履歴書

履歴書でアピールポイントを魅力的に見せるコツ【例文あり】

「経験」ではなく「書き方」で差をつける

履歴書では自身のアピールポイントを明確にすることが大切です。就活では面接を受ける企業によって選考の過程や面接の回数などが違いますが、ほとんどの場合で共通して書類選考が行われます。書類選考は就活の第一の関門であり、まずはこれを通過しなければなりません。

書類選考を通過するためには履歴書が重要ですが、履歴書でのPRが上手くいかずに悩む人は多いです。就活では自分のことを知ってもらい、売り込むことが大切であり、履歴書においてもそれは同じになります。

履歴書でも自分を売り込み目立つ必要があります。目立つために必要なのは他人に誇れる「経験」ではなく、上手な「書き方」です。履歴書は「書き方」を意識することで大きく自分をアピールすることができます。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

そもそも履歴書から人事担当は何を見ているの?

履歴書で効果的なアピールができる書き方を知るためには、そもそも履歴書から人事担当者は何を見ているのかを知る必要があります。何が見られているのかを知らなければ、正しくアピールしていくことができません。

履歴書は氏名や住所、略歴に加えて志望動機や自己PRなどを書きますが、見られているのは基本的な情報だけではありません。それらの情報をもとにさまざまなことが分析されていますので、何を見られているのかから、どのようにアピールすればいいかを考えましょう。

企業研究をどれぐらい行っているのか

人事担当者は就活生の履歴書から、企業研究をどれくらい行っているのかを見ています。履歴書の中には直接企業研究について記す項目はありませんが、志望動機や自己PRなどから志望企業に興味があることの度合いを測っています。志望動機からどれだけ熱意があるのか、自己PRでアピールされている能力などが企業の求める人材像と一致しているかなどが重要です。

また、自分の説明の裏付けのために、どれだけ行動しているかも見られています。志望動機や自己PRは結論として自身の主張を語るだけではなく、それを裏付ける根拠が必要です。アピール内容に対して裏付けとなる根拠があるか、それは根拠として成立しているか、根拠付けをするための努力があるかなども見られています。

自身のことをどれだけ分析出来ているか

履歴書では企業研究だけでなく、自己分析がしっかりできているかも見られています。自己分析を行うことは本当の自分を知ることであり、自身の本音を探る作業でもあります。自分の動機付けがしっかりしていないと、その会社に入ってもギャップが起きたり、うまく活躍できないことがあるので自己分析は重要です。

自分の中の理想と現実の企業がマッチしているかどうか、また自分の理想を正しく知ることができていているかが見られています。人には向き不向きがあり、それは仕事に関しても言えることです。好きな仕事、やってみたい仕事と実際に向いている仕事は違います。自身の能力と企業に求められる能力の両方を知り、それらのギャップを埋めた上で志望しているかが見られています。

企業にマッチした人物かどうか

企業が履歴書でよく見ているポイントがあります。まず目にするのが、証明写真です。証明写真の撮り方や表情の他に、髪型などの基本的な身だしなみが整っているのかをチェックされます。大手企業には何千何万もの履歴書が届くので、細かい所まで判断されます。

経歴を書く際は、少しでも見やすくするために文字を揃えて書くことや、今までの部活動での活躍を書くことが大切です。最後に自己PRです。企業はここを最も見ています。結論から端的に根拠を持って書かれているのかがポイントです。履歴書を相対的に見て、通すか通さないか判断され、自己PRの内容から人物像を想定されるため、長所を最も伝えられるエピソードを交えて書きましょう。

本気で志望しているのか

履歴書は作るのが面倒なものだと感じている人は多いでしょう。だからこそ、作成する際に手を抜いていないか、本気で作成しているかが見えやすいのです。客観的に考えると、履歴書から得られる情報の多くは、分かりきったものばかりです。学歴にしても名前にしても、その多くは単なるプロフィール情報でしかありません。

実は志望動機などの自由記載欄であっても、いくつもの履歴書を見てきた人にとっては見飽きたものでしかないのです。だからこそ、どれだけ考えて、どれだけ本気で作成しているのかが注目されます。面接官からすれば、ウェブ上でコピペしたようなものは一目瞭然です。自分でしっかり考えて作成し、本気で作られたものだというのが相手に伝わるかどうかが重要なのです。

アピールポイントを見つけるには自己分析が大切

自分をアピールするポイントを見つけようと思えば、当然自分自身のことを詳しく知っておかなくてはなりません。逆に言えば、自分をきちんとアピールできる人は自己分析をしっかりとおこなっている人であり、企業とのミスマッチも起こりにくいため、企業からの印象も良くなるでしょう。

自己分析はそれだけ大事なものですが、一方で、「自分のことだからよくわかっている」「自己分析って具体的にどうしたら良いかわからない」という人もいるでしょう。ここからは、自己分析で自分のアピールポイントを見つける具体的方法を紹介していきます。

自分の長所と短所を書き出してみる

自己分析から自分のアピールポイントを見つけるの方法の1つ目として、自分の長所と短所を書き出してみるということが挙げられます。自分の長所が何となくわかっていると感じていたとしても、書き出して客観的に捉え直してみることで、新たな発見・長所の発見ができる可能性があります。

長所だけでなく、一緒に短所を書き出すのもポイントです。長所と短所は表裏一体となっていることが多いため、短所からアピールポイントが見つかる可能性があるのです。例えば「計画的に行動するのが苦手」という短所が見つければ、逆に「フットワークが軽く、問題意識を持ったら即行動に移すことができる」という長所が見つかる可能性もあるでしょう。また、書き出した長所・短所について、それらを裏付ける具体的なエピソードもできる限り思いだしてみましょう。

他人が思う自分の性格を聞いてみるのもおすすめ

自分のアピールポイントを探すのには自己分析が重要ですが、自分だけではなく他人の目線で分析していくことも大切です。これは他己分析と呼ばれます。冷静に考えてみればわかりますが、社会人になって企業で働く上で、自分の仕事を評価するのは社内・社外を含め、基本的に他人ということが多いでしょう。

自分だけの視点で自己分析をしても、視点が偏ってしまい、周囲の評価との間にギャップが生まれるということもあり得ます。周囲とギャップのある自己分析に基づいて就活を進めることは、ミスマッチが発生するリスクも大きくなってしまうでしょう。

他人に自分のことを聞くことで、自分が知らなかった長所や短所を知ることができ、それが新たなアピールポイントの発見につながることも多いのです。自分では当たり前・些細なことだと思っていることでも、他人から見れば大きな長所だということもあるでしょう。ぜひ身の回りの多くの人に自分について訊いてみることをおすすめします。

履歴書で周りと差をつけるアピールテクニック

就活では自分の魅力を正しく伝え、自身を売り込んでいくことが大切ですが、それに加えて人事担当者の印象に残ることが大切です。就活をしているのは自分一人ではなく、周りにはライバルがたくさんいます。

どれだけ素晴らしいアピールができても、それが人事担当者の印象に残らず、他の就活生に埋もれてしまっては意味がありません。自分の魅力をしっかりと伝え、他の就活生より目立つ必要がありますので、履歴書で周りと差をつけるアピールテクニックを身に付けていきましょう。

エピソードは平凡でも具体性で差別化

他の人と差をつける魅力的な履歴書を書くとなれば、特別な内容を書かなければならないと感じる人は多いですが、実際はそうではありません。たとえ内容やエピソードが平凡であっても、伝え方次第で魅力的なアピールを行うことはできます。周囲と差別化を図るためのポイントは具体性です。

自分は特別な人間である、多くの経験をしたとアピールするのではなく、平凡な経験でもそれに対して感じ方は十人十色ですので、そこで自分独自の観点をPRするようにしましょう。

自身の主観を交えて、具体的に経験したことを語ることで差別化を図ることはできます。大切なのは経験そのものではなく、自分の感じたことを自分の言葉で伝え、自分にしかできないアピールをすることです。

企業が求める「理想像」と自分の長所を擦り合わせる

履歴書の自己PRは自分を売り込む文章ですが、自分の好きなように能力をアピールしても周りと差をつけることはできません。能力があってもそれを発揮できなければ意味はありません。どのような能力であれば活躍できるか、どのような能力が求められているかで自己PRを変えていく必要があります。

各企業によって求める人材は違うものですので、まずは企業研究を進めて志望する企業が求める人材像を知りましょう。しっかり分析した上で、自分の長所が論理的にどう求める人材と合致するか練りこむことが大切です。長所は考え方や捉え方を変えれば変化させることができますので、志望する企業に合わせて、自身の長所を変化させてアピールを考えていきましょう。

志望動機に対しての裏付けが出来るとさらにGOOD

志望動機ではどれだけ企業のことを分析したか、その上でどれだけ志望度が高いかをアピールすることが大切です。ただ企業研究を進めて熱意を伝えるだけでは、周囲と差をつけることができません。企業を志望するには必ず理由があるはずですので、志望動機に対して明確な裏付け、理由付けができるとさらにいいでしょう。

これは志望動機の項目だけではなく、自己PRにおいても大切なことです。アピールしたことがきっかけ、またそれに基づいた視点から志望動機に繋がっていることが説明出来ると、より周りと論理的思考力・説得力で差がつけやすいです。履歴書はトータルで評価されますので、全てにおいて一貫性を持ってアピールして差をつけていきましょう。

競合他社との比較を入れる

履歴書において、他者と差をつけるために最も手軽なのは、応募先企業と競合他社との比較を打ち出すことでしょう。面接において「なぜ弊社を選んだのか」といった質問は多いですが、この意図は「同じ業種の数ある企業の中からなぜその会社を選んだのか」という意味です。

つまり、競合他社と比較してなぜその企業を選んだのかをに説明できなければなりません。これは、実際に働き始めてから競合他社に勝つ仕事ができる人材かどうかを見極めるためにも、重要なポイントです。そのため、履歴書の時点で競合他社にないその企業の魅力を伝えることができると、一目置かれる存在になれるでしょう。そのためにも、競合他社との比較をアピールとして履歴書に盛り込むようにしましょう。業界分析をしてきたことも伝えられるので、一石二鳥です。

履歴書に書く自己PRの例文3選

履歴書に書く自己PRの例文3選を紹介します。自己PRは、過去の経験から学んだことを現在どのようにして活かしているのか、結論から分かりやすく伝えるものです。まず、自分の強みを知るためには自己分析が必要不可欠です。

過去の経験と照らし合わせて、自分が目標達成に向けて頑張ったことや、結果を出すことができた経験を深掘りすることで、あなた自身を知ることから始めましょう。また、自分はどのような人間なのかを客観的に知ることも大切です。ぜひ、以下の例文を参考にあなた自身の経験で得た強みを織り交ぜて、オリジナルの自己PR文を作成してみてください。

例文①

私は「最後まで諦めないコミット力」がある人間です。学生時代はインターンシップに力を入れてマーケティングの活動に注力しました。パナマハットを担当していたのですが、「どのターゲットにアプローチするべきか」「どうしたら売上が上がるのか」「どうしたら商品を知ってもらうことができるのか」という風に、試行錯誤を繰り返しました。

SNSで特設ページを開設した結果、パナマハットの売り上げが前年比3.5倍になりました。この経験から学んだことは「学び続ければ結果に結びつき価値を提供することができる」ということです。貴社の企画部門でも、この経験を活かすことができると思い志望しました。

自己PRで「最後まで諦めないコミット力」を伝える場合は、「前年比3.5倍の売上に貢献」のように、具体的な数字を使用することで分かりやすく伝えることが大切です。「最後まで諦めなければ、結果が付いてくる」という部分では、成長意欲や向上心があるということをアピールできます。

「インターンシップ」や「インターネットマーケティング」などのワードを出すことで、大学外での積極的な活動と、基本的なビジネスにおけるマーケティングの視点を理解しているということをアピールすることが可能です。結果が出るまでの過程を提示すれば、自分の興味や関心があることに対して追求心があることも強調できます。

例文②

私は「好奇心旺盛」な人間です。学生時代にはカンボジアに2年間留学に行き、日本人の起業家の方のお手伝いをさせて頂きました。カンボジアはビジネスの種が無数に転がっている環境であり、ひとつのアイデアが「お金を産み始める」ビジネスの最先端だと感じました。

例えば、カンボジア初の日本料理レストランの出店や、日本人の観光客を案内する旅行代理店としてお手伝いをさせて頂きました。この経験で学んだことは、「人生の価値は、何を得るかではなく何を残すか」です。この強みを活かして、貴社の営業部に貢献したいと思っております。

好奇心旺盛という強みで自己PRする際に「カンボジア留学」というワードを使用することで、「チャレンジ精神がある人間」「グローバルに活動している」などの部分を強調することができます。

また、カンボジアにボランティアや旅行で行ったのではなく、カンボジアのビジネスに関わった部分に関しては、「何もない所から個人で稼ぐ力がある」と言うようなアピールができます。この部分は、他の学生と差別化できるポイントです。最後に、「人生の価値は、何を得るかではなく何を残すか」と学んだことを伝えることで、価値観や考え方をアピールできています。

例文③

私は、「強調性がある」人間です。学生時代は、八王子委員会という講演会のアシスタントに力を入れて活動していました。特に力を入れたのは、次回のパネラーの方へのアポイントや集客のところです。

「どうしたら人を集められるのか」「どうしたら面白い講演会にできるのか」という風に、仲間と常に試行錯誤を繰り返し、常に満員御礼のイベントにすることができました。「仲間と役割分担することで、1人1人がハイパフォーマーになり、それが相乗効果を生む」ということを学びました。貴社でも、この経験を活かすことができると思い志望しました。

「八王子委員会」「アポイントや集客」というワードを使用することで、大学外で積極的な活動をしていることや、社会人の基本的な考え方を理解しているというイメージを持ってもらえます。

また、「どうしたら人を集められるのか」というワードを使用することで、「基本的な集客の仕方」を自分の経験を通して学んでいるという印象を与えられるでしょう。「仲間と役割分担することで、1人1人がハイパフォーマーになり、それが相乗効果を生む」という学びを通して、「分業体制の大切さ」と「基本的な社会構造」を理解しているというアピールができます。

例文④

私は好奇心旺盛であり、自分が興味・疑問を持ったことは妥協せずとことん追求する性格です。学生時代、大学の近所の和菓子屋さんに足を運んだことがきっかけで、和菓子に興味を持ちました。インターネットで全国の和菓子について情報を集め、特に興味のあるものについては書籍で詳しく調べたり、実際に夏休みなどを利用して現地に足を運んだりもしました。

地域おこしに関するゼミでは和菓子によって地域復興を果たした事例を詳しくリサーチし、学内で高い評価を得ました。一方で、フランス語を勉強したり、サッカー観戦にも熱を入れるなど、自分の興味範囲を広げる努力もしてきました。この性格を貴社のマーケティングにも活かしたいと思います。

冒頭で伝えたい自分の長所を伝えており、とてもわかりやすい内容になっています。「好奇心旺盛」が長所であり、それを裏付ける実体験や学内での評価について触れられており、説得力があります。

一方で、「興味のあるものにしか積極的にならないのでは?」と思われてしまいがちなのが好奇心旺盛の注意点です。この例文では興味範囲を広げる努力を伝えられているため、好印象を勝ち取ることができるでしょう。

例文⑤

私の長所は、情報発信への貪欲さです。学生時代は美術サークルに所属しており、美術展の情報などをSNSで発信しました。Twitterなどで情報発信をしましたが、反応してくれるのは限られた友人だけでした。そこでSNSに関する本を5冊ほど買い、紹介されている方法を端から試していきました。興味を持ってくれそうな方をこちらからフォローしたり、フォロワーの方が興味を持ちそうな日常ネタを発信することでフォロワーが増え、1,000人以上になりました。

演劇サークルや音楽サークルからも声がかかり、今は3つのサークルで広報を手がけています。貴社の広報部でも新しい情報発信手段を貪欲に学び、結果を出していきたいと思います。

こちらの自己PRでも、冒頭に長所が「情報発信への貪欲さ」とストレートに表現されており、とてもわかりやすくなっています。この自己PRの良い点は、自分が本を5冊読んで方法を試したなど、経験を通して情報発信に対する貪欲さが示せている点です。

さらに、単に経験を述べるだけでなく、フォロワーが増えた、他のサークルからも声がかかったなど、成果を出したことも明示できています。志望先の広報部でも懸命に学び、結果を出してくれそうだということが伝わるでしょう。

例文⑥

私の長所は、他人のニーズをキャッチするコミュニケーション能力です。学生時代には百貨店で化粧品販売のアルバイトをしていました。大好きな化粧品について学び、一生懸命にプレゼンテーションをしましたが、成績は店舗最下位が続きました。

そこで、「自分だったらどんな接客が受けたいか」を考えたところ、「自分の悩みをわかってくれる接客」という答えにたどり着きました。以降、お客様の話を共感しながら聴くことに注力し、お客様のニーズを叶える商品を紹介した結果、店舗内でトップレベルの実績になり、リピーターも増えました。貴社でもお客様のニーズに寄り添った接客で成果を出したいと思います。

こちらの自己PRでは、実際の経験を通して身に付けることのできたコミュニケーション能力についてアピールできています。販売成績が最下位だったところからお客様目線で接客を振り返り、店内トップレベルの実績を達成したことを書くことで、客観的に自分の成長を示すことができています。

お客様目線に立ったコミュニケーション能力はどの業種・業界でも必要スキルですので、好印象を与えることができるでしょう。

例文⑦

私の長所は、全てを自分事として捉える責任感の強さです。学生時代は中国料理店でアルバイトをしていました。他のスタッフが接客態度でクレームを受けたことがきっかけで、店舗全体の接客スキルのアップが必要だと感じました。休日に都内で接客について口コミの良い店舗に足を運び、自分たちとの違いを学びました。

さらに接客の本で学び、その成果を毎週末のミーティングでシェアしました。店長からは研修リーダーを任され、スタッフ全員の接客力向上を目指した結果、地区内最高の口コミ評価をいただくことができました。貴社でもこの責任感を活かし、お客様・会社に精一杯の貢献を果たしたいと思います。

こちらの自己PRでは責任感の強さがアピールされていますが、責任感の強さをアピールする際には具体的なエピソードが必須です。責任感は誰にでも必要とされており、誰もが「責任感があります」と簡単にいえます。

しかし今回の例では、他のスタッフが受けたクレームを自分事として捉えたこと、それに対して具体的なアクションを起こして成果を出したことまで書かれているので、とても説得力があるのです。

例文⑧

私の強みは逆境を乗り切る精神的なタフさです。学生時代には陸上部に所属していましたが、疲労骨折や貧血などで、最初の2年間は全く結果を出すことができませんでした。入部当時からのライバルがどんどん記録を更新する中、私はひたすらサポート役でした。しかし、私はこの状況をチャンスにしようと思い、練習ができない時間に栄養学や生理学の本を読んで勉強し、自分やチームの体調管理に活かしました。

3年になって復帰してからはみるみる記録を縮め、県内の駅伝ではチームで優勝することができました。貴社に就職してからも、苦境をチャンスに変えるという発想で粘り強く成果を出していきたいと思います。

精神的な強さはどの職場でも求められる大切なものです。いくら仕事に適性があっても、ずっと順境で仕事が進んでいくとは限りません。逆境が訪れた際、精神的に参ってしまっては、いくら高い能力を持っていても仕事を続けていくことは困難でしょう。

この自己PRでは、逆境をチャンスに変えるという発想で実際に結果を出したことが書かれています。具体的に何をしたのか書かれており、行動力もアピールできていますので、入社後もきっと粘り強く仕事に取り組むだろうという印象を与えられるでしょう。

例文⑨

私の強みはさまざまな人に合わせてコミュニケーションが取れることです。学生時代は2年間、オーストラリアで語学の勉強をしました。現地の学校にはオーストラリア人だけでなく、ヨーロッパやアジア、アメリカなどからたくさんの留学生が来ていました。最初は戸惑うことが多かったのですが、彼らと共に過ごしていく中で、いろいろな立場や文化に立ったコミュニケーションが取れるようになりました。

帰国後、バレーサークルのマネージャーをしましたが、部員のプライベートな悩みや仲違いがより客観的に見れるようになり、相談役として皆の悩みを解決しました。この経験を貴社の接客でも活かし、顧客満足度が向上するよう貢献したいと考えています。

こちらの自己PRは、留学経験のある人のものです。留学して語学を学んだことや異文化コミュニケーションの経験は武器になりますが、実際の仕事でどう活かされるのかが大切です。今回のPRでは、さまざまな人間関係が客観的に見れるようになり、サークルメンバーの悩みを解決したという成果も書かれています。

自分が経験して身に付けたスキルを紹介するだけでなく、それを実際に解決手段にした経験を書くことで、入社後もうまく活かしていけそうだという印象を与えることができるでしょう。

例文⑩

私の強みは自己管理能力です。大学1年生の時、無計画に過ごしていた結果、TOEIC試験で目標点の600点が取れず、悔しい思いをしました。そこから何とか雪辱を果たすべく、700点を目標にスケジュールを立て、2年次の終わりに達成できました。その後、興味の湧いた簿記検定、ITパスポートなどの資格も取得しましたが、大学の授業でも良い評価を得て、喫茶店のアルバイトとも両立させました。

無計画に過ごせば時間はただ過ぎ去ってしまいますが、計画を立てて自己管理することでたくさんの成果が得られることを学びました。貴社でもこの自己管理能力を活かし、たくさん学んでスキルを向上させ、結果を出していきたいと思います。

自己管理能力も、社会人に必要な能力の1つです。この自己PRの場合、目標を立ててそれを実現するために自分をコントロールするという視点で書かれています。大学生活はそれまでの高校生活と違い、自分で自由に時間を使えることが多いでしょう。

その中で悔しい思いをし、時間を有効利用する大切さを学んだことが書かれています。学生時代に身に付けた資格など、実績も書かれているのでとても説得力がある自己PRです。

履歴書の自己PRのNG例3選

ここからは、履歴書の自己PRのNG例を見ていきましょう。良い自己PRに学ぶことも大切ですが、失敗例を避けることで、自分の自己PRのマイナスポイントをなくしていくことも大切です。良かれと思って書いたことがマイナスに働いている場合、それに自分で気付くのはかなり難しいものです。

失敗例から学べることも多いので、さまざまな失敗例についても見ていきましょう。以下で紹介するのは、「アピールポイントを一つに絞れていない例文」「肩書や実績に頼りすぎている例文」「企業のニーズと合わないアピールをしている例文」です。

アピールポイントを一つに絞れていない

私は積極性があり、責任感が強く、粘り強い性格です。そのため大学時代はバレー部の副キャプテンを任されました。効果的な練習方法などを積極的に本で調べ、常に貪欲に練習に取り組みました。また友人の悩みは親身に聞き、問題解決までしっかりと責任を持って寄り添いました。

粘り強くバレー部の練習に取り組んだ結果、チームで関東大会出場を果たしましたし、その粘り強さは学問にも活かされ、6割以上の授業で優の成績を取りました。これらの能力を貴社でも活かして貢献していきたく思います。

この自己PRでは、長所が3つ挙げられています。しかし、限られた字数の中、1つ1つの長所に少しずつしか触れられていないため、「なんだかすごいけど、結局何が得意なんだろう?」という印象になりやすいので要注意です。

1つ1つに対して具体例が大雑把であり、部活、友人関係、学問など多岐に渡るため、イメージしにくいです。「これらの能力を貴社でも活かして」とありますが、どう活かしていくのか、漠然としてイメージできないPRになってしまっています。

肩書や実績に頼りすぎている

私は学生時代、バレー部の副キャプテンとして、チームの関東大会出場に貢献しました。また、部活に力を入れる一方、学業や資格の取得にも積極的に取り組み、6割以上の授業で優の成績を取りましたし、TOEIC650点、簿記3級の資格も取得しました。

ゼミのプレゼンテーションでも教授やゼミの友人から「とてもわかりやすかった」と評価され、プレゼンテーション能力も高く評価されております。貴社に入社しても、学生時代の経験を活かし、たくさんの実績を積んでいきたいと思います。

この自己PRは、自分の学生時代の肩書きや実績に頼りすぎた結果、「長所が何なのかわからない」アピールになってしまっています。冒頭で自分の長所がまとめられていないのでわかりにくいですし、自分で取り組んだ過程や苦労した経験など、具体的なことはほとんど語られていません。

採用側は実績を知りたいのではなく、「どういう人物か」を知りたいと思っています。そのため実績を羅列することはアピールになりませんので注意しましょう。

企業のニーズと合わないアピールをしている

私の強みは知的好奇心の強さです。大学では理学部に所属していましたが、文系の学問領域にも興味があり、哲学サークルに所属して西欧哲学や日本哲学の本を読みあさりました。

また、それだけでなく、経済の仕組みや政治の仕組み、医学やIT、新技術などにも興味が広がり、学校の教科書以外で年間50冊以上の本を読みました。この知的好奇心からたくさんのことを学び、仕事に活かしていくことで、貴社の営業で結果を出していきたいと思っています。

知的好奇心の強さというのは確かに長所かも知れませんが、それは企業のニーズと結びつかなければ意味がありません。知的好奇心の強さから知識を増やし、それを仕事に活かすことで営業で成績を上げることもできるかも知れません。

しかしこの例では、ただ単に自分が学びたいことを学んだことしか書かれておらず、それをどう仕事に活かすのかは具体的に書かれていません。自分の好奇心を満たすためだけに勉強しているというイメージも強く、マイナスの印象を与えてしまうでしょう。

ここに注意!アピールが逆効果に働くこともある

履歴書は自身の情報を書き、基本的には自分をアピールするものですので、上手に伝えることができれば高評価を受けることができます。しかし伝え方を間違えればプラスの内容を書いていても全く評価されず、場合によってはマイナスの評価を受けてしまうこともあります。

履歴書でマイナスの評価を受ければ当然書類選考を通過することはできません。アピールが逆効果にならないよう注意して、少しでも高い評価を得られるように効果的なアピールを目指しましょう。

長すぎる説明は相手の理解を妨げる

履歴書は自身のアピールをするためのものですので、できるだけ多くの情報を盛り込みたいと思ってしまいますがこれはNGです。アピールポイントをたくさん盛り込んだからと言って、必ずしも高評価が得られるわけではありません。むしろ長すぎる説明やアピールは相手の理解の妨げとなり、マイナスの印象になってしまいます。

履歴書でのアピールや説明が長くなってしまうと結局何が言いたかったのかわからなくなりがちです。どれだけ魅力的なアピールであってもそれが理解できなければ評価のしようがありません。能力はアピールして正しく評価されることが大切ですので、相手に伝わりやすいように簡潔に、そして具体的にアピールするようにしましょう。

企業研究で自信のない点には触れない

履歴書で周囲と差をつけた魅力的なアピールをするためには企業研究をしっかりと行い、企業が求める人材像に合わせてのアピールが必要です。しかし企業研究を行った結果、求められる人材像や能力が自分の中で自信のない部分だった場合は、無理にそのアピールをする必要はありません。

無理して自分を大きく見せようとすると、その後の企業側の質問で深掘りされるリスクがあります。自信のない能力を深堀りされれば、レベルの低さを露呈するだけでマイナスの印象になってしまいます。企業の求める人材像に合わせてアピールするのは大切なことです。

しかしそれは絶対にそうでなければならないわけではありません。企業の求める人材像から、大きく外れていなければ問題はありませんので、無理のない範囲で自己PRを行いましょう。

過度なアピールはマイナスになる

実は自己アピールで最もやりがちなのが「やりすぎ」です。自分をアピールしようとするあまり、自分を大きくみせ過ぎてしまう人が少なくありません。日本人は謙虚であり、そのせいでチャンスを逃すとよく言われます。しかし、日本の会社に応募する以上、面接官もその謙虚な日本人がほとんどです。

度を超えたアピールは、横柄・大言壮語といった感想を持たれることに繋がりかねません。若さゆえの大口と取られれば良いですが、大半の企業ではそう取られないことが多く、そのためあまり大きなことは言わない方が無難といえます。一方で、あまりに謙虚だと印象に残らなくなってしまうため、少々ジレンマがあるのは否めません。ポイントとしては、大きなことをいう際に根拠を示せるかどうかです。根拠が示せない大口は、叩かない方が良いでしょう。

履歴書はしっかりとした準備が重要

就活の対策となると面接の対策を思い浮かべる人も多いですが、その前に書類選考があることを忘れてはいけません。書類選考を通過することができなければ面接に参加することはできませんし、面接は履歴書を見ながらおこなわれます。

面接では履歴書をもとにアピールを行いますので、仮に書類選考を通過しても履歴書がいまいちであれば、面接でも充分なアピールはできません。履歴書は就活の原点であり、重要な部分になるのでしっかりとした準備を行うようにしましょう。

魅力的な履歴書を書くのは難しいですが、書き方を意識すれば、素晴らしい履歴書を書くことはできます。履歴書で大切なのはそれまでの自信の「経験」ではなく「書き方」です。上手な書き方を身に付け、就活を有利に進めていきましょう。

【自己PRの書き方マニュアル究極版】すぐに使えるオリジナル例文つき!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ