面接対策

即日内定とは|その日の内に採用を決定する企業の意図やとるべき対応

即日内定に不安を感じる就活生は多い

就職活動が始まり、企業から即日内定をもらった人もいるのではないでしょうか。即日内定とは、最終面接などを受けたその日のうちに内定が出ることです。即日内定は通常の内定と変わりなく、承諾すると企業への入社が内定します。そのため、急に「ぜひ弊社に来てくれませんか?」と言われてしまうと、嬉しい反面、不安な感情を抱いてしまう人も多いでしょう。

突然であるため、きちんと選考をした上で内定を出しているのか不安になったり、人材不足のブラック企業なのではないかと感じてしまっても仕方ありません。この記事では、即日内定についての説明と即日内定を出す企業の意図や、どのように対応するべきかを解説していきます。

即日内定とは

先に説明したように、即日内定とはその日のうちに内定が出ることをいいます。選考の序盤ではなく、応募者の人物像などが見えてくる最終面接で出されることが多いです。

通常の就職活動では、最終面接をおこなった当日に合否を通達されることはなく、1週間〜2週間ほど経過してから応募者に通達されます。

最終面接当日に内定を出されると、嬉しさよりも驚きを感じる人の方が多いでしょう。自身が評価されたと喜びを感じる反面、突然の内定に疑念を抱いてしまいます。しかし、企業は誰にでも即日内定を出しているわけではありません。選考の過程で応募者の人となりを見て、しっかり考慮した上で即日内定を出しています。

下の記事では内定をもらったらするべきことについて解説していますので、併せて読んでみてください。

最終面接で即日内定を出す企業の意図

次に、最終面接で即日内定を出す企業の意図について解説していきます。即日内定を出す企業の意図は3つ挙げられます。優秀な人材を早く確保しておきたいケース、社長や上層部の判断でその場で決定したケース、最終面接前にほぼ決定していたケースがあります。

そして新卒採用では、学生は1つの企業だけを受けるということはありません。何社も同時に応募して、選考を進めています。企業はその実情を把握しているので、良い人材を先に確保しておくためにも即日内定を出して、応募者が他の企業に流出しないようにします。

優秀な人材を早く確保しておきたい

新卒採用において、企業の人事担当者は良い人材を採用しなければなりません。社会人経験のない人材を選考して採用していくことは、その応募者のポテンシャルを重視して採用するということです。また、人事担当者は目標採用人数に達するまで内定を出し続けなければなりません。

そして、内定を出しても承諾を得なければ意味がないので、内定承諾を得るまでが人事担当者の役目です。優秀な就活生は企業から求められますので、複数社から内定をもらっています。自社に留めておきたいと感じる優秀な就活生には、先に内定を出して確保しておきたいというのが企業の本音です。

内定が取り消しになるケースについては下の記事で紹介していますので、参考までに見てみてください。

社長や上層部の判断でその場で決定した

最終面接まで進んだ応募者を全員面接した後、熟考して合否を決めるといった採用フローを設定している企業は多いです。しかし、最終面接で面接官を担当した社長や役員クラスの上層部の判断で、その場で内定を出すことが決定されるパターンもあります。最終面接で出会った応募者が非常に好印象で、ぜひ入社してほしいと熱願するような人物であった場合、選考が規定のフローではなく、例外のフローでおこなわれることもあります。

この場合は、突然内定を出すことが決まるので、企業内としても稀に発生するケースとなります。

下の記事では内定辞退のマナーについて紹介しています。内定辞退をする際には参考にして、マナーを守った辞退連絡をしましょう。

最終面接前にほぼ決定していた

書類選考、SPIなどの筆記試験、一次面接、二次面接、三次面接と進んでいき、いよいよ最終面接に挑む頃には、おおよその応募者の人となりが見えてきます。最終面接となると、面接官は社長や役員クラスが担当するので、人事担当者は最終選考にふさわしい候補者を揃えているでしょう。

印象が良く、入社意思も高く、会社との相性が良さそうな優秀な人材であれば、最終面接そのものが入社意思の確認の場になっていることがあります。社長や役員クラスは、一次面接、二次面接などで質問されるような内容を控えて、その人の振る舞いや入社意思を確認することに注力するでしょう。最終面接で問題がなければ、内定を出すにふさわしい人材であると見なされ、即日内定を出す企業もあります。

下の記事では内定を複数貰った際の対応について解説しています。対応に悩んだ際はぜひ参考にしてみてください。

即日内定になったときの対応

即日内定になったときの対応

それでは、いざ即日内定をもらった際はどうすればよいのでしょうか。もし、即日内定をもらった企業に対して、入社したい思いがあった場合は内定を承諾しても構いません。しかし、少しでも迷いがある場合は保留するようにしてください。内定を承諾することは、入社意思を確定する行為です。

迷ったまま承諾してしまうと、後々内定辞退をする際に企業側に迷惑をかけてしまうので、注意しましょう。そして、内定をもらった際は雇用条件などを確認することも大切です。求人情報通りの雇用条件であるかを確認するまでは、内定を承諾することは避けた方がいいでしょう。

迷いがある場合は保留する

企業に対して、少しでも入社すべきか迷っている場合は保留するようにしましょう。迷った気持ちのまま内定を承諾してしまうと、後悔したり、後々内定を辞退することに繋がってしまいます。また、一度承諾したものを破棄することは企業側にも迷惑がかかってしまいます。そのため、即日内定をもらった際は、少しでも考える時間をつくった方が得策といえるでしょう。

即日内定をもらったからといって妥協して内定を承諾してしまうと、入社後にミスマッチが起きる可能性も高くなります。本人と企業の両者にとって良い結果を生み出すためにも、内定を保留するという手段は有効です。

内定を保留する際の伝え方については下の記事で解説していますので、併せて読んでみてください。

雇用条件などを確認する

内定をもらった際は、必ず雇用条件などを確認するようにしましょう。全ての企業が該当するわけではありませんが、世の中にはブラック企業といわれる離職率の高い人材難の企業が存在します。そういった企業は最終面接で即日内定を出し、早めに人材を確保する傾向があるのです。

当然ですが、雇用条件は働くうえでとても大事なものです。給料や休日日数、残業時間や育児休暇などの福利厚生まで、自分が納得できる条件かどうかしっかりと確認するようにしましょう。

下の記事では雇用契約書について解説していますので、ぜひ読んでみてください。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

即日内定になった場合は慎重に判断しよう

即日内定について解説しました。内定をもらうということは、就活生にとっては非常に嬉しいことであり、今までの苦労が報われたような感覚を覚える人もいます。そこに当てつけて、即日内定を出し、内定を承諾してもらう企業も中には存在します。

即日内定をもらった際は、しっかりと雇用条件を確認し、一旦自宅に帰り冷静な精神状態で内定を承諾するか、辞退するかを考えるようにしましょう。本当に納得できる企業と出会うためにも、即日内定にはできる限り慎重に対応してください。

企業側の意図や、即日内定の対応の仕方を事前に覚えておくことで、間違いのない選択ができるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ