業界研究

【IT業界徹底研究ガイド】主要企業の情報や職種を一挙公開

IT業界とは

IT業界は就活生人気の高い業界で、志望者の多い業界です。ネット環境を使って仕事をすることが当たり前になり、すぐにネット環境に接続できるスマホが普及するなど、IT業界は人々の生活に欠かせないものになっています。

ITを身近に感じられるようになっているため、IT業界を志望する人が増えていますが、漠然としたイメージだけでIT業界の詳細については知らない人も多いです。IT業界を志望するのであれば、まずはIT業界の基本的な情報を把握しておきましょう。

IT業界

IT業界はIT、つまり情報技術に関わる仕事をしています。主にネットワークを利用した仕事ではありますが、その種類はさまざまです。一例として、ハードウェアやソフトウェア、システムインテグレーションなどが挙げられます。企業によって強みとしている分野も違い、同じIT業界であっても仕事の内容が大きく違う場合が多いです。

IT業界はパソコンの普及とともに成長を始め、そこから常に成長を続けている業界です。ネット環境を使用しての仕事が当たり前になった現在ではIT業界に留まらず、さまざまな業界と連携して仕事をおこなっています。国内での売上は競争の激化などで伸び率に悩む傾向にありますが、海外や発展途上国などに目を向けることで新たな販路を開拓しつつあります。

IT業界の業績推移について

  • 業界規模6兆4,178億円
  • 平均年収593万円
  • 平均継続年数15年

IT業界は毎年順調に業績を伸ばし続け、現在の業界規模は6兆4,178億円となっています。IT業界の売上は景気にも左右されやすいものの、順調に売上を獲得し、国内外に販路を持つことで業界規模は大きくなり続けています。業界規模に比べて平均年収が593万円とそれほど多くはありませんが、これはあくまで平均です。

平均以上の年収を獲得している人もいますが、反対に平均以下の人もたくさんいます。IT業界は所得の格差が大きく、結果的に平均年収はそれほど高くないといえます。また平均継続年数は15年程度と短く、転職も多いです。企業によっては20年程度と比較的長いものもありますが、短いものだと10年程度の場合もあります。

IT業界の現状と課題

IT業界といえば、一代で起業した有名な人たちが六本木などの高級マンションに住み、高級外車に乗りながらセレブな生活を送っている社長のイメージを持つ人もいるでしょう。IT業界は他の業界と比べて、華やかな世界に映る業界ですです。そんなイメージのあるIT業界の現状と課題はどのようなものがあるのでしょう。現状としては、業界のトレンドでもあるネットショッピング市場における競争の激化に対する対応があります。Amazonをはじめ様々な業者が参入して活気を呈しています。今後もこのジャンルは発展が大いに期待できる分野です。

一方課題としては、AIの発達等によるシステム開発環境の大きな変化による業界全体の衰退ともいえる状況が考えられるところです。IT業界に携わる人が必要なくなってしまうと、業界の発展に影響が出てしまう可能性もあります。

IT業界の細かい職種分類について

  • コンサルタント
  • セールスエンジニア
  • カスタマエンジニア
  • ITエンジニア
  • 社内SE

IT業界にはさまざまな職種があり、職種ごとに業務内容も大きく異なります。コンサルタントはIT技術などを用いて、顧客の問題を解決する仕事です。提案力だけではなく、IT技術も必要になります。セールスエンジニアはいわば営業の仕事です。自社のシステムや技術などを販売します。

カスタマエンジニアは顧客サポートを行う職種です。セールスエンジニアなどから購入したITサービスなどのアフターサポートなどを行います。ITエンジニアはIT技術を用いてシステムの開発、ネットワークの構築、サーバーの整備などを行う職種です。社内SEは企業でシステムエンジニアとして働き、自社のシステム運営を行う職種です。IT業界にはさまざまな職種がありますので、自身に合った職種を探していきましょう。

ITといっても仕事内容は幅広い

IT業界のイメージとして、エンジニアの職種と考える人もいるのではないでしょうか。しかし実際は数多くの職種があり、それぞれの仕事内容も多岐にわたります。ここでは、その仕事内容を次の5つに分けて紹介します。それぞれの役割をうまく機能させたものが、IT業界が動いている世界となっています。ぜひ参考にしていただき、自分の目指すIT業界とはどんな職種があり、どんな仕事内容になるのか把握してください。

大きく5つに分かれる

ここでは、IT業界の仕事内容を大きく5つに分けて紹介します。

①webサービス
1つ目がwebサービスです。webサービスは、SNSやキュレーションを利用した仕事があります。私たちは普段インターネットで色々なwebサイトを見ています。それらのサイトデザインを作成したり、SNSで発信したり、広告運用やコンテンツの作成をします。

②通信サービス
2つ目が通信サービスです。これは、ハードウェア・ソフトウェア両方に関わる仕事です。インターネットやイントラネットなどのインフラを整備するにあたって関連する業務をおこないます。

③IT情報処理
IT情報処理に関しては、ITコンサルタントやSEなどシステム関連およびシステム導入企業の運営も含めて、システムを動かす仕事全般をいいます。

④ソフトウェア
これは、システムを動かすために必要な動作等をプログラミングする仕事です。これがないとシステムは稼働することができません。

⑤ハードウェア
システムを動かすためには、パソコンやサーバーなどの機器が必要になります。ハードウェアはその総称となります。あくまでシステム環境の外部に携わる仕事になります。

IT業界についてより深く知りたい人はIT業界大研究Bookをチェック

IT業界に興味を持ったのであれば、紹介したいのがIT業界大研究Bookです。この資料には、IT業界のビジネスの成り立ちが詳しく紹介しています。また、この記事の下記にも企業の情報を記載していますが、資料でも、ここでは取り上げていない企業の売り上げ比較や志望動機の作成例などを紹介しています。

IT業界を志望する人は、業界研究が終わったら企業研究が必要になってきます。IT企業といっても大手と言われる企業以外にも実にたくさんの会社が存在します。そのため、まずはIT業界大研究Bookから主要企業の特徴から把握し、徐々に絞っていきましょう。IT業界の分類や職種の違いを知ることで、少しずつ自分が本当に目指したいものが見えてくるでしょう。

主要企業5選紹介

IT業界は事業や職種も幅広く、さまざまな企業が存在しています。最近ではスマホのアプリを手がける企業なども存在し、企業数は増加傾向にあります。IT企業は初期投資がそれほど必要でない場合も多く、極端な例ではパソコンが1台あれば起業することも可能です。

そのため企業数は非常に多いですが、IT業界を知るなら主要企業を知っておくことが大切です。ITはいまや生活に必要不可欠なものであり、企業の存在を身近に感じることも多いですが、主要企業はどんな企業が挙げられるのでしょうか。

① 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

  • 企業名  株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • 代表取締役社長 岩本 敏男
  • 従業員数 11,200名(単独 グループ全体は111,700名)
  • 設立年月日 1988年(昭和63年)5月23日

株式会社エヌ・ティ・ティ・データはNTTデータの略称でも知られる有名企業です。主な事業内容としては、システムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業、その他これらに関する事業のすべてに関わっています。IT業界の中では最大手の企業であり、事業規模も国内でも最大級に大きいです。

NTTデータは国内だけではなく、国外にも事業の幅を広げ、世界中を舞台に活躍している企業です。企業としても「Global IT Innovator」というビジョンを掲げ、日本だけではなく、世界で通用する人材が求められています。受け身の姿勢ではなく、自ら進んで挑戦する姿勢が求められており、挑戦的で上昇志向の強い社員が多い職場だと言えます。

▼関連記事
NTTデータの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

②グーグル株式会社

  • 企業名 グーグル株式会社
  • 代表取締役社長 辻野   晃一郎
  •  従業員数 1万9000名(全世界オフィス合計)
  • 設立年月日 2001年8月1日

グーグル株式会社は検索エンジンGoogleなどの独自の検索サービスやインターネット広告、Webメールなど各種サービスの提供を行っている企業です。グーグルは日本国内だけではなく、世界的にも有名な企業です。ネットを通じて世界中に事業を展開しているるグローバルな企業でもあります。

グーグルが提供しているネットワークサービスは膨大であり、IT業界を支える中心的な企業でもあります。グーグルの社風の特徴としては、とにかく自由であることです。労働時間などについても個人に任されている場合もありますし、成果を出しさえすれば問題はありません。完全自由主義、実力主義の企業であり、自身の実力を試したい人、自由に働きたい人におすすめです。

③富士通株式会社

  • 企業名 富士通株式会社
  • 代表取締役社長 田中 達也
  • 従業員数 155,000名(グループ全体)
  • 設立年月日 1935年6月20日

富士通株式会社はテクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションの事業を行う企業です。法人向けのシステムプラットフォームの提供やパソコンや携帯電話、モバイルウェアの開発、電子部品の製造や開発などを行っています。富士通も国内外で活躍しているグローバルな企業であり、特に法人向けのサービスに強みがあります。

さまざま分野で最先端を走る企業でもあり、AI技術なども強みの一つです。富士通はグローバルな企業ですので、人材にも多様性が求められています。個性を発揮することが大切であり、自ら前に出て、積極的に行動できる人材が求められています。さまざまなことに挑戦できる社風であり、向上心の高い人におすすめです。

▼関連記事
富士通の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

④伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 企業名 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 代表取締役社長 菊地 哲
  •  従業員数 4,253名、(単体 CTCグループ 8,385名)
  • 設立年月日 1979年7月11日

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社はコンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守やソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポートなどを行っています。幅広い事業展開によって業績を伸ばし続けている企業であり、グループ会社としての規模も大きいです。

さまざまな業界に携わっている企業でもあり、国内だけではなく、国外へも活動の幅を広げています。海外のさまざまな企業とパートナーとなることで、IT業界の動向を察知し、企業としての力を高め続けています。多様性が尊重されている職場であり、年齢や性別、国籍などに関係なく働くことができ、風通しのいい社風であると言えます。

⑤日本電気株式会社

  • 企業名 日本電気株式会社  (英文: NEC Corporation)
  • 代表取締役社長 新野 隆
  • 従業員数 単独 21,444名 (連結 107,729名)
  • 設立年月日 1899年(明治32年)7月17日

日本電気株式会社はNECの名前でお馴染みの大企業です。NECはパブリック、エンタープライズ、テレコムキャリア、システムプラットフォームなどの事業で活躍しています。さまざまな業界企業に向けてITソリューションを提供し、幅広い分野で事業を展開しています。また民間の企業に対してだけではなく、公的な機関のネットワークの設備などを行っていることが大きな特徴です。

企業としての信用度も高く、国内外で事業を展開するグローバル企業でもあります。社風としてはさまざまなことに挑戦できる風土にあり、好奇心が強い、向上心が強い人に向いている企業です。新卒であっても自らの力で切り開いていく積極性が必要な企業でもあります。

IT業界で働く人の職種とは

IT業界で働く人たちに関して、どのような職種があるのでしょうか?実際は様々な職種がありますが、ここでは、主だって考えられる職種を次のように3つほど取り上げて説明します。まず、それぞれの職種はソフトウェア・ハードウェア・情報処理に関して、業界のトレンドである①IOTによるもののインターネット化②クラウド化による合理化③ビッグデータを活用した企業経緯などのIT業界を取り巻く環境全てにおいて必要とされます。

エンジニア

エンジニアは、SE(システムエンジニア)などITに関わるエンジニアの総称として使われることがあります。
主には、システムエンジニア(SE)やネットワークエンジニアなどに内容が分かれています。

・システムエンジニア
主にシステム設計を担当する職種です。ユーザー(顧客)が抱えている課題や問題をシステムを導入することで解決していく提案を行います。基本設計部分を担当するので、プログラマーと似ていますが、システム開発初期から携わる職種なのが特徴です。

・ネットワークエンジニア
インターネットやイントラネットなど、ネットワーク全般に関して設計や構築を担当します。あくまでネットワークを担当するので、業務ソフトなどの部分にはほとんど関知しない職種となります。

コンサルタント

ITコンサルタントと呼ばれる職種です。主なユーザーである企業に対してIT技術を用いて、課題を発見してそれを解決に導く仕事が役割になります。スキルや経験を必要とされる職種です。

必要とされる能力も、さまざな分野のIT技術に関する知識や問題を解決に導くことができる論理的思考力、数多く関わるIT技術者を取りまとめる協調性など、人間性に大きく左右される部分が多く求められる仕事です。常に前を向いてユーザーの課題・問題の解決に尽力できる忍耐力も高くないとこなせない職種でもあります。

プログラマー

この職種はみなさんがIT業界を考えた際に、多く聞くことがある名前ではないでしょうか。主な仕事は、システムエンジニアが設計した、設計書や仕様書に基づいて、システムを動かすのに最適なプログラミング言語を用いてシステム開発をおこなうことです。システムエンジニアを志す人にとっては、まずはこのプログラマーから経験を積んでいって、その後にシステムエンジニアになる場合が多いです。

近年のIT業界の発展により、プログラマーの需要は以前より高まっています。プログラマーもいくつか内容によって種類が分かれています。主には、webプログラマー、ゲームプログラマー、アプリプログラマーなどです。それぞれで専用プログラミング言語などがありますので、専門性も必要になってきます。

IT業界研究のおすすめ書籍紹介

IT業界を知るためには、ネットで調べる、ニュースなどのトピックを調べるほかに、書籍で研究を進める方法があります。書籍の購入にはお金がかかる分、ニュースやネットなど無力で発信されているものにはない、有益な情報を知ることができます。

書籍で知った情報を活用することで、より高いレベルでの業界研究が期待でき、情報の信頼性も高いのでおすすめです。IT業界を本気で志すのであれば、書籍を参考にして専門性の高い情報を身に付けていきましょう。

世界一わかりやすい IT業界の仕組みと流れ

世界一わかりやすい IT業界のしくみとながれ』という本は、IT開発の仕事の流れやITビジネスの仕組みなどを、マンガとキャラクターで分かりやすく解説した一冊です。IT企業のシステム開発の職種ではどのような仕事をするのか、業務内容がどのようなものなのかを知ることができます。

IT業界は専門用語が多いため、仕事の流れ自体あまり知られていないことが多く、初心者では分からないことが多いですが、この本ではそれらが細かに解説されています。IT業界の内定を獲得するためには、IT企業が何をしているかを知ることも大切ですし、業界としての仕組みや流れなどを知ることも大切です。この本ならIT業界の仕組みを知ることができ、イラストを駆使して描かれているので、誰にでも読みやすい一冊だといえます。

就活、転職の役に立つ デジタル・IT業界がよくわかる本

就活、転職の役に立つ デジタル・IT業界がよくわかる本』という本は、デジタルやITの業界を一から学ぶための入門書です。ITやインターネットなど身近に使っている言葉の本当の意味を解説するなど、IT業界の用語についても理解を深めることができます。また、GoogleやAppleなどの有名企業の成り立ちや、ビジネスモデルなども紹介されており、IT業界を知るための手がかりが多く記載されています。

IT業界は成長力が高く、これからも成長が期待できる業界ですが、すべての企業が成長できるとは限りません。企業内で生き残るためにも、個人としてのスキルアップを図ることが大切です。この本はIT業界の就活に役立つだけではなく、就職後にも役立つ情報がたくさんありますので、IT業界を志すのであれば、一読の価値があるといえます。

IT業界を深く知って就活を有利に進めよう!

IT業界は成長力も高く、さまざまな業界や企業と関わりながら仕事をすることができます。就活生人気の高い業界ですが、そこに就職して活躍するためにはIT業界への高い理解、さらには他の業界への理解も必要ですので、視野を広く持ってIT業界を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ