業界研究

ゲーム業界に採用される志望動機の書き方とは|採用担当者も納得の例文と合わせて解説

ゲーム業界とは


ゲーム業界は就活生に人気の高い業界であり、就活を攻略するためには、志望動機を工夫して書き上げる必要があります。ゲーム業界はゲームに関わる仕事をするイメージを持っている人は多いですが、業界について詳細なことは知らない人も多いです。

志望動機を作成するためには、業界への理解を深める必要がありますので、業界研究を欠かすことはできません。業界の動向や基本的な知識を身に付け、ゲーム業界の志望動機の作成に役立てていきましょう。

ゲーム業界

ゲーム業界は順調に業績を伸ばしており、業界規模も成長傾向で推移しています。一時期は大幅に業界規模を拡大し、高い売上を誇る企業も多くありましたが、需要が一巡すると業績は低迷する傾向にあります。

現在は成長傾向で推移しているゲーム業界ですが、変動の激しい業界ですので、業績の浮き沈みには注意が必要です。ゲーム業界はスマートフォンの普及によって大きな転換期を迎えており、従来の家庭用ゲーム機からスマートフォン向けのゲームへと需要はシフトしています。

スマートフォン向けのゲーム市場は今後もさらに拡大していくことが予想されており、各社で激しい競争が起こっています。家庭用ゲーム機の大手企業もスマートフォン向けゲームの市場に参入しており、業界内での変化は大きいです。

ゲーム業界の業績推移について

  • 業界規模:3兆6,971億円
  • 平均年収:610万円
  • 平均継続年数:4年

ゲーム業界の業界規模は3兆6,971億円であり、業界規模はそれほど大きくはありません。現在は拡大傾向で推移していますが、浮き沈みの激しい業界であるため先行きは不透明です。スマートフォン向けのゲーム市場が活発になるなど、業界内での競争は激しくなっています。

平均年収は610万円であり、他の業界よりもやや高い水準です。年収は企業ごとに大きく差があり、高い企業であれば1,000万円を超えている場合もあります。年収が平均以下の企業もありますが、基本的には充分な額をもらっている人は多いです。

平均継続年数は4年であり、他業界と比べるとかなり低い水準にあります。企業ごとの差は大きく、就職時には企業選びに注意が必要です。

ゲーム業界の細かい職種分類について

  • 商品開発
  • 生産管理
  • 営業・販売促進

ゲーム業界の職種として商品開発、生産管理、営業・販売促進が挙げられます。商品開発は新しいゲームの企画を考え、ゲームを作っていく職種です。一つのゲームを作るのにさまざまな人の手がかかっており、商品開発の中でもそれぞれの専門分野に分かれて作業を行います。

プログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターなど複数の人たちが活躍している職種です。生産管理は販売計画に従ってゲームの生産や品質管理などを行います。在庫管理などを担当することもあります。

営業・販売促進は自社のゲームをゲームショップやバイヤーに対して売り込んでいく職種です。顧客に対して商品の提案を行うだけではなく、ゲームを売るための企画やプロモーションを考えることもあります。

ゲーム業界の志望動機を書くポイント

ゲーム業界の志望動機を書くポイント
業界研究をしっかりと行い、ゲーム業界についての知識を身に付ければ、志望動機の書き方について考えていきましょう。志望動機を書くためには業界について基本的なことを知っておくことが大切ですが、それだけでは採用担当者の心に残る志望動機を作成することはできません。

志望動機で好印象を勝ち取るためには書き方を工夫し、魅力的な志望動機にしていく必要があります。志望動機の上手な書き方を知り、ポイントを踏まえてアピール力の高い志望動機を作成していきましょう。

①なぜゲーム業界なのか

採用担当者に評価される志望動機を作成するためには、なぜゲーム業界を志望するのか、その理由を明記する必要があります。業界にはさまざまな種類がありますが、その中でもなぜゲーム業界を選んだのか、ゲーム業界でなければならない理由は何かを伝えていくことが大切です。

業界を志望する理由を伝えるためには、その業界ならではの特徴を志望動機に盛り込んでアピールする必要があります。ゲーム業界であれば、ゲームの提供によって楽しい時間を提供したい、ゲームを提供することで、豊かな心を育てたいなどがおすすめです。

業界を志望する理由は志望動機では中心的な部分になりますので、業界への志望度の高さをしっかりと伝えていくことが大切です。

②その中でもなぜ該当企業なのか

ゲーム業界を志望する理由を伝えれば、その中でもなぜ該当企業なのかを伝えていきましょう。ゲーム業界の中にもさまざまな企業がありますので、他の企業ではなく該当企業を志望した理由を明確にすることが大切です。

企業を志望した理由を伝える場合は、企業独自の強みや特徴を踏まえて志望動機としていきましょう。ゲーム業界であれば企業ごとに商品展開も大きく異なりますので、志望企業の商品に触れてアピールするのもおすすめです。

志望企業が発売するゲームで遊んだことがあるのなら、その時の経験から志望動機を語ることでも好印象を勝ち取ることができます。志望動機を原体験から語ることで、企業への志望度の高さを根拠づけることができます。

③自分に何が貢献できるのか

ゲーム業界を志望する理由、その中でも該当企業を志望する理由を伝えれば、自分に何が貢献できるかをアピールしましょう。採用担当者は自社の企業に対して、仕事に対しての意欲が高い人を求めていますが、それだけではなく企業で活躍できる人材も求めています。

どれだけやる気に満ちあふれ、高い意識を持って就職しても、仕事で活躍できなければ意味はありません。新卒の場合は企業での成長を見越したポテンシャル重視で採用が決定することも多いですが、能力は全く重要視されていないわけではありません。

能力を示し、企業に貢献できることをアピールするのも大切ですので、どのように活躍するかを具体的に伝え、自身の採用メリットの高さを伝えていきましょう。

ゲーム業界の志望動機例文3選


志望動機の書き方のポイントを知れば、いよいよ実際の就活で使う志望動機を作成していきます。志望動機の作成は難しいものですので、上手に書けないからといって焦る必要はありません。

何度も見直し、改善を重ねてようやく納得のいくものが完成しますので、じっくりと考え丁寧に作成することが大切です。実際にどのような形式で書いていくのかを知るためにも、例文を参考にしながら書き方のポイントの理解を深め、自身の志望動機を作成していきましょう。

例文①

私はゲームを提供することで楽しい時間を作り、豊かさを実現したいと考え、御社を志望しました。御社は家庭用ゲーム機のソフトに強みがあり、様々なシリーズ展開によって多くのファンを獲得しています。多くの人に愛されるゲームを開発することで、楽しい時間を作り出したいと考えています。私は大学時代に居酒屋でアルバイトをし、コミュニケーション能力を身に付けました。御社でもコミュニケーション能力を活かしてお客様の求めているものを知り、ニーズに合ったゲームを考えることで御社に貢献したいと考えています。

例文の①ではゲームを提供することで楽しい時間を作り、豊かさを実現したいと志望動機が語られています。冒頭から結論を語ることでアピール内容が明確になっており、印象深く志望動機をアピールすることができています。

企業独自の強みを詳細に語ることで、企業研究ができていることが分かり、志望度の高さが伝わり好印象です。企業で何が貢献できるのか、どのように活躍するのかが具体的にアピールされており、これも好印象でしょう。

例文②

私はゲームの提供によって豊かな心を育てたいと考え、御社を志望しました。御社では箱庭系のゲームに強みがあり、ハートフルな作品も多くあります。ゲームに対して悪いイメージを持つ人もいますが、私はゲームによって豊かな感情が得られると考えています。御社のゲームを多くの人に提供することで、心の豊かさを実現したいと考えています。大学時代はボランティアをし、募金活動を通して人と接すること、触れ合うことの大切さを学びました。御社でも営業として働き、顧客と丁寧に接し、信用されることで商品の流通に貢献したいと考えています。

例文の②ではゲームの提供によって豊かな心を育てたいと志望動機が語られています。冒頭では結論から語られており、印象深く志望動機をアピールできています。企業を志望する理由についても、企業の強みを詳細まで伝えることで志望度の高さが伝わり好印象です。

自分に何が貢献できるかについても、具体的に語られており、企業で活躍する姿がイメージしやすくなっています。業界、企業を志望する理由や自身の採用メリットもしっかりとアピールできており、評価されやすい志望動機だと言えます。

例文③

私はゲームによって楽しい時間を作り、幸せな時間を提供したいと考え、御社を志望しました。私は小さい頃からゲームが好きで、学校が終われば仲の良い数人で集まり、御社の○○というゲームをプレイしていました。わいわいと騒ぎながらゲームをしていたのは良い思い出であり、ゲームで培った友情は今も続いています。ゲームを提供することによって楽しい思い出を増やしたいと考えています。私は新しいことに挑戦することが好きで、大学時代はバックパッカーとして世界中を旅していました。御社では行動力を活かして新たな分野にも恐れず挑戦し、これまでにないゲームを作り、多くの人を楽しませたいと考えています。

例文の③ではゲームによって楽しい時間を作り、幸せな時間を提供したいと志望動機が語られています。企業を志望する理由については、自身の原体験から志望理由が述べられており、志望度の高さを伝えることができています。

原体験を志望動機にすることで、企業への思い入れの強さがアピールでき、印象が良いです。企業で貢献できることについても、自身の能力がしっかりと提示されており、採用メリットを示せています。活躍する姿もイメージしやすく、これも好印象でしょう。

ゲーム業界の志望動機NG例文選


志望動機の完成度を高めるためには、NG例文を参考にして改善する部分を探しだすことも大切です。NG例文と自身の志望動機を見比べ、共通点を見つけることで改善すべき点を洗い出すことができます。

志望動機は全体的に良く書けていても、たった一か所の間違いによって大きくマイナスの印象を与えてしまうこともあります。せっかくアピール力の高い志望動機が書けていても台無しになってしまいますので、NG例文を参考に改善点を見つけ、ミスのない志望動機を作成しましょう。

NG例文①

私はゲームが大好きで、ゲームに関わる仕事がしたいと考え、御社を志望しました。小さい頃からゲームが好きで、ゲームを通じて様々なことを学びました。一人でゲームをして楽しい時間を過ごしただけではなく、家族や友人とも一緒にプレイすることで豊かな時間を過ごすことが出来ました。ゲームを仕事にすることが出来れば、さらに楽しい人生を送ることが出来ると考えています。ゲームを楽しむだけではなく、今度は自分がゲームを作る立場になって多くの人を楽しませたいと思っています。

NG例文の①ではゲームが好きであることが志望動機として挙げられています。ゲーム業界を志す以上、ゲームが好きであることは問題ありませんし、ゲーム好きであることは前提条件でもありますが、それだけではアピール力は不足しています。

ゲーム好きだからゲーム業界を目指すのは間違ってはいませんが、志望動機としては弱いです。さらに業界を志望する理由が弱いだけではなく、企業を志望する理由も伝わっていません。全体的にアピール力が弱くNGです。

NG例文②

私はゲームの提供を通じて多くの人を楽しませたいと思い、御社を志望しました。御社ではスマートフォン向けのゲームの開発に強みがあり、どんな場所でも気軽にゲームを楽しむことが出来ます。家庭用ゲーム機も人気がありますが、これからはスマートフォン向けのゲームが主流になると私は考えています。御社はその第一線で活躍している企業であり、幅広いゲーム展開によって多くのファンを獲得しています。私はゲーム展開の幅をさらに広げること、より多くの人に楽しいゲームを提供したいと考えています。

NG例文の②ではゲームの提供を通じて多くの人を楽しませたいと志望動機が語られています。業界を志望する理由は問題ありませんし、企業を志望する理由についても、企業独自の強みを挙げることで、他の企業の志望動機と差別化ができています。

しかし自分に何が貢献できるかが明記されていません。仕事に対しての熱意は充分に伝えることができていますが、企業でどのように活躍できるかが伝わらずNGです。志望動機では熱意を伝えるだけではなく、採用メリットも示さなければなりません。

NG例文③

私は大学時代にアパレルショップでアルバイトをしていました。アルバイト先では常に流行を追い、商品の入れ替わりも激しくありました。常に流行を追いかける環境で働いたことで、市場のトレンドをキャッチする力を身に付けることが出来ました。ファッションと同様にゲーム業界にもトレンドがあると私は考えています。アルバイトで培った能力を活かして、トレンドを抑えてゲームを企画することで売上に貢献したいと考えています。また求められるゲームを作ることで、多くの人を楽しませたいと考え、ゲーム業界を志望しました。

NG例文の③では冒頭でアパレルショップでアルバイトをしていたことが語られています。志望動機を印象付けるためには結論から語り、アピール内容を明確にすることが大切です。例文では志望動機が後回しにされており、何を伝えたいのかが分からないまま、志望動機が進んでしまっています。

また業界や企業を志望する理由も弱く、志望度の高さを伝えることができていません。全体的にアピール力が低く、印象に残りにくいので志望動機としてはNGです。

ゲーム業界の志望動機をマスターして選考を有利に


ゲーム業界は就活生に人気の業界であり、倍率が高いことから就職難易度も高い業界です。ライバルがたくさんいる業界で勝ち抜くためには、志望動機の書き方を工夫し、アピール力を高めることが大切です。

平凡な志望動機では採用担当者の印象に残らず、選考を勝ち抜くことはできません。志望動機は書き方次第で印象が大きく変わりますので、上手な書き方をマスターすることが就活攻略のカギになります。

志望動機が必要になるのは書類選考だけではなく、面接でも必要になる場合が多いです。就活を通して使用されるものですので、丁寧に作成することが大切です。ゲーム業界の志望動機の書き方をマスターし、採用担当者の心に響く志望動機を作成して、人気の業界の就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ