身だしなみ

【面接では服装で印象がガラリと変わる】面接官に好印象を与えるスーツの着こなし術とは

知らないと損する面接に役立つ服装のマナー

面接時の身だしなみはあなたの本質、そして身だしなみにも企業への志望度が表れます。シワがあるスーツに穴の空いた靴下では志望度が低いと思われしまいます。面接に適した服装や身だしなみをしっかりとチェックし、面接官に好印象を与えましょう。

面接の服装で守るべきポイント

面接の際の服装はビジネスマナーを守り、その場に相応しい格好をすることがポイントになります。面接では、友達と遊びに行く時や学校の授業を受ける時とは異なり、仕事をする社会人として振る舞わなければなりません。

面接官は、服装だけで合否を決めることはありませんが、やはり第一印象を大きく左右します。第一印象は、服装などの外見で決まることがほとんどで、その後に印象を変えるのは難しいといわれています。良い印象をあたえるためにも、守るべきポイントをしっかりおさえておきましょう。ここでは、面接の服装で守るべきことを詳しく説明していきます。

清潔感のある服装を心がける

面接での服装では、清潔感を大切にしましょう。スーツや靴をどんなものにするかというアイテム選びも重要ですが、まずは清潔感があるかどうかを考えます。

ビジネスのシーンで、しわのあるシャツや汚れているスーツを着た人を見たら、どう感じるでしょうか。だらしない、自己管理ができていない、などのイメージを持つことになり、その人と一緒に仕事をしたいとは思えません。

清潔感がないということは、面接でもマイナスの印象をあたえてしまいます。スーツはきちんとクリーニングしてあるか、シワがないか、汚れはないか、ワイシャツのボタンはとれそうになっていないか、などを事前に確認しておきましょう。サイズが合っていないスーツも、印象がよくないので注意してください。

ビジネスシーンに相応しい服装を選ぶ

null

面接はビジネスシーンです。その場に相応しい服装を選ぶようにしましょう。カジュアルな服装では、ビジネスマナーを理解していない、学生気分が抜けてないと思われてしまいます。自分の立場を理解して、それに会合った服装をすることは社会人として仕事をしていく上でも大切です。

相応しい服装ができていないと、入社後も適切な対応ができない人なのではないかという印象を与えてしまう可能性も考えられます。特に営業職などは、企業の中だけでなく取引先の人とも関わる機会が多くなります。

お客様にマイナスイメージを持たれるような人材は、企業にとって採用したい人にはなりません。上下スーツを着て、ビジネスのシーンに相応しい服装を心がけましょう。

男女別で解説する服装の基本

リクルートスーツ、という言葉が定着しています。男女ともに黒か濃紺、もしくはダークグレーのスーツに、白のワイシャツが定番です。ところが、これだけで安心してはいけません。面接で押さえるべき服装マナーは、実は他にもあるのです。

男性の基本ポイント

男性が面接で着ていくべき服装のポイントを紹介していきます。ビジネスシーンに相応しく、面接の服装として適切なアイテムを選ぶようにしましょう。面接官がひとつひとつのアイテムを細かくチェックしているわけではありませんが、全体的に見ておかしいところはすぐに分かります。

スーツを着ているのにスニーカーを履いている、派手な色のシャツを着ているなどは目立ってしまいます。また、体のサイズに合っていないブカブカのジャケットなども良い印象ではありません。髪形、シャツ、ネクタイ、スーツ、カバンなどアイテム別にポイントを解説していきます。

髪型

null

前髪の長さは眉毛と同じ高さか少し上、サイドは耳にかからない程度にしておくと、スッキリと清潔に見えます。もみ上げは、短めの方が清潔感をアピールできます。耳たぶ下部よりも長いもみ上げは、面接にはお奨めしません。そして襟足は、ワイシャツの襟にかからない長さを維持するように気を付けましょう。

ワイシャツ

白色無地のレギュラーカラーが基本です。襟や袖口が汚れていない、清潔なものを着用します。アイロンをかけるか、クリーニングに出すかして、しわやヨレのない服装で面接に臨みます。また、襟周りや袖の長さなど、サイズが合っていないと間の抜けた印象になります。ワイシャツの袖は、ジャケット着用時に0.5~1cm程度見える長さが適切、と覚えましょう。

ネクタイ

青・えんじ・落ち着いた赤などを選びます。青系は、金融業界やホテル業界などの堅い社風の企業の面接にもお奨めです。柄は無地かストライプ、もしくは小さめのドットが無難です。

スーツ

無地の濃紺、ダークグレー、ブラックの3色が面接の服装としては定番です。中でも、濃紺は最も無難な選択です。金融業界の一部企業などは、ブラックのスーツはお客様に威圧感を与えるので避ける、という社内規定があります。ストライプや格子など柄入りスーツは、地味めでも避けます。

2つボタンタイプと、3つボタンタイプがありますが、面接にはいずれも可能です。ちなみに、2つボタンタイプは上一つを、3つボタンタイプは真ん中一つを留めるのが服装マナーです。特にパンツはしわになりやすいため、毎回スーツには慎重にアイロンを当てることをお勧めします。

カバン

null

黒色皮製の手提げタイプを使います。堅めの社風でなければ、上質感のある黒色ナイロン製や布製も可能です。ショルダータイプや、それと分かるブランド品、柄入りのものは避けます。床に置いた際に自立するマチがあり、底面がシッカリしたカバンを選ぶのがコツです。A4サイズの書類が楽に入るサイズが良いでしょう。

靴下

黒か濃紺です。長さのあるソックスを選ぶのがコツで、着席した際に脛が見えるものは服装マナーに反します。スニーカー用ソックスや、白色は面接では論外です。

黒色皮製のストレートチップか、プレーントゥを選択します。毎日の手入れも必須です。スワローチップやUチップは若干ラフな感じになるので、避けた方が無難です。ブラウン系やバーガンディ系、スリップオンタイプ(紐なし)、ウォーキングシューズタイプも面接の服装には不向きです。

女性の基本ポイント

null

女性の服装も男性と同じように、まずは清潔感が重要になります。また、サイズが体に合っているのかも確認しておきましょう。ビジネスマナーをきちんと理解しているのか、社会人として相応しい服装ができているのかをチェックされています。

また、女性の場合は服装だけでなくメイクも第一印象を大きく左右する要因です。遊びに行くような派手なメイクや、流行を意識したおしゃれなメイクは面接では控えましょう。

全体的なバランスも大切です。全身をチェックしてみて、おかしいところがないかも確認します。友達や家族に服装を確認してもらうのも良い方法です。それぞれのアイテムを選ぶポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください。

髪型

清潔で、キチンとした印象を目指します。黒髪(地毛)が原則です。前髪が長い場合、横分けにして整髪料で固めておきます。おでこは出した方が、明るく、聡明な印象になります。ロングヘアは、アップ、もしくはハーフアップにして、スッキリした印象で臨みます。ご法度は、前髪やサイドが顔にかかって、何度も髪の毛をいじる動作です。

面接の場でこれをやると、だらしない印象になります。ピンやゴムは、黒色など目立たないものを使います。また、肩にかかる程度のミディアムヘアならば、そのままでも良いですし、まとめてしまっても良いでしょう。耳は出すようにして、顔全体を明るい印象にすることがコツです。そして、ショートヘアの場合、髪は耳にかけてピンで留めるなど、顔の輪郭を見せた方が明るいイメージになり、好印象です。

メイク

ナチュラル系の、清楚な印象を与えるメークにします。眉は自然な感じの太眉を、髪色に合わせて黒色で引きましょう。目元は派手になりやすいので、ピンクやブラウンのアイシャドウを軽めに使うのが無難です。また、チークはオレンジやピンクの系統を使い、軽めにしておきます。唇は淡色ピンク系の口紅を利用すると良いでしょう。色付リップクリームでも代用も可能ですが、ラメ入りは避けます。

ブラウス

null

白色のレギュラーカラーが無難です。アイロンをかけた清潔なものを着用し、必ず第一ボタンまでシッカリ留めてください。ジャケットの外に襟を出す白色スキッパーカラーも選択可能ですが、金融業界やホテル業界など保守的な服装を好む企業の面接には不向きです。淡色ブルー系であれば、堅い社風の企業でなければ問題ないでしょう。

スーツ

無地のブラックかダークグレー、おとなしいデザインのものを選択します。ストライプ入りは避けます。ボトムスは、プリーツなしのスカートかパンツですが、膝丈のスカートが最も無難です。

パンツを選ぶと、積極的、かつ自立した印象になり、志望企業や職種によっては可能です。しわやシミを避けるため、管理には十分注意して、慎重に毎回アイロンを当ててください。男性とは違い、女性のスーツのボタンは全て留めるのが服装マナーです。

カバン

黒皮製の肩掛けタイプを用います。派手めのデザインや、一目でブランドものと判るカバンは、面接の服装とアンマッチです。A4サイズの書類が折らずに収納できるサイズにし、床置きした際に自立できるものにします。

null

ネイルアートも深爪も、共に面接の服装には相応しくありません。白い部分を2~3mm残し、滑らかなアーチ型にカットします。長さを整えたら、爪ヤスリや透明なトップコートでケアをしておきましょう。女性の指先は意外と目立つもので、周りとの差が出やすい部分です。ハンドクリームなどでの手全体のケアも忘れないでください。

ストッキング

無地の淡色ベージュ系から選びます。ライトベージュなら間違いのない選択です。他にも、ブラウンダークやナチュラルライトなども可能ですが、コツは自分の肌色に合う淡色ベージュ系にすることです。また、伝線対策として、予備のストッキングをカバンの中に一つは入れておきましょう。

黒色皮製で太めのヒール、高さ3~5cmのパンプスを履きます。ストラップなしで、シンプルなデザインを選択します。エナメル素材やピンヒール、ブランドロゴが目立つものは避けます。面接前の手入れは必須です。

私服面接は服装も選考の対象になる

採用面接や説明会の服装に、「服装自由」や「私服」を指定する企業もあります。それでも、服装自由、私服の意味を自信を持って答えられる就活生は少数派でしょう。服装マナーも選考対象になるのが実態ですから、就活における私服の定義も抑えておきましょう。

服装自由と私服との違いのポイント

就職活動における服装指定では、主に「服装自由」と「私服」とがあります。服装自由ならば「スーツ指定」、私服ならば「オフィスカジュアル指定」と読み換えるのが正解です。

それでは、「オフィスカジュアル」とは、具体的にどのような服装でしょうか。男性の場合は、淡色系のボタンダウンなどの襟付きシャツに、ボトムスはチノパンで合わせ、落ち着いた色のテーラードジャケット(濃紺や黒色のブレザーも可)を羽織るのが定番です。

靴は、黒色かダークブラウンの皮製ローファーが無難です。このような服装であれば、旧財閥系や金融業界など堅めの社風の企業の私服指定にも対応できます。「恩師も出席する少々高級な食事会に参加できる服装」、男性のオフィスカジュアルは、これをイメージすると失敗しません。

一方、女性のオフィスカジュアルは、男性に比べると遥かに自由度が高いものです。ジャケット、カーディガン、襟付きシャツの内、どれか一つを取り入れると、オフィスカジュアルらしい服装に見せることができます。

色合いやデザインも、やり過ぎ感があるものや、水商売をイメージさせるものでなければ、明るく華やかな感じのものを選択して構いません。

アパレル関係などは別

アパレル業界や広告業界、音楽・映像業界などクリエイティブ系、一部のベンチャー企業を目指す方などは、「私服」指定の意味合いが違ってくる場合があります。服装センス自体を選考対象とする可能性がある企業が言う私服とは、「自分を最も自分らしく表現できる服装」、と読み換えるのが正解です。

仮に、高級ホテルのレセプションデスクでアルバイトをする、語学堪能な就活生がいるとします。スーツ姿こそ最も自分らしい良さが出ると実感するなら、スーツが最適な「私服」となり得ます。

面接で困る夏の服装

面接で困る夏の服装

「クールビズ可」、夏の面接や説明会での服装指定を、このように記載する企業も増えてきました。実際、社員の方を眺めると、夏には半袖ポロシャツにチノパン姿の「クールビス」姿でいる事が多いです。では、就活生も同じようにクールビズで面接や説明会に参加しても問題はないのでしょうか。

就活生にクールビズはない

結論から言えば「就活生にクールビズはない」、この考えが妥当です。クールビズでどうぞと案内されていても、スーツでの参加が基本となります。

無地の濃紺かブラック、ダークグレーの夏用の薄手スーツを着用し、ワイシャツは長袖の白色無地にします。特殊繊維で織られた冷感シャツもありますので、効果的に取り入れると良いでしょう。ネクタイは、淡色系を選ぶと視覚的にも涼しく、爽やかに見えます。

そして、忘れてはならない夏の就活生のマナーは、面接官に「どうぞ脱いでください」と促されてから、初めてジャケットを脱ぐことです。ジャケットを勝手に脱いで、腕にかけた状態で面接や説明会の場に出席するのは、ビジネスの服装マナーに反します。

女性もカットソーではなくブラウス着用

女性もブラックか、ダークグレーのスーツ着用が基本です。フォーマル感があるものなら、夏向けのコットン製、リネン製などのスーツも選択可能です。

インナーには涼しげなカットソーを着ると良い、とする意見もありますが、カジュアル感が強い面は否めません。好意的に捉えてくれるかは、企業文化や面接官次第です。敢えてリスクを取る必要はありません。

最も無難なのは、夏でも白色無地のレギュラーカラーのブラウスです。また、暑い時期であればこそ、白色や薄いブルーのスキッパーカラーのブラウスも受け入れられやすくなります。

時々「どうぞジャケットは脱いでください」と、面接官が気を遣ってくれることもあります。この時、ブラウスから濃い色の下着が透けて見えると、一気にだらしない印象になってしまいます。

ブラウスは透けないタイプなのか、試着してからの購入をお勧めします。夏の就職活動では、ブラウスの汗染みや、下着の色の選択には細心の注意を払いましょう。

志望企業に合った服装で面接に臨もう

就活生には、明らかな服装マナーがあることが分かりました。面接や企業説明会は、自分のセンスや個性を服装でアピールする場ではありません。一緒に働きたい人間だ、と志望企業の方に感じてもらうための場です。志望企業の社風や価値観に合わせた服装で面接に臨むこと、これが一番のマナーだと言えます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ