就活その他

【学歴フィルターを乗り越えるには】就活で企業から評価を得る方法

学歴フィルターとは大学によって足切りすること

就活でよく耳にする言葉のひとつに、学歴フィルターというものがあります。学歴フィルターとは、企業が大学によって足切りをするものであり、いわば高学歴の人を優遇するシステムです。

学歴フィルターにはさまざまなものがあります。例えば、一定の偏差値以下の大学では、企業説明会への予約が満席となっていて取れないというものがあります。

他にも、選考時の評価を大幅に下げられたり、書類選考の時点で落とされたりするなど足切りとしての意味合いは非常に強いといえます

高学歴な人に有利な学歴フィルターというシステムですが、これを乗り越える方法がないわけではありません。学歴フィルターを乗り越えて企業に評価される方法を知り、就活を有利に進めていきましょう。

以下の記事では、学歴フィルターについて詳しく解説しています。

企業が学歴フィルターをかける理由

就活の関門でもある学歴フィルターを乗り越えるには、まずなぜこれが存在しているのか、その意味を知っておきましょう。学歴フィルターはどの業界や企業でも採用されているわけではなく、一部の企業のみが使用しているものです。

特定の企業が学歴フィルターを使用しているのには理由があります。企業が学歴フィルターをかける理由を知り、採用活動の背景にはどのような事情があるのかを深掘りしていきましょう。

効率的に採用をおこなうため

企業が採用活動において学歴フィルターをかけるのは、できるだけ効率的に採用をおこなうためです。大企業や有名企業などでは、書類選考だけでも大勢の就活生が応募していることは少なくありません。

そのため、応募者全員のエントリーシートや履歴書をみるだけでも、膨大な労力がかかってしまいます。少しでも労力を削減するために学歴フィルターをかけているケースは多く、採用活動の効率化や人事担当者の負担軽減といった意味合いは大きいです

学歴フィルターによって足切りをすることで、実際にチェックする応募書類の数も絞り込むことができ、効率的に評価を下すことができます。

知名度の高い企業はとりあえず応募してみたという人もいるからこそ、就活生のふるい落としをするためにも学歴フィルターをかけている場合が多いです。

以下の記事では、学歴フィルターを企業が実施する理由について解説しています。

学歴が高いほど優秀な人材が多いと考えるため

高学歴の人ほど優秀な人材であると考える傾向があった場合、より優秀な人材に絞って採用するために学歴フィルターを使用することがあります。

高学歴な人はより高度な勉強をしてきたと考える企業は多く、専門知識の豊富さを評価することも多いでしょう。また、難しい勉強にもめげずにチャレンジしてきたことから、困難な目標に挑戦し達成する能力が高いと認められることもあります

高学歴な人の中には、語学が堪能である人も多いでしょう。このことから、グローバルな企業では語学力の高さや専門知識の豊富さを考慮して、高学歴の人を優先的に採用しようとしているのです。

優秀な人は高学歴であることが多いという傾向から、企業は学歴フィルターを用いて採用活動を実施しているといえます。

以下の記事では、学歴フィルターがある理由について解説しています。

学歴フィルターには欠点もある

企業での採用活動は重労働となることも多いです。特に膨大な数の就活生をチェックし合否を判断しなければならない場合は、大変な労力がかかります。

学歴で足切りし簡単に絞り込みができる学歴フィルターは、企業にとっては便利なものといえるでしょう。

企業にとってメリットの大きい学歴フィルターですが、欠点がないわけではありません。学歴フィルターならではの欠点を知り、どのような問題点があるのかを把握しておきましょう。

学歴が高くても仕事で活躍できるとは限らない

高学歴な人ほど優秀な人材である可能性が高いと考える企業は多いですが、実際にはその通りであるとは限りません。確かに優秀な人は高学歴であるケースも多いですが、高学歴の人全員が仕事で活躍できるわけではないため、採用ミスが起きてしまうことがあります。

また、学歴が企業の求める水準に満たない場合でも、仕事の能力は高く高学歴の人よりも優秀であるというケースもあるでしょう。つまり、学歴だけで判断すると、より能力の高い人を足切りして採用の機会を損失してしまうという事態も起きかねません。

仕事の能力は学歴だけでは測ることができないため、学歴フィルターだけに頼っていると、採用活動で失敗する可能性が高いです。

以下の記事では、就活において大卒は有利なのかについて解説しています。

世間での企業イメージが悪くなる

学歴フィルターは高学歴の人を優先し、低学歴の人は選考を受ける段階から不合格が決まっているというケースが多いです。そのため、選考の機会を与えないことや、高学歴の人のみ優遇するという点から世間のイメージが悪くなってしまうことも少なくありません。

企業イメージが悪くなると、場合によってはサービスや商品の売れ行きが悪くなり、業績に打撃を与えてしまうことがあります。

また、学歴フィルターがあるというイメージを持たれると、翌年度以降の採用活動の際に就活生からマイナスイメージを持たれてしまうこともあるでしょう

ネガティブなイメージが集まることで応募者が減ってしまい、優秀な人材を採用できなくなることも考えられます。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

学歴フィルターのある企業に就職したい場合の対策

学歴フィルターをかけている企業であっても、それを乗り越えて就職することは可能です。仮に通っている大学が高学歴とはいえない場合でも、努力次第で就職を目指すことはできます。

ただし、学歴フィルターがある以上、多少なりとも不利な条件になることは理解しておかなければなりません。選考で不利になる場合でも、アピールの方法次第では高評価を受けることはできます

内定がもらえるケースもありますので、学歴フィルターに負けずに内定を勝ち取るためにはどのような工夫が必要なのかを知っておきましょう。

説明会に参加したい旨を企業に直接問い合わせる

学歴フィルターは選考の評価で使用されるだけではなく、企業説明会への参加の際にもかけられることがあります。一定の学歴以下の人は説明会の予約が取れないということもありますが、この場合は直接企業に問い合わせて席が空いていないかどうかを確認しましょう。

企業の予約フォームからだと最初に登録した大学名でフィルターがかかり、空席があっても予約が取れないケースがあります。

満席となっていても実際には空席がある場合も多いため、企業に直接問い合わせをし本当に空席がないのかをチェックしておくことが大切です。

もし学歴フィルターに引っかかったとしても、直接問い合わせをする意欲の高さが評価されて説明会への参加を認めてもらえる場合があります

以下の記事では、会社説明会の参加申し込みメールの送り方について解説しています。

学歴以外の活動で実績を残す

学歴フィルターを乗り越えて内定を獲得するには、学歴以外の部分でアピールポイントを作ることが大切です。例えば部活動や課外活動など、学歴とは関係のない部分でのアピールなら高学歴の人とも対等な立場で評価してもらえます。

アピールできる部分が学歴しかないと、企業が求める水準に満たないとしてそれだけで不合格になってしまうため注意しなければなりません。

学歴以外の魅力を細部まで伝えることで、仮に学歴が低いとしても仕事で活躍できる優秀な人材であることが伝わり、採用してもらえる可能性は高まります

企業は自社で活躍できる優秀な人材を採用したいと考えているため、学歴だけで評価が決まっているわけではないことは理解しておきましょう。

以下の記事では、課外活動をアピールする方法について解説しています。

筆記試験対策をおこなう

学歴フィルターを乗り越えるためには、筆記試験の対策もきちんとしておきましょう。基礎的な学力が備わっていることを選考でアピールすることが大切です。

筆記試験の点数がよいなら、学歴が低いと判断されても高評価を得られることは多いです。また、高学歴だったとしても筆記試験の点数が低いと評価は下がってしまうため、どちらにしても念入りな対策が必要といえるでしょう。

筆記試験の形式は企業によって異なり、ネットで受けるものもあれば企業が独自に用意したペーパーテストをおこなうこともあります。どちらでも対策は必須であるため、早めに準備をしておきましょう。

筆記試験の問題はそれほど難しくないことが多いですが、短時間に多くの問題を解かなければならないため数をこなして解答スピードを上げておくことが大切です。

以下の記事では、筆記試験対策について解説しています。

学歴フィルターは努力次第で無効化できる

高学歴の人を優先的に採用する学歴フィルターですが、企業が求める学歴の水準を満たしていないからといって、絶対に採用されないというものではありません。学歴フィルターはあくまで簡易的に足切りをするためのものであり、努力次第で無効化することは可能です。

学歴フィルターを乗り越えるには、選考の対策を念入りにおこない学歴以外のアピールポイントを作っておくことが大切です。

企業は高学歴の人ほど優秀な可能性が高いとして学歴フィルターをかけていることがありますが、実際に採用するかどうかは選考での評価によって決定します

重要なのは学歴ではなく、その企業で成長し活躍できるかどうかです。学歴に関係なく活躍できることをアピールして、学歴フィルターを無効化しましょう。

以下の記事では、学歴と就職との関係性について解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ