就活その他

【就活用の証明写真のサイズ】履歴書に合わない場合の対処法を紹介

就活用の証明写真のサイズを覚えておこう

就活では履歴書やエントリーシートなどで証明写真が必要になります。証明写真を撮るときには、写真のサイズに気をつけましょう。証明写真は映り方によって印象が変わるため、綺麗に撮れるよう工夫している人は多いです。しかし、サイズについては意識から抜けてしまっている人も多いです。

就活で使用できる証明写真のサイズは決まっており、サイズが違えばマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。場合によっては規定が守れていないとして、写真自体が無効になってしまうこともあるため注意しなければなりません。このように、証明写真は映り方だけではなく、サイズにも注意が必要です。就活を成功させるためには、細部までこだわることが大切です。証明写真のサイズにもしっかりと注意を払いましょう。

就活用の履歴書の証明写真サイズは4cm×3cm

就活で使用できる証明写真のサイズは決まっており、履歴書に貼るための証明写真は4センチ×3センチです。誤って違うサイズを貼らないよう注意しましょう。違うサイズの写真を貼ってしまうと印象が悪くなり選考でも不利になりますし、書類選考の時点で落とされてしまうことも多いです。証明写真は本人の顔がわかればいいものではなく、きちんと規定に従って貼り付ける必要があります。

また履歴書の場合は4センチ×3センチが基本ですが、エントリシートに貼る場合はこの限りではありません。エントリシートでも証明写真が必要な場合もあり、企業によって求められる写真のサイズは違っています。4センチ×3センチ以外のサイズを指定される場合もあるため、その場合は企業の指定通りのサイズの証明写真を貼りましょう。

エントリーシートによっては証明写真のサイズが違う

エントリーシートでは、証明写真が4センチ×3センチ以外のサイズに指定されている場合があり、注意が必要です。企業によって、エントリーシートを紙で提出する場合とデータで提出する場合があります。

紙のエントリーシートを提出する場合、用意した証明写真のサイズが異なるときは、写真を撮り直したり修正したりしなければならなくなります。できる限り撮影前に確認しておきましょう。

データのエントリーシートを提出する場合、証明写真は、縦560px(ピクセル)×横420pxや、縦600px×横450pxのサイズを指定されることが多いです。写真館で撮影した写真をデータ化してもらうとき、サイズをどうするか聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

サイズが違う証明写真はマイナスの印象を与えてしまう

証明写真のサイズくらい合っていなくても選考に影響はないだろう、と考える就活生もいます。しかし、サイズが違う証明写真を使用することで、企業に悪印象を与えてしまうこともあります。

指定と違うサイズの証明写真で提出してしまうと、企業から「小さな規則さえも守れない人」とマイナスな印象を抱かれてしまうことがあります。また、履歴書やエントリーシートを完璧な状態で提出できないと、「仕事のこなし方も雑なのかもしれない」と思われる恐れがあります。書類で悪印象を与えてしまうのは、もったいないことです。

証明写真のサイズは、選考では小さな問題に感じられます。しかし、就活を成功させるためには、小さな規定こそしっかりと守るようにしましょう。

証明写真のサイズが合わなかった場合

就活で使用する証明写真は4センチ×3センチが基本ですが、撮影時にサイズを間違えてしまう場合もあります。証明写真を使う機会はそれほど多くはありませんし、サイズを間違えてしまうと無駄になってしまうことも多いです。

しかしサイズを間違えてしまった場合でも、対処法がないわけではありません。証明写真のサイズが違うからといって、すぐに諦める必要はありません。正しい対処法を知って、就活に使用できないかを考えていきましょう。

原則は撮り直す

証明写真のサイズが合わなかった場合、対処方法はありますが原則は撮り直すようにしなければなりません。証明写真のサイズが指定と違うと印象が悪くなりますし、選考で不利にならないためにも基本的には撮り直しが必要です。証明写真のサイズが枠から5mm以上小さい場合は、撮り直しましょう。小さい場合は余白が目立ち、サイズが間違っていることがすぐにわかってしまいます。

サイズが大きいようであれば切っても構いませんが、バランスが悪くなってしまうため撮り直しがおすすめです。上手に切れば使用できないわけではありませんが、切り方に失敗すれば印象は悪くなります。少しでもマイナスの評価を避けるためにも余計なリスクは避け、基本的には撮り直すようにしましょう。

データがあれば加工もOK

証明写真が紙媒体でしかなく、サイズが合わない場合は原則撮り直しですが、データがあれば加工もOKです。写真館で撮った写真のデータがあれば、トリミングと焼き増しをしてもらうこともできるため、サイズの修正が可能です。すべての写真館でトリミングができるわけではありませんが、データでもらえた場合は基本的に可能です。まずは相談してみましょう。

写真館で頼まなくても、自分で写真加工できるソフトなどを持っていればトリミングも可能ですが、これは慣れている人向けです。正確なサイズにトリミングすることは難しいですし、失敗してしまうと写真の出来も不自然になります。無理せずプロに任せるのがおすすめです。サイズが合わない場合は、データを写真館に持っていきましょう。

写真をカットしてもらう

写真館には、写真をカットする機械を所有しているところがあります。そういった店舗に頼めば、サイズに合わせて写真を綺麗にカットしてもらうことができます。写真館でカットしてもらうと、斜めになったり曲がったりする心配がありません。

写真のサイズを調整したために、人物の頭が切れてしまったり、写真のバランスが悪くなって違和感が出てしまったりしてはなりません。自分では、これらを意識して切ることが難しいですが、写真館の人はプロです。バランスもできる限り綺麗にしてくれます。

自分でカットしてサイズを調整するのは、案外難しいことです。失敗して、結局撮り直しということにならないように、可能であれば写真館でカットしてもらうことも1つの方法です。

証明写真を貼るときの3つのコツ

証明写真はサイズの合ったもので撮影することが大切ですが、それだけではなく貼り方にも注意しなければなりません。正しいサイズであっても貼り方が間違っていれば印象は悪くなりますし、マイナスの評価につながってしまう可能性もあります。

証明写真は貼り方にも細かいルールやポイントがあるため、それらを知っておく必要があります。細かいポイントではありますが、細部までしっかりとこだわり、証明写真を上手に貼っていきましょう。

①証明写真は丁寧に切ろう

証明写真を撮影すれば、数枚1組で印刷されるため、履歴書に貼る時には切り取って使用します。証明写真は切り取る段階から注意する必要があり、雑に扱わず丁寧に切らなければなりません。履歴書で使用するのは4センチ×3センチです。サイズが違ってしまわないように綺麗に切りましょう。

また曲がったりはみ出たりしないよう、定規とカッターを使うのがおすすめです。撮影サイズ自体は合っていても、切る線が曲がっていたり、はみ出したりしていると印象が悪くなります。はさみでも切ることはできますが、線が曲がってしまいやすいため、定規とカッターを使うのがおすすめです。まずは大きめに切り取り、その後に細かくサイズを調整していきましょう。

②証明写真の貼り直しは避ける

履歴書は失敗すれば書き直しになるため、先に証明写真を貼ってしまうと無駄になってしまうこともあります。また書類選考で落ちた場合は、企業から履歴書が返却されることもあるため、写真をはがせばもう一度使用することができると考える人もいるでしょう。しかし証明写真の貼り直しはNGのため、避けるようにしなければなりません。

一度貼ったものを貼り直すと写真にしわができしまい、見た目の印象が良くありません。新しいものを貼るようにしましょう。貼り直した写真はすぐにわかりますし、新しい写真を使わないことで、企業への真剣度が低いと思われてしまいます。写真のサイズが合っている場合でも印象が悪くなるため、一度使ったものを再度使用するのは避けましょう。

③写真の裏に名前と撮影日を書く

証明写真は貼り付ける前に、裏に名前と撮影日を書く必要があります。これは写真がはがれてしまったときのためです。裏に名前や撮影日を書いておくことで、誰の履歴書の写真なのかを判別することができます。企業では履歴書などの書類を大量に扱うため、写真がはがれてしまうと、どの履歴書のものか判別するのは困難です。

写真のない履歴書は無効になるため、名前を書いていないことで、不合格になってしまう可能性もあります。また撮影日は直近で撮った写真だとわかりやすくするためです。証明写真には使用期限があり、撮影から3ヶ月以内のものしか使用することはできません。期限を守っていることをアピールするためにも、名前と合わせて撮影日も記入しておきましょう。

証明写真を撮影することができる場所

証明写真は就活には必須のもので撮影しなければなりませんが、撮影できる場所は多いため、どこで撮影すればいいのか迷う人は多いです。証明写真はサイズが合っていることも大切ですが、写真のクオリティも大切であり、映り方によって与えられる印象は違ってきます。撮影場所が違えば、写真の映り具合も違いますし、それぞれメリットなども異なります。どこで証明写真が撮影できるのかを知っておき、納得のできる一枚を手に入れましょう。

写真館での撮影がオススメ

証明写真が撮影できる場所としては、写真館が挙げられます。写真館はプロが撮影してくれますし、スタジオなどで撮影するため写真の仕上がりも綺麗でおすすめです。綺麗な仕上がりの写真を使うことで好印象を与えることができ、書類選考も突破しやすくなります。

また写真が綺麗に撮れるだけではなく、サイズを間違えることもありません。データの保存もしてくれるため、同じ写真を焼き増すことも可能です。一度撮影しておけば、高いクオリティの証明写真を何度も使用することができ、別のサイズが必要になった場合も、融通が利きやすいでしょう。写真館での撮影は料金も高くなりますが、その分高品質な写真が手に入るため、就活で使用するなら写真館で撮影しましょう。

スピード写真の場合は機能や仕上がりを重視

写真館以外では証明写真機などのスピード写真でも撮影することができます。スピード写真の場合は、機能や仕上がりを重視して選びましょう。一口にスピード写真といっても、さまざまな機種があり、機種ごとに機能や写真の質なども異なります。高機能な写真機を選ぶことで仕上がりも良く便利です。美肌効果のあるものや、スマホのアプリへデータを送ることができる機能を持ったものを選びましょう。

美肌効果がついているものであれば、スピード写真であっても高品質で撮影でき、最近ではデータで写真が送れる機種も増えています。スピード写真の場合は撮り方などに注意が必要ですが、素早く安価で写真が手に入るのがメリットだといえます。

就活で使用する証明写真は正しいサイズのものを使おう

就活では証明写真は必須ですし、履歴書のサイズに合わせて撮影しなければなりません。指定されたサイズと貼り付けた証明写真のサイズが違っていると印象が悪いです。最悪の場合は写真が無効になり、その場で不合格になってしまいます。証明写真のサイズは注意さえしていれば間違えることはないため、細部までしっかりと気を配りましょう。

証明写真を撮影する場所は、写真館がおすすめです。写真館であれば高品質な写真が手に入り、データの焼き増しやトリミングなどをしてもらうこともできます。写真館で撮影する場合は、就活用と伝えればサイズの間違いが減ります。就活で使用する旨を伝え、完璧な証明写真を撮影していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ