身だしなみ

ネクタイの色は自分自身を表す!就活で着用するネクタイは正しくおしゃれに選ぼう

ネクタイの色や柄によって印象は異なる

就活生だけではなく、ビジネスマンにとっても知っておきたい知識の1つがネクタイの選び方です。具体的にはネクタイの色や柄次第に注意しましょう。それだけで印象は大きく変わります。ネクタイ次第で人に良い印象を持ってもらったり、逆に悪い印象をもたれたりするのです。

ネクタイ選びのポイントを知っておけば、就活だけではなくビジネスシーン全般で役立ちます。ではどのような色や柄を選べばよいのでしょうか?そのポイントを押さえておきましょう。

青系は冷静さや誠実さ

青色のネクタイは冷静さや誠実さ、真面目、知的や若さなどの印象を与えると言われています。日本の場合、ビジネスシーンでも使われていることが多い色です。同時に就活でも定番のカラーとして多くの人が着用しています。その理由として、青色のネクタイは人の気持ちに落ち着きをもたらせるとも言われているからです。初めて顔を合わせる相手の場合に適しているでしょう。また、どのような業界でも好まれている色であり、特に事務系など真面目さが特に求められる業界でも多いです。

ただ、一概に青色と言っても濃さやストライプ柄の色との組み合わせには注意が必要です。例えばストライプ柄に暗い青色など、落ち着きすぎる色と組み合わせると厳格なイメージをもたれると言われています。

明るい青はフレッシュさや爽やかな印象

青色は落ち着いたイメージや、信頼を得たい時に着用したいカラーの1つです。ただ、あまりに濃い色だと重すぎてフレッシュさという部分では弱い印象を与える可能性があります。新人や就活の場合は明るい青を選んでも良いでしょう。明るい青色の場合、フレッシュさや爽やかな印象を与えることが期待できます。

また、柄の組み合わせによってよりそのイメージを強くすることもできます。例えばストライプ柄を利用し、青色に明るい黄色を組み合わせることで信頼感だけではなく、親しみやすさを強調することが期待できます。また、青系統として水色などもあります。水色は特に爽やかさや若々しさを強調できるでしょう。特に春、夏に適した色と言えます。ただ。明る過ぎるのもビジネスには適さないと思われる可能性があるので注意が必要です。

赤系は情熱ややる気

赤系統は人の目を引く派手な色です。また、情熱や、やる気を感じさせるカラーと言われています。赤系のネクタイをする時は、そのため特に自己主張をしたい場面に適しているでしょう。また、積極性を感じさせる色でもあります。

また、赤色は相手だけではなく自分の心を鼓舞することができます。少し不安な時、前向きになりたい時には赤系のネクタイを着用し、自分の心を燃え上がらせるのも良いでしょう。

自分の意見を言わなければならない場面などで、自信を持ちたい時にもおすすめです。例えばプレゼンテーションなどのシーンに適しています。ただし、赤色は攻撃的な色と言われているのも注意が必要です。着用する場合、相手との信頼関係は構築できているかどうか考慮して使い分けましょう。

緑系は落ち着き

緑系のネクタイは落ち着きを与えることができると言われています。また、植物を連想させる色です。癒やしや清潔感などを与えることが期待できるでしょう。穏やかな雰囲気を漂わせられますから、トラブルを避けたい時に向いています。また、安心感を与えられますから、相手が不信感を覚えているのではないかと感じる場面などに向いているでしょう。特に青色と同じように暗めの緑であれば落ち着きを与えることが期待できます。

明るい緑色は、フレッシュさを感じさせます。そういう意味では、青色と似たようなイメージを相手に与えることができるでしょう。安心感を与えられるのでプレゼンテーションの時など、自分自身も気持ちを落ち着かせて冷静になりたい場面の時にも向いています。

紫は個性や高貴

紫は少し神秘的な印象を人に与えられます。他にも個性的で、高貴なイメージを与えることができるでしょう。知的さという部分でも、相手に強い印象を与えることができます。ただ、他の色と違い紫の個性は強く、着用している人も限られています。そのため就活の場面や新人ビジネスマンは避けた方が良いでしょう。紫にはクリエイター関係やこだわり派の人が好む半面、浮世離れしている、ナルシストや変わり者が好む色としても知られています。そのためビジネス面で着用するのが難しい色です。

上手に着用すれば存在感を大きくすることも期待できます。企業などの組織の中で、ある程度地位が高かったり、組織とは関係のない人だったり、コーディネートに自信がある人でないと避けた方が無難です。

ネクタイは色だけでなく柄も大切

柄にも注意したい所です。柄と言っても多種多様です。主に、無地、ストライプ、ドット、チェック、小紋、ペイズリーなどがあります。ビジネスシーンでよく見られるのは、無地です。他にチェック柄やストライプなどを着用する人が多いです。

しかし就活やビジネスシーンには合わない柄もあります。特にカジュアル寄りかどうかは就活や新人の立場では特に気をつけた方が良いでしょう。ネクタイの柄についてはどのような点を注意すれば良いでしょうか?

柄もの初心者は小さめがおすすめ

柄は大きいか小さいかで印象も変わります。大きな柄は目立ちますし、インパクトが強くなるからです。自己主張という意味では良いかもしれません。しかし目立つということは大きな失敗につながりやすいと言えます。就活やビジネスシーンを前提にすると柄はできるだけ小さなものが良いでしょう。

また、小さな柄の場合、コーディネートにメリハリがつきやすいというメリットもあります。そのため柄つきネクタイ初心者は小さな柄をおすすめします。それでも大きな柄を選ぶなら、カラーが少ないものを選ぶことで大きな失敗を回避しやすいです。どうしても色の種類が多いとカジュアルなイメージが先行してしまいます。同時にごちゃごちゃした印象を与えてしまう可能性があるからです。

ストライプは細めのほうがスーツに合わせやすい

ストライプ柄で注意したいのは幅です。細めの方がスーツに合わせやすく、メリハリがつきます。少し慣れたら、太めのものを選ぶようにしても良いでしょう。ストライブのネクタイのポイントは、そのデザインだけで選ぶのではなく、スーツとシャツに合わせたコーディネートです。

例えばシャツのストライプが細い場合、ネクタイは太くすると良いでしょう。逆にシャツのストライプが太ければ、ネクタイは細いというようにコーディネートをすることでメリハリがつきます

また、ネクタイの柄には英国式と米国式があります。一般的に、ストライプの線が左から右に上がっているのは英国式です。逆に左から右に上がっているは米国式です。日本の場合、一般的には英国式が多い傾向にあります。

ドットはカジュアルな印象を与える

ドット柄はカジュアルファッションに多く取り入れられているので、ビジネスシーンで控えましょう。ストライプと比べるとドット柄のネクタイを着用している人は少ないです。ただ、上手に取り入れればビジネスシーンでも浮かなくて済みます。

ポイントは色味が少ないデザインです。色が多ければ多いほどコーディネートは難しいと考えておきましょう。色が少なければそれだけ落ちつた雰囲気を与えることができます。

また、ビジネス用のドット柄の場合、大きさは小さなものを選びましょう。どうしても大きなものが良いなら、ドットの数が少ないものをおすすめします。大きくて多いとどうしても派手になってしまうからです。そのためビジネスシーンには向いていないと言えるでしょう。

パーティーシーンではインパクトのある柄物もおすすめ

ビジネスシーンで求められる服装と、パーティーシーンで求められる服装は異なります。パーティシーンでは、ビジネスシーンで気をつけたいポイントだった落ち着きや信頼性や誠実性は必須でもありません。程度によりますが、少し派手目の柄でも許してもらえます。そのためインパクトのある柄物を選ぶようにしても良いでしょう。

オシャレ度を意識するなら、蝶ネクタイなどでも大丈夫です。また、ビジネスシーンでも、パーティーシーンでも万能に使える1つがグレーカラーのネクタイです。グレーのネクタイの場合、柄も小さなデザインを選ぶことで、ビジネスシーンでも通用するものになります。ただし、合わせるシャツやスーツのデザインやカラーに合わせてバランスの取れたコーデネートをしましょう。

就活生はネクタイだけでなく身だしなみチェックが必要

就活生が気にしなくてはいけないのは、ネクタイの色だけではありません。まずスーツの選び方です。大きいサイズでも袖が短い小さなサイズになっても恰好が悪くなります。次に髪型です。襟足や前髪の長さによっては、うっとうしく見られたり、だらしなく見られたりする可能性もあるのです。

このように、就活生は身だしなみに注意しなくてはいけません。そこでご紹介するのが、「就活マナーマニュアル」です。この資料には就活生が気を付けるべき身だしなみについて細かく記載しています。そのため、身だしなみで迷ったら資料をチェックすれば解決できる1冊になっています。ぜひ手に取ってみてください。

関連記事

ネクタイを選ぶときの基本

就活用にネクタイを選ぶ時に押さえておきたい点は3つ。上記でNGとされている色味や柄に該当していないか、自分の顔立ちに合っている色か(幼すぎたり老けて見えないか)、ワイシャツやスーツとのバランスが取れているかが重要になります。自分の気に入ったネクタイを見つけた方は、以下の正しい着用方法を参考にしてください。

ネクタイの正しい長さ

ネクタイを着用する時、どの程度の長さに調節すればよいかイマイチ分かりませんよね。一般的には、ベルトのバックルに半分かかる程度の長さにすると上半身のバランスがよくなります。短すぎると重ねた後ろ側のネクタイがはみ出てしまいますし、長すぎるとだらしが無くぶかっこうになってしまうので気をつけましょう。
ネクタイを結ぶのに慣れていない方は、面接までに何度か練習しておくといいかもしれません。面接会場で万が一ほどけてしまった場合でも慌てずに済むので、正しい長さに調節できるよう特訓しておくといいですね。

ネクタイの正しい幅

種類によって6~9センチほど幅の違いがありますが、ネクタイの太さは襟元に合わせると着崩れず綺麗に決まります。襟が浅めのワイシャツであれば細めのネクタイを選ぶようにしましょう。
また、ワイシャツとネクタイを同時に購入する予定であれば、肩幅が広く胸板が厚い場合、太めのネクタイを選ぶとバランスが良くなりますよ。ネクタイも自分の体形に合ったものにすることでぐっとオシャレ感が増します。

ネクタイの色はシーンに合わせて選ぼう

ネクタイの色はビジネスとおしゃれ着では考え方が異なります。特に就活生や新人ビジネスマンの場合、金色やピンクや、黒、白などは控えた方が良いでしょう。また、紫についても注意が必要です。例えば金色やピンクは目立つかもしれません。ただし、ビジネスシーンでは、就活にふさわしい、新人ビジネスマンにふさわしい服装が求められます。

黒や白も同じです。黒や白は弔事用や慶事用のネクタイとして使われます。そのため、ビジネスの現場だと、少なくとも日本ではあまり好かれない色なのです。また、紫も就活生や新人ビジネスマンには向いていないネクタイの1つです。このようにネクタイ1つで人の受ける印象は全く異なります。そのことを念頭に入れ、シーンに合わせたネクタイ選びをしましょう。

色味や柄で面接官に与えるイメージが変わるとしたら、できるだけ自分の個性を主張できる就活に有利なコーディネートにしたいですよね。ネクタイで自信も身につけ、面接官に自分の魅力をアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ