その他

面接が英語でも大丈夫!乗り切るためのポイント【質問例付き】

英語面接を乗り切るポイント


日本から飛び出して海外で働いてみたい就活生にとって、英語でのコミュニケーション能力があるか試される英語面接が必須です。「What hard work it was in college」(学生時代に頑張ったことは何ですか)と言ったように、面接官は英語力と、人間性の人柄を面接でチェックします。

海外の人とコミュニケーションを取って仕事で活躍したいと願っている就活生が集まる企業の英語面接では、「non-verbal」(言語以外)の要素をチェックする傾向が強いです。海外の異なった文化に先入観を感じないで、積極的に溶け込もうとする能力があるかを英語面接でテストされます。

①必ず自分の言葉で話す

英語面接では、就活生が希望する企業で働きたいかという意欲をチェックする場ですので、自分の言葉で話す(Speak in words of one`s own)必要があります。面接官との質疑応答は、採用の合否に関わってきますので、自らの言葉で働きたい意思を伝えましょう。

面接で尋ねられる英語の質問に、事前に回答の準備をしておくのは良いことですが、他人が作成した英語のフレーズをマニュアル通りに覚えるのはおススメできません。英語面接では、英語力以外にも、就活生の人間性が試されますので、個性がないマニュアル通りの回答ばかりしていると、消極的な印象につながりマイナスの評価です。基本的な英語力で十分と評価されるので、自分の言葉で話すことを心がけてください。

②事前に練習を積み重ねておく

慣れない英語面接では、事前の準備が欠かせません。あいさつと自己紹介、また良く聞かれる質問は英語でスムーズに回答できるように練習してください。英語で話す練習を怠ると、自分の発音の誤りに気がつかないことがあります。

「Work」(働く)と「Walk」(歩く)は中学校で習う単語ですが、発音にすると、「働く」「ウァーク」は、舌先を丸めた状態で、喉から発音する感じとなり、「歩く」「ウォーク」は、大きく口を開けて発音する感じとなります。

事前に英語面接の準備をしておかないと、間違えた発音で面接官とやり取りをすることになり、英語で正しいコミュニケーションができない印象を与えてしまいます。英語の先生などに、自分の英語のチェックを頼むだけで対策ができるので、事前に練習を積み重ねておく必要があります。

例題を把握しておく

英語面接を乗り切るためには、例題を把握しておくことが求められます。どのような質問が傾向として多く出されているのかを、事前に勉強しておきましょう。例題を把握しておくことで、自身の英語スキルの向上にも直結しますし、ある程度の質問予測ができます。例えば長所を聞かれたら、次は短所を聞かれるかもしれないという予測はおおよそ想定できるので、長所と短所の質問例をセットで覚えるようにしましょう。

質問に対して、セリフのように覚えた英文で回答するのは控えた方がよいですが、単語やキーワードを覚えておくことはおすすめです。キーワードとなる単語を覚えておくと、英語の文章でも言葉に詰まらないで回答できるようになります。例題を把握して、それに対応する回答も併せて練習しておくと、より一層堂々とした英語面接ができます。

③アイコンタクトやジェスチャーを入れる

英語面接で就活生をチェックするのは、海外で生活をした経験がある面接官です。積極的に自己アピールをするのは良いとされる海外では、自信がある表情でコミュニケーションをする人物の方が、企業に採用される可能性が高まります。ボディランゲージは英語以上に、力強い印象を与えます。オーバーなパフォーマンスは面接官の信頼を損ねる可能性もありますが、英語面接では、遠慮しないでボディランゲージをおこなってください。

英語面接に効果的なアイコンタクト

日本の面接では、それほど重要視されないアイコンタクトを上手く使うと、英語面接での評価が高まります。面接官の質問を理解していると目で合図しながら、余裕を持って笑顔で話をすると自信を持った人である印象を与えます。反対に、面接官の質問に難しい顔をしながら回答すると、自信を持っていないとマイナスの評価を受け易いです。

面接官が同意を求めた時に、内容を理解しているとアイコンタクトで伝えると、コミュニケーション能力が高い就活生であると評価されます。面接のやり取りがお互いに伝わっているとアイコンタクトで確認できるのが理想です。自信がある積極的な人間であることを面接官に認めて貰うために、顔の表情に注意してください。

英語面接に効果的なジェスチャー

ジェスチャーは英語面接でとても効果を発揮します。面接中に、膝の上に手を動かさないで置いたままにしていると、回答に自信がなく、緊張をしているとマイナスの評価につながります。海外では、身振り手振りのジェスチャーがコミュニケーションでは重要と考えられています。

自分の言葉の表現と体の動きと合わせることで、自分の感情も伝えることになります。てのひらを希望する企業の面接官に見せるジェスチャーは、警戒していないと表現して、仕事に対する自分の忠誠心を伝えることにつながります。面接間に、企業で働きたいという気持ちを伝えるために、恥ずかしがらないでジェスチャーをしてください。

英語面接で面接官が見ているところとは?

それでは、英語面接で面接官が見ているところをご紹介します。英語面接では、日本語の通常面接とは違う評価基準となっています。その違いを事前に把握し、しっかりと英語で会話のキャッチボールができるようにしてください。

例えば円滑に会話の受け答えができない人や、質問がうまく聞き取れずに見当違いの回答をしてしまった場合、英語文化ではコミュニケーション能力のほうが重要視されますので印象としては良くはありません。逆に、ビジネスマナーを踏まえた英語をきちんと使用し、言い回し方も自然な回答ができた場合は評価は高くなります。自信を持って英語面接に挑むためにも、これからご紹介する内容をしっかり確認して事前練習をしてみてください。

コミュニケーション能力

英語面接で面接官が見ているひとつめが、コミュニケーション能力があります。英語圏では、人との会話は重要な意思疎通の手段と考えられています。対面してしっかりと目を見て、顔の表情を巧みに使い、自分の考えを声で伝えるコミュニケーションが求められる文化です。

一方日本は、筆談や書道、手紙などで文字を書くことに美学があったり、会話中に目をそらしたり沈黙を挟んだりすることで感情を表す傾向にあります。しかし英語圏では、文字はあくまでも思考を伝達するためのツールであり、目をそらしたり沈黙したりするということは意思が弱い人であると認識されやすいのです。このように日本とのコミュニケーション方法が違います。

面接でもこのような認識のもとに選考が始まりますので注意しましょう。アイコンタクトを取りながら、表情を豊かに変え、しっかりと自分の意思を口で伝えるようにしてください。

英語での言い回し方

次にご紹介するのは、英語での言い回し方についてです。英語は単語と単語を組み合わせることにより、言葉の意味を多様に膨らませることができます。同様に、日本も漢字と漢字を組み合わせて熟語を作ることにより、何種類もの単語ができます。このように、1つの単語から派生させて、言い回しを増やすように覚えていくと、自分の中で言葉が蓄積されていき面接時にも使えます。

(例)turn
turn to (仕事に)とりかかる
turn up (物事が)生じる
turn against 不利になる

学生時代に勉強した英語は、基礎が多く簡単な単語がメインです。しかし基礎的な英語だからこそ、単語と単語を掛け合わせて派生をすることで、どんどん複数の意味につながっていきます。慣用句を覚えて、英語独特の言い回し方や意味を把握して、面接でも使えるようにしてください。中学・高校時代の教科書を見直して勉強するのもおすすめです。

ビジネスマナー

最後にご紹介するのはビジネスマナーについてです。英語面接で面接官が見ているポイントにおいて、最も重要なのがビジネスマナーです。日本独自のビジネスマナーがあるように、英語面接にも独特のビジネスマナーがあります。

例えば、日本では面接官と握手をすることはありませんが、英語面接では握手をしてから面接をスタートするのが一般的です。そして握手をするときは、自分の名前を名乗ります。このときに、面接を設定してくれたことに対する感謝の思いも伝えると好印象です。

(例)
Hi, my name is ●●.
Today, thank you for giving me the opportunity to talk to you.(私は●●と申します。本日は面接のお時間をいただきまして、ありがとうございます)

覚えておくべき面接の質問例10選

それでは覚えておくべき面接の質問例10選をご紹介します。頻繁に出てくる質問を集めましたので、参考にしてください。

・Why would you like to work for this company?
(当社を選んだ理由は何ですか?)

・What do you want to be doing in your career 3 years from now?
(あなたは3年後どのような仕事をやりたいですか?)

・What have you learned from some of the study you have held?
(これまでの研究から学んだことは何ですか?)

・What is your greatest strength ?
(強みは何ですか?)

・What is your major weakness?
(弱みは何ですか?)

・What are your hobbies?
(趣味は何ですか?)

・Are you applying any other job?
(他の選考を受けていますか?)

・Why should we hire you?
(なぜ当社はあなたを採用しなければならないですか?)

・ How can you contribute to our company?
(当社にどのようにして貢献しますか?)

面接で出やすいワード10個

面接で出やすいワード10個をご紹介します。日本語とほぼ同じ意味の単語もあるかと思いますが、ビジネス英語でも使える単語なのでぜひ覚えてください。

・career(職務、仕事、キャリア)
日本語とほぼ同じ意味です。キャリアや職務を表します。

・achievement(成果、功績)
今まで出した成果や功績をアピールするときに使います。

・position(立場、ポジション)
自分が就きたい仕事の立場を表すときに使います。

・strengths(強み)
長所や強みを言うときに使用しましょう。

・weaknesses(弱み)
短所や弱みを言うときに使用しましょう。

・support(支援する、応援する、サポートする)
仲間に助けられた経験や部活動で大会に出た話などで使えます。

・agree(賛成する、同感する)
自分の意見を述べるときに使いましょう。

・describe(説明する)
何かを説明したいときに使いましょう。

・different(異なる)
何かを比較して説明したいときに使いましょう。

・company(会社)
会社を指す最も一般的な単語です。

英語面接での逆質問と例

英語面接は日本の面接と同じように、最後に面接管から「質問はありませんか?」と聞かれます。その際は「Have you got any questions?」(何か質問がありますか?)と聞かれます。

この言葉を合図に質問タイムに切り替わりますので、ぜひ英語で質問をしましょう。基本的には仕事に関することを英語で逆質問してください。事前にいくつか質問を用意しておいた方が心の準備もできるので、逆質問の例をご紹介します。

(例)
・What plans does your company have for future development
(御社の将来の企業方針について教えてください)

・What constitutes success at this position?
(このポジションで成功するために必要な要素を教えてください)

関連記事

英語面接の基本マナー4つ|入室から【挨拶】【着席】【対話】【離席】といった退室までの流れをご紹介

英語面接で評価を得るコツ

英語面接で高い評価を得るためには、自分をどの程度アピールできるかが全てです。日本語の面接と違い、謙虚な姿勢で臨んではいけません。多少自分の業績を過大にアピールするぐらいの根性と勢いがなければ、高い評価を得ることはできません。

アメリカをはじめ、海外諸国は「自分に何ができるのか」「どんな仕事を今までしてきたのか」といったことを大きな採用のポイントとしています。これらの事柄を上手にアピールすることが、高い評価を得る近道です。

箇条書で覚えておき臨機応変に対応する

自己PRや志望動機で述べたい内容を細かく覚えてきたとしても、面接でどのように尋ねられるかは本番までわかりません。答える内容を一言一句覚えてきたとしても、緊張して忘れてしまう可能性があります。暗記せずに、箇条書きでポイントごとに頭の中で整理して覚えてくることが重要です。

話すポイントを1~2文ほどで簡潔にまとめて、それをあらかじめ覚えておきましょう。本番では話のポイントを元にして、内容を膨らませていくことが求められます。海外諸国の面接は雑談から始まり、そこから内容に入っていくために話の範囲は広いです。全てを網羅して準備しておくことは不可能なため、最低限のポイントを押さえておけば十分といえます。

細かいミスは気にせずに話し続ける

海外諸国の面接では、細かい文法の違いや発音の違いなどは意味が通じればあまり気にされません。あなたがどのような人物であり、仕事において何ができるのかが伝わればいいのです。細かい文法的なミスに自分で気付いたとしても、相手から言われなければそのまま話を続けることが求められます。

海外の採用担当者は、わからないことがあればすぐに口を挟んでくるため、説明を求められたときに説明するというスタンスで話すようにすると、お互いにストレスなく面接を進めることができます。何度も同じことを言い直すと、採用担当者は話の内容が進まないことにイライラしてくるため注意が必要です。

関連記事

英語面接突破のための答え方ポイント~回答例まで一挙大公開【自己紹介】【志望動機】【質問】

英語面接の対策本

それでは英語面接の対策本をご紹介します。大学のキャリア相談室で英語面接について詳細を聞きたくても、英語面接の担当者がなかなかおらず相談できなかったという人もいるでしょう。友人と英語面接の練習をしたくても、英語面接を経験している友達がいればよいのですが、英語面接を経験する人は外資系希望者などに限られてくるので、なかなかいないでしょう。

そこで、英語面接の対策本を購入しての事前対策をおすすめします。本を読むことが面接の練習になるのか不安な方もいると思いますが、実は英語面接の対策本にはCDが付いてきたり、幅広い質問例と回答例が紹介されていたりと大変参考になります。リスニングとリーディングの双方向から英語に触れていけるので、一から英語を勉強するよりも遥かに効率的です。下記におすすめ英語面接の対策本を3つご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

対策本①

まず1つ目にご紹介する英語面接の対策本は『採用される英語面接 対策と実例集』です。こちらは実際に英語面接で出題された質問例とその回答例を集めた実例集になります。

採用されるために必要な基本的フレーズだけではなく、いかに英語で自分を魅力的にアピールできるかを詳しく解説しています。日本語教師・外資系事務・看護師など職種別に質問例を紹介しているので、職種ごとの主題傾向も勉強できます。CDも付いてくるので、質問例と回答例ともにリスニング可能です。

電車やバスの移動時間で効率よくリスニングで勉強し、すらすらと発声できるようにしましょう。英語面接の不安をなくすために書かれた本になりますので、英語面接の参考書として購入するのにおすすめの1冊です。

対策本②

次にご紹介する英語面接の対策本は『CD付 英語の面接 直前5時間の技術』です。

こちらの本は、5時間で、採用に直結する必勝フレーズを英語ですらすら言えるようになることを目的としています。なので例文や質問例の紹介よりも、英語面接のノウハウが詳細に解説されています。英語面接の向こう側で人事はどのように考えているのか、質問の意図は何であるのかなど、そもそもの基本的な面接事例を解説してくれます。

また、英語面接でよく聞かれる5つの質問にテーマを絞り、「どんな表現を」「どんな順番で」「どのように言えばいいか」を解説しているので、初心者でもわかりやすく対策ができるようになっています。こちらもCD付きブックです。隙間時間や移動時間にリスニングをして英語の勉強をしましょう。

対策本③

最後にご紹介する英語面接の対策本は『新 面接の英語』です。こちらはCDとワークシートが付いてくる英語面接の対策本になります。

内容も100問以上の質問とその回答例を紹介していて豊富な内容になっています。英語面接の一連の流れや答えにくい質問例も紹介しているので、初心者から上級者のあらゆる層向けの本になっています。そして新卒者向け用の質問例と回答例も特集しているので、まさに就活生用の英語面接対策本といえます。

他にも、ヨーロッパ系メーカーのエグゼクティブ・アシスタント職や、外資系金融機関に新卒で応募した事例をもとにした職種別面接例もあるので、英語面接の全体像を把握したい方におすすめの本です。付属のワークシートでも勉強がしっかりできるので、英語を勉強しながら面接対策をしたい方は要チェックです。

関連記事

英語面接で自己紹介をする際に気を付けるべき内容まとめ【「表現」「挨拶」「アピール」の参考例文付き】

英語力とコミュニケーション能力で面接を突破しよう!

英語面接の経験がなくても、ポイントを絞った準備をすることで、希望する企業に合格する確立が高まります。英語力が少し不安な就活生でも、基本的な英語を簡潔に使用できれば十分に英語面接を突破する可能性があります。面接官に自信を持った印象を与えるには、アイコンタクトやジェスチャーを織り交ぜると効果的です。

英語面接は、日本企業の面接と近い要素がたくさんあります。自己紹介から、よく聞かれる質問については、あらかじめ自分の意見を英語で伝えることが出来るようにしっかり準備をしましょう。慣れない英語面接を、英語力とコミュニケーション能力を駆使して突破して下さい。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ