総合職とは違って中途採用に積極的な傾向があり、転職者が多いことも覚えておきましょう。

少子高齢化によって市場は縮小傾向

保険会社は安定しているイメージも強いですが、長期的に見れば市場は縮小傾向にあります。これは少子高齢化の影響で保険の成約件数は減少傾向にあり、人口減少に伴い市場も縮小していくと考えられているからです。

保険は商品としてなくなることはありませんが、それでも市場が縮小傾向にあることは覚えておかなければなりません。市場が縮小する中で、いかに販路を見出すか、自社の商品を販売していくかがポイントになり、各社で商品強化の動きが見られています。

企業ごとに特色が強くあらわれているとも言えますので、それぞれの違いを明確に理解しておくことが大切です。企業ごとの特色をしっかりと理解しておき、どのような事業展開が考えられているのかを知っておきましょう。

保険会社に就職するには

保険会社に就職するためには、魅力や注意点だけではなく、ほかにもさまざまなことを知っておく必要があります。就活をスムーズに進めるためには、志望先についてしっかりと把握することが大切ですし理解を深める必要があります。

就職先に関する知識はあればあるほど有利になりますし、就活攻略にも役立ちます。保険会社に就職するためには知っておくべきことはたくさんありますので、きちんと理解してスムーズに選考を進めていきましょう。

学部・学科は問わない

保険会社は金融系の仕事ですが、学部や学科は問われないことが多いです。文系・理系に関係なく応募することができ、経済や経営、商学以外の学部・学科でも就職することはできます。学部や学科は問われないため、経済学部などに所属していたからといって、それだけで有利になることはありません。

大学時代に金融系の勉強をしていれば有利になりますが、それ以外の場合は学部や学科による優遇はないと思っておきましょう。経済系の学部に所属していることはそれだけではプラスにはなりませんし、面接で金融について聞かれた場合に答えられないと大きくマイナスになる可能性もあります。すべての人に選考を受けるチャンスがあることも、保険会社が人気の理由のひとつだと言えます。

一部理数系の学部しか就職できないコースがある

金融系には専門職があり、専門職に関しては理数系の学部でなければ就職はできません。専門職は応募資格として理系の学部を卒業していることが条件となっており、金融や保険などの基礎知識が必要です。

基本的に学部や学科は関係ありませが、専門職を目指す場合には条件があるので注意しなければなりません。一般職や総合職などに就職してから、専門職へとキャリアアップができる場合もありますが、その場合でも理数系の学部卒が条件になることが多いです。

また企業によっては、そもそも別職種へのキャリアアップなどができない場合もあるので注意しなければなりません。専門職を目指すためには、基本的には専門職として応募しなければならないと思っておきましょう。

就職が有利になる資格を取得する

保険会社に就職するためには、必須の資格はありません。無資格未経験であっても就職することは可能ですし、資格がないことは不利な要素ではないと言えます。もちろん資格を持っていれば就職で有利になることも多く、高評価を得やすいのは確かです。

金融系の資格であるファイナンシャルプランナーや簿記などは持っていると有利になることが多いですし、可能であれば取得するに越したことはありません。また営業職の場合は自動車免許が必要になることも多いため、志望する職種に応じて資格の取得が必要な場合もあります。

しかし、自動車免許の場合は就職後でも取得できますし、必須ではないことがほとんどです。応募の時点では必ずしも必要な資格はありませんので、資格なしでも応募できることは覚えておきましょう。

保険会社の人気就職先ランキング

保険会社にはさまざまな企業がありますが、就職する際はその中からひとつを選ばなければなりません。もちろん選考の段階では複数の企業を受けられますが、最終的にはひとつに絞る必要がありますので、おすすめの企業を知っておくのは大切です。

おすすめはあくまで参考ですので、必ずしもその中から選ぶ必要はありません。ほかの企業に興味があるなら、そこを狙うのも当然OKです。おすすめの企業は3つですので、それらも選択肢のひとつとして考えておきましょう。

第1位:東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険株式会社は、損害保険をメインの事業として展開している企業です。保険業界では最大手の企業であり、国内だけではなく海外でも広く活躍しています。メインの事業は損害保険ですが、現在では「新興国・途上国の発展」「産業のイノベーション創出」「企業の海外進出」「地方創生」など、活動療育を大きく広げています。

高いリスクコンサルティング力を有しているのが特徴であり、国内だけではなく、海外でも高い評価を獲得しています。日本最初の損害保険会社として国内の保険事業を引っ張て来た企業であり、現在でもリーディングカンパニーとして活躍している企業です。

第2位:損害保険ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜株式会社は、損害保険をメインとして事業を展開している企業です。損害保険の引受や.損害調査および保険金の支払い、新商品の開発・企画、資産運用など幅広い領域で活躍しているのが特徴です。

また国際関連事業として国外でも活躍しており、海外でも高く評価を受けています。メインの事業は損害保険ですが、その他各種事業として広く事業を展開しているのも特徴です。国内には支店・営業が128、営業課・支社・営業所が568、保険金サービス拠点が297と全国に広く拠点を持っています。

また海外には32ヵ国・地域、228都市に拠点を持っており、グローバル企業として世界で活躍しています。国内外ではメガ損保の一角として数えられており、国内の保険業界をも引っ張っているリーディングカンパニーです。

第3位:三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険株式会社は、損害保険を中心として事業を展開している企業です。世界屈指の保険・金融グループ「MS&ADインシュアランスグループ」の中核的な存在であり、損害保険業界を引っ張ってきた企業でもあります。

損害保険を中心に、さまざまな領域にも事業範囲を広げているのが特徴です。国内では損害保険事業をだけではなく生命保険事業も展開していますし、国内だけではなく海外でも事業を展開しています。

海外では生損保事業、金融サービス事業、リスク関連事業などを手掛けており、幅広く展開をしています。世界42ヵ国に拠点を持っています。三井住友グループとしてのブランド力、グループ力も強く、企業として大きな力を持っているのが特徴です。

保険会社は就活生に人気の就職先

保険会社は就活生に人気の就職先であり、毎年多くの就活生が選考を受けています。大手の企業であれば採用人数も多いですが、その分応募者も多いので倍率は非常に高いです。選考を突破するためには他の就活生との差別化が大切であり、保険会社についてもしっかり理解しておくことが大切です。

保険会社は人気が高いものの、漠然としたイメージだけで選考に臨んでいる人は多いですし、それでは内定を獲得することはできません。また仮に就職できたとしても、理解が深めていなければミスマッチを感じてしまう可能性もありますし、保険会社とはどんなものなのかをしっかり知っておくことが大切です。

保険会社は難関の就職先ですので、しっかり理解を深めてから選考に臨み、内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ