就活の悩み

留年だと内定は取り消しになるのか|就活生が取るべき行動も紹介

留年していると内定取り消しになるのか

就職活動に注力し、内定を獲得できたからといって、そこで気を緩めてはなりません。内定をもらえたことで気が緩んでしまい、学業が疎かになってしまった結果、留年してしまう可能性もあるのです。企業は学生が年度末に卒業することを前提に採用活動を行い、内定を出しています。そのため留年によって内定が取り消されてしまう恐れもあるのです。

では、留年が決定してしまったらどのようにすれば良いのでしょうか。この記事では過去の実例をもとに、留年になった際に就活生が取るべき行動を解説していきます。もちろん大前提として留年にならないように学業もしっかりと行うべきですが、留年になる可能性はゼロではありません。万が一の際、冷静に行動することが出来るよう、以下をしっかりと押さえておくようにしましょう。

留年が原因で内定取り消しになる事実はある

新卒求人の場合には、多くの場合「大卒」「短大卒」「高卒」あるいは「中卒」などと学歴ごとに分かれています。それぞれの学歴ごとに労働条件が異なることも多々あります。大卒向けの求人で採用試験を受けたときに卒業見込みだった人が留年して卒業できなかった場合には、その人は「大卒」でなくなります。

内定の条件は学校の卒業が前提となっている

ということは、「大卒」求人に対して条件が合致しなくなるのです。多くの企業でも内定を出すときに、入社に当たっての条件として卒業を挙げることが多いため、その場合には留年によって内定取り消しとされる理由に該当するのです。

留年に限らず、過去の判例等を見ても経歴詐称など事実を知っていれば採用対象とならなかった場合には内定取り消しも認められるというものも出ています。内定をもらったからといって浮かれてしまって、学生の本分である学業をおろそかにしては後々痛い目に合うこともあり得るのです。

企業側が原因で内定取り消しとなる場合もある

内定取り消しというものは、学生にとっては簡単には受け入れがたい問題です。多くの場合、学生が内定を貰って入社の意思を示してからは、就職活動にも区切りをつけ他の企業への就職の機会を放棄することが通常です。

過去の判例においても、内定取り消しについては簡単には認められない傾向が出ています。

内定取り消しは通常の従業員を整理解雇した時と同じ扱いとなる

たとえば会社の業績が悪化した場合などの会社側の理由による内定取り消しについては、通常の従業員を整理解雇した時と同じような扱いが求められます。
通常の従業委の解雇についての判断の要素としては、次の4つになります。

  • 人員削減の必要性
  • 解雇(今回の場合には内定取り消し)の回避努力
  • 解雇される者(今回の場合には内定を取り消される者)の選定の合理性
  • 手続の妥当性

しかし、あくまでも上記は会社側の都合での内定取り消しの場合ですので、入社予定者側の理由(経歴詐称や入社する上での条件を満たさなかった場合など)については、会社側に内定取り消しについて一定の権限が認められるケースが多くなっています。

留年による内定取り消しにならないために取るべき行動

大学4年後期の期末試験が終わった時点で、卒業するための単位が不足していると卒業できず、留年になってしまいます。しかし単位の不足があったとしても、そこですぐに諦めてはいけません。行動により、不足分の単位の確保が可能になるケースもあるのです。

ここでは、卒業するために必要な単位が不足してしまった際に取るべき行動を解説していきます。万が一単位が不足してしまった際、適切な行動が迅速に取れるようにしておきましょう。

再度採点を依頼する

大学によっては、点数に不満がある場合、再度採点を依頼する制度が確立されている大学もあります。所属している大学でこのような制度を導入しているのであれば、採点を再度依頼してみるのも一つの手だと言えます。「採点ミスなんてどうせないだろう」と思う人も多いでしょう。

しかし採点を行うのが人間である以上、ミスが生じる可能性はゼロではないのです。そのまま単位の不足を受け入れ、留年を確定させてしまうのであれば、その前に再度採点を依頼し、点数が上がることに期待するほうが賢明だと言えるでしょう。

自分が所属している大学でこのような制度が導入されているのかを調べ、導入されているのであれば利用可能だということを知っておくようにしましょう。

教授に頼み込む

卒業に必要な単位数が不足している場合、教授に頼み込むことで状況が改善する可能性もあります。もちろん基本的にはそのような対応は行われていません。しかし所属しているゼミの教授など日頃から親しくしている教授であれば、事情を勘案し、やむを得ない状況で不足分の単位をどうにかしてくれる可能性もあるのです。

頭を下げて教授にお願いしに行くのは格好が悪く、抵抗のある人も多くいるでしょう。しかし卒業できなければ内定が取り消されてしまう可能性が高いのです。内定が取り消されてしまえば、また一から就職活動を行わなければなりません。プライドと内定のどちらが大事かよく考えて、何かしらアクションを起こすことが重要です。

取得した資格を確認

卒業に必要な単位数が不足している場合、自身が保有している資格を確認するようにしましょう。大学によっては資格を取得することで、卒業単位に認定してくれる制度やケースがあります。もちろん全ての資格が対象というわけではなく、そもそもそのような制度を導入していない大学も多々あります。

しかしそのような制度が導入されているのであれば、簿記検定やTOEICなどの資格取得により、卒業に不足している単位を確保できる可能性があるのです。そのような制度が自身の所属している大学で導入されているのかどうかは、教授や学事センターに確認してみることで、把握可能になります。万が一の際には自身が保有している資格によって単位を確保できる可能性があるということを認識しておくようにしましょう。

留年した場合は内定を貰った企業への就職は不可能??

留年が内定取り消しの理由になりうるという話をしましたが、留年してしまったらもう内定を貰った企業への入社はできないのでしょうか?その企業に入りたい一心で就職活動を続け、やっと獲得した内定が留年によって内定取り消しになってしまうのは悔やんでも悔やみきれないでしょう。

そこで、結果がどうなるかはともかく、留年はどうやっても覆らないのかを大学などに問い合わせてみてください。何らかの救済措置があるのであればそれに賭けることもできると思います。それでも救済措置がない場合には内定を貰った企業に留年の事実を伝えるほかありません。

入社する機会を与えてもらえるか願い出る!

その際にも、悪あがきととらえられる可能性もありますが、留年して卒業できなかった場合には内定取り消しとなるのか、学校を中退すれば入社する機会を与えてもらうことはできないのかを聞くのも選択肢の一つです。あるいは、入社を卒業まで猶予してもらえないかを聞いてみましょう。

自分自身も留年して卒業できないのはショックでしょうが、企業にとっても来てほしいと思って内定を出した学生に来てもらえないというのは誤算です。場合によっては内定取り消しという扱いにはしない温情措置を取ってもらえる可能性はゼロではありません。
最後の手段ではありますが、どうしても入社したいという思いをぶつけてみる価値はあると思います。

内定取り消しになった場合は学業に励む

留年が確定し、内定が取り消されてしまった場合には、気持ちを切り替え、学業に励むようにしましょう。気持ちの切り替えが上手くできず、引きずってしまう人もいるでしょう。しかしそれにより学業が疎かになってしまうと、次の就職活動時においてもまた同じ過ちを犯してしまう恐れがあるのです。

ただでさえ自身の怠慢が原因で留年したのであれば、採用担当者にはマイナスの評価を与えてしまう可能性が高いです。まして留年してもなお卒業の目途が立っていないのであれば、更にマイナスの評価を招いてしまう恐れがあるでしょう。

学業に励み、早い段階で卒業に必要な単位を確保することで、留年の心配なく、集中して就職活動に臨めます。まずは気持ちを切り替え、学業にしっかりと励むようにしましょう。

留年により内定取り消しになる可能性が高いため勉学にも励もう

長く大変な就職活動の中で晴れて内定をもらったにもかかわらず、留年という結果になってしまえば、自分自身はもちろん相手の企業や家族は同期入社予定だった人など周囲をも巻き込む問題に発展します。内定を貰ったからといって、100%入社できるわけではありません。

今回は留年を中心に内定取り消しについてみてきましたが、それ以外にもとんでもない不祥事を起こした場合なども、内定取り消しになる危険性があります。ずっと気を張り続けろとまでは言いませんが、学生としての本分である学業や社会人となる上で最低限必要な節度は保って入社日に備えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ