面接対策

【最終面接で好印象を与える逆質問】NG質問や実際に使える例文を紹介

最終面接には逆質問を用意する必要がある

最終面接のやりとりも順調に進み、採用決定まであと一歩。そこで最後に待ち受けているのが「何か質問はありますか」という逆質問を求める項目です。

この項目は、一次面接や二次面接でも聞かれることがありますが、最終面接の担当者は社長や役員といった重役クラスになります。そんな重役クラスの人へ質問するべき内容とは何なのかを見ていきまいょう。

逆質問では会社とのマッチ度や人間性がみられる

「質問はないですか?」という逆質問から何を読み取られているのかというと、2点あります。それが会社とのマッチ度と人間性です。

質問からどんなことに興味があり、何が知りたいのかを知ることができるのです。逆質問にも意味があるので、対策はしっかり行っておく必要があるのです。

最終面接で逆質問なしはNG

たとえばあなたが誰かに物事を教えたとき、「何か質問は」と問いかけて「とくにありません」と返されたらどう思いますか。よほど信頼している相手でもなければ、「本当に大丈夫だろうか」と不安になるのではないでしょうか。

それは面接官も同じです。これまでの面接内容が充実していて、どんなに和やかに進んでいたとしても、時間は多くて1時間程度です。面接官の立場からすれば、それだけの時間で相手に信頼を置ききることはできません。不安の残る相手から何も質問されないというのは不安を大きくしてしまいます。ですので、ぜひ質問をしましょう。

また、逆質問は入社後の待遇を勝ち取っていくにも絶好の機会です。社長や役員クラスに質問ができる場はそうそうあるものではありません。入社までがゴールではなく、社員を評価する立場の人に熱意を伝えられるチャンスとも考えることができます。これを逃す手はないでしょう。

複数準備しておく

当然ながら、会社自体のこと、競合他社、業界の情報など自分で調べられる内容は頭に入れておきます。その上で、経営に携わる相手に対して質問すべき内容を、複数考えておくことが大切です。

なぜ複数準備する必要があるのか。それは相手がどんな話に興味を示したか、雰囲気はどうかなど場合によって質問の内容を選択できるからです。質問をする際の雰囲気やそれまでの会話の流れといったシチュエーションも合わせて設定しておくことをおすすめします。

一言一句考え抜かなくて大丈夫です。ざっくりと「こういう場面ならこういうことを聞こう」と余白をもっておくことで面接に安心して挑むことができます。

逆質問はメモを見ずにしたほうが好印象

上記では、逆質問の準備をしておきましょうと述べました。スケジュール帳やメモ帳に記載しておくと思いますが、いざ面接のときはメモを見ずに答えたほうが印象は良いです。

逆質問を覚えなくてはいけないと考えると、なかなか難しいです。しかし、本当にあなたが気になることを、企業研究をしているうちに見つけたのであれば、覚えられないことはないでしょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

最終面接逆質問に対するNGな質問

まず、NGな質問内容について考えてみます。先ほど、最終面接のイメージをしていただきました。場の雰囲気はどうであれ、相手は重役のため、少なからず緊張はするでしょう。緊張状態では頭の中に様々な言葉が浮かんだり、あるいは真っ白になったりもします。ついうっかりNGな質問をしてしまわないために、ここもおさえておきましょう。

NGな逆質問例

・会社のホームページ、募集要項に記載されていること
企業理念、取扱商品・サービス、福利厚生など 転職サイトなどを見ればわかる会社の実情

・残業および手当の有無など 社長、役員クラスに質問すべきではないこと
営業のやりがい、仕事の詳しい内容などネガティブなこと

・離職率が高い理由について、初心者でも大丈夫かどうかなど 返答があっさり終わってしまうこと
「はい、そうですね」という返答しか浮かばないようなこと全般

逆質問をさらに質問で返される場合がある

「質問はありませんか?」に対してあたなが質問をしたとします。それについて「あなたはどう思いますか?」とさらに質問で返される場合もあります。

例えば「働くうえで大事なことはなんですか?」などの質問をすると質問で返ってきやすいです。そのため、質問をするのであれば、ある程度あなたの考えもまとめておくようにしましょう。

答えにくい質問もNG

①御社が魅力的な企業になった理由はなんだとお考えですか
②今後新しい製品についての戦略などはありますか

①は、ベンチャー企業など会社の歴史が浅ければ、快く答えてくれるかもしれません。ただ、歴史の長い会社であれば、答えられるにしても聞かれたら困ります。面接の時間ではおさまらないでしょう。聞いてどうするんだという疑問もあります。

②は、初めましての人に戦略を話すことはできません。もしかしたら業界他社の面接も受けているかも、と思えば尚更です。話してくれたとしても、会話が発展するような深いものではなく、支障のない範囲に留まります。

NGな質問について総合して言えることは、相手の立場になって質問の内容を吟味できていないという点にあります。自分が採用担当者として応募者と対面したとき、上記のような質問をされて「採用しよう」という気になるでしょうか。

「この人、調べてないな」「即戦力になるまでの投資コストがかかりそうだな」「それを聞いてどうしたいんだろう」という疑念が浮かぶような質問は全てNGだと考えてください。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

最終面接のおすすめ逆質問の例

逆質問をする時のポイントは「相手の不安を払拭すること」「社長、役員クラスに質問できる機会と捉えること」です。これらを元に、質問の候補を考えてみます。会話の流れや場の雰囲気から導き出される質問を選択することが一番なので、ここでは準備する質問の骨子となり得るものを記載します。

意欲をアピールできる質問

質問

御社は今後、海外取引を発展させていくと拝見しました。先ほど私の留学経験についてご質問いただきましたが、英語圏に力を入れていくのでしょうか。東京オリンピックまであと○年となり日本の国際交流も発展していくと考えています。その他にもビジネスチャンスとお考えの国があれば、語学力を取得したいと思いますので教えていただけますと幸いです。

オリンピックなど世の中の動きも交えて相手からの返答が発展しやすいようにします。それまでの会話を受けて話題を引き出し、自分の能力もアピールしながら意欲を示すという方法です。語学に限らず持っているスキルだけでなく、さらに向上する意志を伝えることができます。

逆質問

御社の会社説明会で、営業職で入社した場合に配属される勤務地については本人の希望を考慮していただけると伺いました。私はできれば若い頃は東京で働きたいと考えています。なぜならば東京オリンピックを控え、多くのビジネスチャンスに沸く東京であれば、自分自身を試すのに絶好の機会と考えるからです。そこで成果を出して、同期の中でもトップを目指したいと思います。そういった希望についてはどうでしょうか。

新入社員に求められるのは、なによりも若さあふれるチャレンジ精神です。特に営業職などは、常に競争意識と結果に対してのこだわりを求められる職種です。少しグイグイ前に出過ぎてるな位の積極性を見せれば、入社に向けての意欲と心構えを示すことができるでしょう。

事業や社風に関する質問

質問

御社は垣根なく意見交流をすると二次面接で○○さんにお伺いしました。私のように新しく入社を希望する者にとって、そういった場が開かれているは嬉しいことだと感じました。五年ほど前から始まったということですが、どのような経緯があったのでしょうか。

現場の雰囲気に関する質問なので大企業向けの質問ではありませんが、社長や役員が会社の雰囲気づくりに関わっている会社なら効果的です。自分がその施策や雰囲気を喜ばしく思っていることを伝え、自分が場に参加している様子をイメージしてもらいます。

それまでの面接で担当いただいた方の名前を出すことで、いかに面接を大事に思っているかを、それとなく示すこともできます。経緯を聞くことで社長や役員が何を大事に考えたか聞くことができれば入社後も動きやすくなります。

逆質問

ホームページを拝見して、『地球上でもっともお客様を大切にする企業であること』という御社の経営理念に大変共感いたしました。世界にわたる流通のグローバル企業として、御社は今後文化や宗教の違う国々でどのように顧客サービスの平準化を目指されるのでしょうか。

やはり事業や社風というのはその会社が大事にしている事や今後目指そうとしていることをしっかり理解する必要があります。事業や社風の質問は、あまり深堀りすると企業として答えにくい場合もあるのですが、まずは会社案内やホームページをしっかり研究して、その会社の企業理念や事業方針を質問で確認することで、きちんと理解しているというというアピールにつなげることができます。

仕事に関する質問

質問

二次面接でお話しさせていただいた○○さんの部署では女性の活躍が多いと伺いました。御社の取り扱うサービスは多岐に渡りますが、△△部署では女性ならではの視点が活きるということでしょうか。今後女性の活躍が推進されていく中で、期待されることがあれば、ご教示いただけますと幸いです。

一次、二次面接や会社のホームページで女性の活躍を推進しているとわかっていれば、そこに期待されるものを聞くのは会社の方針を理解したいという熱意ととれます。関連する部署の話が聞けたり、今後発展させていきたい話も出るかもしれません。

こちらも、組織づくりに社長や役員が深く関わっている会社である場合に限ります。しかし、会社の雰囲気が性別に一切の垣根を設けない場合は逆効果です。

逆質問

今回、御社のSE職として応募いたしました。私は文系ですが、御社は教育システムが充実しており文系でも問題ないと伺っております。出来れば早く仕事を覚えたいので、学生の内で勉強しておく内容や、読んでおくテキストなどがあれば教えていただけますでしょうか。

企業に対しての逆質問は入社前の不安を取り除くという事と、企業に対して自分自身の前向きさをアピールするという重要なポイントがあります。例えば文系でSEを志望する場合、専門知識の有無が不安であっても、「文系ですけど大丈夫でしょうか?」というようなやや後ろ向きととらえかねないような質問をするよりは、それにむけて事前に勉強して取り組みたいというように、積極さを見せながらの質問に置き換える方が良いでしょう。

入社後にも記憶に残ることを意識して逆質問をしよう

最終面接まで進んでいるのですから、もうほとんど入社に足る条件はクリアしているようなもの。社長や役員がわざわざ時間を割いてくれているのですから、条件不足があるとは考えられません。そこで相手の不安が払拭でき、会社の方向性を理解して熱意も伝えられたとなれば、ライバルがよほど優秀でなければ採用されるでしょう。

採用を決めた人は、選んだ責任を負わなければなりません。社長や役員クラスが「この人を選んでよかった」と思えるように、入社が叶った際は活躍をしましょう。面接時の印象がよければ、その活躍を見届けてもらえる可能性が高まります。入社までをゴールと考えず、今後にわたって価値ある人材であることをアピールするよう心掛けましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ