内定後

内定者懇親会で質問する場が設けられている意図とメリット~入社前に聞いておきたい質問例~

内定者懇親会で質問すべき内容とは

内定者懇親会は、内定者同士や先輩社員との交流を深めることも目的のひとつです。基本的には、懇親会の冒頭で人事から入社までの課題や研修の説明がおこなわれます。筆記用具を持参してよく話を聞くことが大切です。

そして、これらの説明でわからないことがあれば積極的に質問してください。わからないままにすると、他の就活生から遅れをとることになります。内定者懇親会では、説明された内容以外の質問をすることも可能です。この記事では、内定者懇親会で質問すべき内容についてご紹介していきます。

内定者懇親会で質問する場が設けられている意図

内定者懇親会に参加している学生は、このままいけば新入社員となります。しかし、他の企業から内定をもらっている学生が参加しているケースも珍しくありません。つまり、企業は選ばれる立場になっているということです。内定者懇親会で学生からの質問を受け付けることには、企業なりの意図があると言えます。詳しくみていきましょう。

内定者の不安や疑問を解決するため

内定をもらっても「本当にこの企業に入社して大丈夫なのか」と考えている学生は多いです。そのような学生の不安や疑問を解決するために、内定者懇親会において質問の場を設けています。学生が選考では合否を気にして聞けなかったような質問に答えることで、少しずつ不安を解消しようとしているのです。

面接における逆質問で「これは聞いていいことなのか」と悩んだ末に、結局聞かなかったという学生も多いと思われます。企業側も学生がすべてをわかっているとは思っていないため、質問をしてくれた方がお互いに理解が深まると考えているのです。不安に感じることや疑問があれば、素直に質問してください。

企業の雰囲気を知ってもらうため

インターンやOB訪問で企業に出向いたことのある学生は、大体の雰囲気を察知していると思われます。しかし、面接などでしか企業に出向いたことのない学生はそうとは限りません。そのような学生に企業の雰囲気を知ってもらうためにも、内定者懇親会で質問の場を設けているのです。

企業について知らないことが多い学生には、雰囲気などを知ってもらうことで親近感を与えたいのです。学生に「ここで働きたい」と思ってもらうことが入社に繋がるため、質問に答える際は働きやすさやチームワークなどをアピールする企業が多いと言えます。

内定者懇親会で質問をするメリット

内定者懇親会で質問の場が設けられている場合、学生にもメリットがあります。内定者懇親会は、食事会や先輩との交流会がスケジュールに組み込まれていることが多いです。このような時間に積極的に質問をする必要があります。では、学生が受け取れるメリットとは何なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

先輩社員から直接話が聞ける

内定者懇親会では食事会や先輩との交流会があるとご紹介しましたが、直接先輩社員に質問をして答えを聞けるというのが1つ目のメリットです。若手社員が同席する場合も多いため、そのような社員には比較的質問しやすいと言えます。

年の離れた中堅社員や上層部に聞きづらいことがあれば、若手社員に積極的に質問するのがおすすめです。先輩社員から見た学生は全員後輩になるため、快く質問に答えてくれるでしょう。「自分は内定者なんだ」という自信を持って、入社における不安を解消することが大切です。

役員や人事担当とコミュニケーションが取れることもある

役員や人事担当者といった普段は話せないような社員とコミュニケーションが取れるというのも、質問をするメリットです。質問をすることで会話も広がりますし、自分の存在をアピールすることにも繋がります。選考で会話をしたことがあるかもしれませんが、改めて内定者として話すことで砕けた話をしてくれるかもしれません。

役員や人事担当者は他の社員よりも企業の仕組みについて詳しいため、企業に関する大きな枠組みの質問をしても答えてくれる可能性が高いです。先輩社員には働く上で気になることを質問するなど、内容によって質問する相手を変えると的確な回答を貰いやすいと言えます。

内定者懇親会での質問例

内定者懇親会では、どのような質問をすればいいのでしょうか。具体的に3つの質問があげられます。それは「1日の仕事の流れについて」「仕事の成功体験について」「企業の福利厚生について」です。入社後のイメージを膨らませるためにも、こういった質問を積極的にする必要があります。では、質問しておきたい内容について詳しくみていきましょう。

1日の仕事の流れについて

内定者懇親会に参加した時点で所属部署が判明している場合は、先輩社員に1日の仕事の流れについて聞くのがおすすめです。出社から退社までのスケジュールを聞くことで、具体的にどのような働き方をするのかを把握できます。また、退社時間を聞くことで残業について知ることができるのです。

企業の定時を確認した上で質問をすることで、その部署が残業が多いのか少ないのかを把握できます。1日の流れの中に顧客との取引などが含まれている場合は、入社までにビジネスマナーを身に付けておくなどの対策も可能です。対面はもちろん、メールや電話のマナーをおさえておくと入社後の負担が軽減されるでしょう。

仕事の成功体験について

内定者懇親会では、仕事の成功体験について質問するとモチベーションがアップします。先輩社員は仕事を通して成果を上げているため、自分にもそのチャンスが巡ってくるかもしれないのです。「この企業で自分には何ができるのだろう」と不安に思っている学生こそ質問する必要があります。

目標があることで、ひとつひとつの仕事に真剣に向き合えるようになるのです。「自慢話を聞かされる」というスタンスではなく、自分の今後のために話を聞いてください。先輩社員の回答が結果だけだった場合は、その成果を出した過程について詳しく聞くと話がより具体的に広がっていきます。

企業の福利厚生について

選考中は、企業の福利厚生については避けるべき質問だったと思われます。しかし、内定した後はこのような聞きづらかった質問も積極的にしておくことが大切です。福利厚生は、入社する企業を選ぶ上で大切な要素になります。福利厚生には、法定福利と法定外福利の2種類があります。

法定福利は、年金や各種保険料などの法律で定められている福利厚生です。法定外福利は、交通費や住宅手当などの企業が独自で設けている福利厚生になります。法定外福利について質問をすると企業ならではの待遇を知ることができ、他の企業と比較することが可能です。事前に、他社の法定外福利について調べておくと比較しやすくなります。

内定者懇親会での質問の注意点

以上に説明したように内定者懇親会は様々な質問をすることができ、学生にとって大きなメリットのあるイベントです。しかし、この様な有意義なイベントも学生側の失態で相手側にマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。ここからはそうならないための注意点をいくつか紹介します。

質問をする上でのマナー

  • ジーンズやTシャツで参加する
  • 明るい髪色やピアスをつける

すでに内定が決まっているとは言え、やはりマナーは大切になります。内定者懇親会に参加する際には派手な身なりはNGであり、上記はその具体的な例です。

少し早いですが社会人にふさわしい身なりを意識しましょう。

また、お酒の飲みすぎに注意してください。内定者懇親会はほとんどの場合がお酒が出ます。楽しくてつい飲みすぎてしまうこともるかもしれませんが、お酒に溺れて相手に迷惑をかけてはいけません。

NGな質問

  • 私が受かった理由は何でしょうか?
  • 貯蓄はどのくらいありますか?

内定者懇親会はフランクな雰囲気なのでどんどん質問してしまいがちです。多く質問するのは悪いことではないのですが中にはよくない質問もあるので紹介します。

例の様な採用の中身に関わる質問はNGです。企業側は基本的に採用の中身に関わることは隠したがるので、おそらく内定者懇親会にくる社員の方はそのようなことを知りません。また、知ってても答えにくいのでこの様な質問はやめましょう。

また、自分が社員の方と同じ年齢になった時にどれくらいの貯蓄ができるのか、またどれくらいの給料がもらえるのか気になるのは分かりますがこのような質問は失礼に値する場合もあるので気をつけましょう。どうしても気になる場合はストレートに聞くのではなく、濁して聞くことをおすすめします。

内定者懇親会で質問をして入社前の不安を解消しよう

内定者懇親会では先輩社員をはじめ、役員や人事担当者が出席するケースが多いため、入社後に接点を持ちづらい人とも交流することができます。入社前に気になることを質問できるチャンスですので、不安や疑問がある学生は積極的に質問することが大切です。

分からないことをそのままにしておくと、入社後に「こんなはずじゃなかった」と思いかねません。企業の雰囲気や福利厚生など、自分が気になることであれば遠慮せずに質問することが大切です。質問をする際は失礼にならないように、丁寧な言葉遣いや態度を心掛けてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ