面接対策

【面接に受からない理由とは】内定を得るために知っておきたい対策

面接に受からないと悩む人は多い

面接で受からないと悩む人や、内定までなかなか辿りつけずに困っている人は多いでしょう。面接が受からないことにはさまざまな理由があり、それを把握しての対策が大切です。受からないと悩んでいるだけでは解決できないため、前向きな気持ちで取り組むようにしましょう。

面接に受からない理由は大きく2つ

面接が上手くいかない場合、一度自分の行動や面接時のマナーなどについて見直した方がいいかもしれません。単純に企業との相性が悪かったという場合だけでなく、自分に何かしらの問題がある場合も多いのです。

面接に何度も参加して受からない場合の理由は、主に2つの原因があると考えられます。ひとつは就職活動への準備不足が採用側に伝わっているというパターンです。もうひとつは面接へ向けた基本的なマナーが身についていないパターンです。これらは簡単に正せますので、面接になかなか通らない場合はこの2つのポイントを見返してみましょう。

①就活の準備不足

就職活動は、様々な準備をおこなった上で面接に臨むことが望ましいとされています。特に自己分析や企業研究の準備不足があると、面接において大きなマイナスポイントになってしまいます。

企業研究や自己分析はどの程度おこなえばいいか分からない、という人もいるかもしれません。自己分析にしろ企業研究にしろ、しっかり準備しておいて損はありませんし、自己分析に関してはその内容を他の面接にも生かせます。ですので、可能な限り準備を丁寧にしておくようにしたいところです。

これらの準備をおこなう際、面接に向かう時に準備した内容も持っていき、見返すことも大事です。準備した内容をすぐに頭の中から引き出せるように、記憶しておくことも大事だと覚えておきましょう。

自己分析

自己分析は就活の基本であり、成功を勝ち取るために必須のものです。自己分析は就活を始める前におこないますが、一度やればそれで終わりではありません。面接で受からないということは、自己分析の結果そのものが間違っている可能性もあるため、もう一度やり直し、方向転換を図ることが大切です。

また、時間が経ってから自己分析をやり直すと、これまで見えていなかったものが見つかることもあります。就活を通して考え方や価値観は変わるため、その時点での自分の考えを正しく把握することが大切です。

業界・企業研究

業界・企業研究も面接の攻略に必須であり、怠ると志望度を上手にアピールできません。面接ではさまざまな点から評価されていますが、特に重要視されているのは、志望度の高さ、仕事への熱意などのやる気の部分です。

起票はどれだけ就活生の能力が高くてもやる気がなければ採用したいとは思わず、別の学生を採用しようと考えます。志望度をアピールするには、業界や企業についての知識を深めて、理解度の高さを伝えることが大切です。

業界や企業への理解度が高い=時間を割いて研究していると判断され、優先度が高い印象を与えられます。志望先を正しく知ることが大切なので、現状と課題、将来性など、さまざまな観点から情報を集めて、理解を深めておきましょう。

志望動機が弱い

志望動機は企業への就職意欲や仕事への熱意を測る重要なものであり、これが弱いと面接でもなかなか受かりません。評価されるためには、業界を志望した理由から述べ、業界内でもなぜその企業か、企業でどのように活躍できるかまで伝えなければなりません。

志望動機は就職意欲や仕事への熱意はもちろん、自身の採用メリットを示すためにも重要なものであり、面接官の記憶に残ることが大切です。曖昧な志望動機では面接官の印象に残らず評価も下げられてしまうため、その企業を志望する明確な理由を提示して他の学生と差別化を図らなければなりません。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

②基本的なマナー

面接に受からない理由としては、基本的なマナーができていないことが挙げられます。面接では質問に対する受け答えの内容だけではなく、ビジネスマナーも評価の対象として見られています。ビジネスマナーは細かいため、すべてを網羅するのは難しいですが、少なくとも基本的なものは身につけておかなければなりません。

細かいマナーが身に付いていなくても大目に見てもらえることも多いですが、基本ができていないと社会人としての自覚がないとみなされます。就活に対する意欲が低いとも思われるので注意が必要です。当たり前にやっていることが実はマナー違反の可能性もあるため、面接に慣れてきたときほど初心に戻り、基本的なマナーを再確認することが大切です。

身だしなみがだらしない

面接は社会人になるための第一歩でもあるため、当然ながら身だしなみについても気を付けなくてはいけません。どんな理由があるとしても、身だしなみがだらしないまま面接に臨むというのは、採用担当者へいい印象は与えないと思っておきましょう。

スーツやシャツへの手入れやアイロンかけだけでなく、髪を整えたりきれいなハンカチを持ち歩くようにするなど、基本的な身だしなみを整えることはとても大事です。一見人から見えない部分の身だしなみはついおろそかになってしまいがちですが、実はそういう所こそ、面接時に見られてしまうこともあるものです。行く前にしっかりと整えておくようにしておきましょう。

女性の場合は、面接に臨む前にメイクの確認やメイク直しをしておくことも意識しておくといいでしょう。

コミュニケーションが取れない

コミュニケーションは、企業へ勤めるにあたって基本的なところです。面接では基本的なコミュニケーションが取れるかどうかについてもしっかり見られますので、コミュニケーションが苦手だと感じているのであれば、事前に面接に向けて押さえておくべきコミュニケーションのポイントを改善してから臨むようにしましょう。

面接で特に重視したいのが、採用担当者の目をしっかり見て受け答えをするということです。ハキハキとした受け答えも大事なポイントです。既に意識してやっているのに面接で受からない場合、主観でできていると思っているのかもしれません。客観的にコミュニケーションの基本ができているかどうか、きちんと確認しておくようにしましょう。

面接に受からない人の対策

null

面接に何回も受からない場合、どういう風に対策すればいいのか分からない人もいるかもしれません。これまでに説明したポイントを踏まえた上で、実際にどういう風に対策をしていけばいいかを解説します。

面接に受からない場合、一番いいのは他人からのアドバイスです。普段の面接での行動を友人や家族に客観的に見てもらうのもいいですし、大学によってや就職関係の専門窓口で模擬面接を受けるというのもいいでしょう。自分だけで判断できない面接での問題点を他人に指摘してもらい、対策を始めるようにしましょう。

友人や家族に客観的に見てもらう

自分では面接へ向けての対策をしっかりとおこなっているつもりであっても、他人の目から見ると足りていない部分というのは思った以上にあるものです。

なかなか面接に受からない場合、一度家族や友人に協力してもらい、普段の面接での振る舞いなどを客観的に見て指摘してもらうようにしましょう。自分では意識していない部分に問題がある場合、他人の力を借りた方が分かりやすくなります。また、家族や友人であれば、気心知れた相手であることもあり遠慮なく問題点を指摘してくれるというメリットもあります。

これらの方法で指摘された部分を分かりやすくまとめておき、次の面接へ向けての改善点として取り組むようにするだけでも、それ以前より大分面接に受かりやすくできることでしょう。

エージェントを利用し模擬面接を繰り返す

就活向けのサポートを受けるのであれば、エージェントの利用もおすすめです。エージェントは履歴書の添削だけでなく、面接の練習もしてくれます。面接になかなか受からない場合、この模擬面接を何回もおこなうと、自分の面接での問題が分かりやすくなるでしょう。また面接の数をこなすと、実際の面接においての振る舞いもよりスムーズにおこなえるというメリットもあります。

エージェントとの模擬面接では、自分で面接の中で問題点に気付くだけでなく、実際に気になった問題点について指摘してもらえるのも利点のひとつです。それらのメリットも踏まえた上で、模擬面接を受けることができるなら積極的に面接を受けていくようにしたいところです。何回か模擬面接をおこなうと、実際の面接への慣らしにもなるでしょう。

面接に受からない人は就活準備をやり直し自己流をやめる

null

面接になかなか受からない人によく見られる傾向として、自己流で面接に臨んでいるという点があります。ある程度は自己流でなんとかなると思っていると、面接に落ちかねません。

もしも面接に受からないことが多い場合、自己流で面接対策をするのを一旦止めるようにしましょう。またあわせて、就活の基本をしっかりと構築できているかを確認し直すことも始めるようにしましょう。

面接に失敗する場合、自分の目線だけで分からない問題点が隠れている場合も多くあります。そういう場合、他人の手を借りたり基本的な準備をやり直すなどして、今までのやり方をリセットして面接に臨むのが一番受かりやすくなる近道です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ