身だしなみ

【リクルートスーツの相場】購入前に知っておきたい値段別の注意点

リクルートスーツの相場が分からない就活生は多い

就活にリクルートスーツは必須ですが、いざ購入するとなれば相場が分からず困ってしまう人は多いです。リクルートスーツといっても、価格帯はさまざまであり、比較的手を出しやすいものもあれば、かなり値が張るものも存在します。

同じスーツでも価格帯が違うのは、ブランドや品質、機能性などさまざまな要素が考えられますが、どれを購入するにしても、ある程度の相場を把握しておくことが大切です。相場を把握しておかなければ、どれくらいの値段で買うのが正解なのかが分からず、なかなかスーツを決められません。

また、相場以下・以上で買う場合にはそれぞれポイントや注意点などもあります。相場を正しく理解して、自分に合ったリクルートスーツを見つけましょう。

リクルートスーツの相場は1万円~10万円

リクルートスーツの相場は1万円~10万円程度と言われており、人によってかなりのばらつきがあります。リクルートスーツといっても定義の幅は広く、スーツ自体を指す場合もあれば、靴やベルト、カバンなど、就活用品一式を捉えてリクルートスーツと言うこともあります。

どのように捉えるかでかかる費用は異なりますが、基本的には1~10万円程度を目安にして考えることが大切です。相場の幅は広いですが、どの程度の金額のスーツを選べばいいのかを考えていきましょう。

平均的には3万円程度の人が多い

リクルートスーツはいわば就活用のスーツであり、学生向けに販売されていることがほとんどです。そのため、多くのモデルは比較的安価で販売されており、上手に探せば安いスーツを手に入れられることも多いです。

しかし、あまりにも安すぎると不安を覚えてしまう人も多いため、スーツの購入金額は3万円程度が相場となっています。3万円はスーツとしては安価ではありますが、リクルートスーツでは中程度の価格と言えるため、もっともバランスが取れていると考えられます。

もちろん、3万円以下でも質のいいスーツはありますが、目安としては3万円が相場と考えておきましょう。リクルートスーツの購入には少なからず費用がかかるため、事前に就活資金を用意しておかなければなりません。

こだわりたい人はお金をかける

リクルートスーツは就活中に着るスーツをイメージされることが多いですが、実は就職後数年程度着ていてもおかしくはありません。就職後を見越して長く使いたい、あるいはリクルートスーツからこだわりたいという人は、相場よりも少し高めのスーツを選ぶ傾向にあります。

リクルートスーツの値段によって評価が変わるわけではありませんが、質の高いスーツであれば見栄えもよくなり、身だしなみの印象もよくなりやすいです。就活では身だしなみは重要な評価ポイントのひとつであるため、有利に働くこともあります。身だしなみにこだわりたいのであれば、高めのスーツを購入してもいいでしょう。

就活用品一式なら5万程度

リクルートスーツ単体で見れば、相場は3万円程度に設定している人が多いですが、就活ではスーツ以外にもさまざまなものが必要です。就活セット一式で購入した場合、さらに費用がかかるため、相場は5万円程度になると言えるでしょう。

就活ではスーツの他にもシャツやネクタイ、ベルト、靴、カバンなどさまざまなものが必要です。これらも質の違いによって価格帯は異なるため、どの程度こだわるかによっても費用は違ってきますが、ベーシックなものを選ぶなら、全部で5万円くらいと考えましょう。

就活の身だしなみではスーツだけが見られているのではなく、その他の部分も細部までチェックされています。就活セット一式は必要経費と言えますので、就活にはある程度お金がかかると考えておきましょう。

複数着購入するなら値段設定は低めにする

就活中はさまざまなイベントがあるため、連日忙しく動き回るということも多いです。インターンやOB訪問、説明会に面接など、さまざまなイベントがありますが、これらは基本的にはリクルートスーツで参加しなければなりません。

連日スーツを着用すると汚れたり傷んだりするため、複数着購入しておくことがおすすめです。リクルートスーツを複数着持っていれば、日ごとに使い分けができ、消耗の程度も抑えられます。ただし、複数着購入する場合、費用が余計にかかります。スーツは最低1着は必要ですが、2着以上あれば便利なのも確かですので、複数着買うことも視野に入れて必要な費用を考えておきましょう。

相場以下のリクルートスーツを購入する場合の注意点

相場以下のリクルートスーツを購入する場合の注意点

リクルートスーツの相場はある程度目安がありますが、平均的な相場であってもそれなりにお金がかかってしまいます。就活はお金がかかるものであり、ある程度の出費は仕方ありませんが、それでもどうにか出費を抑えたいと考える人は多いでしょう。

出費を抑えるためには、リクルートスーツも相場以下で購入する必要がありますが、さまざまなポイントや注意点があります。相場以下で購入する場合は、どのような点に気をつけるべきかを知っておきましょう。

安っぽく見えないよう注意が必要

リクルートスーツは基本的に学生向けの低価格帯のスーツであり、じっくり探せば相場以下のものも見つかります。しかし、価格が低いのには当然理由があり、高価格帯のものと比べれば品質が劣ることも多いです。学生のうちから高級なスーツを選ぶ必要はないため、安価なリクルートスーツを購入しても問題ありませんが、安っぽく見えないように注意しましょう。

あまりにも安いリクルートスーツの場合、新品で購入したとしても、生地やデザインなどから、安っぽく見えてしまうこともあります。安っぽく見えると全体的に貧相なイメージがついてしまい、身だしなみの面で悪印象になる可能性が高いです。費用を抑えるのは大切ですが、就活に支障をきたさない程度に、ある程度の質はキープして選びましょう。

消耗しやすいことは理解しておく

相場以下のリクルートスーツは質が劣っていることも多く、耐久性もそれほど高くはありません。スーツは基本的には消耗品ですが、リクルートスーツの場合はその側面が特に大きいと言えるでしょう。傷んだまま着ていると身だしなみの印象も悪くなるので、注意が必要です。

1着を長く使うことは大切ですが、相手に不快な思いをさせる身だしなみはマナー違反とされています。相場以下であれば購入代金は安くで済みますが、比較的早い段階で買い替えが必要なことは理解しておきましょう。もちろん、上手に使えば就活中は持ちますので、手入れをして丁寧に使うことも大切です。

シーズンに合わせて複数買うのがおすすめ

相場以下のリクルートスーツを購入する場合は、複数着買いやすいのが大きなメリットです。就活中は毎日スーツを着るということも少なくないため、複数持っていれば消耗をやわらげることができ、かつ身だしなみも清潔に保ちやすいです。

就活をスムーズに進めるには、リクルートスーツは複数着持っていたほうがいいですが、複数買うならシーズンごとに適応したスーツを買っておくのがおすすめです。就活は年間を通しておこなわれるものであり、真夏の暑い時期もあれば、冬の寒い時期に活動することもあります。

オールシーズン同じスーツでは乗り越えるのが大変であるため、夏は薄くて風通しがいいもの、冬場は分厚く保温性が高いものを購入しておくのがおすすめです。

相場以上のリクルートスーツを購入する場合の注意点

就活中は何かとお金が必要であり、リクルートスーツもできれば安く済ませたいという人は多いでしょう。しかし、就活中からスーツにこだわりたいと考える人も少なからずおり、相場以上でも質の良いものを買いたいと考える人もいます。

リクルートスーツの価格相場はありますが、あくまで相場であるため、必ずしもそれを守らなければならないわけではありません。相場以上のものを購入しても問題はありませんが、購入時のポイントや注意点などは把握しておきましょう。

派手にならないよう注意が必要

リクルートスーツは就活向けに作られたモデルであるため、基本的には落ちついたデザインのものが多いです。しかし、相場以上でスーツを購入するとなれば、リクルートスーツではなく、ビジネススーツに該当することが多いため、デザイン性などの幅は広がります。

スーツには派手なものもあるため、選ばないように注意しなければなりません。リクルートスーツという部類に入るスーツを必ず着なければならないわけではありませんが、就活中は派手になり過ぎないスーツを着用することが大切です。スーツであれば何を着ていてもいいわけではありませんので、あくまで就活ということを意識して、フォーマルで落ち着いたデザインを選びましょう。

上手に使えば長持ちする

相場以上でリクルートスーツを購入しようと思えば、当然費用がかかってしまいます。しかし、購入金額が高いとしても、しっかり手入れをすれば長年使うことができますので、長い目で見ればお得になることも多いです。

値段が高いということは、それだけ質が高いとも言えますので、メンテナンス次第でいくらでも長持ちします。リクルートスーツは就活中だけではなく、就職して数年は着れるものですので、就職後の着用を見越して上質なものを買っておくのもおすすめです。

もちろん、いかに上質とは言え、手入れを怠ったり雑な扱いをしているとすぐに消耗するので注意しなければなりません。相場以上のスーツを買うなら、長持ちさせることを前提に考え、取り扱いには気を遣いましょう。

複数着買いづらいのがデメリット

相場以上のリクルートスーツは質がいいため、長期的に見ればコスパは高いと言えます。しかし、1着ごとの費用が高くつくため、複数着買いづらいのがデメリットです。質の高いスーツなら安いものより耐久度はありますが、それでも毎日連続して使用していれば消耗は早くなります。

消耗を抑えるためには複数着で使いまわすことが大切ですが、相場以上で2着以上買うとなれば、かなりの出費になってしまいます。就活をスムーズに進めるためには、最低でも2着以上はあったほうが便利です。相場以上のスーツを購入する場合でも、2着買うことを考えて、無理のない金額設定をすることが大切です。

リクルートスーツの相場は幅広いが3万円程度が平均的

就活ではリクルートスーツは必須のアイテムですが、価格帯には大きな幅があります。リクルートスーツといっても値段は大きく違ってくるため、自分に合った値段で購入することが大切です。基本的には相場程度で購入するのが無難ですが、相場以下、以上で買うことにはそれぞれメリットがあります。

また、同時にデメリットもあるので注意が必要ですが、求めるものに合わせて価格帯を変化させることが大切です。リクルートスーツは就活だけに限らず、就職後や冠婚葬祭など、さまざまなシーンで活躍します。活用の範囲は広いので、使い勝手のいいように質にはある程度こだわり、相場を参考にしながら適切な価格帯でスーツを購入しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ