就活その他

TOEICについて履歴書に書くには?何点以上なら有利か徹底解説

TOEICは履歴書に書くと有利なのか

結論から言うとTOEICのスコアが高い方は履歴書に書くと有利になります。TOEICは英語を習得する基礎があるかどうか、現在どのくらい英語が読めるか・聞けるかをチェックするテストです。スピーキングに関してはTOEICではチェックできないため、TOEICのスコアが高いからといってすぐに実践のビジネス英語が使えるわけではありません。

しかし、「英語を習得する基礎があるか」は今後ビジネス英語を習得していく際にとても重要です。また、英語での会話はしなくても、説明書やツールが英語表記で、英語力が普段の業務から必要になるという企業の場合はTOEICのスコアで足切りをかける場合もあります。TOEICのスコアが500点にも満たない場合は書かない方が良いですが、高いスコアを取得している場合は有利になることも多いので履歴書に書いておきましょう。

TOEICをアピールできる基準は?

就職活動を意識して、毎年多くの学生が何らかの資格試験を受験しています。そのなかでも、全世界で実施されている英語能力テストの「TOEIC」を受けている方は多いのではないでしょうか。

しかしこのTOEICですが、他の資格試験とは大きく異なっているところが1つあります。それは、「結果が『合格』『不合格』で判断されるものではない」というところです。そのため、何点からがアピール材料になりうるのかが分かりづらくなっています。

そこでここでは、「就職活動でアピールしても恥ずかしくないTOEICのスコア」を解説いたします。併せて、就活におけるTOEICの使い方のポイントをまとめていくので、TOEICを選考でのアピール材料に使うことを検討している方は参考にしてください。

多くの企業が英語力のある人材を求めている

現代では海外に多くの支社を持つ大企業はもちろん、中堅企業や業種によっては中小企業も海外と取引をおこなうこともあり、多くの企業で英語力が求められます。海外とやりとりをする部署でなくとも海外製品の説明を読む・簡単な英文のお知らせを読むことは少なくありません。このため企業や部署によってはTOEICのスコアを非常に重視している場合があります。

特に海外の論文や製品を扱うことの多い医薬品業界や自動車業界、IT業界、海外支社が多い大企業ではTOEICスコアで足切りをおこなう場合もあります。国際部門でなくとも面接で英語がどのくらい話せるか、英語での日常会話ができるか、英語がどのくらい読めるかなどを尋ねられる場合もあるでしょう。

スコアを記載するため英語力のアピールに有利

先に述べたようにTOEICは「合格」「不合格」ではなく、スコアが明確に表示されるため、採用担当者はその人の持つ英語の能力が一目でわかるという点が大きなポイントです。英語に自信のある方は是非とも一度受検して、自分の英語能力の明確化をしておきたいところです。

のちに、履歴書には何点以上であれば書いておけばよいのかなどについて触れますが、単純に他の学生よりも高い点数であればあるだけ、強みとなりアピールポイントとなるため、高いスコアを持っている方は履歴書への記載は忘れないようにしましょう。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。就活力は今から伸ばすことができます。ぜひ「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてはいかがでしょうか。

TOEICの履歴書への正しい書き方

null

TOEICの結果を企業にアピールするとなれば、当然履歴書やエントリーシートにそのことを記載しなくてはなりません。ただ書き入れる際にも、「どこに書くとよいのか」「そのように書けばよいのか」など守ってほしいポイントはいくつかあります。

ここでは、TOEICのスコアを履歴書へ正しく書くときのポイントを3点に分けて解説していきます。自分の英語能力を効果的・効率的にアピールするためにも、ここで登場するポイントをおさえて記入するようにしてください。

記載する欄は履歴書の「資格」欄

TOEICは資格試験のひとつに数えられているので、応募書類の中では「資格欄」に書き入れることになります。その際、「日付」「正式名称」までをしっかり記載することを忘れないでください。

詳しくは後ほど解説しますが、TOEICとひとくちに言っても「TOEIC 公開テスト」「TOEIC IPテスト」の2つがあります。また、前者は決められた日程に実施されますが、後者はところによって日にちが異なるので注意が必要です。

ちなみに、TOEICのことは資格欄以外のところに書いてはいけないというわけではありません。特技や趣味として「英語」を取り上げる際にTOEICを使うのであれば、この限りではないので必要ならば使いましょう。

「日付」+「テストの正式名称」+「点数」の順で記載

2017年7月 TOEIC公開テスト 750点取得

TOEICのスコアは「資格欄」に書くとお伝えしましたが、その際「日付」「テストの正式名称」「点数」の順番で記載するようにしてください。その点に注意して記載すれば上記のようになります。

この時、点数の後ろに「取得」の文言を付け加えるようにしてください。もちろん書いてなくても伝わりますが、印象という面では差がついてしまうかもしれません。ポイントとしては微々たるものですが、何が判断を左右してしまうかわからない就活においては、そのようなところもつぶしておいた方が無難です。

有効期限はないが2年以内のものを記載する

TOEICのスコアに有効期限はとくに設けられていないのですが、就職活動においては「2年以内のもの」を使うのが暗黙の了解のようなものになっています。「知識として新しいもの」など考えうる理由はいくつかありますが、ここではひとつの理由として「認定書の再発行の期限」を取り上げます。

「TOEIC公開テスト」の試験結果を通知する認定書に限り、試験日から2年以内であれば再発行してもらうことが可能です。企業によっては認定書を見せなければならないということもありますので、そうなった際に慌てないためにもなるべく2年以内のスコアを用いるようにしてください。なおIPテストに関しては、実施団体の担当者に問い合わせる必要があるので注意してください。

履歴書には何点以上から書くのか

さて、ここからが本題です。せっかくTOEICを受験したのですから、就職活動でもひとつのアピール材料にしたいですよね。ただ、合否で判断されるものではないのでその基準はわかりづらいものです。

しかし、暗黙の了解的に見えないボーダーラインは設定されているので、TOEICを使いたいのであればそのハードルを越える必要があります。

ここからは、就職活動でアピールできるTOEICのスコアを解説していきます。自分の目指すところによってその基準は変わってくるので、そこを目標にスコアアップを目指しましょう。

明確な基準はない

そのTOEICのスコアですが、実のところ「全国各地・万国共通的な明確な基準」は存在していません。企業によっては「○○点以上」という基準を設けていることはありますが、数としてはあまり多くないのが現状です。

はっきりと申し上げられるような明確な基準はないのですが、それでも志望する職種や業界によって求められる英語能力は違うのが事実です。それゆえに、求められる能力に応じて越えなければならないハードルの高さも変わってきます。そのため、志望する業界や企業の研究を徹底的に行うことが必要です。

ここでは「明確な定めはないが、それでも基準はある」ということを覚えておきましょう。一般的に目安とされているスコアについては、次の見出しで解説していきます。

英語を使わない仕事なら600点前後が目安

明確な基準はないということを先述しましたが、それでも目安になっているボーダーラインは2つあります。そのうちの一つが「600点」です。

600点以上取れていれば、簡単なメモを理解することができたり、ゆっくりと話してもらえれば話の内容を理解することができます。つまり、「読む」「聞く」の最低レベルに達していることを証明できるのです。

逆に言えば、600点以下は書くべきではありません。600点に達しておらず、かつエントリー前に受験する機会があるのであれば、スコアアップを目指して受験するようにしてください。

英語を使う仕事なら750~800点前後が目安

もうひとつの目安が「750~800点」で、これは英語を日常的に使う業界や職種のボーダーラインとなっています。このあたりのスコアを獲得していれば、英語で書かれた社内文書を理解し、また議論の場でも積極的に発言することができるレベルに達していることを証明できます。

またこれだけのスコアをとれていれば、おそらく英語の読み書き・リスニングに関してはストレスを感じていないことでしょう。英語に関しては即戦力であることアピールできるレベルであるので、このラインに到達しているのであれば、積極的に自信の英語能力をアピールしていきましょう。

TOEICの過去10年の平均点

上記は、過去10回のTOEIC試験の平均点数です。TOEICは、年に10回試験を実施しています。受験者数が70,222人だった2018年4月のTOEICの平均スコアは575.8となっており、最高スコアが990点、最低スコアが10点です。

点数はその都度多少前後しますが、約580点ほどであることがわかります。では600点ほどの点数であれば平均以上で高評価なのかと思ってしまいますが、約580点より高い点数を取っている人が全体の半数ほどいるということなので、就活で高評価になる点数とはいえません。やはり、英語を使う職業に就職するのであれば、より高得点を取っていなければアピール材料としては不十分といえるでしょう。

企業が求めるTOEICのスコアを押さえる

履歴書に書くTOEICの目安のスコアについてご紹介いたしましたが、例えば、600点を越えたスコアを持っていたとしても書いても大したアピールにならない場合があります。企業によっては、応募への必須項目としてTOEIC700点以上など明確に指定されているところがあるためです。

企業の応募要件の欄などに明確な記載がなければ、自分のスコアを履歴書に書いてアピールするといいですが、あらかじめ定められている場合は注意しましょう。志望する企業の応募要件をしっかりと確認して、企業ごとに求められているスコアについてしっかり押さえておきましょう。

募集要項や会社説明会で確認する

企業にエントリーする際に必要なTOEICのスコアを確認するなら、まずは企業の新卒採用要項や新卒募集要項をチェックしましょう。多くの企業では新卒採用要項や新卒募集要項に募集の対象となる人物像を記載しているため、すぐに確認できるでしょう。

しかし、稀に大企業や国際部門など英語力が必要にもかかわらず募集要項に必要なTOEICのスコアを書いていない場合があります。この場合はTOEICのスコアを重視していないわけではなく、TOEICのスコアが高いことが大前提、という可能性が高くなります。英語力が必要な企業・部署にも関わらず募集要項に必要なTOEICのスコアが記載されていない場合は会社説明会などで企業側に必要なTOEICのスコアを確認してみましょう。

点数が足りなくても嘘を書くのはNG

自分の持っているスコアが、志望する企業の基準値に達してない場合であっても、水増しして記載することは絶対にやめましょう。先ほど必須項目としてTOEIC何点以上と明確に決められている場合があると述べましたが、実はそれはごく一部の企業です。

必須項目ではなく、基準値として提示している会社は国内の大手と呼ばれる企業や外資系の会社にあります。あくまで基準であるため例えば50点足りなかった場合でも、他の能力や人柄でそれを補っていれば、採用となる可能性は十分にあるのです。基準に達してないとしても水増しせず、自分の持っているスコアをありのままに書きましょう。

履歴書に記載する際の3つの注意点

先の見出しでも「履歴書への正しい書き方」としていくつかポイントをまとめましたが、それら以外にも注意すべきポイントはまだあります。それらを守れていなければ最悪の場合、自分で自分の首を絞めることにもなりかねないので注意が必要です。

ここでは、履歴書へ記入する際の注意点を3点ご紹介します。履歴書には嘘は一つも書かず、そして等身大の魅力的な自分を伝えるものを作成するようにしてください。

①TOEIC以外の英語に関する資格も忘れずに記載する

TOEIC以外の英語に関する資格を取っているのであれば、それも忘れずに記入するようにしてください。その他の資格としては、「実用英語技能検定(英検)」などが挙げられます。

それ以外の資格のレベルが低かったとしても、それは恥ずべきことではありません。TOEIC以外でよい結果が残せているのであれば、そこにたどり着くまでの努力の軌跡として活用することができます。

自信の英語能力だけでなく、何かものごとに対して努力することができるということのアピール材料にもなるので、自分の演出材料としてTOEIC以外の資格も効果的に用いるようにしてください。

②「TOEIC IP」と間違えないようにする

この記事のはじめのほうにも少しだけ触れましたが、TOEICには「公開テスト」と「IPテスト」の2つがあります。これら2つには受験形態の違いがあり、前者は決められた試験会場で、後者は学校や企業などで受験することになります。また発行される認定書にも違いがあり、TOEIC IPテストのそれには顔写真が付きません。

公式見解によれば、どちらでも能力に差があるものではないとしているのですが、一つだけ注意点があります。それは、「公開テストのスコアのみを認める」としている企業もなかにはあるという点です。自分の志望している会社がTOEICのスコアをどう扱っているのかというところは注意してい見るようにしてください。

③点数は正確に記載する

点数は少し多めにしたり、サバを読んだりするのではなく、正確に記載するようにしてください。それをしてしまうと、最悪の場合、自分で自分の首を絞めることになってしまいます。それで採用への道を閉ざしてしまうのは、本当にもったいないことです。

というのも、企業によっては認定書の提出を求めてくるところもあるからです。また、入社後にテストがあり、そのときにボロが出てしまうというケースもあります。嘘をついてのちに自爆してしまうくらいなら、最初から書かないほうが無難です。「嘘つき」という不名誉なレッテルを貼られてしまわないようにするためにも、スコアは正直に申告するようにしてください。

履歴書に記載する基準はないが600点以上がオススメ

この記事では、就職活動で使えるTOEICのスコアや、点数を履歴書やエントリーシートに書く際のポイントなどをまとめてご紹介してきました。

本文中でもお伝えしたように、「ここまで取れていないと恥ずかしい」というような明確な基準というのはどこにも存在しません。しかし、点数によって英語のレベルがどの程度であるかというのは判断できます。そして、そこで定められている「読む」「聞く」の最低ラインとされているのが「600点」なのです。

大学時代に資格を取得したことをアピールするという単純な目的でも構いませんが、まずは「600点」のラインをクリアすることを目指して勉強するようにしましょう。そして、将来英語を駆使して活躍していこうという志を持っているのであれば、「750~800点」を目指して頑張ってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ