面接対策

【面接の手応えありなし】雰囲気から見る採用・不採用のサイン

面接に手応えを感じている人とそうでない人がいる

就活生が面接を終えて気になるのは、面接がうまくいったかどうかということでしょう。面接を振り返り、面接官の表情を思い返しながらあれこれと思い悩み、不安を抱える人もいます。それとは逆に、しっかりとした手ごたえを感じている人もいるかもしれません。

この差は、楽観的な思考をする就活生と悲観的な傾向のある就活生という資質の差もあるのでしょうが、不確定な要素で漠然とした楽観や不安を持つのは危険なことです。

面接も就活のためのひとつの技術です。面接の場で、面接官の気持ちや場の雰囲気をくみとり、採用かはたまた不採用かのサインを読み取ることはできないでしょうか。面接に臨む就活生が気になって仕方のない面接における採用、不採用のサインを探ってみましょう。

手応えなしで合格した人はいる

面接官の質問に対しうまく回答できなかったり、本当に言いたいことを言えなかったりと、自分では手応えなしと感じていたのに、後日面接に合格していたということは多くあります。面接における合格・不合格は面接官の判断であり、絶対に面接に受かるという条件などを客観的に示すことは困難です。

しかし、手応えなしと判断した面接に受かるという場合には、どのような理由があるのでしょうか。例えば圧迫面接では、答えづらい質問や厳しい質問をすることで、その就活生の人となりを確認しようとします。そのような時、就活生は「手応えなし」と感じがちですが、これはあくまでも面接の手法です。就活生の受け答え次第で、面接に受かる場合も十分あるのです。

逆に手応えがあっても不採用だった人も

企業の面接官は、数多くの就活生を見てきています。そのような面接官に対し、にわか仕込みの面接マニュアルではあまり役に立ちません。圧迫面接では面接官がマニュアルに無い質問をした時に、就活生がどのように反応するかを見ます。適当な言葉でうまく対応したつもりでいても、面接官には通用しないでしょう。

手応えありの印象を持っていながらも合格できなかった人には、面接マニュアルを鵜呑みにし、決まり切った答えをする傾向があります。また質問に対して、必要以上に詳しく述べられたことを「上手く答えられた」と勘違いしてしまうケースもあるでしょう。

面接官としっかりとしたコミュニケーションが取れない人は企業では必要とされません。面接中はマニュアルに頼らず、面接官の質問に真摯に向き合いましょう。

【39点以下は危険!】選考に臨む前に面接力を確認しよう

やみくもに面接を受ける前にご自身の面接力を知っておくことが大切です

そこで、無料の「面接力診断」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの弱点と、それを克服するためのあなたに合った対策法を把握できます。

ぜひ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

手応えありの面接とは?

自分で「手応えあり」と実感できる面接とはいったいどのようなものなのでしょうか。ここで気をつけなければならないのは、就活生が感じる手応えとはあくまでも主観的なものであるということです。自分の主観と実際の面接官の気持ちとは必ずしも重なり合いません。

その意味では、感じた手応えを過剰にとらえていくことは危険なものでもあると言うことができます。それを認識したうえで、本当の手応えに繋がると考えられるポイントを紹介していきます。

質問が多かった

面接後振り返って、質問が多かったと感じる人は手応えがあったとすることが多いですが、その質問の内容が重要です。自分自身の姿勢や企業の仕事についての意欲につながる質問であったかどうか、また質問が自分の答えに対して、さらに聞いてくるようなものであったかどうかです。そのような質問をされているなら、面接官が自分に興味を示していると考えて良いでしょう。

面接は、質問とその答えで構成さるコミュニケーションの場です。面接官の質問に答え、自分の答えに面接官が乗ってくれば会話はさらに弾むことになり、自分自身をよりアピールすることにもつながります。そのような面接であれば、手応えを感じても良いといえるでしょう。

就活の状況や今後のスケジュールを確認される

面接の途中に就活生の状況や今後のスケジュールを聞かれるということがあります。これは、企業が自分に興味を示しているというサインです。このような質問を受けた場合には、スケジュールをしっかり確認し、就活の状況を詳しく説明することが必要です。スケジュール確認をされるということは、面接官は自分を採用したいという旨を暗に示しているのだと考えましょう。

最終面接で内定を決定したとして、その後実際に入社するか否かは就活生本人の自由です。そのためリスクを避けるためにも、面接時に就活生の意志を確認しておきたいというのが企業の立場です。もしその企業が第一志望のものであるなら、その場で自分自身の意志をしっかりと答えると、手応えは結果としてあらわれやすいと言えるでしょう。

難しい質問や小テストにうまく対応できた

企業の面接では、小テストを受験した後面接という流れを取る場合もあります。小テストについてはしっかり準備することは可能ですし、受験後それなりの結果を想定することもできるでしょう。その後に受ける面接では小テストの結果を受けてのものとなるため、テスト結果は面接の評価にも影響するものと考えられます。

小テスト、そして面接での難しい質問にも本来の実力を発揮でき、すべてうまく対応できたという人はもちろん手ごたえを感じるに違いありません。事前にテストが課されるなどといった全体の流れを把握し、それに対する準備を行い対処することで、実感ある手応えを掴むことは十分に可能です。

手応えなしの面接とは?

面接が終わると、ホッとしつつもその流れを振り返り、一人で面接の反省を行う就活生も多いでしょう。手応えを感じられる人はまだしも、手応えがないと感じる人は、反省すると恐ろしいほど不安な気持ちになります。

面接に対する手応えは基本的に面接官の態度や反応、その場の雰囲気によるものです。そして自分の面接官に対する対応が適切であったか否かが気になってしまいます。手応えなしの面接とどのようなものなのでしょうか、その理由を見てみましょう。

時間が短かった

面接官にあまり興味を持たれなかった場合には、短時間で面接を打ち切られる場合があります。就活生自身の身だしなみやコミュニケーション力の有無は短時間でもわかりますし、次の選考に進められないと判断された場合は時間をかけても仕方がないため、面接を切り上げるのです。これでは手応えを感じようがありません。

しかし面接時間が短いというのがすべて悪いサインということではありません。質問への応答が優れているなど優良な応答に対しては面接官も納得し、すぐに合格を判断を下し、すぐに面接が終了するという場合もあります。

スムーズに会話ができなかった

相手の話すことを聞き、理解し、その言葉に対する答えを返すのが面接です。これは会話のキャッチボールで、普段でも幾度となく体験があるわけですが、就活の面接となるとこれがスムーズにできないというのが就活生の本音でしょう。大事な場面であがってしまうというのは誰にでもよくあることですが、重度の場合は自分が何を言っているのかわからず頭が真っ白になり、挙句に相手との会話がかみ合わなくなってしまうという事態にもなります。

これでは手応えを感じようがありませんし、まず面接官がよい評価を与えるということもないでしょう。求められているのは基本的なコミュニケーション力です。相手の話をよく聞き、適確な答えを返す訓練を普段から心がけるようにしましょう。

難しい質問や小テストにうまく対応できなかった

小テストや難しい質問にうまく対応できなかったという人は、もちろん手応えを感じることができません。就活における面接およびそれに伴う小テストの受験はひとつの流れとして理解し、把握しておくことが大切でしょう。小テストは、受ける企業の業種や職種により対策することが可能です。

インターネットサイトなどを活用し、さまざまな例題で勉強することができます。また面接官との受け答えは、訓練として準備することが有効です。マニュアルを読み込むだけでなく、変則的な質問に対する対応を想定しておくことも重要です。本来の実力を発揮するためには、日頃からの準備が何より必要と言えるでしょう。

面接官の態度や表情がよくなかった

手応えのなさを感じた就活生達の一番目についた部分が、面接官の態度や表情の変化です。具体的には「自分の話に頷いてもらうことがなかった」「表情が暗かった」「関心のなさそうな様子だった」という印象が多いようです。

こういった無関心な態度をとられてしまうと、話す方も混乱してしまうことになります。特に面接では致命的な場合もあり、態度のせいで就活生の心が折れてしまうということもあるようです。結果余計に話が上手くできなくなったり、早々に諦めてしまうということになりかねません。

面接官自身の体調や状態によっても、こういった表情や態度というのは変化するものです。無関心であるように見える態度を見せられても、最後まで折れずにしっかりと面接を乗り切りたいところです。

志望動機作成ツールを利用してみる

うまくまとめる自信がない人は、ツールを利用するのも一つの手段です。

志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」を使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、困ったときは利用してみましょう。

面接の合否連絡が遅くても不合格とは限らない

面接の合否連絡が遅いと「もしかして不合格?」と不安になることもあるかもしれません。ですが合否連絡が仮に遅いとしても、気にしなくていいでしょう。そもそも合格か不合格かを決めるポイントは、企業によって異なるものです。

一人の採用を決めるのに複数の社員が関わることにもなり、選考は基本的に時間がかかるものだと考えておきましょう。また、複数の選考が同時に進んでいる場合も、進行具合で総合的な結果を出すのが遅くなるものです。

こういった背景もあり、面接の結果連絡が遅いことが不合格である、とは一概にはいえないのです。

連絡が来るまでにかかる期間は1週間程度

一般的に、面接合否の連絡が来るまでにかかる期間は、1週間~10日程であることが多いです。とはいえ、面接が終わってすぐに結果が伝えられることもあります。企業によっては早く入社してもらいたいからと、当日中に連絡する場合もあるためです。面接の合否と結果が伝えられる速さは関係ない、と考えておきましょう。

もし可能であれば、面接の最後などにあらかじめ「結果連絡はどんな方法で、いつまでに来るのか」を確認してみましょう。ある程度の目安が分かれば、いつになるか分からないという不安もありません。あまりに結果が遅いからと問い合わせる場合も、企業に失礼にならないタイミングが分かるため、質問しておくのはよい方法といえます。

結果連絡がない場合は電話かメールで問い合わせる

結果連絡がない場合は、電話かメールを使って問い合わせるのが一般的です。ただし、企業から連絡手段の指定がある場合は、それに従って問い合わせるようにしましょう。

メールでの結果通知の場合、送られたメールが迷惑メール扱いになっていたり、勝手に仕分けられている場合も考えられます。連絡をする前に、全てのメールフォルダを一度確認しておくのを忘れないようにしましょう。

連絡の際は電話とメールそれぞれでビジネスマナーがあります。マナーをきちんと守った上で、敬語で分かりやすく連絡をとるようにしましょう。特に電話の場合、かける時間帯についても気を付けておきましょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接に手応えがあってもなくても弱気になる必要はない

面接をして手応えがあったのに不合格になった人、手応えが微塵もなかったのに合格してしまった人など、手応えという言葉を口にしてもそれぞれ異なった結果を得た人がたくさんいます。そもそも手応えというのは漠然とした主観的な感想である場合もありますし、人によっては確かな準備と対策を練ったうえでの結果に対する予感であるという場合もあります。

自分の人生を左右する就職の成否を決定する面接に不安を感じることは仕方のないことです。面接に対する準備と対策をしっかりとしておけば決して弱気になる必要はありません。可能な限りの十分な準備を行い、自信を持って面接に挑むようにしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ