業界研究

銀行に就職するメリットとは|人気企業と向いている人の特徴も紹介

銀行に就職するには業界研究が大切

一般的に銀行は大きく4つに分けられます。メガバンク、地方銀行、信託銀行、信用金庫です。また、仕事内容の代表的なものは、預金業務、貸付業務、為替業務となりますが、一般企業のように、人事や企画といった部署もあります。就職を希望する銀行の種類や仕事内容によって、志望動機やアピールポイントは変わってきます。

そのために業界研究が非常に重要になってきます。また、銀行によって力を入れている分野は異なります。企業研究をして、その銀行を志望している動機を明確にする必要があります。業界研究することで、金融業界の中で銀行が担うべき役割をとらえ、企業研究によって得意分野を見極めて、自分のやりたいことと結びつけていきましょう。

銀行就職の現状

就職活動をされている学生にとって、銀行への就職は現在でも希望ランキングの上位を占めています。やはり、過去から日本の経済を牽引してきた存在として、また、ステータスとして高い存在感があり、就活生にとっては憧れなのです。

このような銀行ではありますが、かっては、都市銀行が15行あり、さらに長期信用銀行、信託銀行なども含めて大銀行と言われた時代がありました。それに比べますと、現在のメガバンクと呼ばれる銀行の数は片手でおさまるようになり、地方銀行、信用金庫などもその数はかなり少なくなっています。

従って、銀行への就職は過去よりも狭い門になっており、就活生の競争もより厳しくなっているのです。このような銀行の就職につきまして、就活生の皆さんの疑問についてお答えします。

銀行に就職するメリットとは

銀行には、未だに高いステータスがありますが、就職するにおけるメリットは何なのでしょうか。銀行には、他の企業にない、魅力、メリットがあるため、就活生においても憧れの存在になっています。この銀行に就職することのメリットにつきまして、まずご説明しましょう。

安定していて社会的に信用されやすい

銀行は、高度経済成長時代のように日本の産業界を牽引する存在ではなくなっているものの、まだまだ給与水準も高く、お金を扱う信頼できる存在として認められています。銀行業界そのものは厳しい競争環境にあり、銀行員に求められるものも高く厳しくなっていますが、それだけに社会的にも信用を得やすい立場にあると言えるのです。

結婚などの際にも、相手が銀行に勤めているとなれば、その安定した立場や収入面での評価も高いだけに、スムーズに運ぶことが多いと言えます。また、部屋を借りる場合でも、銀行員と聞けば、すぐに信頼してもらえて簡単に決めることが出来ます。

このように銀行員には、お金を扱うスペシャリストとして、安定していて社会的にも信用できるというイメージが強く、それだけに就活生にとってのステータスも高いと言えるのです。

金融のプロになれる

銀行員には金融のプロというイメージが強いと言えます。金融とは、読んで字のごとく「お金を融通する」という意味ですが、お金は経済の血液とも言われるように現代の資本主義においては非常に大切なものです。

そのお金の経済、すなわち現代の金融経済は、デリバティブと呼ばれている金融派生商品などのように数学・統計学にIT技術を駆使してさまざまな金融分野を開発しています。すでに、金融経済は実体経済の10倍以上の規模に膨れ上がっており、お金のプロということはそのような膨大に拡大した金融経済を支えるプロと言えでしょう。

女性行員の数が多く活躍できる

銀行の店頭に行けばわかりますが、窓口はほとんどが女性が占めています。すなわち、女性が活躍できる職場でもあるのです。窓口業務に精通することで、端末業務に詳しくなりますし、お客様との人間関係にも精通できます。

その意味で、女性にとって社会で活躍しているという実感を持てる職場と言えるでしょう。また、男性の場合は、職場に女性が多いだけに結婚という点でも相手を探し易い環境にあると言えるのです。

【銀行業界徹底研究ガイド2017】あなたの就活に役立つ情報を一挙大公開!

就活生に人気の銀行ランキング

就活生に人気のある企業をランキング形式でまとめたサイトというのは多くあります。実際にどういった企業が人気なのかを知りたい場合、これらのランキングを上手く活用して情報を集めるのはひとつの方法でもあります。

ここでは、就活生に人気の銀行についてまとめてあるランキングを元にして、銀行の詳細などを詳しくまとめました。情報の参考元にしたランキングは、Rakutenみん職調べの「2019年卒 新卒就職人気企業ランキング」です。

①三菱UFJ銀行

人気のある銀行ランキングのトップを占めている企業は、どれも大手銀行のいわゆるメガバンクであるようです。そのメガバンクの中でも、ランキング1位になったのは三菱UFJ銀行となっています。三菱UFJフィナンシャルグループは銀行だけでなく、信託銀行など様々な事業展開をおこなっているグループでもあります。

そういったグループ企業の規模の大きさもあって、三菱UFJ銀行の人気は高いようです。三菱UFJ銀行は労働時間の調整のしやすさも高く、休暇制度も充実しているため、産休や育休を取りやすい企業でもあります。残業や休日出勤も基本的にないため、働きやすい企業であることも三菱UFJ銀行の企業としての人気が高い理由のひとつといえるでしょう。

②みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループも、メガバンクでは複数の事業展開をおこなっている企業のひとつです。同じ系列の銀行としては、みずほ銀行が挙げられます。みずほ銀行を含め、いくつかの事業がテレビCMとして認知されていることもあり、就活生へも認知度が高いという部分があります。

またそれだけでなく、1位の三菱UFJ銀行と同じく基本的に働きやすい企業であることも、人気の高い理由のひとつといえます。また、若い内からでもある程度の給料がもらえるということもあり、働き方次第では将来に備えて給与を多めに貯蓄しておくことも難しくはないようです。

③三井住友銀行

就活生に人気のある銀行ランキングは、三井住友銀行です。こちらも複数の金融事業をおこなっているグループ企業であり、知名度も高い銀行です。社内では若い内から大きな金融事業に関わることができることもあり、仕事にやりがいを感じられると言う社員も多くいるようです。

また福利厚生も充実しており、結果として給与面でも他のメガバンク以上にあるように感じられるという点も大きいです。独身寮も用意されているため、一人暮らしを始める就活生にも働きやすい企業といえるでしょう。これらの理由から、就活生に人気のある銀行にランクインしたものと思われます。

④りそなグループ

ランキング4位になったのは、やはりメガバンクのりそな銀行を含めたりそなグループです。就活生に人気のある銀行の中でもメガバンクとしては低めのランクになっていますが、離職率も低く、労働時間への満足度は比較的高いようです。風通しの良い社風であるため、こちらも働く上で満足度を高めている部分があるとみられます。

その分給与面などではランキング上位に食い込んだ銀行には及ばない部分がありますが、長く気持ちよく勤められるという点は、働くことに不安も持っているであろう就活生にとっては好意的に捉えられているようです。

⑤三井住友信託銀行

ランキング5位にランクインしたのは、メガバンクではない三井住友信託銀行でした。三井住友信託銀行は3位の三井住友銀行のグループ企業でもあります。就活生に人気の銀行ランキングの中で、同じグループ内から複数の企業がランクインしているのはこの三井住友グループのみになっている部分は興味深いです。

三井住友グループは、それだけグループ全体を通して働きやすい企業であるということかもしれません。ランキング上位の中では唯一メガバンクではない三井住友信託銀行ですが、信託銀行としての強みを生かしてメガバンクとは一線を画した事業展開をおこなっている企業でもあります。資産運用業界はメガバンクと比較しても将来性が高く、就活生から高い評価を得ている業界でもあります。

銀行への就職者数が多い大学ランキング

就活生に人気のある銀行と同じように、銀行業界への就職者が多い大学ランキングというものがあります。銀行への「就職に強い大学」ランキング!【ベスト40完全版】よると、実際に就職者が多い大学10位までは、以下のようになっているようです。

1位:慶應義塾大学
2位:早稲田大学
3位:明治大学
4位:同志社大学
5位:関西学院大学
6位:東京大学
7位:中央大学
8位:立教大学
9位:青山学院大学
10位:学習院大学

このランキングを見る限り、早慶や東大などの有名大学が、ランキングでも上位を占めているようです。特に早慶は、企業ごとに就職者の出身大学をまとめたランキングにおいてもトップ3位までに入っていることが多く、慶應と早稲田が銀行就職に強い大学であることがよく分かります。また、三井住友銀行や三菱UFJ銀行へは同志社大学出身者が多いことも特徴となっています。

銀行就職に有利な学部

一般的には、銀行に就職しようとする場合に有利と言われているのは、法学部・経済学部・商学部などです。しかし、現在では、銀行業務も多岐に分かれており、必ずしもそれらの学部に限られることもなくなっています。

昔は理系の学生はほとんど採用されませんでしたが、デリバティブなどの金融派生商品には、数学的な知識や詳しいIT技術に関する知識がなければ理解できない金融技術分野が多く存在するようになっています。そのため、メガバンクなどの海外業務の多い銀行では理系の学生も多数採用されています。

また、海外業務が収益の大きな柱になりつつあるだけに、語学力も要求されますので、文系の学生にも門戸が開かれるようになっています。このように銀行の求める人材は多様になっているのです。

銀行就職に有利な資格

就職活動で銀行を受ける際、持っていることで有利になる可能性のある資格があります。銀行は就職してから勉強の毎日です。特に入社して3年目あたりまでは、さまざまな資格の取得に向け、多くの時間を費やすことになるでしょう。全ての資格は実務を進めるにあたって必要な知識を身につけるために取得するものです。

つまりどのような資格を取得しているかで、仕事に関する知見の深さを一部垣間見ることが出来るのです。以下、銀行就職に有利になる可能性がある資格になります。もし保有しているのであれば、この点もしっかりと面接でアピールするようにしましょう。

日商簿記検定

日商簿記検定は銀行就職に有利に働く可能性があります。銀行の仕事で最もイメージしやすいものは、「企業への融資業務」だと考える人が多いでしょう。企業に融資を実行する際には、「本当にその企業にお金を貸して大丈夫なのか」を見極めるために企業の財務諸表など様々な資料を見ます。

日商簿記検定は財務諸表の見方と、そこから企業の経営体質を見極める術を学ぶものなので、実務に直接役立つ知識なのです。現在、銀行の仕事は非常に幅広く、「この知識があれば事足りる」というものはありません。しかし、日商簿記検定を保有していることは、銀行で働くにあたって、必要な知識を持っていることをアピールする材料となります。

社会保険労務士

社会保険労務士の資格も銀行就職において有利に働く可能性があります。社会保険労務士と聞くと、「具体的に何をする人なのか」と思う人も多いことでしょう。社会保険労務士は企業における社会保障制度に関するプロフェッショナルです。社会保険の加入手続きもそうですし、確定申告の手続きも行います。

労働契約や就業規則の作成も社会保険労務士の業務です。労働環境を大きく左右すると言っても過言ではないのです。上述の通り、銀行の融資業務に関しては、融資を実行する際、相手企業の調査を行います。

その際、社会保険労務士としての知識があることで、より多くの角度から企業の見極めを行うことが可能になるのです。社会保険労務士は、人事や総務などの職種でも非常に重宝される資格です。しっかりとアピールするようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー

銀行への就職を希望するのであれば、あわせてファイナンシャルプランナーの資格も取得しておきたいものです。ファイナンシャルプランナーは投資や不動産といった金融資産に関わることから、税金に関する知識など、金融のあらゆる知識を扱うことのできるエキスパートのための資格となっています。銀行就職後に金融に係る幅広い業務に携わりたいのであれば、是非とも取得しておきたい資格のひとつです。

ファイナンシャルプランナーは資格取得のための講座も豊富に開講しているため、資格の勉強をしやすいのもポイントです。就職に向けて独学で資格取得を目指すよりは、こういった資格講座を活用した方が、確実に資格取得に必要な知識を身につけることができるでしょう。

関連記事

銀行に向いている人の特徴と志望動機の書き方【職種研究】

銀行への就職が向いている人の特徴

仕事を長く続けるためには、適性を見極めることも大切です。銀行への就職が向いている人の特徴としては、どのようなことがあげられるのでしょうか。以下を参考に適性について考えてみてください。

経済に関心がある

銀行では、常に変動する金銭を扱うのが主な仕事になります。信託や投資などもそうですが、金銭の動きも経済の動きに大きく影響を受けるため、銀行員になるのであれば常に経済に関心を持ち、先を考えた行動ができることが重要になってきます。情報は常に新しいものが流れてくるので、銀行員はその中から、特に経済に関わる情報に敏感である必要があるのです。

最近ではスマートフォンなどを用いて情報を得ること自体は簡単になってきていますが、その分大量の情報の中から自分の望む情報を集めることになります。その中から、今後の経済につながるニュースを探し出して関心を向けられる人は、銀行で働くのに向いている人の特徴のひとつでもあるのです。

責任感が強い

銀行は顧客の資産を預かり、管理する仕事であることから、仕事に対して責任感を持って関われる人材であることが望ましい職業でもあります。特に数字のちょっとした間違いがあった場合、企業全体の信用を失いかねません。顧客に対してだけでなく数字に対しても真面目で、責任を持てる人であることが望まれます。

銀行員は数字に対して几帳面であることも求められるのが、他の企業とは違う部分でもあります。このことを踏まえると、常に細かなことに気を向けられる、自分が扱うすべてのものに対して責任感を持って取り扱える人であれば、銀行への就職に向いているということになります。責任感と一口に言っても、銀行の求める責任感は一般的な企業の求める責任感とはまた違うことに注意したいところです。

ストレス耐性がある

銀行員の仕事というのは、思っている以上にストレスを感じることが多くある仕事です。勤務時間も長めにとられているだけでなく、営業であっても年次ごとに契約内容などを見直す事務作業も要求されるため、銀行員は激務であるとよく言われています。営業はノルマも常に課されることになるため、その分ストレスも多くかかる仕事であると言えるでしょう。

こういった点から、銀行に勤めたいと思うのであれば一定以上のストレス耐性があることが要求されます。常に自分なりにストレス発散方法を持っていて、上手く活用してストレスを軽減させているなど、状況が変わってもストレスを低く保てる人なら銀行でも長く働き続けることができるでしょう。

銀行に就職すると大変なこと

よく銀行に就職するとノルマなどが大変で、親類などに頼み込んで口座を作ってもらったというような話も聞きます。このような銀行に就職した場合、仕事は大変なのでしょうか。この点についてご説明します。

ノルマ

銀行、特に支店に配属になりますと、貸付目標、預金獲得目標、口座獲得目標などで厳しいノルマが課される場合が多いと言えます。

そのために、支店のエリアの主要顧客を精力的に回る必要がありますし、地域の名簿を見ながら知らないお宅にも訪問して口座の獲得や預金の獲得を行う必要があります。特に、地方銀行や信用金庫などの地域に密着した銀行ではその傾向が強いです。

また、メガバンクの場合は、どちらかというと貸付目標のノルマが厳しく、支店エリアの企業を回って貸付の需要を掘り起こしていく必要があります。個別のお宅や企業を回れば、追い返されるような経験もしなければなりません。プライドが高い方にとっては大変な経験をしないといけない場合があるのです。

最近は、サービス残業に対する社会の見方や規制が強くなっていますが、銀行員の場合には、会社を退社してから戸別訪問したり、企業との付き合いが行われます。従って、時間的に制約は大きくなり、その面での覚悟も必要です。

ハイレベルな正確性が要求される

銀行は正確でなければ、利益の出ない商売です。1円でも計算が合わなければ、夜遅くまで残って原因の追究が行われます。そのために、日ごろの業務や定期検査の際には厳しくチェックされて、ミスに対する追及も徹底的に行われるのです。

その追及に嫌気がさして、辞める方も出るほどで、精神的な負担はかなり大きくなります。几帳面な方であればよいですが、学生時代から金銭にいい加減な姿勢でいた方の場合には、それなりの覚悟が必要になります。

研修や学習すべきことが多い

銀行の仕事は思った以上に研修が多く、就職後も学習すべきことが多くある仕事でもあります。そのため、忙しい仕事の間を縫うようにして新しい知識を得たり、研修や学習するための時間を作らなくてはいけないという部分があります。このためか、銀行に勤めるのは予想以上に大変であると思う人も多くいます。

銀行に就職する前から新しく何か学習したり、知識を身につけるのが好きであるなら、大変ではあってもそこまで苦痛ではないかもしれません。しかし学習すること自体に苦痛を覚えるのであれば、銀行への適正としては低めといえるでしょう。

銀行は身元保証人を要求されるのか

銀行によっては、身元保証人を要求されないケースも一部ありますが、ほとんどの銀行は身元保証人を要求されます。銀行の身元保証人は、昭和8年に制定された「身元保証二関スル法律」に準拠して要求されるのです。保証しないといけない期間は5年になります。

ただ、身元保証人に関しては通常の会社に入社する際にも要求されるものです。身元保証人を誰にできるのかは、銀行が指定してきますので、それに従って用意すればよいでしょう。

関連記事

銀行の採用に有利な志望動機の例文5つ~業界研究のコツ・書き方のポイント・注意点について解説~

銀行への就職は大変だがメリットも大きい仕事

銀行を目指して就職活動をすることは人気が高いだけに大変ですが、それだけにメリットも大きいと言えます。将来が約束されることになりますので、それなりの覚悟も必要になります。

銀行業界は、バブル崩壊とリーマンショックという大きな荒波を乗り越えてきただけに、生き残った銀行には今後大きな期待も出来ます。今後の銀行業界を背負うという気概をもって挑むことが必要です。頑張って、就活をしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ