内定について

【内定辞退後の呼び出し対処法】企業と円満な関係を保てる断り方

内定辞退をすると呼び出しをされることがある

就職活動において、めでたく内定を勝ち取ることが出来た時、大きな喜びと達成感を味わうことでしょう。しかし、複数の企業から内定を受けることが出来た場合には、一つの企業に絞らなければなりません。内定辞退を企業に申し出なければならないのです。内定辞退を申し出た際、「わかりました」と電話で対応が完了することもありますが、「一度話をしよう」といわれ、企業の担当者から呼び出されることがあります。

企業から内定辞退で呼び出された際、どのように対応すれば良いのでしょうか。ここでは内定辞退をして企業から呼び出された時の対処法を解説していきます。ケンカ別れではなく、円満に内定辞退を完了するためにどのようにすれば良いかをしっかりと学んでおくようにしましょう。

内定辞退による呼び出しする理由は説得するため

そもそもなぜ企業は内定辞退を申し出てきた学生をわざわざ呼び出すのでしょうか。その理由は、学生を説得するためです。企業は優秀な学生を確保するために多くの資金と時間を費やしています。それらを費やすことでやっと獲得することの出来た人材をそう簡単には手放したくないのです。

企業の担当者は内定辞退を申し出てきた学生と面談をおこない、その辞退理由を追及していきます。本当に他社でなくてはならないのか、やりたいことは自社でも実現できるのではないか、というポイントについて学生に追求し、何とか自社に留保しようと説得してくるのです。企業も莫大な資金と時間をかけて採用活動に臨んでいます。気軽に内定辞退されるわけにはいかないのです。

内定辞退をして呼び出しされたら断ってもいいのか

では、内定辞退の連絡をおこない、企業から呼び出しをされた際、その呼び出しには必ず応じなければならないのでしょうか。結論を先に申し上げますと、必ず応じなければならないというわけではありません。内定という段階では正式な雇用関係を結んでいるわけではないので、内定辞退をしたからといって、企業の呼び出しに応じなければいけないことはないのです。

しかし辞退の仕方には注意を払わなければ、トラブルに繋がってしまう恐れがあります。ここでは電話、メールそれぞれの場合において、辞退をおこなう際の注意点を解説していきます。後味が悪くならないよう、しっかりと押さえておくようにしましょう。

電話で断るときは?

内定辞退に関する呼び出しを電話で断る際には、毅然とした対応を心がけましょう。企業の採用担当者は内定辞退への対応を何度もおこなっており、学生から呼び出しを断られても、そこですぐに諦めるようなことはしません。呼び出しを断った際、「なぜ断るのか」と必ず追及されるでしょう。その際はっきりとしない応対をおこなってしまうと、押し切られ、断れなくなってしまう可能性が高いのです。

「大変恐れ入りますが、先ほど述べました通り、内定は辞退させて頂きます。そのため貴社に改めてお伺いさせて頂く理由はありません。申し訳ないですがお断りさせて頂きます」と毅然とした態度ではっきりといい切るようにしましょう。その際、言葉遣いが煩雑にならないように注意しましょう。トラブルに繋がらないよう、丁寧な口調で対応することが重要です。

メールで断る時は?

内定辞退に関する呼び出しをメールで断る際には、より丁寧な対応を心がけましょう。電話のように相手の声が聞こえるわけではないので、メールの場合、文面から相手の評価をおこないます。煩雑な言葉遣いになっていた場合はもちろん、表現が淡白で、内容を簡潔に述べ過ぎていると、「誠意が感じられない」と採用担当者に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

メールは文面でしか評価がされない分、電話の場合よりも一層、失礼の無いよう注意をしなければならないのです。内定を辞退するとはいえ、自身のことを評価してくれた企業なのです。そのような企業に対して最後まで誠実な対応をおこなうことは社会人として当然の守るべきマナーといえるでしょう。誠意の伝わる文面を作成することが必要です。

内定辞退による呼び出しにいかない場合

上述の通り内定辞退による呼び出しは断ることが可能です。しかし、「賠償金を請求されるようなことはないの?」など不安に思う就活生もいることでしょう。内定辞退に関する呼び出しにいかないことで不利益を被ることは基本的にはありません。ここでは就活生が誤解しがちな、呼び出しを断ることに関するリスクについて解説していきます。誤解していたことによって適切な判断が出来なくなってしまうことの無いよう、しっかりと理解しておくようにしてください。

賠償や罰則などはない

まず大前提として、内定辞退をしたからといって、賠償や罰則があるようなことはほとんどありません。内定者は正式に雇用契約を結んだ状態ではなく、仮に内定承諾書にサインをしていたとしても、内定承諾書自体には法的な拘束力はないのです。そのため内定辞退により賠償や罰則を与えられる可能性は限りなく少ないです。

しかし内定辞退の連絡が入社直前のタイミングになった場合や、内定辞退にあたっての対応が極めて不誠実だった場合には、何かしらの賠償や罰則を要求される可能性もゼロではありません。内定辞退の連絡をおこなう場合は、辞退の意思が固まり次第、早急におこなわなければ企業に多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。内定辞退の連絡をおこなう際には、早急かつ誠実な対応を心がけましょう。

後輩の就活に影響が出る可能性がある

後輩の就活への影響を心配する就活生もいることでしょう。内定辞退の旨の連絡をおこなうと、「そんな簡単に内定を断ってくるなんて…。もう信用が出来ないから、今後あなたの後輩も二度と採用しません」などと、企業から伝えられる場合もあります。このようなことを伝えられた場合には、毅然とした態度で対応することが重要になります。

企業は優秀な人材を獲得するために採用活動をおこなっています。一時の感情に身を任せて、優秀な人材が確保できる可能性のある窓口を自ら閉じてしまうようなことはしないのです。採用担当者の言葉に押されてしまうことなく、「申し上げました通り、内定は辞退させて頂きます」と毅然とした態度で応対するようにしましょう。

内定辞退での呼び出しを断る際の例文

「内定辞退での呼び出しを断ることが出来ることはわかったけれど、実際にどのようなことを述べれば良いのかわからない」と悩む就活生もいることでしょう。ここでは内定辞退での呼び出しを断る際の例文を紹介し、注意点を解説していきます。

内定辞退は企業にとってもちろん喜ばしいことではありません。そのため、ちょっとしたことでトラブルに発展してしまう可能性があるのです。以下の例文を参考に、適切な言葉遣いで対応できるようにしておきましょう。

例文①

〇〇株式会社
人事部人事課
〇〇様

いつもお世話になっております。
〇〇大学〇〇学部〇〇でございます。
早々にご返信頂きまして誠にありがとうございます。

頂いたご連絡に対するお返事ですが、
特段お伺いさせて頂く理由がないためご遠慮させて頂きたく思います。

以前に申し上げました通り、自身の人生について熟考した結果、
内定を辞退させて頂くことを決断したのであり、
その判断が変わることはありません。

勝手なことを申し上げて誠に申し訳ないのですが、
ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

---------------------

署名

この例文では、簡潔に辞退の旨を伝えることが出来ています。まず辞退の旨を伝え、その上でそのような考えに至った背景について簡潔に伝えることで、辞退について固い覚悟があることを伝えることが出来ているといえるでしょう。

この例文では、末尾で謝罪の文言を述べています。内定辞退に関する呼び出しを断る際、必ず謝罪の文言は述べるようにしましょう。内定辞退はこちらの都合でおこなうものです。内定辞退により少なからず企業は影響を受けることになるので、そのことに対する謝罪の気持ちを述べることは不可欠になります。

例文②

〇〇株式会社
人事部人事課
〇〇様

いつもお世話になっております。
〇〇大学〇〇学部〇〇でございます。

貴社にお伺いさせて頂く件ですが、
お伺いする理由がないためご遠慮させて頂きたく思います。

当方の都合で勝手なことを申し上げ、誠に申し訳ございません。
〇〇様には企業研究から志望動機の練り上げまで、
親身になってサポートして頂き、心から感謝しております。

また貴社から内定という形で評価して頂けたこと、大変嬉しく思っております。

貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。

---------------------

署名

この例文では、企業への感謝の気持ちを述べることが出来ている点が良い点だといえるでしょう。内定を獲得するまでの道のりの中で、企業の採用担当者には少なからずお世話になっているはずであり、感謝の気持ちを持っていることでしょう。

また内定という形で自信を評価してくれた企業に対して、有難く感じていると思います。そのような気持ちをしっかりと伝えることで、「内定辞退は残念だけど、誠実な対応を最後までしてくれたな」と採用担当者に好感を持ってもらうことが可能になるのです。

内定辞退の呼び出しには基本応じなくてもよい

ここまで内定辞退に関する呼び出しについて、その呼び出しに応じる必要があるのかという点から、断る場合の注意点まで解説してきました。内定辞退の呼び出しには基本的に応じる必要はありません。しかし断り方には注意が必要なのです。内定を辞退したからといって、その企業とのかかわりがそこで終わるとは限りません。

将来何らかの形でかかわることになる可能性もあるのです。内定辞退の呼び出しを断る際、それまでお世話になった感謝の気持ちを込め、最後まで誠意ある対応をおこなうことが社会人として求められるマナーです。内定辞退に関する呼び出しを断るにしても、丁寧にその事情を採用担当者に述べ、後味の悪い別れ方にならないようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ