自己PR

【就活】自分のキャッチフレーズの作り方ガイド|回答例付き

就活で聞かれるキャッチフレーズとは

就活では面白いキャッチフレーズを持っておくことが大切であり、キャッチフレーズを持っていることで選考を有利に進められるでしょう。企業によってはESや面接でキャッチフレーズは何かと問われるケースもありますし、選考対策の一環としてキャッチフレーズを考えておくのは大切なことです。また特別求められない場合でも、キャッチフレーズを使って自己PRをすればより印象に残りやすく、高評価も獲得しやすくなります。

キャッチフレーズは自分の魅力を凝縮させたもので、面白いものを作ることができれば個性を発揮しやすく、他の就活生との差別化にもなります。選考を上手に攻略するために、就活で使える面白いキャッチフレーズを考え、自分らしさをアピールしていきましょう。

キャッチフレーズを上手に伝えれば強い印象を与える

面白エピソードや衝撃エピソードもない、経歴や資格も普通な人はどうすれば良いのでしょうか。そこで役立つのが、前述から話題に上がっているキャッチフレーズです。自己PRなどを話す際に、だらだらと長くなってしまいがちです。もちろん、しっかりと自分を知ってもらうことは重要です。しかし、それだけではありきたりで、印象にも残りません。

キャッチフレーズのみに頼ってしまうのも考えものですが、自分らしさを発揮したキャッチフレーズがひとつあるだけで、面接官の記憶に残ります。ここで注意するのがキャッチフレーズの長さです。長くなってしまうのだとそのまま説明しているのとなんら変わりありません。短く、明確にわかるようなキャッチフレーズを作成しましょう。

キャッチフレーズは就活のあらゆるところで使える

就活をしていると、ESや面接で自分のキャッチフレーズを求められることがあります。キャッチフレーズは端的に自分を表す言葉であり、企業に自分という人間を伝えていく上で非常に大事なものです。上手いキャッチフレーズを作ることができれば、採用担当者の心をつかみ、良い印象を持ってもらえる可能性があります。

しかし、「キャッチフレーズってどう作ればいいのかわからない」と戸惑ったり悩む就活生が多いのも事実です。そこでこの記事では、就活に役立つキャッチフレーズの作り方やキャッチフレーズを作る際の注意点をご紹介します。

選考人数が多い場合は「覚えてもらうこと」が重要

書類選考をパスして面接に進んだ際、意外と同じようにパスした人が多かったという話を聞いたことがあるかもしれません。選考人数が多い場合は、なんとかして面接官に「覚えてもらう」必要があります。もちろん、経歴や資格がすごいといった内容で覚えられる人も少なくないかもしれません。

しかし、中にはそのような経歴や資格がなくても面接官に覚えてもらえます。それは、面接中の内容が頭に残る場合です。面白いエピソードや衝撃のエピソードがあって頭に残る、印象が強い人もいます。しかし、日常でそのようなエピソードを経験せずにいる人もいるでしょう。しかし、エピソードを作ってしまうのはNGです。嘘をついて覚えてもらっても自分自身にとって何もプラスにはなりません。本当の自分で勝負することが大切です。

商品のキャッチフレーズを参考にするのもあり

キャッチフレーズを考えていても良いものが思いつかない時は、商品のキャッチフレーズを参考にしてみるのもよいでしょう。CMなどを見ていて、自分の印象に残る商品は大抵キャッチフレーズが良かったり、インパクトのある内容になっているからです。商品のキャッチフレーズは短い文章で商品の良さが伝わる内容になっており、人の印象に残りやすく作られています。

これは商品だけでなく考えようによっては、自分自身のキャッチフレーズにも置き換えられるでしょう。「元気ハツラツオロナミンC」ではオロナミンCを飲むと、元気がハツラツと出てくることが一言で伝わります。「周囲を巻き込み元気ハツラツ」、「誠意ハツラツ」など威勢よく元気に明るい様子が伝わるでしょう。このように商品のキャッチフレーズを自分のものにするとよいでしょう。

就活に役立つキャッチフレーズの作り方

就活で役立つキャッチフレーズとは、どのようなものなのでしょうか。それは自分という人間を短い言葉で表現し、良いイメージで印象づけ興味を引けるような言葉であるべきです。そのようなキャッチフレーズは、いきなり作ろうと思ってもできるわけではありません。

思いつきで斬新なキャッチフレーズができたとしても、そこに自分自身の伝えたい内容が入っていなければ意味がありません。そこで、次の項目からは、良いキャッチフレーズを作るための手順を紹介します。ぜひ参考にしてください。

①徹底的に自己分析をする

キャッチフレーズは、自分を一言で相手に伝えるものです。そのため、キャッチフレーズがうまく作れるかどうかは自己分析の深さにかかっています。自己分析が浅いと、自分自身を客観的に把握できないため、わかりやすいキャッチフレーズは作れません。

ESの自己PRや面接での自己紹介のためにも自己分析は重要ですが、短いフレーズで自分を表現するキャッチフレーズだからこそ、より一層深く自分自身を分析し、数ある情報の中から伝えるべき情報だけを絞り込むことが必要になります。

自己分析をしたら、企業にアピールしたい自分の持ち味、努力してきた内容、経験を通して学んだこと、学生生活での勉学への姿勢、どんな風に働きたいかなどを列挙します。自分で思いついたものが出切ったら、今度は今までに他の人から褒められた経験などを思い出して書き出してみましょう。周囲の人の言葉が、自分という人間の特徴を端的に表す場合もあるからです。

自己分析ツールを活用しよう

ただ、自己分析をじっくりやる時間がない方も多いはず。
そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、コアになる強みを見つけ、魅力的なキャッチフレーズを作成しましょう。

②徹底的に企業を分析する

続いて自己分析後に並べた情報の中から、キャッチフレーズとして伝えるべき情報を取捨選択する必要があります。この段階で陥りやすいミスは、伝えたい内容を絞り込めず、色々な内容を盛り込んだ結果、何が言いたいのかわかりにくいキャッチフレーズになってしまうことです。

ではそうならないために、どうやって情報を絞り込めば良いのでしょうか。それは「伝える相手に合わせる」のが最も有効です。つまり、徹底的に企業研究をし、求められる人物像を明確にするのです。

私たちが商品を購入する際、求めていない商品を、「素敵なキャッチフレーズだから」という理由で買うでしょうか。買う人はほとんどいないはずです。つまり商品が買われるためには、「相手が欲しいものである」必要があります。

就活では、商品はあなたで、買う人は企業です。あなたに関する情報の中から魅力的なキャッチフレーズのための情報を絞り込むには、「企業が何を求めているのか」を知ることが何よりも大事です。そのためには、徹底的に企業研究をおこないましょう。

③ありきたりなフレーズはNG

キャッチフレーズを作る際、ありきたりなフレーズはNGです。例えばあなたが他人によく悩みを相談され、話を聴くだけで「癒やされた」と言われるケースが多かったとします。だからといって「お気軽カウンセラー」や「身近なヒーラー」というようにストレートに表現しても、ありがちな印象になってしまい、たくさんの就活生を相手にしている企業の採用担当者の印象に残るのは非常に難しいです。

ではどうしたら良いのでしょうか。あなたの特徴を同義語や類義語、つまり「似たような意味の言葉」に置き換えてみてください。例えば、人の悩みを聴いて「共感」するのが得意であれば、「共鳴」や「シンパシー」、「以心伝心」といった言葉に置き換え、そこからイメージを膨らませてみましょう。

④長所や強みを把握する

キャッチフレーズは自分を端的に表し、相手に「自分はどのような人間か」を伝える言葉になります。自分の長所や強みが入っていないと、他の就職希望者との差別化ができません。長所や強みといっても、日頃から考えておかないとすぐには出てこないものです。

前もって自分は何が得意なのか、面接を受ける企業にとって魅力的な自分の強みは何かを把握しておきましょう。それらをうまく取り込んで作ったキャッチフレーズは、他の人にはないあなただけの魅力を伝える強力な武器になります。

長所を見つけるためには、これまでの経験を一度書き出し、それらに共通して発揮できている自分の強みを考えることがおすすめです。自己分析がまだの方は試してみてください。

⑤根拠をしっかり作る

自分のキャッチフレーズに根拠のない綺麗事を並べても、キャッチフレーズの内容を聞かれた際に答えられません。企業の面接官は何百人もの就職希望者を見てきているため、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

その場で考えて作ったキャッチフレーズでは、面接を通過できないでしょう。自分を売り込むためには、学生時代の経験を具体的に表現できるように自己分析を確実に行う必要があります。

そして、自信を持って面接官に伝えられるように、自分のキャッチフレーズが応用できる具体例まで考えておいてください。1人として、全く同じ環境で同じ経験をしてきた学生はいません。アピールするポイントが似ていても、経験に基づいた具体的な長所であれば、他の誰にもないあなただけのキャッチフレーズになるでしょう。

キャッチフレーズをさらに魅力的にする3つのコツ

キャッチフレーズの作り方にはさまざまなポイントやコツがありますが、さらに魅力的にするためのコツもあります。キャッチフレーズはただ持っていればいいわけではなく、選考に向けてしっかりと磨くことが大切です。キャッチフレーズを持っている場合でも、その内容次第で与えられる印象は変わりますし、評価なども大きく違ってきます。大事なのはただキャッチフレーズをつけることではなく、面白いキャッチフレーズです。

①比喩表現を使う

キャッチフレーズをさらに魅力的にするコツとしては、物で例えるなど比喩表現の使用が挙げられます。「○○のような」というのが比喩表現あり、何かに例えて自身を表すと、より印象的に能力をアピールできます。物で例える場合は、対象となるものの特性を理解したうえでのアピールが大切です。例えば柔軟性をアピールしたいのであれば、「こんにゃくのような柔軟性」などもともと柔らかいものを例に挙げましょう。

対象となるものと自身のアピールする能力はリンクしている必要があり、関係のないもので例えても良いアピールにはなりません。「大木のような柔軟性」など全く真逆の性質を持つもので例えても矛盾するだけですので、自分の能力と対象物の特性がマッチしているかどうかが重要になります。

②カタカナを使うとテンポが良くなる

キャッチフレーズを魅力的にするためには、カタカナを使うのもポイントです。能力は協調性、柔軟性、積極性など漢字で表現されることが多く、前後に付けるものも漢字になってしまうと堅苦しく聞こえてしまいます。また一本調子になってしまうと印象に残りづらくなってしまうので、カタカナを使用して全体にテンポを持たせましょう。

例えば吸収力をアピールする場合でも、「雑巾のような吸収力」とすると堅く聞こえてしまい頭にも残りづらいです。しかし「スポンジのような吸収力」とアピールすれば、全体的に軽やかな印象になりますし、テンポ出るため印象に残りやすくなります。カタカナと漢字、ひらがなと漢字などを組み合わせることで、キャッチフレーズはより魅力的に伝わりやすくなります。

③数字を使って明確にアピールする

キャッチフレーズを魅力的に伝えるテクニックとしては、数字を使って明確にアピールも効果的です。キャッチフレーズでは何かに例えてのアピールが多いですが、漠然としたキャッチフレーズでは評価されません。ニュアンスは伝わるものの、細部までイメージできないとアピール力は低くなりますし、場合によっては伝えたい内容がわからないとマイナス評価になる可能性もあります。

キャッチフレーズはただ持っていればいいわけではなく、きちんと相手に伝わり、能力や人柄を理解してもらうのも大切です。伝えたい内容がわからない、イメージできないものを伝えても意味がありませんので、アピール内容を明確にするためにも数字など信憑性のあるものを交えて伝えましょう。

面白いキャッチフレーズ例

ところで、企業に伝えたい特徴を同義語や類義語で置き換える以外に、「比喩表現を使う」というテクニックもあります。比喩表現を上手く使えると、相手が自分をイメージしやすいだけでなく、個性的で面白いフレーズが生まれやすいです。では実際に比喩を使った面白いフレーズにどんなものがあるのか見てみましょう。

すぐに使えるフレーズ

1年中咲くひまわり

ひまわりは太陽のように明るいイメージの花です。そのため「明るい笑顔」を表すのにぴったりです。このフレーズには、いつも明るい笑顔を絶やさない人というポジティブな印象があります。

成長を止めない雪だるま

雪だるまは、小さな雪玉をどんどん大きくして作っていきます。そのため、良い・悪いなど様々な経験を糧に、自分自身をどんどん大きく成長していける人という印象が伝えられます。

人間接着剤

仕事は、たくさんの人が関わり合って前に進めていくものです。人と人との間に入って調整役をしたり、チームの雰囲気を良くするなど、人間同士の結びつきを強めたりサポートできる人は重宝されます。人と人とをつっくつける役割を「接着剤」という言葉に置き換えた例です。

名画を彩る額縁

仕事をする上では、裏方としてのサポートも大切です。名画に対する「額縁」という言葉を使うことで、自分自身がサポート役を頑張れる人間であることを印象づけられます。

踏まれても立ち上がる雑草

踏まれても立ち上がる雑草に自分を例えると、ちょっとやそっとでは諦めずに努力し続ける忍耐強い人間であることをアピールしている。

役に立たないフレーズ

逆に、就活のキャッチフレーズとして役立たないNG例もあります。これらのキャッチフレーズのNGなポイントを把握し、同じような例に陥らないように注意しましょう。

私は読書家です

たくさん本を読み、知識を増やすのは社会人にとって大事です。しかしこのフレーズだと、自分が本をたくさん読むことをそのまま表現しているだけでありきたりです。また、「本を読むことを就職してどう活かすのか」が見えません。

私は風邪に嫌われる男です

健康管理がしっかりできると伝えたいのかも知れませんが、「嫌われる」という否定的な言葉を使ってしまっているため、自分自身のイメージを落とすニュアンスになってしまっています。

私は水泳一筋の人間です

これまで1つのことに集中して取り組んできたとアピールしたいのかも知れませんが、「水泳」がどう仕事につながるのかがわかりません。「水泳」という言葉が、「1つのことに集中して取り組んだ」よりも目立ってしまっている例です。

キャッチフレーズのNG例文3選

自分を伝えるためのキャッチフレーズを作る上で、たくさん悩んだり、色々なものを参考にしたりするかもしれません。自分自身を分析し、悩み考え抜くことはとてもいいことです。しかし、悩みすぎて、逆に安直なキャッチフレーズになり、印象に残らない結果となることもあります。

また、奇をてらいすぎて、意味がわからないキャッチフレーズになることも少なくありません。ここでは、キャッチフレーズのNG例文と何がいけないのかポイントをまとめてご紹介します。

NG例文①

ポジティブな人間

ポジティブは伝わりますが、安直になってしまい、キャッチフレーズである必要がなくなってしまいます。この場合、キャッチフレーズという枠組みにとらわれすぎてしまい、それ以外の正確な情報や本人の印象が伝わりにくくなってしまいます。

ただ、ポジティブであると伝えたいのであれば、「私は何があってもくじけずポジティブに考えられ、何度でも挑戦し、納得できるまで取り組みます。」というように文章として伝えた方がより効果的です。

また、ポジティブさを伝えたいのであれば、ポジティブな性格によってどのように作用するかを盛り込んだキャッチフレーズにすると好印象として捉えられ、また面接官の印象にも残るようになります。

NG例文②

寡黙な作業家

「寡黙」は一見カッコ良いと感じるかもしれません。確かに、作業をする際におしゃべりな人よりは、静かに黙々と作業をこなす人の方が良いと考える人のいるでしょう。しかし、社会に入ったのであれば、寡黙さが全て良いというわけではなく、時として、コミュニケーションを円滑におこなえる人材が求められます。

そのため、寡黙さをアピールする必要性はそれほど高くありません。必要な時に円滑にコミュニケーションを図りながら、作業をおこなえる人をアピールする方がより印象的になります。

また、少しネガティブに捉えられそうなワードをキャッチフレーズ内に入れる場合は、細心の注意を払って入れないと印象が悪くなりがちです。できるだけネガティブワードを入れないでキャッチフレーズを作ると失敗が少ないでしょう。

NG例文③

猪突猛進の努力家

努力家は良いことですが、「猪突猛進」はひとつのことしか見えない印象を与えてしまいます。学生時代までであればいいかもしれませんが、社会人となるとひとつのことだけに取り組めばいいというわけではありません。複数の物事をを同時に行う能力も必要になります。

そのため、何事にも広い視野を持って取り組めるとアピールする方が効果的です。また、そのほかにもNGとして、流行りの芸人のようなキャッチフレーズをつけることや、自分が希望する職種に関係のないキャッチフレーズでアピールしても効果はありません。キャッチフレーズをつける際にはしっかりと自己分析、企業分析をした上で見合ったキャッチフレーズをつけるようにしてください。

インパクトにこだわりすぎると失敗する

キャッチフレーズは採用担当者の印象に残りやすいものが良いですが、インパクトが大きければ良いというわけではありません。何より大事なのは、そのキャッチフレーズがきちんと自分の特徴や企業の求める人物像にはまっていることです。

面接でキャッチフレーズについて説明を求められた場合、具体的な経験などを通してそのキャッチフレーズからきちんと自己PRできなくてはなりません。もしキャッチフレーズのインパクトが強かった場合、そこからの自己PRが魅力的でないと、逆に印象が悪くなってしまう可能性もあります。

キャッチフレーズを作る際、インパクトよりも、自分を正しく知ってもらうための言葉を有効に使うことを重視しましょう。

社風によっては印象を悪くする可能性もある

企業にはそれぞれ「社風」というものがあり、例え自分を完璧に表せているキャッチフレーズであったとしても、企業の社風にあっていなければ採用されることはありません。例えば、営業関係の企業の面接を受けるとき、企業が求める人材とはどのような人材でしょうか。

丁寧に仕事ができることや、人並み以上の事務処理能力ももちろん必要ですが、営業に最も求められるのは「コミュニケーション能力」です。どんなにタイピングを打つのが早かったとしても、周囲や取引先とのコミュニケーションが取れなければ「企業に求められている人材」として当てはまりません。

的外れなアピールにならないように、面接を受ける企業の職種や社風を事前に調べてからキャッチフレーズを考えましょう。

回りくどい表現は避ける

回りくどいとは、話し方や手段、表現がストレートでわかりやすいものではなく、遠回しで間接的にものごとを伝えようとすることです。回りくどい表現をすると、表現をしている本人は核心的な部分を濁すことができ、とても便利に使えます。

しかし、回りくどいと聞いている相手はさまざまな捉え方をするでしょう。自分に自信がないのか、本心を述べていないのではないか、など臆病に見えてしまったり、マイナス評価につながってしまう場合もあります。

また、常に相手の様子を伺いながら話しているようにも思われがちです。また、整理をして話が出来ない人、質問の答えが的確に返ってこないなどと思われてしまいます。回りくどい表現は避け、わかりやすくストレートに表現すると良いでしょう。

覚えやすいキャッチフレーズを選ぼう!

ここまで、キャッチフレーズの作り方や面白いキャッチフレーズの例、注意点などをご紹介してきました。やはり重要なことは、インパクトがありいかに担当者の印象に残るかです。ここでご紹介した例を参考に、オリジナルのキャッチフレーズを考えてみてください。

注意点は、キャッチフレーズは覚えやすいものを選ぶことです。あなた自身が覚えやすいだけでなく、企業の担当者も覚えられるようなキャッチフレーズを考える必要があります。魅力あるキャッチフレーズであなたの良さをしっかりと印象づけ、就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ