その他

【圧迫面接の特徴と質問・回答例】乗り越える対策もご紹介

圧迫面接を乗り越える方法とは

就職活動をしていると、圧迫面接に遭遇する可能性があります。圧迫面接とは名前の通り、面接官が応募者に圧迫感を与える面接のことです。圧迫面接を受けた経験がない就活生にとって、初めての圧迫面接でうまく対応するのは困難です。

中には、すでに圧迫面接を経験して面接が怖くなってしまっている人や、圧迫面接を経験した友人の話を訊いて憂鬱な気分になっている人もいるかもしれません。しかし、圧迫面接を過度に怖がる必要はありません。

圧迫面接は企業が採用のために意図を持って行う面接であり、あなたの人格を否定するためのものではないからです。圧迫面接がどのようなものなのかを知り、対処法を準備しておくことで乗り越えることが可能です。この記事ではその方法を紹介します。

圧迫面接の特徴4つ

そもそも圧迫面接とはどのような面接のことなのでしょうか。言葉だけを訊くと、面接官が威圧的な雰囲気を出したり質問をしてくるイメージが強く、思わず恐縮してしまいそうです。このようなイメージを持って面接に臨んでしまうと、実力を発揮するのは難しいでしょう。

しかし、圧迫面接の特徴を整理すれば、事前に想定できている分、落ち着いて対処できるはずです。そこでここからは、圧迫面接の具体的特徴について紹介します。

①回答をとことん深掘りする

圧迫面接の特徴の1つに、「回答をとことん深掘りされる」があります。あなたが面接官の質問に答えるとすぐに、「なぜ?」「どうして?」のような質問が返されます。

学生としては、自分の回答に不備があったために詰問されているような気分に陥ってしまいがちです。このほか、志望動機を伝えた後に、「だったら○○社でもいいんじゃないですか?」などと返されるケースもあります。

このように自分の回答に対して深掘りされればされるほど、自分の回答に不備があったように思え、自信を失ってしまうケースがあります。面接中に自信を失ってしまえば、自分の強みをうまくアピールするのは難しくなってしまうでしょう。

②面接官の表情がない

圧迫面接の2つ目の特徴として、「面接官が無表情」があります。面接官が終始無表情だったり、興味がなさそうな表情をしているケースです。応募者は積極的に明るく話そうとしているのですが、面接官の表情が硬いため、雰囲気も重たくなりがちです。

学生としては、一所懸命している自分の話を無視されているように感じ、自信をなくしてしまいやすいと言えます。また、相手の反応が薄いと話す気をなくしてしまう人もいるでしょう。

中には、腕時計を見たり頬杖をつくなど、あからさまに興味のない態度を示す面接官もいます。面接官が笑顔で積極的に話を訊いてくれる雰囲気しか経験したことのない就活生は、ショックを受けてしまうかもしれません。

③質問ペースが速い

3つ目の特徴は、質問のペースが速いことです。圧迫面接の場合、面接官が次から次へと新しい質問を投げかけてくるケースがあります。場合によっては、答えるのを待たずに別の質問をされることもあるかも知れません。

限られた面接時間の中で、通常の面接よりも多くの質問をされるため、就活生はパニックに陥ってしまいがちです。中には想定外の質問や、即答が難しい質問が含まれるケースもあるでしょう。

うまく答えられない質問を短時間に連続でされることで、面接中に自信をなくしてしまうことも想定されます。面接の中には短時間に多くの質問を受ける圧迫面接があるということを事前に想定しておきましょう。

④否定的な発言が多い

4つ目の特徴は、否定的な発言が多いことです。面接官の質問に応募者自身の考えを話しても、否定的な発言ばかりで返してくる方法です。応募者がどんなに良い回答をしても、その回答の中に重箱の隅をつつくような細かい事柄を取り上げて否定してきます。

しかもほとんどの質問に、このような対応をされるのです。応募者は話す内容をほとんど否定されるため、次第に自信をなくしてしまいます。今後の質問に対してもどのような質問が来るのか。また否定されるのかと不安な気持ちを抑えながら面接を続けることになります。

日常生活の会話では、相手が相槌をうったり頷いている姿をみて、聞いてくれているという安心感が生まれますが、話すこと全てに対して否定をされるケースは慣れていない方が多いでしょう。

【圧迫面接とは】具体的な内容と頻出の質問例3つ|受けやすい業界・対処法も解説します

圧迫面接の事例と回答例5つ

では実際に、どのような面接が圧迫面接といえるのか、質問例と回答例を5つご紹介します。圧迫面接の事例を事前に知っておくことで、もしも自分が同じような質問やセリフを言われたときに、心の準備ができることでしょう。急に頭が真っ白になったり、フリーズすることを防げるはずです。それでは参りましょう。

①うちの会社向いてないんじゃないですか?

まず1つ目はこちら「うちの会社向いてないんじゃないですか?」と言われてしまったケースです。こんな言葉を面接中に言われるのかと怖さを覚えます。しかし、面接官の真意を考えてみましょう。「うちの会社に向いてない」と言われたからといって、そこで落ち込んでしまう意欲の人間は会社にはいらないのです。

面接官の意見を一旦受け入れ、「◯◯という理由で御社を志望しています」という姿勢を見せてください。面接官はこの質問によって、あなたの本気度を言葉で引き出したいのです。

【例文】

大変失礼しました。ご指摘の通り、勉強不足でした。私は、御社で食品の流行を生み出したいと思い志望しました。ビジネスアイデアは未熟かもしれませんが、食品が好きで、新商品や新しいテイストの発信と食品に関わる仕事がしたいと思いました。御社が目標としている【食品の流行は発信していく】という考え方に惹かれました。食品事業部の立ち上げなどに携わっていけたらと考えております。

②学校で学んだことは活かせませんよ

2つ目はこちら「学校で学んだことは活かせませんよ」と言われたケースです。こんなことを言われてしまったら、就活生の怒りを買ってしまうのでは?と感じます。ここで重要なのは、面接官がどういう意図で表現をしたかということです。「学生気分で就職しないでほしい」という意図も少々あるかもしれませんが、学校で学んだこと=座学のことを表現していると見受けられる事例でしょう。

「座学だけでは社会では通用しません」ということを、やんわり伝えているはずが、鋭い言い方になっているパターンでもあります。ここは冷静になり、逆に自分の強みをアピールしてみてもよいかもしれません。

【例文】

おっしゃるとおり、学業だけでは社会に通用しないと思います。大学では勉学も頑張りましたが、ゼミの研究では外部の企業と提携してシステムの運用をし、実際に現場のシステムサービスを経験しました。御社のITサービスは、攻めの勢いで国内に展開されております。私も御社の一員としてシステム運用の事業拡大に携わり、サービスが生まれるスタート過程から運用できる人物になりたいです。

③その考え方では通用しません

3つ目は「その考え方では通用しません」と言われたケースです。このセリフも実際に言われてしまったら、ゾッとして怖くなってしまいそうです。しかし、こちらも面接官の意図を紐解いてみてください。「その考え方では通用しません」というのは就活生への説教ではありません。

「今の回答もいいけど、もっと掘り下げて聞いてみたいな」という意味合いがあるのです。そして、少々きつい表現で伝えることによって、あなたの意見の軸のブレ具合と、反応も伺っていることでしょう。ここはイラっとせずに落ち着き、感情的にならず、一歩引いた姿勢を見せ、自分の意見の軸は守りましょう。

【例文】

失礼しました。まだまだ実力不足の自分を出してしまいました。御社の理念は【感動を創り世界を平和にする】です。ご指摘の通り、教科書の知識だけではサービスはままなりません。私は御社が展開する店舗のサービスを受けて非常に感動しました。自分がサービスマンになりたいと思ったきっかけです。大学では経営と英語を学びながら、サービスマンのアルバイトをしました。理由は、現場の戦力になりながら、世界に店舗を展開していく御社でサービスマンをやりたかったからです。そのためには経営の知識が必要だと思いました。私は、御社の素晴らしい感動を海外に展開して世界を平和にしたいです。

 

④第一志望じゃないですよね?

4つ目はこちら「第一志望じゃないですよね?」と言われてしまったケースです。まるで「他にも同じ業界や、違う会社も応募していますよね。そっちの方が行きたい会社でしょう?」というようなニュアンスを感じ取ることができます。面接官の立場で考えると、就活生の夢や本心を聞くことで、入社後のマッチングまでも考慮しなければならないのです。

自社への向き不向き、適正も面接中にはチェックします。「うちの会社より、他社の方が本人のためである」と思わせてしまったら、次のステップに進むことは難しいでしょう。これも面接官の仕事なので致し方ないのですが、応募してきた学生側の気持ちとしては手に汗握る思いです。

もちろん「御社が一番です」という答えを言われることも嬉しいのですが、一方では、他の企業を比較検討しながら就活している学生の方が、視野が広いと捉えられ、魅力的に感じ取られることもあります。ひとつのことに執着せず広く大きく行動している人の方が、自己理解をしていて人間力が高いという印象を受けます。「第一志望じゃない」と思われたら落ちるのではないかと動揺せず、素直な就活状況を伝えてもいいでしょう。

【例文】

私は接客がとても好きです。接客に携わり、よいサービスを生み出すこと。この軸をメインに就職活動をしています。就職活動のために、企業説明会に参加をしてきました。その中で魅力的に感じる会社ももちろんあり、現在選考を受けています。ですが、私は御社の【愛ある接客で幸せにする】というスタイルに大変共感しています。私が理想とする接客は、顧客第一の愛がある接客です。私が実現したい夢は、まさに御社の姿勢であります。そのため、私は御社を志望しました。

⑤きついから来ない方がいいですよ

5つ目は「きついから来ない方がいいですよ」と言われるケースです。就活生を揺さぶる鋭い質問です。こんなセリフを言われたら、「ブラック企業なのかな」「従業員に違法な労働量を任せている」と感じます。しかしながら、面接官は何をもって「きつい」と言っているのかを考えてみましょう。

ただただ業務量が多い、残業が多いという意味ではなく、「仕事を規定の時間内に裁けるのか」「月間目標の達成までコミットできるか」「業務を遂行するためには違う分野の知識を吸収してほしい」という意味合いがあると思います。回答としては「大丈夫である」という姿勢を見せましょう。そして、自分がどのようにして仕事を乗り越えるかという利点もアピールしつつ笑顔で答えましょう。

【例文】

私は大学の野球部でハードな練習をこなしてきました。継続することには自信があります。精神的にきつい、体力的にきつい経験をしてきましたので、一貫してやり抜くことが自分のモットーです。

圧迫面接にも目的がある

圧迫面接の特徴だけ見ていると、「圧迫面接は怖い」と思えるかもしれませんが、実は圧迫面接を行うことには企業側の目的があります。大事なことは、企業はあなたの人格や考えを否定するために圧迫面接を行っているのではないという点です。

圧迫面接は、あなたが採用するのに有用な人材かどうかを判断する1つの方法として用いられています。その目的を理解することで、落ち着いて冷静に対処することが可能です。それでは圧迫面接の目的についてまとめていきます。

応募者のコミュニケーション能力を測る

企業が圧迫面接を行う目的の1つに、「応募者のコミュニケーション能力を測る」ことが挙げられます。通常の面接では、面接官は応募者であるあなたに対し、「詳しく聴こう」という姿勢で臨んでいるケースがほとんどでしょう。

しかし、実際に就職して働く場合、相手がそのような「聴く姿勢」を持っているケースは希です。特に営業職や接客業の場合、問合わせやクレームに対しても柔軟なコミュニケーションで対応することが求められます。

さまざまな相手に対して柔軟なコミュニケーションができるかどうかを見極めるには、「聴く姿勢を持たない」面接官が臨む方が有効です。そのため、相手はあえて聴く姿勢のない面接官を演じているのだということを覚えておきましょう。

ストレス耐性を見ている

続いて、「ストレス耐性を見る」というのも圧迫面接の主要な目的の1つです。社会に出て働いていると、ストレスのかかる状況は多いものです。さまざまなお客様や取引先への対応、社内の人間関係、過密なスケジュールなど、何らかのストレスは必ずあると言えます。

そのため、「ストレス耐性」は社会人にとって大切な資質と言えるでしょう。圧迫面接では面接官があえて応募者にストレスを与え、ストレスのある状況でも上手に対処できるのかをチェックしています。

圧迫面接では、パニックに陥ってしまったり感情的になったり、自信を失った表情を見せてしまうと「ストレス耐性が低い」と判断されてしまいます。「相手はストレス耐性をチェックしているだけだ」と冷静に捉え、落ち着いて対応していくことで乗り切りましょう。

思考力を見ている

圧迫面接の目的の3つ目は、「思考力のチェック」です。社会に出ると、「予想していなかったこと」がよく起こります。お客様や取引先から予期せぬ質問をされることなども頻繁にあるでしょう。

このような場合に、取り乱すことなく落ち着いて考え、その場でベストな回答をすることが求められます。圧迫面接でのスピードのある質問は、その力を見るために行われていると言えるでしょう。

また、「本当に深く考えているのか」も見られています。短時間で答えなくてはならない状況では、自分があらかじめ明確な考えを持っていなければ、その場しのぎの回答しかできません。自分の素の考えが表に出やすいからこそ、事前にきちんと対策しておく必要があります。

関連記事

質問例から見る圧迫面接の意図と回答のポイント|メンタル的に追い込まれないための対策をしよう

圧迫面接の対策5つ

それでは、このような圧迫面接に対し、有効な対策はあるのでしょうか。圧迫面接の特徴や目的がわかれば、そこから事前に対策していくことが可能です。これから受ける面接が通常の面接なのか圧迫面接なのかは誰にもわかりません。

であるからこそ、圧迫面接である可能性も踏まえて十分な準備を行う必要があります。もし圧迫面接でなく通常の面接だったとしても、圧迫面接のためにした準備は役立つはずです。それでは具体的な対策を紹介します。

①自分の回答を事前に詰めておく

圧迫面接に有効な対策の1つ目は、「自分の回答を事前に詰めておく」ことです。自分の回答に面接官が「なぜ?」と質問することを想定し、その先の答え・さらにその先の答え…という具合に回答を準備しましょう。

履歴書やエントリーシートに書いた内容や志望動機、自己PRなど、1つ1つについて「なぜ?」、「どうしてそう言える?」と自分自身で突っ込んでみましょう。この方法は圧迫面接対策というだけでなく、自分自身の考えを深めるのに非常に有効です。

自分1人だけでは質問されるポイントや回答の不備を見逃してしまう可能性があるため、一緒に就活している友人にも協力してもらいましょう。お互いに「なぜ?」と突っ込みながら面接のロールプレイングをしてみるのがおすすめです。

②想定できる質問を列挙しておく

圧迫面接の対策の2つ目は、「あらかじめ想定できる質問を列挙しておく」ことです。面接本番で想定外の質問にすぐ対処するのは難しいことがほとんどです。ある程度面接を重ねることで対処できるようになる人もいますが、それでは手遅れになってしまいます。

そこで、「想定外の質問をできる限りなくしておく」ことが有効です。つまり、面接官がしてきそうな質問をあらかじめ書き出すことで、「想定外」を「想定内」にしてしまう方法です。

自分で予測を立てるだけでなく、インターネットで情報を集めたり、友人の経験を訊いてみるのも良いでしょう。さまざまな質問をあらかじめ想定することができれば、本番でパニックにならずに答えられるはずです。

③スピード感を持って回答できるよう練習する

続いて3つ目の対策は、「スピード感を持って回答できるよう練習する」です。圧迫面接の場合、質問への回答が遅れてしまうと面接官は待ってくれないケースがあります。相手のスピード感に合わせて回答する力は社会に出てからも実際必要なので、この機会に鍛えましょう。

この場合も、友人とのロールプレイングが有効です。お互いに面接官役と応募者役を入れ替えながらトレーニングするのがおすすめです。録音してスムーズなやり取りになっているのかも確認しましょう。

また、圧迫面接での質問では、どうしてもすぐに答えが返せないケースもあるでしょう。そのような場合には「申し訳ございません。すぐに答えられそうにないので考える時間を30秒ほどいただけませんでしょうか」といった返答ができるようにしておきましょう。

④面接官は仕事をしているのだと考える

圧迫面接を初めて体験した時は衝撃を受けると同時に、人によっては怒りや自信喪失などを招いてしまいます。少しでも圧迫面接に対する緊張感を和らげるコツをお伝えします。それは「面接官も心の底から圧迫をしたいのではなく、あくまでも仕事であるため仕方なくこういった態度をとっているんだ」と思うことです。

面接官自身も自社の選考に足を運んでくれた人に対して、厳しい態度をとることはできれば避けたいというのが本音でしょう。ただ、選考を行う過程で、圧迫面接を行わないと見ることができない応募者の姿を引き出すために、仕事の一環で行っているにすぎません。圧迫面接は辛いところもありますが、面接官も仕事を遂行しているのだという視点で対応しましょう。

⑤負の部分を見せないようにする

圧迫面接で最もやってはいけないことは、不快感を表情に出したり、面接官に反抗的な態度を取ることです。前述したとおり、圧迫面接には様々な目的があります。それは社会に出ると実際に、理不尽なことや納得ができない事も多々発生するために、そういった場面での対応を見られているのです。

そこで感情的な行動をとってしまうと、実際の仕事で厳しい場面に直面した際も、同じような行動をとるリスクがある人だという見られ方をしてしまいます。面接という、非日常的な場面で威圧的な態度を取られると、焦りからついつい本心が漏れ出してしまいますが、これでは面接官の思うツボです。面接中は常に表情・行動など、些細な部分も全て見られている意識を保ち、冷静な対応を心がけましょう。

関連記事

【圧迫面接の対策ガイド完全版】実際にあった10つの事例~回答例・無事に乗り越える対処法7つを徹底紹介

 

就活で圧迫面接に当たったに覚えておきたい大事なこと

徹底した事前準備は自分を救う

就職活動で遭遇する可能性のある「圧迫面接」ですが、十分な対策を行うことで乗り切ることが可能です。圧迫面接では、回答を深掘りされる、面接官が無表情、質問のペースが速いなどのケースがあります。

これらには目的があり、企業側はあなたのコミュニケーション能力、ストレス耐性、思考力などを見極めようとしています。この目的を踏まえ、十分な事前準備をすることが有効です。

自分の回答を事前に深掘りしておくこと、想定される問題を列挙すること、スピード感のある回答の練習などが有効です。そしてこれらの準備はどの面接にとっても必要なことです。徹底した事前準備を行い、自信を持って面接に臨めるようにしましょう。

関連資料
【採用基準を丸裸】人事が実際に使ってる面接評価シート

監修者プロフィール

yutakobayashiのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ