業界研究

メーカーに就職するために知っておきたい種類や仕組み

メーカーを志望する就活生は多い

「就職活動をする」とひとくちに言っても、その進路は民間企業・官公庁などとさまざまです。その中でも、毎年特に多くの学生が志望している就職先のひとつが「メーカー」になります。これを読んでいる方のなかにも、同様のことを考えている方は多いのではないでしょうか。

「メーカー」は志望人数が多く、選考を勝ち抜くために、徹底的な業界・企業分析をしておく必要があります。

この記事では「メーカー」に焦点をあて、就職するメリットやメーカーの種類、そして代表的な企業をまとめてご紹介します。メーカー志望の方は、ひとつの情報として是非参考にしてみてください。

4種類のメーカー

4種類のメーカーを表した図

「メーカー」とは、製造を行っている企業の事を指します。メーカーを志望していると言っても、どういったメーカーを志望しているかによって志望動機の書き方も面接での受け答えも全く変わってきます。

何を製造するかは企業によって異なりますが、「自分が扱いたい商品はどういった企業が扱っているのか」を事前にしっかりと調べておきましょう。ここからは、メーカー業界の中でも「素材メーカー」「部品メーカー」「加工・組立メーカー」「自社生産・加工メーカー」の4つのメーカーについてご紹介していきます。

上記の図のように、「素材メーカー」が製造した「素材」をもとに、「部品メーカー」が「部品」を作り、それらの「部品」を加工し組み立てる「加工・組立メーカー」が存在します。またそれらの工程をすべて自社で行う「自社生産メーカー」も存在しています。

1.素材メーカー

主要な素材
・鉄鋼
・非鉄金属
・ガラス
・セメント
・紙、バルブ
・繊維
・化学
・電線

「素材メーカー」とは、さまざまな製品のもとになる「素材」を製造するメーカーです。上記のような素材が主にあげられます。素材メーカーでは、上記のような素材を製造するために、原材料を世界各国から調達しています。

素材メーカーなくしてはこの世に生まれなかった製品もあるため、私たちの生活を陰から支える、なくてはならない存在だといえるでしょう。企業としては「旭硝子(ガラスメーカー)」、「新日鐵住金(鉄鋼メーカー)」、「東レ(繊維メーカー)」などが挙げられます。

数多くの業種がある素材メーカーですが、あまり知らないという方も多いのではないでしょうか。素材メーカーは「BtoB」の業務形態をとっていることがほとんどです。

「BtoB」については、のちの見出しで詳しく解説していますが、「企業」から「企業」に向けた取引を基本としていることから、一般の消費者にはなじみがない企業が多くなっています。

素材メーカーの有名企業
・日本製鉄
・JFEホールディングス
・旭硝子
・信越化学

「素材メーカー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「素材メーカー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.部品メーカー

主要な部品
・自動車部品
・半導体
・電子部品

「部品メーカー」とは、素材メーカーが製造した素材をもとに、完成品メーカーの部品を開発・生産し納品する企業です。完成品メーカーとは、自動車メーカーや家電メーカーのような完成品を製造しているメーカーがあげられます。

例えば「自動車」は、「エンジン」や「座席」「タイヤ」など、様々な部品からできています。それらの部品を製造し、完成品メーカーへ販売しているのが「部品メーカー」になります。

また、会社の規模は小さくても世界シェアトップを誇ることも珍しくありません。完成品メーカーが発売する新商品の技術の中には、部品メーカーが開発をおこない採用される場合が多く、部品メーカーは商品開発の重要な役割を担っています。

また、部品の納入先である完成品メーカーから求められる仕様・コスト・品質などに対応することも重要です。部品メーカーの中には「二次サプライヤー」「三次サプライヤー」と言って、部品メーカーに部品を収めている企業もあります。

有名な企業としては、「株式会社デンソー」や「トヨタ紡織株式会社」「京セラ株式会社」などが挙げられます。

部品メーカーの有名企業
・デンソー
・トヨタ紡織
・京セラ

「部品メーカー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「部品メーカー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.加工・組立メーカー

「加工・組立メーカー」とは、ひとつの製品に仕上げるメーカーのことです。素材メーカーで生産されたモノを部品に加工し、それぞれのパーツを組み合わせる仕事になります。部品メーカーでつくられた「自動車部品」を組み立てるメーカーや、原料を加工し食品をつくる食品メーカーも含まれる場合があります。

具体的な企業としては、「滝川工業株式会社」や「旭コンステック株式会社」などが挙げられます。

「加工・組立メーカー」は、「加工組立産業」や「製造業」とも呼ばれているもので、基本的には「BtoB」の業務形態をとっています。

加工・組立メーカーの有名企業
・滝川工業
・旭コンステック

4.自社生産メーカー

「自社生産メーカー」は、自社で素材となるモノを研究・開発・生産し、それをもとにパーツを組み立て、ひとつの製品に仕上げるということを一貫して行います。

自社で素材を研究し、加工までを手掛けるメーカーとして代表的なのが、「化粧品メーカー」や「医薬品メーカー」です。具体的な企業としては「花王」や「ジョンソン&ジョンソン」、「武田薬品工業」、「アステラス製薬」、「エーザイ」などが挙げられます。

さらには、消費者に販売するところまでを一括して行っている企業も多く存在します。とくに化粧品メーカーは、百貨店などに出店し直接お客様に販売する「BtoC」の業務形態を取っていることが多いです。

自社生産・加工メーカー
・花王
・ジョンソン&ジョンソン
・武田薬品工業
・アステラス製薬
・エーザイ

「化粧品メーカー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「化粧品メーカー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

「医薬品メーカー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「医薬品メーカー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

メーカーの2つの販売相手

BtoBとBtoCを表した図

上の見出しでは、企業がどのような製品・モノを作っているかによって、メーカーを4つのカテゴリに分類してご紹介しました。そのほかにもメーカーを分類する方法はあり、「誰もしくはどこを販売相手にしているか」によって2つの業務形態に分けることができるのです。

ここでは、そのターゲットによって分類したメーカーのカテゴリを、それぞれ解説していきます。同じメーカーでも、どちらの形態を主にしているかによって仕事が異なりますので、以下で登場する情報を参考にするようにしてください。

1.BtoB

BtoB企業を表した図

BtoB企業の特徴
・「企業」が「企業」に対して、モノやサービスを提供するビジネスモデル
・仕事の単価が大きくなりやすい
・1つの仕事が長期化しやすい
・マネタイズするタイミングが少ない
・継続的な取引関係になりやすい

「BtoB」とは「Business to Business」の略で、「企業を相手に取引している」業務形態を指します。企業が企業に対して、モノやサービスを提供するビジネスモデルになっています。そのため国内のみならず、世界各国の企業とやり取りしている企業も少なくありません。

また顧客が企業になるため、1つのプロジェクトの単価が高いことが多くなります。例えば、製造機械の取引は数億円にのぼることも多いです。このように単価が高くなることから、企業が取引先へお金を支払うタイミングは「1年に1回」のように少なくなっています。

さらに、企業と企業が取引を行うため、1つのプロジェクトが長期的になる場合が多く、継続的な取引になりやすいです。以上が「BtoB企業」の特徴になります。

BtoBメーカー
・素材メーカー
・ITメーカー
・半導体メーカー
・部品メーカー

2.BtoC

BtoC企業を表した図

BtoC企業の特徴
・「企業」が「消費者」に対して、モノやサービスを提供するビジネスモデル
・仕事の単価が小さくなりやすい
・1つの仕事が短期化しやすい
・マネタイズするタイミングが多い
・断続的な取引関係になりやすい

「BtoC」は「Business to Consumer」の略で、「消費者を相手に取引をしている」業務形態を指します。企業が消費者に対して、モノやサービスを提供するビジネスモデルになっています。

顧客が消費者になるため、1つのプロジェクトの単価が低いことが多くなります。例えば、化粧品の単価は高くても数千円程度であることが多いです。またこのように単価が低くなることから、消費者が企業へお金を支払うタイミングは、BtoB企業に比べ多くなります。

さらに企業と個人の取引のため、消費者が企業の商品を買うという取引関係は、その場限りの断続的な関係になりやすいです。以上が「BtoC企業」の特徴になります。

BtoCメーカー
・サービス系会社
・運送会社
・食品メーカー
・飲料メーカー
・電子機器メーカー

有名なメーカー企業10選

有名なメーカー企業を表した図

ここまでは、メーカーを「何を作っているのか」、「誰を相手に取引しているのか」という2つの視点でカテゴリ分けしてご紹介していきました。ここからは、具体的にどんな企業があるのか見ていきましょう。

ここでは、国内にあるメーカーを10社取り上げます。企業の特徴なども1社ずつ解説していきますので、業界研究をする際の情報のひとつとして役立てていただければ幸いです。

※売上高等の企業情報は、2020年3月の有価証券報告書等を参考にしています。また各情報は、各証券会社の親会社になるためご注意ください。

1.トヨタ自動車

売上高:29兆9,299億
従業員数:359,542名
平均年齢:39.6歳
平均勤続年数:15.8年
平均年収:865万円

トヨタ自動車」は、日本のみならず世界的にも有名な大手自動車メーカーです。トヨタ自動車は主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

豊田(とよだ)佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」の中で1933年に設置された自動車部門がその起源です。1937年に「トヨタ自動車工業株式会社」として独立しました。

主な事業は「自動車の製造」で、「トヨタ」、「レクサス」、「GR」などのブランドを展開しています。それ以外にも、個人向けプレジャーボートを造船する事業も行っています。

日本においては、愛知県豊田市の「豊田」がトヨタ自動車に由来するものだという逸話が有名です。「クルマのまち」に成長したことなどが理由で1959年に市名が変更されたのですが、それ以前は「挙母市(ころもし)」という名前でした。

また2018年に、豊田章男社長が「トヨタを、車を作る会社から、モビリティー(移動手段)に関わるあらゆるサービスを提供する会社にモデルチェンジする」と述べられました。自動車を作るだけでなく、その先のサービスを通じて多角化する動きが、近年見られています。

2.サントリーグループ

売上高:2兆5,692億
従業員数:40,210名
平均年齢:44.5歳
平均勤続年数:18.9年
平均年収:1,149万円

「サントリーグループ」は、主にアルコール飲料・清涼飲料水を手掛けるメーカーです。サントリーグループは主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

1899年に鳥井信治郎氏が創業したワインの製造・販売を手掛ける「鳥井商店」が母体となっています。現在の社名にもある「サントリー」は、1963年から用いられています。

主な事業としては、ウイスキーやビール、ワインといった「酒造」や「清涼飲料水事業」が挙げられます。

お酒は「ザ・モルツ」や「金麦」、「トリス」などが、清涼飲料水は「サントリーウーロン茶」や「伊右衛門」、「なっちゃん」などのブランドが有名です。そのほか、とんかつ店「まい泉」の展開やエイジングケア基礎化粧品「F.A.G.E.(エファージュ)」シリーズの販売などもおこなっています。

3.資生堂

売上高:1兆0,940億円
従業員数:40,000名
平均年齢:39歳
平均勤続年数:11.9年
平均年収:716万円

「資生堂」は、化粧品の製造・販売を主な事業としているメーカーです。資生堂は主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

1872年に福原有信氏が東京に開設した、国内初の民間の洋風調剤薬局「資生堂薬局」がその源流となっています。化粧品業界へは、1897年に「オイデルミン」という化粧水を発売することによって進出しています。

その後、1916年ごろからは化粧品事業に本格転換し、今や世界でも有名な化粧品メーカーとして国内外問わず多くの消費者に愛されるようになりました。ちなみに、化粧品の国内シェアでは1位を誇っています。また、世界市場でも健闘しており、美容ブランドの世界7大企業唯一の日本企業です。

4.ソニー

売上高:8兆6,656億円
従業員数:111,700名
平均年齢:42.4歳
平均勤続年数:16.6年
平均年収:1,057万円

「ソニー株式会社」は、1946年に井深大氏と盛田昭夫氏によって創立された電機・電子機器メーカーです。ソニーは「BtoB商品」と「BtoC商品」の両方を扱うメーカーです。

創業当初は「東京通信工業株式会社」という名前で、真空管電圧計の製造・販売を行っていました。扱っている製品の種類が非常に多く、TVやラジオなどの映像機器・音響機器から、ゲーム機、PC、スマートフォン、IT関連機器などの製造・販売をおこなっています。

また、メーカーとしての顔以外にも、音楽や映画、ゲーム、アニメなどのメディアコンテンツの配信や、保険や銀行などの金融事業もおこなっており、これら3つの事業がソニーの主な業務とした数えられています。

5.明治グループ

売上高:1兆0,495億円
従業員数:10,648名
平均年齢:44.1歳
平均勤続年数:20.1年
平均年収:1,020万円

「明治グループ」は、1916年に設立された東京菓子を前身に持つ、国内大手のメーカーです。明治グループは主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

明治ホールディングス株式会社のもと、「株式会社明治」と「Meiji Seika ファルマ株式会社」の2つの部門に分けた経営体制がとられています。

「株式会社明治」は、食品を主に扱うメーカーです。「明治ミルクチョコレート」や「果汁グミ」などの有名な菓子製品はもちろんのこと、ヨーグルトやバター、牛乳などの乳製品・発行乳製品を主に扱っています。

一方の「Meiji Seika ファルマ株式会社」は、製薬を扱っている会社です。感染症治療薬や中枢神経系疾患治療薬、ジェネリック医薬品の製造・販売を企業の柱にしているほか、農薬や動物薬も製造しています。

6.富士フイルムグループ

売上高:2兆3,200億円
従業員数:73,906名
平均年齢:42.7歳
平均勤続年数:17.2年
平均年収:1,002万円

「富士フイルムグループ」は、東京都港区に本社を持つ精密化学メーカーです。富士フィルムグループは「BtoB商品」と「BtoC商品」の両方を扱うメーカーです。

1934年に、大日本セルロイド株式会社の写真フィルム部の事業の一部を分離継承する形で誕生しました。

富士フィルムでは、カラーフィルムやインクジェット用材料のほか、オフィス複写機・複合機、プリンター、エックス線写真など、主に写真に関する機器を多く扱っています。

近年ではデジタルカメラの台頭によって、フィルム関連の事業の売り上げで苦戦を強いられていましたが、培われた技術を応用した化粧品や健康食品を製造・販売することによって、売り上げを伸ばしています。ちなみに、正式社名は「富士フイルム」です。「イ」は大文字なので、履歴書などを書く際には間違えないようにしてください。

7.バンダイ

売上高:2,403億円
従業員数:9,052名
平均年齢:45.4歳
平均勤続年数:16.5年
平均年収:1,053万円

「バンダイ」は、バンダイナムコグループのコンテンツに関連する玩具や模型、アパレル用品、生活用品などを製造・販売するメーカーです。バンダイは主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

山科直治氏が1950年に、セルロイド製玩具を中心とした金属玩具や、ゴム製浮き輪などの販売をおこなう「株式会社萬代屋」を設立したことからバンダイの歴史は始まりました。

具体的な事業としては、スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズ、ガンダムシリーズ関連のキャラクター玩具を製造しているほか、たまごっちシリーズなどのオリジナルコンテンツの玩具の製造・販売も手掛けています。

社名の由来は「萬代不易」という古い中国の言葉です。ここには、「いつの世でも人々の心を満たす商品を作り。やむことのない企業の発展を願う」という想いが込められています。

8.味の素

売上高:1兆1,000億
従業員数:32,509名
平均年齢:43.9歳
平均勤続年数:19.9年
平均年収:955万円

「味の素」は、東京都中央区に本社を構える食品メーカーです。味の素は主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

CMなどで「Eat Well, Live Well.」というスローガンを見たことのある方は多いのではないでしょうか。味の素の歴史は、1907年に鈴木三郎助氏が合資会社鈴木製薬所を設立したことから始まりました。

その後、現行の「味の素株式会社」という社名には、1946年に変更されています。主な事業内容は、食品、アミノ酸、医薬品などの製造・販売です。食品事業では「味の素」や「ほんだし」、「クノール」、「Cook Do」の製品が有名となっています。

そのほか、アミノ酸事業では「アミノバイタル」という栄養食品の製造・販売、画薬事業では髄液栄養透析分野・消化器病分野・生活就活病分野の3領域でさまざまな医薬品を開発しています。

9.ワコール

売上高:1,867億円
従業員数:20,984名
平均年齢:46.9歳
平均勤続年数:20.6年
平均年収:585万円

「ワコール」は、京都府京都市に拠点を構えている衣料品メーカーです。ワコールは主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

1946年に塚本幸一氏がアクセサリー販売を手掛ける「和江商事」を設立したことから、その歴史は始まりました。その後、1948年にブラジャーと出会い、それ以降は女性用下着の製造・販売を手掛けています。

ワコールの主力となっている商品は主に女性向け下着で、メインブランドの「ワコール」と、少し価格帯を低くした「ウイング」の2つのブランドが軸になっています。そのほか、ナイトウエアやスポーツウエア、男性用下着などの製品も製造・販売しています。

ちなみに、現在の社名である「ワコール株式会社」へは、1957年に変更しました。それまでの社名が他社と重複していたことから変更したのですが、ここには「和江の名前を永遠に留める」という意味を込めています。

10.タニタ

売上高:約200億円
従業員数:約1,200名
平均年齢:不明
平均勤続年数:不明
平均年収:約500万円

タニタは、体組成計などの計測器、精密機器を製造している大手メーカーです。タニタは主に「BtoC商品」を扱うメーカーになります。

1923年に谷田賀良倶(たにだ かろく)氏が、「谷田賀良倶商店」を創業したことによってその歴史は始まるのですが、当時はシガレットケースや貴金属宝飾品などの製造・販売を手掛ける金属加工メーカーでした。

その後1959年には、日本国内で初めて家庭用の体重計を製造します。現在では体脂肪計や体組成計が主力製品となっており、そのほかには料理はかりやタイマー活動量計、歩数計などの製造・販売をおこなっています。

近年では、テレビ番組や「体脂肪計タニタの社員食堂」をはじめとした書籍・雑誌などの影響によって、製品以上に社員食堂が一躍脚光を浴びました。それもあり、社員食堂をイメージした店舗を全国にオープンさせています。

メーカーに就職する2つのメリット

メーカーに就職する2つのメリットを表した図

メーカーに人気があるのはそれだけのメリットがあるからです。やりがいが感じられること、給料水準が高いことが主な理由として挙げられます。

業界にも原料を製造する第一次産業に属する産業から、製造された製品を販売する第三次産業に属する産業までありますが、メーカーは第一次産業と第二次産業の橋渡しをする第二次産業に属します。

メーカーがなくなってしまうと、第一次産業で生産した原料は加工されないまま私たちの目の前にやってきますし、第三次産業はサービスを提供することが難しくなるでしょう。

そんな、メーカー業界に就職するメリットについて詳しく見てみましょう。

1.やりがいを感じられる

メーカーはまだ世の中にはない新しいモノを作り出していくので、やりがいを感じる場面は多いです。これまでの世の中になかったモノを作ることで、私たちの生活をより便利で豊かにしていくことはメーカーの使命でしょう。

全てのメーカーが、世の中になかったモノを作れるわけではありません。莫大な研究費や生産費用をねん出できる大企業のメーカーに限られるでしょう。

全くなかったものを生み出すということは、想像力も創造力も必要になる仕事です。それを生み出したことによる影響や反響を考え、様々な人との折衝を重ねた上で成し遂げられることです。

しかし、難しいからこそ、それを成し遂げられた時の達成感と、製品が手に渡ったユーザーからの反応を得られた時の喜びは、他の業界では味わうことができません。創造的な仕事に就きたい人や、その反応を肌で感じたい人にはおすすめの仕事です。

2.給料水準が高い

メーカーの業界別年収ランキング

  1. 1 半導体701万円
  2. 2 自動車・自動車部品637万円
  3. 3 化学品635万円
  4. 4 機械635万円
  5. 5 電子・電気機器625万円
  6. 6 化粧品598万円
  7. 7 金属597万円
  8. 8 日用品587万円
  9. 9 その他587万円
  10. 10569万円

引用元:【2021年最新版】メーカー業界の平均年収ランキング【令和版】

上記の図は「【2021年最新版】メーカー業界の平均年収ランキング【令和版】」を参考に作成したランキングです。

メーカーは大手の場合、給与水準が高く安定して長期的に働く事ができるメリットがあります。大手のメーカーは取引している企業も多いため、それだけ多くの人から信用される立場です。その分、仕事量は多かったりと大変なこともありますが、それに見合うだけの報酬をもらうことができます。

またサラリーマンの平均年収が400万円程度と言われているため、平均と比べると高めとなっているメーカーがほとんどです。このようにメーカーは給与水準が高いことがメリットとしてあげられます。

「給料」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「給料」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

<!-- カメレオン2スタート -->

興味があるならまずは業界研究

メーカー業界でも様々な企業とメリット、志望動機の書き方について見てきました。ここでは大手のメーカーを例にとって見てきましたが、メーカーと言っても企業規模も扱っている商品も千差万別で、どこを選ぶかによって働き方も全く変わってきます。

少しでも面白そうだな、と思ったらまずは業界研究をしてみましょう。業界研究をしていくことで、どんな業界なのかといったことが立体的に見えてきます。もし自分に興味のある製品を扱っているメーカー業界があったら、勤務条件や給与面だけでなくどんな企業があるのかやシェア率などを詳しく深掘りしてみましょう。そうすることで、長く働ける企業との出会いに一歩近づくことができます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ