就活その他

【就活をやめたらどうなる?】その後の進路と後悔しないためのポイント

就活が嫌でやめた人の多くは後悔する

ここ数年の就活市場は有効求人倍率が高く、「売り手市場」と呼ばれることも多いですが、だからと言って誰もが選考に通るわけではありません。何社も受けているのに内定が1つももらえないという状況に陥ってしまう可能性もゼロではないのです。そのような状況が続くなかで、「これ以上の就職活動は諦めようかな…」と考える就活生も出てきます。

諦めてしまうのもひとつの手ですが、この選択はその後の人生の方向性を定めるものといっても過言ではないため、安易に決めないようにしましょう。この記事では「就職活動を諦める」ということに焦点を当て、そう考える人の共通点や本当に諦める前にやっておいてほしいことをまとめてご紹介します。また併せて、就職活動以外の道についても解説していきますので、これからの進路に悩んでいるという方は参考にしてみてください。

就活をやめたくなる理由

冒頭でも述べたように、中には就職活動を諦めたいという方もいることでしょう。そう思うに至る理由は人によってさまざまですが、それがどういうものなのかによって提案できる解決策が違ってきますので、まずは原因をはっきりさせておいてください。ここでは、「就職活動をやめたい」と考えている人が抱えている理由として挙げられるもので特に代表的なものを2点ご紹介いたします。やめたくなるという気持ちは恥ずかしいものではありません。しかし、自分とは正直に向き合うようにしてください。

内定が取れない

就職活動をやめたくなる理由の1つ目が、「内定が取れないから」というものです。有効求人倍率が「1」以上になり、かつ年々上昇しているここ数年の世の中ではありますが、それでも就職先が決まらない人というのは毎年少なからずいます。選考の結果、不採用になったとしても、その決め手となった理由を企業側が教えてくれるわけではありません。

そのような現状に、「社会不適合者」の烙印を押されたのだと重く受け止めてしまう方もいることでしょう。また、終わらない就活に「つらい」という感情はどんどん大きくなっていくばかりです。ただしこの理由に関しては、実は「就職以外の道に進んだ方が向いている」と考えられる人もいます。そのため、「雇われて働く」という概念をいったん捨てて進路を考えてみたほうが良いのかもしれません。

就活仲間が内定していく

就職活動をやめたいと考える2つ目の理由が、「周りの就活仲間が内定していっている」という状況を嘆いたものです。就職活動を乗り切るために、ゼミの仲間やインターンシップで出会った仲間などと励ましあいながら取り組んでいるという方も多いことでしょう。そんな周りの就職仲間たちが内定を勝ち取っていくというのを自分のことのように喜ぶという方もいるでしょうが、同時に重いプレッシャーがのしかかってくるのを感じる方もいることでしょう。

そのような状況が長く続いてしまうと、「どうして自分だけ内定を取れないのだろう」と自己嫌悪に陥ってしまいがちです。この理由に関しては、あまり焦りすぎることのないようにしてください。焦りは自分の視野を狭め、また判断力を低下させる要因にもなってしまいます。

就活にお金がかかり過ぎる

就活中は予想以上にお金がかかります。試験会場までの交通費、飲食代、リクルートスーツなどの衣服代、企業と連絡をとるための通信費など、必要最低限のものだけでも学生にとっては大きな出費です。

また、女性はメイク用品なども必要になります。スーツはクリーニングする際にもお金がかかりますし、1着だけでは足りないこともあるでしょう。インターンシップなどで私服やオフィスカジュアルが指定されると、そのために新しく購入しなければなりません。

就活中はやることも多く、アルバイトをしていない場合も考えられます。出費がかさんでばかりだと、生活が苦しくなってしまうでしょう。特に一人暮らしをしていると、大きな出費は痛手となるはずです。

日本の就活自体が嫌になる

海外で生活した経験がある人や、海外の文化に興味がある人の中には、日本の就活自体に疑問を抱いている人もいるでしょう。アメリカなどは実力主義といわれ、本人のスキルや能力を重要視する傾向が強くなっています。一方、日本の就職活動では履歴書やエントリーシート、面接などの選考の際に、応募者の実力よりも、いかに企業へよい印象を与えらえるかを重んじている風潮があります。

いくら能力が優れていても、面接で正しい言葉遣いをして面接官に好印象を残せるように振る舞わなければ、内定をもらうことができないともいえます。そのような日本の就活システムに疑問を感じると、就活に取り組んでいこうとするモチベーションが下がってしまうかもしれません。

就活をやめる前に考えたいその後の進路

前の見出しでは、就職活動をやめたいと考える理由の中でも代表的なものをご紹介しました。「就職活動」以外にも進路はありますので、就職活動をやめる前にそれらについて十分知っておくことも大切だと言えるでしょう。ここからは、「就職活動を経て正社員として雇われる」以外に挙げられる3つの進路をそれぞれ解説していきます。なかには就職活動以外の進路のほうが向いているということも考えられますので、ぜひ一度参考にしてみてください。

大学院に進学する

就職活動以外の進路として考えられるものの1つ目が、「大学院への進学」です。大学を卒業してすぐに働き始めるというのもよいですが、大学での学びをさらに深める道に進むほうが向いているという方もいることでしょう。学びのほかにも、大学院を卒業してから就職すれば基礎的な賃金の上昇も見込めます。

また、「新卒」のブランドにこだわりたいのであれば、もう一度チャンスができることになるのがうれしいところです。しかし、大学院はあくまで「学ぶための場所」であることを忘れてはいけません。無事に卒業するためには大学よりもさらに高度な研究が必要になるため、就活うんぬんのためだけに進学するというのはやめておいたほうが良いでしょう。

フリーターとしてアルバイトをする

就職活動以外の進路として考えられるものの2つ目が、「フリーターとしてアルバイトをする」ことです。「非正規雇用」というかたちにはなってしまうのですが、とりあえず働き口を見つけるというのも悪いことではありません。というのも、雇用形態はどうであれ労働にはもちろん賃金が発生しますので、経済的自由を手に入れることができます。少しでも蓄えがあれば、今後の行動の自由度や可能性も広がります。無職でいるよりは良いことなのです。

また、アルバイトという立場でも仕事を日々頑張っていれば、正社員として雇用してもらえるというメリットもあります。非正規雇用だったとしても自分にぴったり合った仕事が見つかり、かつ正社員雇用を希望するのであれば、その旨を必ず伝えるようにしましょう。

技術やスキルを身に付けて起業する

就職活動以外の進路として考えられるものの3つ目が、「起業する」ことです。就職活動がなかなかうまくいかない方のなかにも、実は「雇われて働くことが肌に合わない」という方が必ずいます。自分で会社を興してみるというのもよいのではないでしょうか。もちろんですが、起業しても成功しないというケースもあります。

しかし、うまく軌道に乗せることができれば、周りの社会人よりも早く、多くの稼ぎを得ることだって夢ではありません。卒業後すぐに起業するというのもよいことですが、アルバイトなどで資金を集めてから開業するというのもひとつの手です。また、アルバイトのような非正規雇用の場合、正社員よりも時間を作り出すことが容易なので、勉強の時間を設けることもできるでしょう。

フリーランスで働く

企業に就職せずに、独立してフリーランスとして働くのもひとつの方法です。自由業とも呼ばれるフリーランスですが、働き方を自分で決められるメリットがあります。しかし、仕事を自分で見つけて、収入を得ることは簡単ではありません。

プログラマー、デザイナー、イラストレーター、ライターなどはフリーランスとしても働きやすい職種ですが、資格やスキル、どのような仕事をしていくかという明確なビジョンがないと生活していくのは難しいでしょう。

仕事を自分で作り出すアイデアも重要です。現在は以前に比べると個人でも情報を発信したり、商品を販売したりできる環境が整ってきました。フリーランスになるためには、自分で何ができるかを考えてビジネスにすることが大切になります。

自分にとって何が最優先事項なのか考える

まずは、自分にとって何が最も優先するべきことなのかをもう一度考えてみましょう。就活を続けていると心身ともに疲れてしまい、嫌になることもあります。しかし、嫌になったからと投げ出してしまっては、生活していけません。どのような形でも最低限の収入が必要です。

何のための就活なのか、就活を辞めるとしたら、それは何のためなのかを冷静になって整理してみましょう。よく考えてみて、自分にとって就活を続けるよりも優先するべきことがあるなら、辞めてもよいかもしれません。

大切だと思うものは一人ひとり異なります。自分の生活の中で最優先するべきものは何かが分かると、就活に対する意識も変わってくるはずです。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

就活をやめたことで後悔しないために

前の見出しで解説したように、就職活動をする以外にも進路はたくさんあります。そのため、「就職しなければならない」という固定観念は払拭するようにしましょう。問題は、就職活動を諦めたうえで「何も行動を起こさない」ことです。決断したその場ではすっきりするかもしれませんが、時がたつにつれ後悔の念にさいなまれることになるでしょう。そこでここでは、就職活動をやめたことでのちのち後悔しないために、とりあえずやっておいてほしいことを2つご紹介いたします。

もう一度自己分析をやり直してみる

就職活動をやめたことで後悔しないために、まずは自己分析をやり直してみるようにしましょう。就職活動がうまくいかない理由のひとつに、「活動の視野が狭すぎる」ということがよく挙げられます。現状でなかなか内定が得られていない人のなかにも、それに当てはまる方は少なくないことでしょう。むしろ、綿密に分析をすることによって、このような状況に陥りがちです。

自己分析の見直しによって志望業界や志望企業の視野を広げることで、より自分に合ったところに巡り合える可能性が高まります。凝り固まった固定観念をほぐすことは容易なことではありませんが、これまでに自分のことを不採用にしてきた企業を見返すつもりで行動してみましょう。

就職エージェントなどに相談する

就職活動をやめてしまう前に、「人の力を借りる」というのもよいことです。仕事を探す就活生と働き手を探す企業とを結びつける「就職エージェント」や、「大学の先生」などがこれに当てはまります。就職活動を自分一人の力で乗り切ろうとするのは難しいことです。これらの方々に相談して、自分に合った業界・企業探しやこれからの活動のヒントをもらうことができます。そうすれば、効率的に活動をすることができるでしょう。

また、なかにはエージェントを経由しなければ公開されないようなレアな求人もあります。募集人数が少ないなどの理由から、これらの情報は就職情報サイトには一切掲載されませんので、良い企業と出会うために行動してみるというのもよいのではないでしょうか。

就活をやめたくなったときは自分ともう一度向き合う

この記事では「就職活動を諦める」ということに焦点を当て、そう考えるに至る理由の代表例や本当に諦める前にやっておいてほしいこと、そして就職活動以外の道などをまとめてご紹介してきました。メリット・デメリットをよく考えたうえで就職活動をやめるのであればまったくもって構いません。しかし、「つらいことから逃れたい」という安直な考えで動くというのは避けておきましょう。

そのような場合、のちのち後悔することにもなりかねませんし、そうなったとしても、現代の世の中では「自己責任」で片づけられてしまう可能性が高まってしまいます。この記事を参考にして、就職活動をやめたいと思ったときには、もう一度自分と向き合うようにしましょう。何も「就職活動」だけにとらわれる必要はありません。それ以外にも進路は多くあります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ