就活のマナー

内定式後のお礼メールを送る際に押さえておくべきポイントと書き方2つ|例文3つも参考にしよう

内定式後は当日中にお礼メールを送る

TSU88_sakurahuto-thumb-815xauto-18304

内定式後のお礼メールは、当日のうちに送りましょう。何日も経ってから思い出したように送っても、時すでに遅しです。内定式に限らず、ビジネス関係のお礼メールは当日中に送るのが常識となります。もちろん、送らないよりは送ったほうが印象は良くなるでしょう。それでも、何日も経ってから送るのは遅すぎるので、なるべく当日に送るようにしてください。

遅くとも翌営業日の朝までに送るべき

どれだけ遅くなってしまったとしても、翌営業日の朝には、内定式のお礼メールを送るようにしましょう。朝ならば、まだある程度は良い印象を残せます。相手が確認するまでに送れれば、当日に送るのとあまり大差がありません。朝送るのは大変だdという方は、内定式当日に送った方が良いでしょう。

内定式のお礼メール書き方①入社への意気込みを示す

内定式のお礼メールの本文では、内定式のおかげで士気が高まったことを示すと、より印象が良くなります。具体的には、以下のような文章を送ると、好印象を与えられるでしょう。

本日は、ご多忙のなか内定式を開催していただいたこと、誠に感謝申し上げます。式でのお話を通して、実際に入社して早く働きたいという意識が高まりました。

内定式に参加して意欲が増したことを伝える

熱意のアピールは、内定後でも自分の評価を高めてくれるものです。内定式後に、「式のおかげでやる気が増した」という風に熱意をアピールされれば、企業側はそれを嬉しく思うでしょう。少なくとも、熱意を伝えるメールをくれた人に対して、悪い印象を抱くことはありません。内定式のお礼メールでは、内定式のおかげでやる気がさらに出てきたことを、しっかりアピールしてください。

内定式のお礼メール書き方②簡潔かつシンプルに書く

内定式のお礼メールがだらだらと長くなってしまうと、悪い印象を与えてしまいます。「お礼メールは簡潔に」というのが、ビジネスメールのマナーなのです。お礼メールでは、シンプルに「宛名・自己紹介・士気が高まったこと・締めの言葉」だけを書けば良いでしょう。締めの言葉としては、以下のような文章が挙げられます。

今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。取り急ぎ、本日の内定式のお礼までご連絡させて頂きました。

長い文章を送れば企業側にとって迷惑となる

お礼メールでは、読みやすくてシンプルなものを心がけることがポイントです。企業側は、おそらく何通ものお礼メールを受け取ります。そこでだらだら長いメールが送られてくれば、いかに読むのが面倒くさいか、想像できるでしょう。お礼メールで大切なのは、企業側の迷惑にならず、手間をかけさせないことです。書き終えたら、署名でしっかりと最後を締めてください。

内定式のお礼メール例文

内定式のお礼メールを送るタイミングと書き方をご紹介しました。お礼メールの書き方が分かったので、後はタイミングを見て送るだけという人もいるでしょう。しかし、なかにはいまいち書き方が良く分からず、お礼メールを作成する手が止まっている人もいると思います。実物のお礼メールを見たことがないのなら、イメージがわかないのは仕方ありません。そこで以下では、お礼メールの例文3つと、それぞれのポイントをご紹介します。実際のお礼メールを見てポイントも知ることができれば、再び書き始めるヒントとなるのではないでしょうか。お礼メールの作成が止まっている人は、ぜひ以下の3つの例文を参考にしてください。

例文①

○○株式会社○○ ○○様

お世話になっております。○○大学○○学部○○学科の○○ ○○です。本日は、内定式に参加させていただき、ありがとうございました。

内定式で、先輩社員が感じる仕事のやりがいや楽しさを聞き、ますます貴社で働きたいという意欲が高まりました。私も、○○部門で良い成績をおさめて、MVPに選ばれることを目指したいと思いました。

まずは、仕事で必要と聞いた○○の知識を深めるため、入社日まで勉強に励みたいと考えております。

今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。取り急ぎ、本日の内定式のお礼までご連絡させて頂きました。(署名)

1つ目のお礼メールの例文をご紹介しました。この例文のポイントは、「仕事のやりがいや楽しさを聞き」「仕事で必要と聞いた」というように、きちんと話を聞いていたことのアピールです。もちろん、内定式で先輩社員などの話を聞いておくのは当たり前のことですし、話を聞いておかなければ、入社後に苦労するかもしれません。しかし、どんなに話を真剣に聞いても、それが採用担当者に伝わるとは限らないでしょう。内定式のお礼メールでさりげなくアピールすると、「この学生はきちんと話を聞いて考えてくれてるんだな」と思ってもらえるのです。

例文②

○○株式会社人事担当 ○○ ○○様

大変お世話になっております。内定をいただいた○○大学○○学部の○○ ○○と申します。本日は内定式にお招きいただき、ありがとうございました。

先輩社員だけでなく、同期となる方々とも交流でき、貴社で早く働きたいという意欲をさらに強めることができました。

入社までの期間を利用して、○○のスキル向上を目指し、即戦力となれますよう努力いたします。そして、○○の業務で活かしたいと考えております。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

まずは略儀ながら、メールにてご挨拶させていただきます。(署名)

2つ目のお礼メールの例文をご紹介しました。この例文のポイントは、「どのスキルの向上を目指すか」を具体的に挙げていることです。ただ「スキルを磨きます」というだけでは、何のスキルなのかが伝わらないでしょう。また、スキルを向上させる旨を伝える際は、「業務のどこに活かすか」を述べるのもポイントです。業務と全く関係のないスキルや、微妙にずれているスキルを目指すと伝えれば、「この人は話を聞いていないのでは」と疑われるかもしれません。「なぜそのスキルなのか」「どう活かすか」という部分が分かるような文章で、アピールするようにしてください。

例文③

株式会社○○採用担当 ○○ ○○様

○○大学○○学部の○○ ○○です。本日はご多忙のなか、内定式を開催していただきましたこと、感謝申し上げます。

内定式で貴社の先輩社員からのお話を聞き、実際の業務についてより理解を深められたこと、大変嬉しく思っております。同時に、早く入社して貴社へ貢献できる人材になりたいという思いがさらに強まりました。

まずは入社までの期間、○○の資格取得を目指して勉強に励みつつ、○○のスキルも鍛え上げることで、1日でも早く貴社の戦力となれるよう努力いたします。

今後も、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。まずはお礼を申し上げたく、メールを送らせていただきました。誠にありがとうございました。(署名)

3つ目のお礼メールの例文をご紹介しました。この例文は、先程ご紹介した①と②の両方を組み合わせたものとなります。話を聞いたことをアピールしつつ、スキルの向上を伝えると、お礼メールで好印象を残せるでしょう。ポイントは、「業務について理解した」「○○の資格取得を目指す」という2つの文章となります。業務の理解は仕事をするうえで欠かせないものですし、資格取得もしておけば役立つ可能性が高いです。入社に向けて理解を深め、まんべんなく準備をしておく姿勢が伝われば、企業側も「おっ」と思うかもしれません。最後にもう一度お礼を述べて礼儀正しさをアピールするのも、お礼メールのポイントとなります。

書き方や例文を参考にして内定式のお礼メールを作成しよう

内定式のお礼メールで印象を良くするには、上記でご紹介したポイントや書き方を意識してください。せっかくお礼メールなのですから、どうせなら出来る限り印象を良くしていきたいものです。そのためには、本ページの内容を参考にして、適切なお礼メールを作成することが大切となります。失礼なお礼メールを送らないよう、作成する際には、十分注意しておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ