面接対策

【圧迫面接をする企業の意図】シチュエーションや対処方法を徹底解説

圧迫面接とは

就活の面接には、「圧迫面接」という種類があります。圧迫面接は、面接官が就活生に対して、明らかに嫌な態度を取ったり、冷たい素振りをしたりすることです。

面接官の人数が多い場合、あるいは、就活生に対して無関心な態度を取っている場合は、圧迫面接の可能性があります。しかし、それほど気にする必要性はありません。普段通りに対応することで、面接を乗り切れる可能性が高いです。

この記事では、企業がおこなう圧迫面接の内容と意図について詳しく解説します。圧迫面接をする企業への対処方法なども理解していきましょう。圧迫面接があったとしても、慌てずに冷静に対応すれば、全く問題ありません。

圧迫面接を企業がおこなう理由

そもそもなぜ企業が圧迫面接をおこなうのか、その理由を知っておきましょう。面接の方法として圧迫面接は一般的なものではなく、企業が意図的に実施している場合もあります。つまり、通常とは違った環境の中で選考が進むため、どのような意図があって圧迫面接が実施されているのかを知っておいたほうが、面接もスムーズに受けやすくなります。

圧迫面接をされても焦らないように、企業が圧迫面接をおこなう理由を把握しておきましょう。

就活生について詳しく知るため

企業は就活生について詳しく知りたいと考え、圧迫面接をおこなう場合があります。圧迫面接は、通常の面接よりも細部まで深堀りされたり、あえて高圧的な態度で面接がおこなわれるものですが、その時の反応を通して就活生のストレス耐性やコミュニケーション能力をみているのです。

つまり、これらは就活生の個性や能力を深堀りして知るためにおこなわれていることであり、就活生の人権を侵害しようとして無理難題を押し付けているわけではありません。

もちろん、やり方によっては、就活生を傷つけてしまうこともあるため、このさじ加減が正しくできるかどうかは、採用担当者の力量にかかってくるでしょう。圧迫面接では、基本的には就活生を傷つけようとする意図はないため、自分のことを深く知りたいがゆえにおこなわれていることを理解することが必要です。

採用担当が正しい面接のやり方を理解していない

採用担当者の中には、正しい面接のやり方を知らないまま面接官を任されている人もいます。この場合は、単純に面接官の力量や理解不足により、意図せず圧迫面接になってしまうことがあります。

今年度から初めて人事部に異動になった、あるいは初めて面接官を担当するという採用担当者もいます。また、キャリアを積んでいる人でも、面接には詳しくないという場合があるため、人によっては圧迫面接のようになってしまう可能性があるでしょう。

圧迫面接と意図しておこなわれていない場合は、チェックされているポイントも普通の面接と変わりはありません。そのため、普段通りに質問に回答しているなら、高評価の獲得も十分に可能です。

企業がおこなう圧迫面接の内容と意図

企業がおこなう圧迫面接の内容は、実に豊富です。例えば、面接官が威圧的な態度で振る舞ったり、責めるように厳しく問いただしてきたり、怒鳴ってくるという内容もあります。就活生の発言すべてを全否定してくることもあるでしょう。

こうした面接は、就活生からすれば嫌がらせのように感じることがあります。しかし、企業は意図があって圧迫面接をおこなっています。詳しい圧迫面接の内容と、その意図について理解していきましょう。

威圧的な態度で振る舞う

面接官がまったく笑わない、あるいは睨んでくる場合、圧迫面接の意図はない可能性があります。とくにそれなりに歳を重ねている面接官であれば、表情筋が衰えており、威圧的な態度を取っているつもりはなくても、そうみられることがあるためです。

そのため、笑わない、睨むといった態度の場合は、それほど気にする必要性はないでしょう。また、面接官がまったく目を合わせてくれないときもあります。この場合も、圧迫面接というわけではなく、シャイなだけの可能性が高いです。

このようなケースでは、反省が必要なのは威圧的な態度になっている面接官のみで、学生はいつも通り受け答えすれば問題ありません。自分が面接する側になったとき、同じような態度を取らないようにしましょう。

責めるように厳しく問いただしてくる

「どうしてですか」「なぜですか」と責めるように厳しく問いただしてくる面接官がいた場合、単に学生のことを深く理解したいだけの可能性もあります。面接は、就活生に対して理解を深める機会です。

そのため、執拗に「どうしてですか」「なぜですか」と質問してくる場合、圧迫面接というよりは、面接官が真剣に面接に取り組んでいるだけといえるでしょう。だからこそ、責めるように厳しく問いただしてくると感じても、それほど気にする必要はありません。

面接官は、学生が話していないことを勝手に解釈、あるいは想像しないように、「どうしてですか」「なぜですか」と質問を繰り返します。しつこいと感じても、丁寧に受け答えしましょう。

怒鳴ってくる

怒鳴ってくる場合は、ストレスに耐えられるのか判断するためにおこなわれているという解釈もありますが、そうではありません。そもそも、面接において怒鳴る行為は単に失礼なだけで、面接官が圧迫面接とはどういうものなのか、勘違いしている可能性が高いです。

圧迫面接をしても、ストレスに耐えられるのか、どういった人なのかを判断することはできません。企業によっては、圧迫面接のノウハウがなく、間違った対応をしてしまうケースがあります。

面接は、学生が下の立場で、面接官が上の立場ということではなく、平等の立場で成り立っています。怒鳴る面接官に遭遇した場合、入社すべきなのか改めて考えましょう。

全否定してくる

就活生の発言に対して、「そう思わない」「間違っている」とすべて否定してくる面接官もいます。この場合も、圧迫面接に感じられるでしょうが、面接官が誤解しているだけの可能性が高いです。

面接は、就活生とディベートする場所ではなく、どういう考えを持っているのか知るためにおこなわれています。そのため、学生の意見を否定すること自体、面接本来の役割が機能していません。

全否定することで相手の反応をうかがうと解釈されることもありますが、職場で同じようなシーンに遭遇することはないため、間違っているといえるでしょう。自分の意見を全否定する面接官がいた場合でも、気にせずいつも通り対応して問題ありません。

面接官に圧迫面接のつもりはない場合もある

就活生が圧迫面接だと感じるような内容であっても、面接官には圧迫しているつもりがない可能性もあることを理解しておきましょう。威圧的に感じられる態度がその面接官の人柄であったり、単に就活生のことをよく知ろうとした結果、圧迫気味にみえている場合があります。

また、マナーを守れない就活生がいるように、面接官の中にもマナー違反をしてしまう人はいます。マナー違反をする面接官に対しても、圧迫面接をされていると感じる就活生は多いです。

しかし、このような場合に圧迫面接だと思い込み、必要以上に構えたり緊張したりして実力を発揮できないのはもったいないです。そのため、面接を受ける中で多少態度が威圧的であったり、不愉快な対応をされたとしても、気にせずいつも通りの受け答えをすることを心がけましょう。

圧迫面接する企業への対処方法

圧迫面接してくる企業に対して、どのように対処すれば、内定に近づくのでしょうか。基本的には、普段通りに対応すれば問題ありません。また、「どうしてこの質問をしているのか」と相手の真意を考えるようにしましょう。そうすれば、適切に受け答えできます。さらに、素直に振る舞うことも重要です。素直な人は、面接官から好かれるでしょう。

ここでは、圧迫面接をする企業への具体的な対処方法を紹介します。しっかりと内容を頭に入れておきましょう。

普段通りに対応する

「面接官がまったく笑わない」「自分を睨んでくる面接官がいる」といった場合、恐怖を感じてしまい、いつも通りの自分を出せない人は少なくありません。しかしながら、威圧的な態度を取っている面接担当者がいても、圧迫面接している意図はなく、真剣に学生の話を聞いているだけの可能性があります。なぜ威圧的な態度にみえるのかわかれば、面接官の態度を気にすることなく、普段通りに対応できるでしょう。

面接において、本来の自分をアピールしなければ、入社が決まったとしても会社と相性が悪いと後になって気付くことになり、すぐに退職してしまうリスクがあります。そのため、面接官がどんな態度を取っていたとしても、冷静に受け答えし、自分をしっかりアピールしましょう。

相手の真意を考える

「どうして」「なぜ」と聞かれることが多い場合、自身の受け答えが曖昧で、面接官が理解できていない可能性もあります。そのため、「どうして」「なぜ」を繰り返す質問は、就活生を威圧するためにおこなわれているのではなく、学生のことをもっと知りたいという気持ちの表れといえるでしょう。このように、圧迫面接だと感じても、相手の真意を考えて発言することが大切です。

また、面接官が冷たい態度を取ったり、興味のない雰囲気を出しているときも、「ビジネスとしてやっている」と認識すれば、冷静に受け答えできるでしょう。就活生のために面接する場所や時間まで設けているのに、嫌がらせする会社はありません。自分にとってストレスが溜まるような対応をされても、相手は仕事としてやっていると割り切りましょう。

素直さを出す

面接担当者から自分の考えをすべて否定されたり、冷たい態度を取られたりすると、悲しい気持ち、もしくは怒りの感情を抱くときもあります。しかし、マイナスの感情は表情に出さないようにしましょう。感情的になってしまうと、適切な受け答えが不可能になり「すぐに感情的になる」というレッテルを貼られ、面接通過が遠のく可能性もあります。

どのようなことをいわれても素直になって、相手の対応を受け止めるようにしましょう。素直さを出せば、それ自体が自身のアピールにつながり、よい印象を与えられるときもあります。面接官は、就活生の細かい表情の変化もチェックしている可能性があるため、悲しい表情は表に出さず好印象な笑顔をキープしましょう。

相手の発言の意図について質問する

圧迫面接で自分の意見を否定されてばかりの場合は、どのような意図でその発言をしているのか質問してみてもよいでしょう。あえて発言を否定しているケースもありますが、採用担当者が就活生の発言した内容を正しく汲み取れていないことで、認識のずれが生じていることもあります。

発言の意図を質問してみることで面接官と自分の認識の違いが明らかになれば、自分が本当に考えていたことはこのようなものであると説明し直すことができ、発言をより認めてもらいやすくなるでしょう。

お互いの認識が間違ったまま進むと、正しい評価も得られないため、相手の思惑がわからない場合は質問してみるのがおすすめです。

圧迫面接後に就職するか迷った場合の対応

圧迫面接でも上手に対応できるなら高評価は獲得でき、内定がもらえることもあります。注意したいのは、圧迫面接をしてきた企業から内定をもらったとしても、本当に就職してよいのかどうかという点です。

面接の時点で印象が悪いと、就職しても大丈夫かと不安になることもあるでしょう。実際に圧迫面接をする企業は、就職後の社員へのあたりもきついという場合があります。就職しても大丈夫かどうかを判断するためにも、企業の評判について事前に調べておくことが大切です。

SNSなどで情報収集をおこなう

圧迫面接をおこなった企業に就職するかどうか迷う場合は、SNSを利用して企業についての情報を集めておきましょう。情報収集をして、ブラック企業という評判が多く聞こえてきた場合は、就職しないほうが無難です。評判がよくないということは、面接時のような対応を社員にもおこなっている可能性が高く、抑圧的な職場で無理な労働を強いられる危険性も少なからずあります。

情報収集の結果、企業についての評判がおおむねよいものなら、就職しても問題はないでしょう。もちろん、合うか合わないかは個人次第ではありますが、悪い評判がそれほどないなら、圧迫面接をされた企業でも安心して就職できます。

調べても情報があまり出てこない場合は未知数といえるため、一旦就職は保留にして別の企業に目を向けてみるのもおすすめです。

働いている人などの口コミを参考にする

企業の労働環境や待遇について知っておくことも大切であり、これらを把握するには社員からの評判を参考にするとよいでしょう。実際にその企業で働いている人が、企業についてどのように感じているのか、いかなる満足や不満があるのかを知っておくと、就職するかどうかの参考になります。

社員からの評判が悪く不満が多いようなら、就職しないほうが無難です。社員からの評判がよいなら、圧迫的なのは面接だけであり、働きやすい環境である可能性もあります。情報収集の際には、ネットの情報をみるだけではなく、実際に働いている人と直接話をしてみるのもよいでしょう。

選考を継続するか再検討するのもひとつの選択肢

圧迫面接を受けると、その企業に対しての見る目が変わってしまう就活生もいるでしょう。たとえその選考を通過できたとしても、次も圧迫面接になるかもしれないと考えて憂鬱になってしまう人も少なくありません。そのような人は、その企業の選考を継続するか再検討してみるのもひとつの選択肢です。

気が乗らないままに選考を続けても、上手くいかなかったり他の企業の選考に集中できなくなったりしてしまいます。また、圧迫面接をする企業に入社した結果、入社後にも同等の扱いを受ける可能性があります。圧迫面接をする企業が悪いというわけでは決してありませんが、忙しく精神的にも追い込まれる時期だからこそ、効率よく後悔のない就活を進めるための選択をしていきましょう。

圧迫面接する企業には冷静な対応が重要

圧迫面接する企業に遭遇したとしても、冷静に普段通りの対応をすれば問題ありません。場合によっては、怒鳴られたり、受け答えをすべて否定されたりと大変なシーンに出会ってしまう可能性もあります。その場合は、何とか面接の時間を過ごして、後でその会社に入るべきなのかを再検討しましょう。

就活は、欲しい人材を企業が確保するだけではなく、学生にも選ぶ権利があります。そのため、明らかにおかしい圧迫面接だった場合は、再考することもひとつの選択肢です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ