その他

【就活ノートの作り方マニュアル】作成のメリット3つと注意点

就活ノートとは?

就職活動において、就活ノートを作成している就活生は多く存在します。就活ノートとは、就活で知り得た情報に関して、それらを項目別にまとめ、整理しておくノートのことです。就職活動においては、説明会や面接などで日々さまざまな情報を得ることになります。それらの情報を整理し、一冊にまとめておくことで多くのメリットを得ることができるのです。

「重要なことは頭に入れておくから大丈夫」と思っていても意外と忘れてしまうものであり、ノートにまとめておくことは重要なことです。この記事では、就活ノートを作るメリットと作るにあたっての注意点を解説していきます。就活ノートは注意点を押さえて作成することで、就職活動を効果的に進めることが出来るようになります。しっかりと学び、就活ノートを活用できるようにしておきましょう。

就活ノートに記載すべき内容一覧

<企業情報について>
・企業名
・事業内容
・代表者名
・経営理念
・基本給
・年間休暇
・福利厚生
・連絡先
・エントリーシート提出期限
・Webテスト、筆記試験、面接の日程

<就活イベント等の日程について>
・インターンシップ
・会社説明会
・企業セミナー
・正式内定予定日

<就活に関するメモ>
・インターンシップ参加後の記録
発言内容、提出書類、担当者氏名、反省とメモ
・筆記試験の記録
内容、反省とメモ
・面接試験の記録
内容、面接形式、質問内容、面接官の反応、反省とメモ

就活ノートでは、就活に関するあらゆる情報について記録していきましょう。主に上記の項目についてメモしたり、自分で気になった点について簡単に記録したりしておくと便利です。また、確認しやすいようにどういったことを記録していくか大まかに自分で決めておきましょう。なんでも詳細に記録を取りすぎると、まとめるのに時間がかかるため要注意です。

就活ノートを作るメリット3つ

「ノートを作るのは面倒」、「大事なことは覚えておくから大丈夫」と考える就活生もいることでしょう。しかし自身の記憶力に頼るのは危険です。就活では日々さまざまな情報に晒されます。そのような中で情報を記憶し続けるのは非常に難しいのです。就活ノートはそのような際に大きな力を発揮します。就活ノートを作ることで多くのメリットを享受することができるのです。

ここでは就活ノートを作ることによるメリットについて主なものを3つ挙げ、それぞれ解説していきます。要点を押さえ、就活ノートの理解を深めておきましょう。

①企業の情報を分析できる

就活ノートを作成するメリットの1つ目は、企業の情報を分析できるという点があります。企業研究を行う際、その情報源は多くあります。HPやパンフレット、SNS等から情報を集めることが始めのうちは多いでしょう。その後説明会やOB・OG訪問、ほかの就活生との交流などさまざまな場面で企業の情報を集めることになります。それらの情報をただ集めるだけでは当然ながら意味はありません。

集めた情報をまとめ、分析し、その上で志望動機の作成などに活かしていくことが重要なのです。就活ノートを作成し、集めた情報を体系的にまとめていくことで、それらの情報の分析を行うことが可能になります。そのような点で、就活ノートを作成することは就活において重要な行為となるのです。

②就活のスケジュールを管理できる

就活ノートを作成するメリットの2つ目は、就活のスケジュールが管理できるということです。就職活動では日々さまざまな予定が入ります。企業説明会からテストセンターでの受験、面接まで、一日のうちに複数の予定が入ることも多々あるでしょう。そのため頭でスケジュールを記憶し、把握するのは難しいと言えます。記憶があいまいだったために予定がダブルブッキングしてしまう恐れもあります。

最悪の場合、志望する企業の説明会の日程を間違え、参加できなくなってしまうようなこともあるのです。そのようなことの無いよう、就職活動においては、自身のスケジュールをメモしておくことが重要になります。そのような観点からも、就活ノートを作成することは大事なことなのです。

③自分を客観的に観察できて次に生かせる

就活ノートを作成するメリットの3つ目は、自分を客観的に観察することが出来るという点です。就職活動の中で自身が感じたことや感想などを就活ノートに書いておくことで、後でそのときの気持ちを読み返すことができます。実際に体験しているときにはなかなか自分を客観的に見ることはできないものです。

時間を空けて振り返ることで冷静にそのときのことを分析し、見えなかったことが分かるようになるのです。就活ノートを作成し、その中で感じたことを適宜記録しておくようにしましょう。それを見返すことで自己分析を深掘りし、本当の自分を明らかにしていくことが可能になるのです。

就活ノートを作る際のポイント3つ

就活ノートを作ることで就職活動を効果的に進めることが可能になります。しかし就活ノートはただ作ればいいというものではありません。作る際のポイントを守って作らなければ、就活ノートの効果を最大限引き出すことは出来なくなってしまいます。ここでは就活ノートを作る際のポイントとして重要なものを3つ挙げ、それぞれ解説していきます。それぞれのポイントをしっかりと押さえ、その上でノートの作成をおこなうようにしましょう。

①就活に必要な情報はすべてメモする

就活ノートを作る際のポイントの1つ目は、就活に必要な情報は全てメモすることです。「この情報は必要かどうか判断しづらいな」と思うようであれば、とりあえずメモしておくようにしましょう。そのときに必要だと思わない情報でも、後になって必要な情報になることもあります。就職活動の中で、途中で志望する業界が変わることもあるのです。

特に大きな軌道修正を行った際には、新たな視点でモノを見ることが必要になるため、それまで気にも留めなかった情報が重要なものになることもあるのです。就活では日々さまざまな情報に触れることになります。そのときの自身の尺度で「この情報は必要」、「この情報は要らない」と判断せず、就活において必要となる情報はひとまずメモしておくようにするべきなのです。

②自分の考えや感想も入れる

就活ノートを作る際のポイントの2つ目は、自分の考えや感想も入れて作成するということです。説明会や面接に参加する中で、「企業説明会に参加してみたら、〇〇というように感じた」など、思うことや感想も多くあることでしょう。それらの感情は自己分析を行う上で非常に重要になるものです。自分の考えや感想をノートに記しておくことで、後ほどそれを見返すことが可能になります。

見返す中で、その当時には見えなかった自分の新たな一面を発見することも出来るでしょう。自己分析は過去を振り返りおこなうものです。そういう意味では就職活動中に感じたことや感想についても、自己分析の材料として使うことが出来るのです。自己分析を深掘りすることが出来るよう、就活ノートには自分の考えや感想も盛り込んでおくようにしましょう。

③大学3年の夏には作る

就活ノートを作る際には、大学3年の夏には作るようにしましょう。「就職活動が本格的に始まってからで良いんじゃないの?」と思う就活生もいることでしょう。しかし就職活動において、やらなければならないことは多々あります。志望動機の作成や企業研究、SPIの勉強など、やるべきことは多岐に渡ります。就職活動が本格化してくると、ノートの作成に力を入れている暇など無くなるのです。

早いうちから情報をノートに記録していく癖をつけておくことが重要なのです。また大学3年の夏に、長期休暇を利用してインターンに参加する学生も多くいることでしょう。インターンで学ぶことは就職活動に大きな影響を与えます。その意味でも大学3年の夏には就活ノートは作っておくほうが良いのです。

就活ノートを作るときの注意点3つ

就活ノートを作る際、気を付けなければならない点があります。この注意点を守らずに作成すると、せっかく作った就活ノートを有効利用することが出来なくなってしまいます。作る以上は、就活に役立つものにしなければもったいないです。ここでは就活ノートを作成するにあたって、注意するべきポイントについて3点挙げ、それぞれ解説していきます。

就活ノートを有効利用して就職活動を上手く進め、内定を獲得できるよう、注意点もしっかりと押さえておくようにしましょう。

①一冊にまとめる

就活ノートを作成する際の注意点の一つ目は、一冊にまとめるということです。「分野別にノートを変えたほうが見やすくて良いんじゃないの?」と思う就活生もいるでしょう。しかし就活ノートは就職活動中持ち歩かなければならないものです。説明会やOB・OG訪問などあらゆる場面に持ち歩き、必要な情報をメモするために就活ノートは常に携帯できるサイズでなければなりません。

その場でどのような情報を得ることが出来るのかは、その時になってみなければわからないので、分野ごとに分けて管理していると、すべてのノートを持ち歩かなければなります。そのようなことがないよう、情報は一冊にまとめ、一冊の中で分野ごとに情報をまとめ管理するようにしましょう。

②情報過多にならないようにすっきりまとめる

就活ノートを作成する際の注意点の2つ目は、情報過多にならないようにすっきりまとめるということです。就職活動において得た情報をとにかくノートの上から順々に書いていくと、後から見返すとき、「あの情報はどこに書いたっけ?」と悩み、情報を探すのに要らぬ時間を費やしてしまう可能性があります。就活ノートを作成することにおいて、すぐに欲しい情報が取り出せるようにしておくことは非常に重要なポイントです。そのためただ情報を書いていくだけでは意味がないのです。

就職活動において耳に入る情報をメモしておくことは、非常に重要なことと言えます。しかし、情報過多になるほど集めるのも逆効果な点に気をつけましょう。就活ノートを作成する際には、集めた情報をしっかりと整理し、管理することに重点を置いて作るようにしましょう。

③テンプレどおりではなくてもいい

就活ノートを作成する際の注意点の3つ目は、テンプレ通りではなくてもいいということです。就活ノートを初めて作成する際、「どのように作れば良いのかな?」とネットで調べ、そこで見つけたテンプレ通りに作成を進めようとする就活生もいることでしょう。もちろんテンプレを軸にノートの作成を進めるのは悪いことではありません。

しかしテンプレに記載されている項目だけが自分にとって重要な情報ではありません。「テンプレには書いていないけれど、この情報は自分にとって必要だな」という情報もあるはずです。そのような際には、テンプレに捉われず、自分にとって必要な情報を記録しておくようにしましょう。テンプレはあくまで参考として、自分にとって必要な情報をノートにまとめていくのが重要なのです。

市販の就活ノートやスマホを活用するのもおすすめ

就活ノートは自作することができますが、市販のものも販売されています。市販の就活ノートには記入する項目がすでに記載されており、自分で自由に書き込むことができます。あらかじめ自己分析や他己分析をするためのページも用意されていることがあるため、スケジュール以外のあらゆる面でとても役に立ちます。また、ノートの内容をスマートフォンに取り込んでチェックできるものもあるため、持ち歩く必要がなく移動時間に情報を確認するのに便利です。

また、スマートフォンやタブレットを普段から活用しているのであれば、そうした端末に就活の情報をまとめておくのも良いでしょう。文字を打ち込んで情報を記録しておく以外にも、音声入力やタッチペンを使う方法があります。

無料ダウンロードできる就活ノートもある

市販の終活ノートを購入するのも良いですが、何かとお金のかかる就活では出来る限り出費は抑えたいものですよね。そんなときに使ってみてほしいのが、無料でダウンロード出来る就活手帳です。無料だからといって侮ってはいけません。就活で重要なスケジュール管理はもちろんのこと、リクルートサイトのID・PASS管理や面接での質問例、就活マナーまでこれ1冊あれば用が済んでしまうほど中身が充実しています。早期内定ガイドもついていますので、効率的に就活を進めたい人にはおすすめです。

《お役立ち資料》
【スケジュールから面接内容までこれ1冊!】オリジナル就活手帳

就活ノートを使って効率の良い就活をしよう

ここまで就職ノートを作成する意義と、作成にあたってのポイント・注意点を解説してきました。就活ノートはただ得た情報を順々に書き記していくだけでは、あまり意味はありません。得た情報を整理し、管理していくことで就職活動を効率よく進めることが可能になるのです。

就活ノートを作成にあたって、ここまで説明してきたように注意しなければならない点が多々あり、「作るのが面倒だな」と感じる就活生も多くいることでしょう。しかし、それらを守り適切な形でノートを作成すれば、自分の就職活動において大きな味方になってくれます。就活ノートを作成することで、内定に近づくことが可能になるのです。ここで紹介したポイントを押さえ、就活ノート作りに取り組んでみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ