職種研究

【デベロッパーに就職するには】仕事内容や必要な資格を紹介

デベロッパーに就職したいなら概要を把握しよう

デベロッパーは就活生に人気の職業であり、就職するためには職業の概要について正しく理解しておくことが大切です。デベロッパーという職業自体は有名ですし、人気も高いですが、職業の詳細についてはあまり知られていません。どんなことをする仕事なのか、就職するためには何が必要なのかを知っている人は少なく、それらを理解しておくことで、周囲と差をつけることができます。

人気の職業は応募者が多く、倍率も高いのでしっかりと対策をしておかなければ就職することはできません。デベロッパーに就職できるかどうかは、事前の対策によって決まります。デベロッパーの概要について知り、職業への理解を深めて対策を進めることで、デベロッパーへの就職を目指しましょう。

デベロッパーとはどんな職業なのか

デベロッパーについて理解を深めるためには、そもそもどんな職業なのかを知っておく必要があります。デベロッパーは職業としては有名なものの、仕事内容などについては専門的な部分も多く、正しく理解できている人は少ないです。職業についての理解度が低ければ仕事への熱意をアピールすることができませんし、選考を勝ち抜くこともできません。デベロッパーとして就職するためにも、どんな職業であるかを正しく知っておきましょう。

土地開発をおこなう不動産関係の職種

デベロッパーは、簡単に言えば土地開発をおこなう不動産関係の職種です。不動産関係の仕事と言えば、家や不動産などの賃貸・仲介・売買などをイメージする人が多いですが、デベロッパーの場合はさらに対象とする範囲が広いです。1つの家や不動産を管理するのではなく、1つのエリアを開発するのがデベロッパーの仕事であり、土地の取得から建築の計画など土地開発を総合的におこないます。

規模の大きいものであれば都市開発などをおこなう場合もあり、手がける仕事の規模は非常に大きいです。土地開発は闇雲におこなうのではなく、地域住民に求められるものでなければなりませんので、ニーズを読み取るマーケティング力なども必要な仕事です。

デベロッパーの種類

デベロッパーは大きく括れば土地開発をおこなう職種ですが、デベロッパーにはさまざまな種類があり、仕事内容は細分化されています。デベロッパーの種類としては総合デベロッパー、マンションデベロッパー、オフィスデベロッパー、電鉄系デベロッパー、などが挙げられます。総合デベロッパーは文化・商業施設などさまざまな建物の開発をおこない、規模の大きい都市開発などをおこなう仕事です。

マンションデベロッパーはマンションの企画や開発、オフィスデベロッパーはオフィスビルの建設や開発・企画などをおこなう仕事です。電鉄系デベロッパーは鉄道沿線の都市開発をおこなう仕事であり、他のデベロッパーと違い、鉄道会社と関連した企業の職種となっています。

不動産業界内定者のESを覗き見!

不動産業界は人気が高く、内定を得るためにはまずESが評価される必要があります。しかし、ESの作成が苦手という就活生は多く、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが「不動産ES回答集」です。

この回答集には、大手不動産に内定をもらった就活生のESが掲載されています。三菱地所、三井不動産、東急不動産など、大手のES回答集が無料でダウンロードできるため、他の就活生に差をつけて対策をしたい就活生におすすめです。

デベロッパーのやりがい

デベロッパーについて理解を深めるためには仕事のやりがいを知っておくことも大切です。やりがいを知っておくことで仕事の理解をさらに深めることができますし、デベロッパーを目指すモチベーションを高めることもできます。仕事をする上ではやりがいがあることは大切なことですし、大きなやりがいがあれば、仕事から得られる満足度も高くなります。デベロッパーのやりがいを知り、職業への理解を深めて志望度を高めていきましょう。

街をつくった実感が得られる

ディベロッパーは種類によって仕事内容や担当する分野が違いますが、土地開発の点ではどれも共通しています。土地開発はいわば街づくりであり、街をつくった実感が得られることがデベロッパーのやりがいの一つです。街づくりによって人々の生活や街の景観を変える要因になり、多くの人に影響を与えることができます。

土地開発の目的はその土地をより便利に、より豊かにすることであり、多くの人の生活をより充実したものへと変えていくことができます。デベロッパーの仕事は地図にも残る仕事ですので、自身の仕事の成果を確認しやすいです。地図にも残り、後世に残る仕事でもありますし、街づくりによって現在にも影響を与えられる仕事であり、やりがいは大きいでしょう。

街の価値を高められる

デベロッパーの仕事は土地の取得から建築までであり、街づくりが完成すれば仕事は一旦終了となります。しかし街づくりは1回の土地開発だけで完成するものではなく、その後もしっかりと管理しなければなりません。デベロッパーの仕事は土地開発の終了とともに終わるものではなく、建物の完成後のメンテナンスや空室対策で長期的に管理することまで含めて仕事です。

土地開発を手がけた街は長期的に関わることになり、管理を通して街の価値を高められることも大きなやりがいです。街の価値は住んでいる人の幸せにもつながりますし、街の価値を上げることで住民の幸福度を上げることもできます。街をつくり、街の価値を高めることで多くの人を幸せにできることも、デベロッパーのやりがいの一つです。

不動産業界の売上高ランキング

不動産業界の売上高ランキングTOP10

  1. 三井不動産 1兆5,679億円
  2. 飯田グループHD 1兆1,360億円
  3. 三菱地所 1兆0,094億円
  4. 住友不動産 8,549億円
  5. 東急不動産HD 8,154億円
  6. 大東建託 7,748億円
  7. 野村不動産HD 5,695億円
  8. レオパレス21 5,114億円
  9. 大京 3,348億円
  10. 東京建物 2,600億円

平成27年から28年までの売上をもとに、不動産を取り扱う企業の売上高ランキングを業界動向リサーチを参考に紹介します。一位は15679億円の三井不動産、二位が飯田グループホールディングスの11360億円、3位が三菱地所で10094億円でした。これら三社は全国に営業所を構え幅広い地域で不動産を取り扱っています。また、国内のみではなく、発展途上国などの国外の物件も多く扱い、事業はグローバルに行われています。この記事ではこれら上位3位までの企業について調べてみました。

三井不動産

三井不動産は、霞が関ビルディングや、ららぽーと横浜をはじめとした大型の建築物や地域のマンションなど多岐に渡って扱っています。そのため、就職を目指す場合は三井不動産の扱っている業務のうちどれを希望するかを明確にしておかなければなりません。また、三井不動産は人気の企業なので倍率が非常に高く、高学歴の人の就職率が高い傾向にあります。これまで大学で勉強してきたことを、上手にアピールして採用確立を高めましょう。

飯田グループホールディングス

飯田グループホールディングスは戸建分譲事業、マンション分譲事業や請負工事事業を取り扱っている企業です。民間に特化していて地域ごとに根付いた事業展開をしています。そのため就職を目指す時は不動産と地方、都心での問題点や改善点を考えておく必要があります。飯田グループホールディングスも大きな企業ですから、就職した後どの部門で働きたいかをしっかりと考えましょう。そのうえで自分のこれまでの経験が何に活かすことが出来るかを整理しておく必要があります

三菱地所

三菱地所も学生に人気な企業の一つです。三菱地所では個人のお客様向けの分譲マンション、一軒家から、法人向けの大規模商業施設、貸しビルなどの大きな物件など、幅広い不動産を取り扱っています。不動産のタイプによって部門が異なり、必要になるスキルも異なります。とくに海外部門では英語のスキルが重視されるので、そこを希望する場合はTOEICなどのスコアを見て求人の要件を満たしているか確認しましょう。自分がどの部門で働きたいかを考えて置かなければ採用担当者が入社後の姿を想像することが難しくなってしまいます。

デベロッパーとして就職するために必要な資格やスキル

デベロッパーは人気の職業ですので、就職するためには念入りに対策を立て、準備を進めておかなければなりません。職業についての理解を深めることも大切ですが、それだけでは対策としては不十分です。デベロッパーとして就職するためには、必要な資格の取得やスキルを身に付けておく必要があります。デベロッパーは街づくりを手がける大変な仕事であり、簡単にできるものではありません。仕事で活躍するためにも高い能力が必要ですので、就職に向けて資格やスキルの取得を目指しましょう。

宅地建物取引士資格

デベロッパーとして就職するためには、宅地建物取引士の資格が必要になることが多いです。宅地建物取引士は宅建と呼ばれる資格であり、不動産取引における重要事項の説明などをおこなうために必要な資格です。資格の取得のためには不動産についての高い知識や不動産に関係した法律などの勉強が必要であり、これらの知識はデベロッパーには欠かせません。

デベロッパーは土地の取得から建築までを総合的に手がけますので、それらに関わる高い知識が必要になります。知識がなければ仕事を進めることはできませんし、就活でも不利になってしまいます。必ずしも資格を取得しておかなければならないわけではありませんが、就活の時点で持っていれば高評価につながりますので、取得を目指しましょう。

英語力

不動産業界はグローバル化をしており、商談相手が外国企業であることもあるため、英語力が求められる機会も多いです。デベロッパーは国内の土地開発だけではなく、海外の土地開発を手がける場合もありますので、英語力は必須です。英語力がなく、意思の疎通が図れなければ街づくりのスタートラインに立つこともできませんし、英語力があることは前提条件でもあります。

不動産業界で必ずしも英語力が必要になるわけではありませんが、デベロッパーの場合はほとんどの場合で必要になりますので、必ず身に付けておきましょう。また英語に限らず、語学のスキルはアピールの材料になることも多いです。英語以外でも語学力は武器になりますので、身に付けているのであれば積極的にアピールすることが大切です。

コミュニケーション能力

デベロッパーが手がげる業務は規模の大きいものが多く、土地開発にはたくさんの人が関わっています。デベロッパーは土地開発における指揮官、監督としての存在であり、実際に建築などを進めていくのは建築会社で働く人たちです。開発計画に合わせて人を動かしていかなければなりませんので、コミュニケーション能力は必須となります。

コミュニケーションが得意で、チームプレイができる人がデベロッパーに向いていると言われていますので、さまざまな人と協力できなければなりません。デベロッパーは一人でできる仕事ではなく、大勢の人との関わりの中で進められる仕事です。相手の年齢に関係なく接し、信用を獲得できなければなりませんので、高いコミュニケーション能力が必要です。

デベロッパーは生活に深く関わるお仕事だった

デベロッパーは就活生に人気の職業ですので、就職するためには職業についての理解をしっかりと深めておくことが大切です。デベロッパーは土地開発、街づくりをおこなう不動産関係の職種であり、人々の生活に深く関わっている仕事です。土地開発によって街は大きく変わりますし、街が変わればそこに住む人たちの生活にも変化が現れます。

良い変化をもたらすことができればいいですが、失敗すれば不便を感じさせてしまいますので、責任感が必要な仕事でもあります。街づくりに関わり、やりがいは大きいものの、その分大変な仕事でもあることを知っておかなければなりません。デベロッパーにはさまざまな能力が必要ですので、しっかりと能力を身に付けて、就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ