身だしなみ

【面接ではスーツか私服か】指定がない場合の服装の悩みに決着をつけよう|就活の基本はやっぱりスーツだった

就活での服装の悩みに決着を!

選考はもちろん企業の説明会や事業見学会など、就活ではスーツを着て行く場面が多いです。しかしそれらの案内に服装についての規定がなかったり、私服可、服装自由などの注意書きがされている場合もあります。スーツで行こうと考えていた人もこの記述を見てどんな格好で行っていいのか分からなくなるという人は多いようです。
就活=スーツというイメージですが、私服可と書かれているのだから本当に私服で行ってもいいのか。わざわざ私服可と書いているということはスーツを着ていくと逆にダメなのではないかなど考え出すとさらに迷ってしまいます。本記事ではそんな、就活での服装の悩みについて見ていきたいと思います。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

就活の基本はスーツ

就活=スーツと考えている学生は多く、実際にその考えは間違いではありません。社会人においても基本は全てスーツです。就活は社会人になるための準備期間でもあり、その第一歩でもあります。また就活中に就活生が相手にするのは企業の人たち、つまり社会人ということになります。常に社会人を相手にするわけですから、こちらも相手のルールにのっとりスーツを着るということが礼儀になります。
就活中の行動は基本的には全てスーツです。スーツを着ていればまず問題はないという認識は間違っていません。就活=スーツというイメージをしっかりと持っておきましょう。

服装自由の場合でもスーツが無難

就活=スーツの考えは正しいです。企業から服装の指定が何もないのであれば、スーツを着て行きましょう。では私服可や服装自由という指定があった場合はどうすればよいのでしょうか。その場合に限り、就活=スーツの考えを覆してもいいのではないかと思いますが、答えはNOです。
企業の指定通りにスーツ以外の私服で行っても、必ずしも間違いというわけではありません。「私服可」や「服装自由」と記載されている場合でも、一般企業であればスーツを着用していくのが無難です。一般の企業にとってビジネスに関わることには、スーツを着ていくのが常識だと言われています。企業から指定されてはいるので、私服でも問題がないと言えばそうですが、私服だと浮いてしまう可能性も大きいです。
また企業としてもいわば社交辞令のようなつもりで私服可、服装自由としている場合もあるでしょう。スーツという肩肘張ったものではなく、「ラフな気持ちで気軽に参加してくださいね」という気持ちで、そのような服装の指定がされている場合があります。企業によって服装を指定する心情は様々ですが、どの場合においてもスーツを着ていくのが無難だと言えます。

私服を指定された場合

私服可、服装自由という場合はスーツで行くのが無難であるということが分かりました。では、「当日は私服でお越しください」のように完全に私服で来ることを求められている場合もスーツを着ていかなければならないのでしょうか。
企業が私服可のようにスーツでも私服でもいいとするのではなく、私服でお越しくださいと指定するのには意味があります。それはその人の私服を見て、その人間性を見たいという気持ちが隠れています。もちろんどんな服を着ているのかというだけでは、人間性の全てが分かるわけではありませんが、装いが変わることでリラックスした気持ちで取り組むことが出来ます。
私服を着ていくことでよりリラックスした素の部分を見たいと考えている企業も多いので、私服で来ることを求められている場合に限り、私服で行くことをオススメします。

就活での私服はオフィスカジュアル

企業はその人のリラックスした素の部分を見たいということで、私服で来ることを指定する場合もありますが、何でもいいというわけではありません。就活では私服といっても大学に行くような普段のいわゆる私服ではなく、ビジネスシーンでも活用できるようなオフィスカジュアルな服装が好ましいとされています。いくら私服と言っても、就活もまたビジネスの一環です。きちんと節度を持って取り組まなければなりません。派手になりすぎたり、ゆるくなりすぎないように整った身なりでなければなりません。
しかし企業は素の部分を見たいのではないかと反論が聞こえてきそうですが、TPOに合わせた服装や振る舞いをすることが出来るか、社会人として自覚を持って周りに合わせることが出来るかなどを見ている場合もあります。企業がどちらの観点から見ているか分からないので、どちらの場合でも印象がいいオフィスカジュアルが無難であり、ベターでもあると言えます。

応募する職種に合わせる

基本はスーツ、私服はオフィスカジュアルと決めておけばそれほど悩むことはありませんが、応募する企業や職種によってはそれではダメなケースもあります。例えばアパレルに応募したのであれば、そのブランドイメージに合った服装で良いが、一般企業の場合はオフィスカジュアルにするなど職種によって使い分けることが必要です。
一般企業であれば素の部分、TPOに合った服装、振る舞いが見られていることがほとんどですが、アパレルの場合はそうではありません。単純にファッションセンスを見ている場合がほとんどです。そこでそのブランドイメージには全くそぐわないオフィスカジュアルで行ってしまうとセンスを疑われたりマイナスの評価を受けてしまう可能性もあります。服装に関しては指定の有無だけでに関わらず受験する企業や職種についてもしっかりと確認してから決めるようにしましょう。

靴もバッグもフォーマルに

就活の私服では服装だけでなく、革靴やシックなデザインのバッグを選ぶなど、小物にも気を遣うことが大切です。服装ばかりに気を取られてその他の小物に関しては全く意識が向かず、ちぐはぐな格好になってしまうということもありますので、細部にまで注意を払わなくてはなりません。
服装はしっかりとオフィスカジュアルでも、小物が華美過ぎるものだったり、カジュアルすぎるものだと細かいところまで気が回らない人だという印象を与えかねません。出かける前には必ず全てのアイテムを揃えた上で、全体のバランスが取れているかを確認しましょう。
私服を指定されることはそう何度もあることではありませんが、この機会に小物などは揃えておいてもいいでしょう。オフィスカジュアルで使えるものであれば、社会人になってからでも使う機会はありますし、一通り揃えておけば急遽私服となったときにも便利です。

腕時計は付けても良い

ビジネスシーンでもよく見かける腕時計ですが、就活生ももちろん付けていても問題ありません。また私服でもスーツでも腕時計は付けていても良いですし、あれば色々と便利ですので、これも就活が始まる前に購入しておくといいでしょう。就活にふさわしいものとなると、ハイブランドな腕時計は好ましくないので、5,000円前後の文字盤が大きい腕時計がオススメです。
就活での腕時計の存在はファッションではなく、実用性に重きが置かれています。文字盤が大きいと時間を確認するときに見やすいのでオススメです。また就活生が腕時計を付けていた方がいい理由としては選考中に時間を測ることが出来るというメリットがあるからです。
グループディスカッションなどであれば、タイムキーパーを申し出ることもできますし、筆記試験などでも時間配分に気をつけながら試験に取り組むことが出来ます。スマホがあれば時間の確認はできますが、選考中にはそういうわけにもいきませんので、腕時計は出来るだけ付けておくようにしましょう。

私服での参加者が少なくても大丈夫

私服可、または私服でお越しくださいという指定があった場合でも、スーツなら無難だからという理由でスーツを着る就活生はたくさんいます。私服を着て行き、いざ会場についたら、スーツの就活生ばかりでも焦らないことが大切です。私服でも可能と記載があったならば私服でOKです。仮に自分以外全員がスーツであったとしても、それが原因で合否に直接影響するということはほとんどありません。焦らずに気持ちを切り替え、目の前のことに集中しましょう。
焦って普段の力を出せないというのは避けなければなりません。スーツだらけの中に自分だけ私服なんて、むしろ目立ててアピールチャンスだと思うぐらいポジティブに考えましょう。上手く力を発揮することが出来れば人事の印象にも強く残りますし、その目論見が上手くいく可能性だって充分にあります。

迷ったらスーツで行こう!

私服可、服装自由など、どのような服装で行けばいいのか迷うことが就活ではあります。就活はスーツで行くことが基本ですが、私服可と記載があれば私服でも問題ありません。華美になりすぎないよう、オフィスカジュアルな服装で行きましょう。
また私服可の記載があっても、スーツで参加することは間違いではありません。極端な話、就活においてスーツを着ていることが間違いということはないです。色々と迷って気持ちが乱れるようであればスーツで行くのが最も賢い選択だと言えます。企業が私服で来るように求めるのは様々な考えがありますが、それらの考えは企業によってバラバラです。全ての企業の心情を読み解き、それに合わせて一つずつ装いを変えるというのは非常に難しいです。「迷ったらスーツ」これさえ決めておけば、就活の服装で悩むことはありません。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ