自己PR

【長所と自己PRの違いとは】文章構成や例文をご紹介

長所と自己PRの違いを考えてアピールする

面接で長所と自己PRの双方を聞かれ、内容が被ってしまうという人もいるのではないでしょうか。自分の良さを話すという大枠の中にはどちらも入りますが、この二つは聞かれる意図からして大きくことなっています。限られた時間を有効に使うため、二つの違いを見ていきましょう。

自己PRと長所の違いとは

自己PRと長所は、一見同じように感じられるかもしれません。確かに自分の能力や良い部分、強みをアピールするという点においては、長所も自己PRも同じといえるでしょう。ですがその本質は全く違います。また長所と自己PRは別々のものですが、両方を上手く組み合わせることでメリットが生まれるものでもあるのです。

違いをしっかりと理解した上で、長所を生かした自己PRをしていくようにしましょう。ここでは、自己PRと長所はそれぞれどのように違うのかについて、解説していきます。

自己PRは企業に貢献できる強みのアピール

自己PRは簡単にいってしまえば、「企業に自分がどのように貢献できるかをアピールすること」です。例えばリーダーシップであったりタスク管理能力であったり、自分が企業で役に立てる能力や強みについて扱うことになります。

自己PRをおこなう場合、重要なのは性格面以上に「何ができるか」です。ですが自分の強みというのは、普段の生活では自然に使いこなしている場合も多く、他人の目から見てやっと強みであると認識できるものも多いです。これを自分の中で客観的に把握するために、自己分析をおこなうことになります。

自己PRのために活かすことができるのが、長所です。長所を上手くアピール内容に取り入れることで、自己PRにより説得力を持たせることができます。

長所は自分の優れている性格

では長所とはどういうものなのでしょうか。長所とは、自分の優れている性格のことになります。つまり、自分の強みにつながる要素のひとつになるのです。能力と長所を組み合わせた自身の強みが、最終的に自己PRとしてアピールできる内容になるのです。

強みというのは就活において重要な部分になりますが、それと同じくらいその強みを支えるものが必要になるものです。自己PRに説得力を持たせるものとして、自分の長所をどのように活かすかを考えることが大事なのだと覚えておきましょう。

単純な能力としての強みと、性格としての長所が上手く組み合わさることで、より自分という人材を具体的な形でアピールできるようになるのです。自己PRでは、それが重要になってきます。

企業が求める人物像を知ることが大切

自己PRを上手くおこなうには、企業がどのような人物像を求めているかをしっかりと理解することが大事になります。企業の求める人物像と自身の強みや長所がマッチすることで、初めて採用への道を一歩進んだことになるのです。

企業が求める人物像を理解するには、企業の採用ページをチェックしたり、実際に企業説明会やインターンシップなどに参加するのが効果的です。特に説明会やインターンは、現役で働く社員達の人物像を自身の肌で感じることができます。

また、実際に社員に質問をする機会もあるので、企業の風土や社員の雰囲気を細かく感じ取ることができます。自分の目や肌で感じた人物像と自分自身を、自己分析の結果を用いて上手くマッチさせることで、自己PRはよりよいものになるでしょう。

長所と自己PRの文章構成は同じ

話の仕方ひとつで同じ内容でも見え方が変わります。内容がいかに充実していても伝わらなければもったいないです。聞き取りやすく、興味を引く構成とは何でしょうか。自己PR、長所とも文章構成は同じです。次で構成を確認していきましょう。

①結論

結論から先に述べましょう。今から何を話すかを相手に示して関心を引きだします。いわば目次です。自己PRにしても長所にしても「○○が強みです」「長所は○○です」のように切り出します。

先にダラダラと経験談から話し始めると、聞いている方は結局何が言いたいのか気になるばかりで、興味を失うので気を付けましょう。

②エピソード

結論について裏付けとなる経験を話します。なぜその結論に至るのかを簡潔にまとめることが重要です。短すぎると印象が薄くなりますが、長すぎても飽きてしまいます。

エピソードを話す際には、まず、背景や経緯を短く説明し、直面した課題や場面をあげます。そこでどのような意思をもってどう行動したかをストーリーにしましょう。その結果として自分がどのような結論に至ったかでエピソードは締めくくります。

③貢献

エピソードだけで終わってしまうと、その能力や長所を何に活かせるのかが不明瞭になります。企業にとっての利点を示す内容を最後に伝えます。

自己PRではその企業でなければならない熱意も織り交ぜると効果的です。そのため、事前に企業の求める人材について情報を収集しておきましょう。

長所は「仕事をするということ」全般に役立つ内容でも構いません。人物像について良い印象を残すことが目的となります。

自己PRの例文

自己PRの例文を紹介します。まずは自己紹介が何を見られているかをおさらいします。「戦力になる可能性、プレゼン―ション能力を見ている」構成にならって例文を確認してみましょう。

例文①

私は、数字やデータから、その背景を分析することが得意です。卒業論文で○○をテーマに市場分析していたのですが、データを見ながら、どういった経緯や要因があってそのデータになっているかを考えました。市場の数字を見る際には向こう側にいる人々のことを想像しながら取り組みました。この観点で数字を分析すると、一見関係のない情報や出来事が実は深く関連していることが明らかになります。結果として教授やゼミのメンバーからも好評価をいただき分析内容に自信が持てました。御社では部署の垣根を越えて販売戦略会議を行うと伺いました。データから、その向こうにいる顧客のニーズを掘り下げ、積極的に議論へ参加できると考えています。

形は構成の手順通り、結論、エピソード、貢献の順となっています。2、3段落目はエピソードとなっており、何に取り組んだかという背景、どう考えどう行動したか、そして評価を得たという経験から結論にたどり着く道筋を簡潔に説明します。

貢献については、希望する会社が議論が活発に行われている場合、コミュニケーション能力を示す応募者が多いと考え、さらに一歩進んだ視点で議論に参加している様子をイメージさせる内容にしています。ライバルとの差別化もPRとして有効です。

また、コミュニケーション能力は面接のやりとりで相手が既に評価しているため自己PR、長所ともおすすめできません。

例文②

私の強みは記憶力です。初対面の方の名前や顔はもちろん、興味を持っている事柄など話したことを瞬時に覚えることができます。これは日々の生活の中でも役立っています。セミナーなどで複数の人に同時に会う機会が多いのですが、そこで出会った方々のことを瞬時に覚えられるため、次にお会いするときまでに話題を仕入れておけます。再会したときに覚えていると相手も嬉しいと感じてくれるようで会話もはずみます。御社は営業職を積極的に採用していると伺いました。営業も売り込むだけではなくコミュニケーションの上で成り立つものと捉えています。顧客との良い関係を築くために、この能力を活かせると考えます。

記憶力が良いというのは営業だけに限らず、採用後の教育を受ける際にも役立つ能力です。記憶力があれば教えたことをすぐ覚えてくれるため、投資コストの観点から良い能力だと判断してもらえます。

しかし、それはあえて言う必要はありません。一人前になった後にどのように役立つかを強調しましょう。持っている能力が、どのように貢献につながるのか、この例文ではエピソードの仲に「相手も嬉しいと感じてくれる」「会話がはずむ」として導入を入れています。

そして貢献の部分で、記憶力が良いことが営業先との良い関係を気づくために役立つ、と示すことで脈絡のある文章として組み立てることができます。

長所の例文

次に、長所の例文を紹介します。何を見られているかをおさらいします。「自己分析できているかどうか、人物像を見ている」長所については面接の場で判断されるようなことは話さないのが賢明です。

たとえば、笑顔が良い、コミュニケーション力がある、礼儀正しい、などです。面接の場ではわからない長所をおすすめします。

例文①

長所は柔軟なところです。私は長男で、両親が共働きのため弟や妹の面倒をよく見ていました。面倒を見ることは好きでした。しかし、自分の学業などには、なかなか思うように時間がとれません。そこで考え方を変えてみました。勉強にはまとまった時間が必要という固定概念をなくし、移動時間やわずかな時間を見つけては取り組むようにしました。その結果、一日にやるべきことは優先度を的確に入れ替えながら網羅できるようになりました。仕事では、自分が一日のスケジュールを決めたからといって、その通りに進むとは思いません。優先度を瞬時に判断して的確に取り組むには、この柔軟性が活かせると考えます。

家族のことに触れながら、自分の歴史の中で培われてきた長所であると話す内容しているため、信憑性があります。直面した課題に対し、どのように考え、解決したか、その結果何を得たかをわかりやすく説明している内容となっています。

柔軟性を示す際に「どんな事態にも柔軟に取り組めます」と風呂敷を広げてしまうと、これは諸刃の剣で、新卒の場合は業務経験がないため、仕事を甘く見ているとも捉えられてしまいます。

しかし、そこで一日のスケジュール管理という具体的な状況から長所の利点を伝えるとイメージしやすくなります。具体化するというのがポイントです。

例文②

私の長所は計画性です。それは、学費を全て自分で賄ったという経験に基づきます。学業とアルバイトを両立することはそれほど易しいものではありませんでした。最初の頃は慣れない環境や焦りのあまり頑張りすぎて体調を崩すなどしました。そこで試験期間や休暇などから年間計画を立て、週ごとに実現可能なノルマを設定しました。そうすると、着々とノルマを達成できるようになり両立が楽しくなりました。結果として、無事最後の学費も納付が完了するにいたりました。仕事では、納期や条件などが、ときには困難なこともあると思います。いつでも実現可能な計画を立て、楽しさや喜びを見つけて乗り越えることができると考えています。

人物像を伝える中で、綺麗な部分以外も話すことは聞く側の心に入りやすくなります。例文では2段落目の失敗談にあたります。それを経験した上で本来の持ち味を取り戻し、計画を立てた結果成功をおさめたというエピソードです。

仕事の上では全てが計画通りに行くことは難しい場合があります。最初から条件が厳しいことも多々あります。そのため、ただ計画を立てるのではなく、実現性に照らし、困難な場合でも乗り越えられる力強さを最後に示しています。

企業に自分を深く知ってもらおう!

長所と自己PRについて見ていきました。自己PRや長所は、採用担当者が会社と合っているかを判断する基準となるだけでなく、配属先や教育担当者の決定の際にも考慮される可能性のある重要な項目です。

自己PRと長所は違いますが、どちらも企業に自分を知ってもらうには必要になります。うまく使い分けることが大切です。自分のことを深く知ってもらうことで、自分と企業の双方に認識の相違をなくし、お互いに利益となる結果につなげましょう。例文などを参考にしてぜひ就活を勝ち抜いていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ