職種研究

【営業事務とは】社内外での仕事内容や男女別の平均年収を紹介

営業事務の業務内容とは

求人情報などで「営業事務」という言葉を目にしたことはありませんか?言葉だけをみると「営業に関わる事務をするんだろうな」と、なんとなく想像出来るかもしれません。しかし、なんとなくで正しい業務内容がわからないままだと実際に業務に就いたときのミスマッチに繋がりかねません。営業事務の仕事内容や年収について知っていきましょう。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

営業事務は営業のサポート

営業事務の仕事とは、営業担当者のサポートを専門とする事務職員のことです。営業といえば、新規の顧客を開拓するため日々会社の外で戦っているイメージが強いのではないでしょうか。

そんな営業担当者が取ってきた仕事を、その後も円滑に進めるために後ろから支え協力し合って共に戦うのが「営業事務」の業務になります。では次に、そんな営業事務の仕事内容についてみていきましょう。

社内での業務内容

事務というカテゴリーに属する職種になるため、社内での業務がメインの仕事になります。企業が提供している商品やサービスによっても変わってきますが、業務としては資料作成や来客、電話応対などが挙げられます。資料作成の内容は、顧客に対するプレゼンテーション用の資料や提案書、請求書や見積書といった少し専門性の高い資料作成が多くなってくるでしょう。

来客や電話応対においては、営業担当者の不在時に担当者の代わりに顧客の対応をすることもあります。業種によっては商品の受発注や在庫、そして納期管理などもおこなう専門性が高い仕事もあります。海外に取引先を持っている企業では、英語に自信のある人が特に力を発揮することができるでしょう。

営業の進捗状況を管理することもある

営業事務は、事務のサポートをするだけではなく、営業の進捗状況の管理をすることもあります。営業は、目標の金額や件数の達成に向けて予定を組んでいますが、そのために訪問予定、資料作り、細かな事務作業等を計画的に実行していかなければなりません。

訪問件数が多い場合、それらの進捗状況の管理も煩雑になるため、それを営業事務がサポートをします。具体的には、「●●社さんへの書類の提出は明日までですよ。大丈夫ですか?」「◯◯に訪問するためには、◯日までに終わらせておかないと間に合わなくなってしまいます。手伝いましょうか?」などの声掛けや、進捗状況管理のためのシートを作って営業と共有することがこれにあたります。

社外とやり取りをすることもある

上記でもご紹介しましたが、営業事務の重要な仕事には来客、電話応対があります。一般事務の経験のある人の中には「そのくらいの仕事は一般事務でもする」と思われた人もいるかもしれません。ですが営業事務の場合は、営業担当者の代理として顧客の問い合わせに応えたり、ときにはクレーム対応をしたりすることもあります。

在庫管理や納期管理なども担当していると、営業事務の人への問い合わせも日常的にあるかもしれません。一般事務に比べ営業先など、社外の人とやりとりをすることがとても多くなるためビジネスマナーも求められます。

営業事務の一日の流れ

営業事務の仕事内容は企業によって異なりますが、一般的な流れを例を挙げてみてみましょう。まず、朝出勤したらメールのチェック、その日のタスクを確認します。その後、担当営業のスケジュール確認をおこないます。見積書の作成や電話対応が午前の主な仕事です。

午後は、伝票処理、受注処理、発注対応などの業務があります。必要に応じて、資料の作成や補充をして、終業前には翌日のタスク確認・整理などをします。営業事務の残業は少ない傾向にありますが、担当営業の仕事や時期によっては多くなることもあるでしょう。始業時間は9時、退勤は18時頃としている企業が多いようです。

一般事務との違い

営業事務の業務内容について紹介していきました。「事務といえば一般事務」という漠然としたイメージを持っている人も結構いるでしょう。「一般事務といえば、結局いろんなことをするから営業事務もそのうちのひとつ」と考える人も多いかもしれません。そんな一般事務の業務内容についても少し触れて、その違いについて知っておきましょう。

営業事務は営業担当者のサポートがメイン

一般事務はデータ入力や資料のファイリング、来客へのお茶出しなどがメインの業務です。他にも郵便物の仕分けや電話やメールの対応、簡単な書類の作成をする場合もあります。比較的簡単な業務が多いですが、会社を運営していくためには必ず誰かがやらなければならない細々とした業務をこなす、いわば会社全部署のサポートをする仕事です。

対して営業事務は営業担当者の仕事がスムーズに進むようにサポートするのがメインの業務になります。一般事務とは異なり、社内だけではなく社外の人にまで目を向ける視野の広さと柔軟性が求められる仕事です。主とする業務に違いがありますがどちらも、相手を思いやりサポートをすることが役目になります。

営業事務の平均年収は327万円

DODAの平均年収ランキング2017によると、営業事務の平均年収は327万円です。営業や企画等の他職種の平均年収と比べると、販売職に次いで年収が安い職種となっています。ただし、秘書業務の場合は333万円、貿易事務の場合は368万円など、専門スキルや語学力を活かすことで付加価値をつけ、年収を上げることもできます。

男性:376万円

営業事務の男性の平均年収は376万円です。平均年収は年代別に違っており、20代だと306万円、30代だと342万円、40代だと356万円、50代だと396万円となっています。20代から50代であまり平均年収が上がらないのが特徴です。例えば、営業の職種だと、20代平均が375万円なのでそこまで年収差はありません。

しかし、50代平均になると672万円と300万円近くあがるため、年齢が上がるほど他職種と年収差がつきやすい職種だといえます。特に男性は女性よりも平均年収が高い傾向にあるため、他の職種との年収の差が年齢が上がるにつれて、大きくなっていく傾向がより高いといえるでしょう。この職種で年収を上げたい場合は、専門スキルや語学スキルの向上に力をいれるのがいいです。

女性:319万円

営業事務の女性の平均年収は319万円です。年代別の平均年収は男性のところに書いたとおりで、やはり年齢を重ねてもあまり年収が上がらない職種であることはいえます。ただ、女性の場合は男性より平均年収が低いことも影響し、他の職種との平均年収で比べると、そこまで大きく差がつかない場合もあります。

ただ、男性と同様、年齢を重ねても上がり幅が大きくはない職種なるため、年齢が上がるにつれて他の職種との差は大きくなってきます。もし年収を上げていきたいという場合は、専門スキルや語学スキルをあげるのが近道です。また、年収を大きく上げたいという場合は、営業事務の中で培った専門スキルや営業をサポートしてきた力を活かして、営業や企画などの今までサポートしてきた職種に自分がチャレンジするというのもひとつの方法です。

営業事務に求められるスキル

営業事務の仕事は営業のサポートをし、専門性も高く多くの業務を求められる事務の仕事です。「具体的にはどんなことができる人が求められているのか」「どの程度のスキルが必要なのか」「一体どんな人が向いているのか」などが気になる人も多いでしょう。

ここからは、実際に営業事務の業務に求められるスキルやこの仕事に向いている人など、もう少し深く営業事務についてみていきましょう。

客観的な視点

営業事務の仕事は専門性の高い事務職でありながら、その業務内容は多岐にわたり、あらゆる業務に関わります。営業担当者は顧客など、社外や社内の別部門の人など関わる仕事相手や業務も多いです。それらの業務の現状を大きく客観的な視点で把握しておくことは非常に有益になり、なにか問題が発生した際は客観的に現状を把握しておくことで、冷静に問題に対処できるようにしておく必要もあります。

また、こういった広い視野を持っておくことで、どのタイミングでどのようなサポートをすれば業務が円滑に進むかもみえてきます。少し引いた視点から客観的に業務を捉えて改善点を見付けだし、解決することができる人がこの仕事をする上でとても大切です。

ホスピタリティ

「ホスピタリティ」とは、簡単にいうと相手を厚くもてなす気持ち、つまり「おもてなしの心」のことを示します。営業事務の仕事とは営業担当者のサポートですので、営業担当者や顧客などの社外の人はもちろんですが、他にも様々な業務をこなしていく中で社内の営業担当ではない人とも多く関わり頼られる存在となります。

相手によってどの様な対応やサポートをすればよいのか、相手が望むものを汲み取り必要な対応をとることが求められてきます。これはなかなか難しいことではありますが相手の立場で考え、動きやすいように心遣いを持って業務に当たれるホスピタリティのある人は、営業事務に最適な人物だといえるでしょう。

平均的なPCスキル

営業に使用する資料の作成やデータ管理をおこなうのが営業事務の主な仕事になります。そのため、平均的なPCスキルが必要です。具体的にはデータ管理や見積書、請求書などを作成するために、Word、Excelの基本操作は身に付けておくことが大切です。他にも、顧客に対するプレゼンテーション資料を作成するにはパワーポイントが使えると強みとなるでしょう。

より多くのことができた方がいいのは当然なのですが、情報を正確に管理、発信できる丁寧さも大切なPCスキルのひとつです。せっかく多くのPCスキルを持っていても、間違った情報を営業担当者に渡してしまっては意味がありません。会社の信頼にも関わる情報を丁寧に扱い伝えることも、大切なスキルだと覚えておいてください。

営業事務のメリット

営業事務は営業担当者から依頼された資料作成をおこなったり、顧客からの電話対応、注文処理、発注処理などをおこないます。そのため、毎日の業務の中で必要となるパソコンスキルが自然と身に付いてくるでしょう。

また、電話や来客応対を通して、コミュニケーションスキルの向上も見込めます。営業事務を経験することで、将来的なキャリアアップも可能です。ここでは、営業事務のメリットを詳しく解説していきます。営業事務を志望する際に参考にしてみてください。

PCスキルが向上する

営業事務は、パソコンを使い資料作成をおこなう機会が多くあります。文章作成のために使うWordや表計算などをおこなうExcel、プレゼンテーションなどに活用できるPowerPointなど、ビジネスに必要なパソコンスキルを身に付けることができるでしょう。

日々の業務の中で、ビジネスマナーや相手に伝わりやすい文章のコツ、分かりやすい資料作成の方法などが分かってきます。ビジネスでのPCスキルはさまざまな業界・企業で役立ちますので、将来的に部署移動や転職などがあった際にも活用できます。

また、効率よく作業を進めていく自分なりの仕事のやり方や、仕事で使えるPCの技術なども毎日の業務の中で自然に身に付けられます。

コミュニケーション能力が高まる

営業事務の仕事では、資料をパソコンで作成するだけでなく、内容を分かりやすく相手に伝えるためのプレゼンテーション能力も必要になります。どのようにいえば相手に分かりやすくなるか、説明の際のポイントはどこかなど、相手の立場になって考えながら仕事を進めていくことで、営業事務で重要となるコミュニケーションスキルが磨かれるでしょう。

また、営業事務は電話やメールに応対する機会が多いため、ビジネスマナーも身に付けることができます。業務をおこなう上では顧客だけでなく、営業担当とのコミュニケーションも大切です。社内外の人との幅広い関わりの中で、相手の要望を正確に汲み取るスキルを向上させることができるでしょう。

経験を活かしてキャリアアップしやすい

営業事務を経験すると、PCスキル、コミュニケーション能力など様々な技術が身に付くため、将来のキャリアアップに役立ちます。例えば、経理事務は請求書・見積書などの書類作成、売上管理などの業務があり、営業事務の経験が活かせます。また、語学力があれば、英文事務・貿易事務などへの転職も可能です。営業事務と同じくPCスキル、事務処理能力、コミュニケーション能力が求められます。

ほかにも、人へのサポートにやりがいを感じるなら、秘書技能検定を取得して、秘書を目指す選択肢もあります。営業事務の経験で得られるパソコンスキルやコミュニケーション能力は、幅広い業界・企業で通用する技術です。この先のキャリアアップを見据えて営業事務を志望する人も多くなっています。

営業事務は営業の仕事をサポートをする仕事

営業事務の仕事は、外で働く営業の業務を円滑に進めるためのサポートです。様々な専門スキルが必要になり、一般事務は、入力作業や電話や来客対応がメインの業務になります。営業事務と一般事務に共通することは「臨機応変に様々なサポートをすることが求められる」ということでです。

営業事務の仕事は「営業担当者のサポート」であり、女性も男性も多く活躍しているやりがいのある職業です。この仕事に必要になるPCスキルに今は自信がない人もいるかもしれませんが、スキル不足は勉強と練習で上達します。人の支えになって働いてみたいと希望を持っている人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ