内定について

【内定承諾書の期限はいつ?】印象を悪くせずに延長をお願いする方法

内定承諾書とは

内定承諾書はその企業からの内定を受ける意志を示した契約書であり、提出に悩むことも多いですが期限がありますので注意が必要です。内定承諾書は内定を決める重要な書類ですし、企業からの内定をいつまでも保留にすることはできません。

内定は人生を決める重要なことですので、悩む人も多く、より良い決断をするためにはじっくりと考えることが大切です。考える時間がたっぷり欲しいと考える人も多いですが、企業はいつまでも待ってはくれません。

企業には企業の都合もありますし、できるだけ早く内定に対して返事をする必要があります。内定承諾書の提出期限は企業によって違いますが、一般的に定められている期限もあります。一般的な期限や延長のお願いの方法などを知って、後悔のないように就職先を決めていきましょう。

内定承諾書の期限について

内定承諾書を提出するかどうかは悩むことも多いですが、いつまでも悩んでいるわけにもいきませんので、期限までに答えを出さなければなりません。企業によって内定承諾書の提出期限は異なりますが、基本的にはどの企業でも期限付きです。

期限のない企業はありませんので、内定をいつまでも保留にしておくことはできません。どれくらいの期間で内定承諾書を提出しなければならないのかを知り、正しい期限で企業に返事をしていきましょう。

内定承諾書の一般的な期限は2週間から1ヶ月が多い

内定承諾書の提出期限は企業ごとに違いますが、一般的な期限としては2週間から1ヶ月が多いです。内定の通知がきてから2週間程度で返事を求められる場合が多く、早めに答えを決めておく必要があります。

内定承諾書には法的な拘束力はありませんが、優秀な人材を他の企業にとられたくないため、企業が提出を急かす場合もあります。提出を急かされた場合でも、焦らずにじっくりと考えて答えを出すことが大切です。

提出を急かされたからといって、勢いで決めてしまうと後悔してしまうこともありますし、後悔しないためにもしっかりと納得してから提出する必要があります。急かされ始めればそれほど長く保留にはできませんが、提出するかどうかは冷静に決めるようにしましょう。

内定承諾書に期限が書いていない場合は早めに返事をする

内定承諾書にはいつまでに提出しなければならないか、期限が書かれていることが多いですが、企業によっては期限が書いていない場合もあります。明確な期限を決めず、学生の意思に任せるという場合もありますが、その場合でもマナーとしては2週間から1ヶ月程度の期間です。

期限の定めがないからといって、何も言わずに答えを保留するのは失礼ですし、企業にも迷惑がかかってしまいます。またあまりに長期間にわたって返事をしなければ内定承諾の意志がないとみなされてしまう場合もありますので、注意が必要です。

最悪の場合は内定が取り消しになってしまう場合もありますし、期限の定めがない場合でも油断せずに、早めに連絡することが大切です。

内定承諾書の期限を延長したい場合

内定承諾書の提出期限は定めがある場合もない場合も、基本的には2週間から1ヶ月程度です。この期間に答えを出すことが大切ですが、どうしても答えが出せない場合は、期限の延長を申し出る必要があります。

提出期限の延長を申し出れば、延長してくれる企業は多いですが、延長を申し出るときにはさまざまなマナーがありますので、それらを理解しておくことが大切です。期限延長時の正しいマナーを知って、企業に待ってもらえるように礼儀正しくお願いしましょう。

できるだけ早く採用担当に伝える

内定承諾書の提出期限を延長してもらう場合は、誠意ある対応を心がけることが大切です。誠意を見せるためにはできるだけ早く採用担当に伝えるのがマナーであり、連絡が期限ぎりぎりになってしまうとマイナスの印象を与えてしまいます。

またマイナスの印象となるだけではなく、採用活動にもスケジュールがありますので、企業に迷惑をかけることにもつながります。辞退者が出れば選考をやり直したり、最終選考の不合格者の中から繰り上げで合格にしなければなりませんし、企業もやらなければいけないことはさまざまです。

企業には企業の都合があり、就活生だけの都合で動くのはよくありませんので、迷惑をかけないためにも提出期限の延長は早めに申し出るようにしましょう。

自分以外の意見も知りたいと考えていることを伝える

提出期限の延長を申し出る場合は、悩んでいる理由を伝えることが大切であり、周りの誰かの意見も聞きたいと伝えることも1つの方法です。就職は大事な分岐点でもあるので、誰かに相談しても悪い印象にはなりにくいです。

自分以外の意見も知りたいと考えていることを伝えることで期限の延長をお願いすることはできますし、印象も悪くなりません。内定を受けるかどうか迷う場合は、第3者の意見を参考にすることも大切ですので、家族や友人などにアドバイスを求めるといいでしょう。

最終的な意思決定は自分自身ですることが大切ですが、アドバイスをもらうのは問題ありません。周囲に相談したいことを伝え、実際に色々な人に相談してみて進路を決めていきましょう。

言葉遣いや態度などで配慮を忘れずに

内定承諾書の提出期限は決められていますし、基本的には延長することなく、期限内に返事を出すことが大切です。期限の延長は当たり前のことではなく、特別にしてもらっていることですので、延長を申し出るときは言葉遣いや態度などで配慮を忘れないことが大切です。

採用活動をして内定を出すまでには多くのお金と時間がかけられているので、内定を出しても返事を待っていただいていることに感謝と配慮を伝えるようにしましょう。期限の延長を当たり前に思うのは企業に失礼ですし、マイナスの印象を与えてしまう可能性も高いです。

企業にはこれまでもお世話になってしますし、お願いをしている立場であることを忘れずに期限の延長を申し出ることが大切です。

内定承諾書の期間の延長は1週間程度なら可能

企業にお願いすれば、内定承諾書の提出期限は延長してもらうことは可能ですが、延長もいつまでもしてもらえるわけではありません。もともとの提出期限が定められているように、延長後も期限はありますので、それまでには必ず答えを出す必要があります。

延長してもらった期限を過ぎることは許されませんし、さらに延長してもらうこともできません。提出期限はどのくらい延長できるのかを知り、延長してもらった期限をすぎないように答えを出しましょう。

企業から期限を指定される場合

提出期限の延長を申し出あれば、延長期間については企業から指定される場合ことが多いです。企業から指定がある場合は、内定承諾書の本来の期限から延長して大体1週間程度である場合が多く、これを超えないように素早く答えを出す必要があります。

延長してもらった期限を超えるとマイナスの印象を与えるだけではなく、最悪の場合は入社の意思がないとみなされる場合もあります。返事を先延ばしにし続ければ、内定を取り消されても文句は言えませんので、注意が必要です。

1週間と指定された場合でも、期限ぎりぎりまで保留にするのではなく、できるだけ早く返事をすることが大切です。延長してもらった場合は、とにかく早く返事をすることを心がけましょう。

自分自身で期限を指定する場合

企業によっては延長の期限についても、就活生に任せる場合があります。自分自身で期限を指定する場合は、採用担当者と相談して提出期限を決めていきましょう。自分自身で期限を切る場合も、できるだけ早い期間にするのがマナーです。

自分で延長期限を決められるからといって、長すぎる期間設定は企業に迷惑をかけますので注意しましょう。自分で期限指定する場合も、企業から指定される場合と同様に1週間程度にしておく必要があります。

長い場合でも2週間程度ですので、それ以上長くしないようにしなければなりません。延長期限を指定する場合は、採用担当者とよく相談する必要があります。相談もなしに勝手に延長期限を定めることはできませんので、必ず採用担当者に期限を伝えておきましょう。

内定承諾書の提出を延長する場合は配慮を忘れずに

内定承諾書を提出するかどうかは非常に迷いますし、長い時間をかけてようやく答えを出す人も多いです。内定を決めることは自身の将来を決定することでもありますし、後悔しないためにもしっかりと考えなければなりません。

しかしいつまでも答えを保留にすることはできず、内定承諾書は提出期限が定められています。企業ごとに期限は違いますが、期限は厳守しなければなりませんので、内定を受けるかどうか素早く決めなければなりません。

どうしても答えが出ない場合は、期限を延長してもらうことも可能です。延長は特別な措置ですので、企業への配慮を忘れてはいけません。内定承諾書は必ず期限を守って提出し、後悔のないようにしっかりと考えてから答えを出しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ