就活その他

【失敗体験を聞かれたときの答え方】回答のポイントや例文をご紹介

面接では失敗体験や挫折経験について聞かれることがある

就活の面接では、面接官からさまざまな質問をされます。「あなたの強みと弱みを教えてください」といったオーソドックスなものから「自分を動物に例えるなら何ですか」といった変化球まで、企業や面接官のタイプによって千差万別です。

そんな質問の中でも、「失敗体験や挫折経験」に関する質問は、割と頻出の質問といえます。場合によっては「今までで1番の失敗」や「ここ1年以内で経験した挫折」のように条件を指定されることもあります。

そんな質問をされた際にはどのように答えれば良いのか、事前にしっかりと準備をしておく必要があるでしょう。失敗体験について聞かれた際の対策として、回答のポイントや例文などを交えて、詳しく解説していきます。

面接官が失敗体験談から得たい情報

そもそも、面接官が就活生の失敗体験や挫折経験について聞くのはなぜなのでしょうか。その質問から何を得たいのかを明確に把握することで、より的確な答えを用意することができます。面接官がその質問から何を知りたがっているのか、それに応えるためにはどんなエピソードや言葉を選ぶべきなのか、それらを冷静に分析する必要があるのです。

とはいえ、面接の場でそんなことをじっくりと考える時間はないため、事前に質問を想定して準備をしておきましょう。

努力や挑戦をした経験について知りたい

まず、失敗や挫折をするということは、その前に努力や挑戦といった自発的行動を起こしているものです。失敗や挫折とは、何か行動を起こしたがうまくいかなかったこと、設定した目標や目的を達成できなかったことなどを指します。例えるなら、料理に「挑戦」したからこそ「砂糖と塩を間違える」「煮物を焦がす」といった「失敗」があった、という具合です。行動したからこそ失敗があり、目標やそれに向けた努力があったからこそ挫折という経験になる、ということです。

まずは自分が何に挑戦したのか、何のために努力をしたのか、どんな行動をとっていたのかを端的に述べましょう。これにより、自分が何かに熱中し努力できる人間であること、あるいは、失敗を恐れず挑戦できる人間であることが面接官には伝わります。

関連記事
面接での失敗談の答え方|例文やマイナスの印象を与えるNG例を紹介

失敗に向き合うメンタルの強さ

社会人として仕事をしていく上では、失敗してしまうことも、上司や顧客から叱責されてしまうこともあるでしょう。その度に大きく落ち込んでしまっていては、自身の精神衛生上よくありません。それだけでなく、周囲も気を遣って失敗を指摘しづらくなり、結果的に自分が成長するチャンスを逃すことにもなりかねません。

大切なのは失敗と向き合うメンタルの強さです。就活生が自分の失敗としっかり向き合えるかどうかを、面接官はみています。人は失敗したときにこそ素が出ます。失敗を取り繕おうとするのか、目を背けて何もなかったフリをするのか、一人で乗り越えるのか、周囲の助けを借りるのかなど、失敗との向き合い方はひとそれぞれで、明確な正解などないでしょう。

どんな仕事にも失敗はつきものですが、その失敗と正面から向き合えるメンタルの強さをアピールできるようにしましょう。

失敗から何を学んだか

挑戦し失敗したのであれば、その次はそこから何を得られたかが重要になります。「やってみたけどダメだった」と開き直るのは簡単です。しかし、失敗からも何かを学び取れる人材こそが、企業から求められる人材なのです。

自分が失敗した原因が何だったのかを客観的に分析し、その後にどう活かしているかまで、しっかりと練って述べましょう。失敗したからといって、必ずしも再挑戦しなくてはいけないわけではありません。

同じ轍を踏まないためにどうすべきかを、自分なりに考えてこんな結論に至った、失敗を繰り返さないために○○を心がけている、といった「学び」を述べれば回答として十分です。面接官は、失敗から学ぶ姿勢があるかどうかと、実際に学んだことが何なのかをみています。

関連記事
面接で聞かれる「失敗したこと」の答え方|質問の意図や答えるポイント

失敗談について回答する際のポイント

面接官が就活生の失敗経験から得たい情報については、理解できたでしょう。これらを参考に自分の失敗や挫折体験についてまとめていくわけですが、これが意外と難しいのです。

失敗や挫折というものを大げさに考えすぎて、「そんな大層な経験していません」と、むしろここで挫折しそうになる就活生もいるでしょう。そこで、失敗体験や挫折経験について回答する際の、考え方や押さえておくべきポイントについて解説していきます。

他の人の失敗談を参考にする

失敗体験や挫折経験というと大げさに考えがちな就活生が多いですが、実際に「ケガから復帰したスポーツ選手」のようなドラマチックな経験をしている人など、そうそう居ません。そこで、発想力や思考力を柔軟にするために、他の人の失敗談を参考にしてみるのもひとつの手です。

就活対策の本やインターネットのサイトなどに、例文などが載っています。当然ながら、他人の書いた文章をそのまま使うのはもってのほかですが、部活やゼミでの失敗経験を掘り起すきっかけになるかも知れません。

あるいは、他の人の書いた文章を参考にすることで、文章の構成や言葉の選び方など、いいところを自分の文章に取り入れることができます。面接対策やESの作成に行き詰まったら、他の人の文章を参考にしてみましょう。

失敗談について深掘りされた場合の回答を考えておく

面接では、ひとつの質問に関して深掘りされることは珍しくありません。例えば、趣味が読書だと答えたなら、どんな本を読むのか、印象的な本の紹介をしてほしい、といった質問が重ねられるでしょう。

このように、もう一歩踏み込んだ質問をされることは常に想定しておきましょう。掘り下げた質問に対してしどろもどろになってしまうと、話の信ぴょう性が疑われたり、準備不足が露呈してしまったりします。

失敗談に関しても、例外ではありません。失敗の原因は何だったのか、周囲の反応はどうだったか、失敗した時とその後の心境はどうだったかなど、何について掘り下げられても大丈夫なように、エピソードとして挙げる当時の状況を、客観的かつ詳細に思い描けるようにしておきましょう。

失敗談として回答するのはNGなエピソードもある

失敗談として回答する際には、答え方や言葉選びだけでなく、エピソード選びも慎重におこなう必要があります。というのも、失敗談であれば何でもよいわけではないからです。

飲み会での粗相や遅刻癖のようなレベルの低い失敗談を話すのは、人としての評価を下げてしまうためNGです。また、SNSの炎上やギャンブル関連の話題を選ぶのも、社会人としての自覚に欠ける印象を与えてしまいます。さらに、事故などで人を傷つけた、大切なものを壊したといった取り返しのつかない失敗談は、深刻すぎてフォローが難しくなります。

失敗経験について話す際には、「むしろその時に失敗していてよかった」と思えるようなエピソードを選ぶように心がけることが大切です。自分の成長や学びに繋がった失敗や、次の成功の糧となった失敗の体験を話すようにしましょう。

失敗体験について聞かれたときの回答例文

面接で失敗体験について聞かれたときに、気をつけておくべきポイントや答え方についてはわかってもらえたでしょう。ではここで、参考にしてほしい失敗経験の例文と、反面教師として見てほしいNG例の両方をご紹介します。

前述した通り、自分ひとりの考えだけで行き詰まったら、他の人の書いた文章を参考にすることで、何かヒントが得られるかもしれません。面接やESへの対策で失敗体験の答え方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

例文①

私の大きな失敗は、自分の限界を見誤ってしまったことです。学生時代に飲食店でアルバイトをしていたのですが、繁忙期には人手が足りなくなりがちでした。そこで、店長から出勤日を増やせないか打診され、安請け合いを繰り返すうちに、週2日から週5日出勤にまでなってしまったのです。
はじめのうちは、自分が役に立てるなら、と誇らしい気持ちがありました。しかし、次第に睡眠や食事がおざなりになり、体調を崩してしまいました。この失敗を受け、自己管理の重要性を学びました。それからは自分のすべきことや使える時間を手帳に記し、適度に息抜きの日も設けられるようにスケジュール管理をおこなうようにしています。

この場合、「アルバイトの出勤増加」が行動、「自己管理の甘さ」が失敗、「自己管理の重要性について」が学び、「スケジュール管理の徹底」が改善行動といえるでしょう。人の役に立ちたいという性格も表れており、自分の失敗経験と学びだけでなく、人となりまで伝わる文章になっています。

例文②

部活動で全力を出さなかったことが、私の大きな失敗でした。私は高校時代テニス部に所属しており、もともと体を動かすことが得意だったお蔭か、すぐにレギュラーに抜擢されました。日々の練習もただ淡々とこなし、不真面目ではないながらも、一生懸命さには欠ける姿勢だったといえます。しかし2年生のとき、県大会の団体戦で、私の負けが原因でチームの優勝を逃してしまったのです。
3年生の先輩からは「あなたのせいだ」と批判され、自分でも否定できない事実に愕然としました。そのとき初めて罪悪感と後悔を覚え、全力で練習に打ち込みました。それからは、一生懸命に努力するからこそ、楽しさも悔しさもあると知りました。この経験を通して何もしない後悔の方が辛いと学んだため、どんなことにも実直に取り組んでいこうと思っています。

人に言われて自分の失敗に気づけるというのは、貴重な体験です。自分の至らない点を指摘してくれる人に恵まれたことと、それを受け入れる素直さがあったからこそ、失敗を糧に成長できたといえるでしょう。

NG例文①

私の失敗は、学生時代にしていたアルバイトで、遅刻や欠勤をしてしまったことです。大学の授業やサークル活動が長引いたり、急な予定が入ったりすることがあり、何度かアルバイトに遅刻や欠勤をしてしまったのです。後で謝ると店長は許してくれましたが、代わりに出勤したアルバイト仲間には叱られてしまいました。
自分のせいで仲間に迷惑が掛かってしまったことを知り、今後は気を付けようと誓いました。この経験から、私は時間を守ること、約束を守ることの大切さを学びました。

時間や約束を守ることが大切なのは、子供でも知っています。むしろ、大学生になるまでそんなことも知らなかったのか、と面接官に呆れられてしまうでしょう。この経験から学ぶべきは、スケジュール管理の重要性や報告・連絡・相談の重要性だったといえます。

NG例文②

私は、大学受験に失敗してしまいました。第一志望の大学には合格できず、浪人して1年間勉強に励みました。次の年はセンター試験の結果が思わしくなく、結局志望校のレベルを下げて、別の大学に入学しました。
しかし、今の大学でも学べることは多くあります。人の価値は大学で決まるわけではないので、ここで学べることを全力で吸収したいと考え、日々勉学やアルバイトに励んでいます。

最後の方を見るとポジティブな印象を受けますが、失敗と真剣に向き合って何かを学んだようには感じられません。むしろただ開き直っただけ、という印象です。失敗から何を学んだのか、あるいは失敗を経て自分の中の価値観が変わったのであれば、そのきっかけや変わった点を述べられるようにしましょう。

失敗経験で重要なのは失敗と向き合う姿勢

面接官は、就活生のネガティブな面を引き出すために失敗体験について質問をするわけではありません。むしろ、その失敗から何を学んだのか、失敗と向き合うメンタルの強さがあるのか、といった面を引き出したいのです。

もちろん、「失敗」といってもその内容は人それぞれです。大きな失敗から小さな失敗まで、「こんなことを面接でいってもいいのだろうか」という不安は誰にでもあるでしょう。しかし、人間性を損なうような内容でさえなければ、大切なのは失敗の内容よりも、そこからの学びなのです。この学びが稚拙であれば、それこそ評価に響いてしまいます。

自分が失敗とどう向き合い、何を学んだのか、あるいは失敗から何を得たのかをきちんと伝えられるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ