職種研究

【デベロッパーに就職するには】仕事内容や必要な資格を紹介

デベロッパーに就職したいなら概要を把握しよう

デベロッパーは就活生に人気の職業です。そのため、選考通過を狙うには激しい競争を突破する必要があります。

デベロッパーと呼ばれる仕事は有名ですが、職業の詳細についてはあまり知られていません。「どんなことをする仕事なのか」「就職するためには何が必要なのか」を知っている人は少ないです。

言い換えれば、それらを理解して志望動機を具体的に書けるようになると、選考で周囲と差をつけることができます

本記事では、デベロッパーに関する基礎知識や仕事内容、業界の大手企業を紹介します。職業への理解を深めて対策を進める、デベロッパーへの就職を目指しましょう。

デベロッパーとはどんな職業なのか

デベロッパーとは、英語で「developer=開発者」の意味があります。主に「土地を開発する仕事」があり、不動産関係の職業です

デベロッパーについて理解を深めるには、そもそもどんな職業なのかを知っておく必要があります。デベロッパーは職業として有名であるものの、仕事内容については専門的な部分も多く、正しく理解できている人は少ないです

職業についての理解度が低ければ仕事への熱意をアピールすることができませんし、選考を勝ち抜くことも難しくなります。

デベロッパーに就職するためにも、まずは「どんな職業であるか」を正しく知っておきましょう。

土地開発をおこなう不動産関係の仕事

デベロッパーとは、簡単に言えば「土地開発をおこなう不動産関係の職業」です

不動産関係の仕事だと、家や不動産の賃貸・仲介・売買をイメージする人が多いですが、デベロッパーの場合はさらに対象とする範囲が広くなります。

1つの家や不動産を管理するのではなく、1つのエリアを開発するのがデベロッパーの仕事です。そのため「土地の取得」から「企画」「建築の計画」「販売」「管理」といった土地開発を総合的におこないます

場合によっては都市開発をおこなう場合もあり、手がける仕事の規模は非常に大きいです。

また、土地開発は闇雲におこなうのではなく、その地域に「どれだけの経済効果をもたらすのか」を検討したり、周辺住民の理解を得ながら進める必要があります。そのため、分析力やコミュニケーション能力が必要な仕事です。

デベロッパーの種類

    • 総合デベロッパー
    • マンションデベロッパー
    • オフィスデベロッパー
    • 電鉄系デベロッパー

    デベロッパーは土地開発をおこなう職業ですが、その中にもさまざまな種類があり、仕事内容は細分化されています。

    種類としては「総合デベロッパー」「マンションデベロッパー」「オフィスデベロッパー」「電鉄系デベロッパー」の4つが挙げられます

    「総合デベロッパー」は、マンション、オフィスビル、商業施設とさまざまな建物の開発をおこないます。主に規模が大きい都市開発に取り組むのが特徴です

    「マンションデベロッパー」は、新築マンションの企画や開発をおこないます。特定のエリアにマンションを建設し、その地域の発展に向けて開発するのが特徴です

    「オフィスデベロッパー」は、オフィスビルの建設や開発・企画をおこないます。日本橋や丸の内といった都心エリアを中心に、オフィスビルを建設するのが特徴です

    「電鉄系デベロッパー」は、鉄道沿線の都市開発をおこないます。他のデベロッパーと違い、鉄道会社と関連した企業の職種です

    デベロッパーの具体的な仕事内容については、別の記事でも紹介しています。併せて読み、デベロッパーに関する理解を深めてください。

    自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

    自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
    そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
    My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

    My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

    デベロッパーのやりがい

    デベロッパーについて理解を深めるためには、仕事のやりがいを知っておくことも大切です。そうすると、仕事内容に対する理解をさらに深め、デベロッパーを目指すモチベーションを高めることもできます

    仕事をする上で魅力があることは大切ですし、大きな達成感があれば得られる満足度も高まります。

    デベロッパーに対する理解を深め、働くイメージを明確に持てるようになりましょう

    街をつくった実感が得られる

    デベロッパーは種類によって担当する分野が違いますが、土地開発の点においてはどれも共通しています。

    土地開発はいわば地域活性化につながる「街づくり」であり、街をつくった実感が得られることがデベロッパーのやりがいの一つです。街づくりによって人々の生活や街の景観を変える要因になり、そのエリアにおける生活をより豊かにすることができます。

    土地開発の目的は「その土地をより便利に、より豊かにすること」であり、多くの人の生活をより充実させるのに貢献できるのが魅力です。

    また、デベロッパーの仕事は地図に残る仕事ですので、自身の仕事の成果を認識しやすいのも特徴です。地図にも後世に残る仕事であり、街づくりによって現在の暮らしにも影響を与えられる仕事ですので、やりがいは大きいと言えます

    街の価値を高められる

    デベロッパーの仕事は土地の取得から建築までであり、開発が完成すれば仕事は一旦終了となります。

    しかし、街づくりは1回の土地開発だけで完成するものではなく、その後もしっかりと管理しなければなりません。デベロッパーの仕事は土地開発の終了で終わらず、建物が完成した後のメンテナンスや空室対策と、長期的に管理することまでが仕事です

    土地開発を手がけた街は長期的に関わることになり、管理を通して街の価値を高められることも大きなやりがいです。

    街の価値を高めることはエリアの魅力向上だけでなく、そこに住んでいる人の暮らしを豊かにするものでもあります。街をつくり、街の価値を高めることで多くの人を幸せにできることも、デベロッパーのやりがいの一つです

    不動産業界の売上高ランキング

    不動産業界 売上高ランキング

    1. 1三井不動産1兆9,056億円
    2. 2三菱地所1兆3,021億円
    3. 3住友不動産1兆135億円
    4. 4大東建託9,736億円
    5. 5東急不動産HD9,631億円
    6. 6野村不動産HD6,764億円
    7. 7オープンハウス5,403億円
    8. 8オリックス4,666億円
    9. 9レオパレス214,335億円
    10. 10ヒューリック3,572億円

    不動産業界の2019年から2020年にかけての売上高ランキングは、上記の通りとなっています。1位は1兆9,056億円の「三井不動産」2位が1兆3,021億円の「三菱地所」3位が1兆135億円の「住友不動産」でした。

    これら3社は全国に営業所を構え、幅広い地域で不動産を取り扱っています。また、国内のみではなく、発展途上国を始めとする海外の物件も多く扱っており、事業をグローバルに展開しているのが特徴です。

    ひとことで「不動産デベロッパー」と言っても、主とする事業内容や利益率が異なります。大手の企業について知ると、不動産業界ではどのような仕事が中心に行われているのか把握することができます

    以下より、不動産業界の上位3社の特徴や事業内容について整理しました。それぞれの違いを知り、就職先選びに役立ててください。

    1位:三井不動産

    三井不動産は、商業施設の賃貸を強みとする業界最大手のデベロッパーです。

    主な物件として「霞が関ビルディング」「ららぽーと」「三井ガーデンホテルズ」があり、オフィスビルから大型商業施設と多岐にわたって事業を展開しています

    国内は日本橋エリアを中心にオフィスビルを建築し、海外は上海、ニューヨーク、ロンドンと世界主要各国にて事業を進めているのが特徴です。

    三井不動産は業界大手で人気の高い企業ですので、高倍率の選考を通過するには入社意欲が伝わる志望動機を用意しなければいけません。そのため、三井不動産への就職を検討する際は、扱っている業務のうち「何に携わりたいか」を明確にしておきましょう

    三井不動産の主な物件

    • オフィスビル
      霞が関ビルディング、グラントウキョウノースタワー、日本橋三井タワー、汐留シティセンター、ゲートシティ大崎、新宿三井ビルディング、東京ミッドタウン、赤坂Bizタワー
    • 商業施設
      ららぽーと、ステラタウン、ララガーデン、ダイバーシティ東京プラザ、三井アウトレットパーク、銀座並木通りビル、池袋グローブ、赤れんがテラス
    • ホテル・リゾート
      三井ガーデンホテルズ、はいむるぶし、フォレストカントリークラブ三井の森

    不動産業界の志望動機を書くなら、以下の記事を参考にしてください。例文も載っているので、志望動機を書くのに役立てることができます。

    2位:三菱地所

    三菱地所は、オフィスビルの賃貸、分譲住宅を強みとするデベロッパーです。

    三菱地所の特徴として、日本一の企業集積を誇る丸の内エリアを中心に、オフィスビルの賃貸事業を展開しています。丸ビルを始めとする、約30棟のオフィスビルを丸の内に建設しているのが強みです。

    オフィスビルは部屋ごとに賃貸契約を結び、コストをかけずに収入を得ることができます。そのため利益率が高く、それが三菱地所の収入源であり強みです

    三菱地所には多くの部門があり、それぞれ必要になるスキルも異なります。海外部門では英語のスキルが重視されるため、希望する場合はTOEICのスコアがアピールできる水準にあるか確認しましょう。

    三菱地所の主な物件

    • オフィスビル
      丸の内ビルディング、新丸の内ビルディング、三菱UFJ信託銀行本店ビル、明治安田生命ビル、新国際ビル、大手町パークビルディング、日比谷国際ビル、博多深見パークビルディング
    • 商業施設
      アクアシティお台場、汐留タワー、サンシャインシティ、マークイズ、プレミアム・アウトレット、大阪アメニティパーク(OAP)、
    • ホテル
      丸の内ホテル、東京ステーションホテル

    TOEICを就活にどう活かせるかは、以下の記事で解説しています。併せて読み、アピールできる材料を増やしましょう。

    3位:住友不動産

    住友不動産は、オフィスビルと分譲住宅の賃貸を強みとするデベロッパーです。

    住友不動産は日本橋、三菱地所は丸の内と、上位2社のように強みとするエリアはありませんが、六本木、渋谷、新宿と各所にオフィスビルを持っています

    また、銀座や八重洲の都心部や、目黒、武蔵小山の「城南エリア」に高級マンションを持っており、東京都内におけるマンション所有棟数は業界No.1です。

    住友不動産は全社員6,000名のうち、総合職は10%のみです。そのため、将来の経営幹部候補となる総合職になるのは狭き門であり、毎年の採用は20名程度となっています

    住友不動産に就職するには、高い倍率を通過できるように入念な対策をすることが大切です。

    参照:「採用メッセージ|住友不動産

    住友不動産の主な物件

    • オフィスビル
      住友不動産六本木タワー、住友不動産麻布十番ビル、住友不動産新宿グランドタワー
    • 分譲マンション
      グランドヒルズ元麻布、ワールドシティタワーズ、シティテラス吉祥寺南テラス
    • その他
      ソララガーデン、シーサイドももち、東京メガシティ、ラ・トゥール

    デベロッパーへの就職に役立つ資格やスキル

    • 宅地建物取引資格
    • 英語力
    • コミュニケーション能力

    デベロッパーは人気の職業であり、就職するためには念入りに対策を立て、準備を進めなければなりません。職業についての理解を深めることも大切ですが、それだけでは対策として不十分です。

    デベロッパーに就職するためには、資格の取得やスキルを身につけておく必要があります。街づくりを実現する過程には、さまざまな人との連携が重要です。

    仕事で活躍するためにも高い能力が必要ですので、就職に向けて資格やスキルの取得を目指しましょう。

    宅地建物取引士資格

    デベロッパーとして就職するためには、宅地建物取引士の資格を取得するのをおすすめします。宅地建物取引士は「宅建」と呼ばれる資格であり、不動産取引における重要事項の説明をおこなうために必要な資格です

    資格を取得するには不動産についての幅広い知識や、法律の勉強が必要であり、これらはデベロッパーとして働く上で欠かせません。

    デベロッパーは土地の取得から建築までを総合的に手がけますので、それらに関わる多くの専門知識が必要です。入社後に取ることも可能ですが、学生の間に取っておくと就活でアピールできる強みとなります。

    必ずしも取得しなければならない資格ではありませんが、就活の時点で持っていれば高評価につながるのでおすすめです。

    英語力

    不動産業界は海外にも事業を展開しており、商談相手が外国企業の場合もあるため、英語力が求められる機会も多いです。

    英語力がなく意思疎通が図れなければ、街づくりのスタートラインに立つこともできません。デベロッパーとして活躍する上で、英語力があると有利に働きます。

    不動産業界で必ずしも英語力が必要になるわけではありませんが、デベロッパーの場合は多くの場面で使えるので、身に付けておくと良いでしょう。

    また英語に限らず中国語も含めた語学のスキルは、就活でアピールの材料になることも多いです。語学力は武器になりますので、自分が志望する企業が事業展開している国を把握しましょう。

    英語力をアピールする方法は別の記事で紹介しています。併せて読み、就活を有利に進めましょう。

    コミュニケーション能力

    デベロッパーが手がげる事業は規模が大きく、土地開発をする過程において多くの人が関わります。

    デベロッパーは土地開発における指揮官、監督としての存在であり、実際に建築などを進めていくのは建築会社で働く人たちです。開発計画に合わせて人を動かしていかなければなりませんので、コミュニケーション能力は必須となります

    また、不動産業界の上位企業は以下の人材を求めています。

    • 三井不動産
      「何事にも本気で向き合える人、人との関わりを大事にする人」
    • 三菱地所
      「多様な関係者と信頼関係を構築しリーダーとして事業を推進できる人」
    • 住友不動産
      「前例に囚われず自らの頭で考え、リーダーシップを持って仕事に取り組める人」

    このように、自ら前向きに行動でき、周りの人を引っ張れる人材が大切であることが分かります。

    デベロッパーの事業は単独でできず、大勢の人との関わりの中で進められる仕事です。相手の年齢に関係なく接し、信用を獲得できなければなりませんので、高いコミュニケーション能力が必要です。

    コミュニケーション能力を高める方法は、別の記事で紹介しています。併せて読み、就活でのアピールにつながるスキルを身につけましょう。

    <!-- カメレオン2スタート -->

    コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

    コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

    そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

    My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

    コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

    <!-- カメレオン2エンド -->

    デベロッパーの仕事を理解して就活準備を始めよう

    デベロッパーは土地開発、街づくりをおこなう不動産関係の職種であり、人々の生活に深く関わっている仕事です。土地開発によってそのエリアに大きな影響を与えますし、街が変わればそこに住む人たちの生活にも変化が現れます

    良い変化をもたらすことができればいいですが、失敗すれば不便を感じさせてしまいますので、責任感が必要な仕事でもあります。街づくりに関わり、やりがいは大きいものの、その分大変な仕事でもあることを知っておかなければなりません

    デベロッパーは就活生に人気の職業なので、就職するためには職業についての理解をしっかりと深めておくことが大切です。

    しっかりとアピールできる能力を身につけて、就職を目指しましょう。

    監修者プロフィール

    ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
    吉川 智也(よしかわ・ともや)
    1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
    現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

    記事についてのお問い合わせ