職種研究

【総合職と一般職の違い】将来の働き方を見極め賢い選択をする方法

総合職と一般職の違いを理解しておこう

就職活動で企業にエントリーする際に、総合職と一般職のどちらで受けるかを選択することがあります。総合職と一般職にはどのような違いがあるのでしょうか。総合職と一般職の違いを理解していなければ、入社してから「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。就職活動は、これからの人生が決まる大切な活動です。

就職活動では、自分がやりたい仕事内容だけでなく、これからのライフプランまで考える必要があります。そのため、総合職と一般職の違いを理解しておくことは大切です。総合職と一般職の違いを理解することで、自分が求める働き方を選ぶことができます。入社後に後悔しないように、総合職と一般職の違いをしっかりと理解しておきましょう。

総合職と一般職の仕事内容

総合職と一般職では仕事内容が違っています。総合職と一般職の仕事内容の違いとは何でしょうか。総合職と一般職のどちらを選ぶかという判断をするために、仕事内容を知ることは必要不可欠です。それぞれの仕事内容を知ることで、総合職と一般職のどちらが自分に合っているかを判断できます。総合職と一般職の仕事内容の違いを理解して、自分がやりたい仕事を選択しましょう。

総合職は企業の基幹業務

総合職の仕事は、判断が必要とされる企業の基幹業務をおこなうことです。総合職は入社後、本人の希望や適性から営業、マーケティング、商品開発、広報、購買、生産管理、人事、経理、総務、法務などの部署に配属され、配属された部署でさまざまな基幹業務をおこないます。総合職では、女性も男性と同等の扱いをされるので、責任の大きな仕事を任されることもあります。

また総合職は、将来的に管理職になることを期待されて採用されるので仕事内容の範囲が広く、結果を求められる仕事も多いです。仕事内容の範囲が広く、責任の大きな仕事も多いので大変ですが、さまざまな仕事を経験したり、研修制度が充実している場合が多いので、自身のスキルアップができる職種です。

一般職はサポート業務中心

一般職の仕事はサポート業務中心で、事務職が多いです。基本的には総合職をサポートする仕事なので、仕事内容の範囲は総合職と比べると狭いです。そのため、毎日同じような作業をすることが多くなります。また総合職と違い、大きな責任を伴う仕事を任せられることはありません。

一般職では、外部からの電話や来客の対応、郵便の仕分け、社内文書作成、書類のファイリング、データ入力・集計、商品の受発注や出荷処理などが主な仕事です。企業によっては、一般職に勤怠管理や経費精算管理、伝票処理を任せる場合もありますが、基本的には判断を必要とする基幹業務を任されることはありません。

総合職と一般職の4つの違い

総合職と一般職では仕事内容に大きな違いがありましたが、仕事内容以外では何が違うのでしょうか。総合職と一般職では、働き方やキャリアアップ、採用枠に違いがあります。総合職と一般職のどちらを選ぶか判断するには仕事内容だけでなく、会社に入ってからの働き方やキャリアアップについても目を向けなければなりません。また採用枠が多いか少ないかによって、内定をもらえるかどうかにも影響してきます。これらの違いをしっかりと把握しておきましょう。

①選考の時期

総合職と一般職の選考時期の違いについてみていきます。総合職と一般職では、選考の時期に違いがあります。総合職は、一般職よりも先に選考を開始する場合が多いです。一般職は、総合職の採用状況が落ち着いてきた後から開始されることになります。総合職のエントリーシートは2月から受付をおこない、一般職は4月中旬から始まるというように時期をずらしておこなわれるのです。

総合職と一般職の両方の選考を考えている場合、総合職の選考を先に受けてから一般職を受けることができます。総合職の方が先になることが多いといえますが、企業によって時期が異なる場合もあるため、選考の日程についてはよく確認して間違えることのないようにしましょう。

②働き方

総合職と一般職では働き方が大きく違っています。総合職は幹部候補生なので、管理職として必要な知識や能力を学ぶためにさまざまな部署を異動する場合が多く、転居を伴う転勤もあります。会社によっては海外に転勤する場合もあり、世界中のどこにでも転勤する可能性がある職種です。反対に、一般職は基本的に転居を伴う転勤はなく、同じ部署で長く勤務することが多い職種です。

また総合職は仕事内容の範囲が広いため、就業時間内に仕事が終わらず、夜遅くまで残業することもあります。反対に、一般職は日々の仕事内容が安定しているため、残業をあまりしない場合が多いです。

③年収・キャリアアップ

総合職と一般職では、キャリアアップも違っています。総合職は企業の幹部候補として採用されているため、一般職と比べて昇進や昇給しやすいです。総合職は定期的に昇進や昇給がある場合が多く、年収が上がりやすいといえます。また、仕事で成果を出せば、さらに昇進や昇給しやすくなるという特徴があります。

一般職も昇給はありますが、総合職と比べると大きな昇給は望めないです。一般職は事務作業が主ですが、昇給しようと思い事務スキルを高めても、なかなか評価されず昇給につながらない場合が多いです。企業によっては能力や勤務態度を見て、一般職から総合職にキャリアアップできる場合もあります。

④採用枠

企業が新卒採用をするうえで採用する人数は決まっています。企業によっては、採用する新卒の男女比や、どこの大学から何人採用するといったことを、あらかじめ決めている企業もあります。就活生は、企業が決めた採用枠を勝ち取らなければいけないのです。総合職と一般職の採用枠は企業や業界によってさまざまですが、一般的には総合職の方が一般職よりも採用枠は多いです。

女性の社会進出が増え、女性が働きやすい社会になったことで、総合職を希望する女子学生もたくさんいます。しかし、女性が働きやすくなったといっても、まだ男女間の格差は存在しています。就職活動でも男性総合職に比べて、女性総合職は採用枠が少ないです。特に大手企業は希望する人数自体が多いため、女性総合職の難易度が跳ね上がるということを理解しておきましょう。

就活生が事前に確認しておくべきポイント

就職活動をするときには、将来的なキャリアプランや、女性なら結婚や出産をすることも想定しなければなりません。自身のキャリアプランやライフプランを考えたうえで、総合職と一般職のどちらを選ぶのか決める必要があります。

キャリアプランや結婚、出産を考えるときに、事前に確認しておくべきポイントは何でしょうか。入社してから後悔しないように、総合職と一般職で事前に確認しておくべきポイントをしっかりと押さえておきましょう。

結婚や出産後に働きやすいのは?

女性が働きやすく活躍しやすい企業が増えている中、多くの女性が悩むことは、結婚や出産後に働き続けるかどうかということです。結婚や出産を機に退職する女性も多いですが、結婚や出産後も働き続けたいと考える女性は大勢います。自分が結婚や出産後にも働き続けたいかということを考えておかなければなりません。

また、女性が出産する場合は、産休や育休をとって何か月も業務を離れます。産休や育休後に職場復帰しやすいのは総合職か一般職なのかを見極める必要があります。一般的には、一般職のほうが産休や育休後にも職場復帰しやすいです。しかし、総合職が出産後に職場復帰できる場合もあり、企業によって産休や育休の制度に違いがあります。出産しても働きたい場合は、出産後にも働ける企業かどうかという点を、事前に確認しておきましょう。

総合職と一般職で迷っている女子就活生はこちら

女子就活生は、仕事を選ぶ際に結婚や出産も視野に入れて考えている場合が多くあります。仕事も一生懸命しながら子育ても両立したいという女子就活生のために、就活の未来では女子就活マニュアルを公開しています。

育児休暇制度が充実している企業など、女性が気になる福利厚生面などを企業ごとにまとめて紹介しています。女性管理職の割合や女性社員の数なども、仕事選びの参考になるでしょう。また、社会人として働く女性からの「こんな会社はやめておいたほうがいい」という声も取材しました。無料で公開している資料ですので、総合職と一般職で迷っている女子就活生はぜひ利用してみてください。

入社後に総合職から一般職への変更は可能?

総合職で入社した人の中には「総合職で入社したけど、一般職に変更したい」という人もいます。入社前は、キャリアアップを考えて総合職のほうがいいと思っていても、実際に入社すると仕事の忙しさや男女格差を目の当たりにして、総合職から一般職に変更したいと考えるのです。入社後に総合職から一般職へ変更することは可能なのでしょうか。

入社後のコース変更は、企業によって対応が違いますが、コース変更ができることも多いです。その企業の女性活用の状況や、働きやすい環境づくりにどれほど力を入れているかということが重要です。企業のホームページや面接の際に確認することで、働きやすい企業を選ぶようにしましょう。

総合職と一般職で迷ったときの対策

みなさんは入社するまでに、総合職か一般職か自分なりにきちんとした方向性を決めてどちらか選んで採用されているはずです。

ひとくちに総合職を選ぶのか、それとも一般職を選ぶのかは簡単なことではありません。自分の中でどちらに向いているのか、将来的な自分の人生設計も照らしあわせて慎重に考えなくてはならないことです。

そのような場合は、次の3つの要素を考えながら自分の選択を深く考えてみると、より明確にどちらを選択すべきか自分の方向性が見えてきます。

OB訪問をして社員に相談する

あなたが就職を希望する企業には、あなたの出身大学や出身地域の先輩が何人かいる可能性があります。その先輩にアプローチするための接点を見つけることが大切になります。

もしも自分が総合職か一般職か選択に迷った時は、この先輩のうちの誰かに会って相談することをおすすめします。

なぜなら、彼らも就活生として同じような道をきっと辿ってきているからです。社会人として活躍しているということは、現役の就活生よりも先に多くの経験を積んできているといえます。必ず何らかのいい意見やアドバイスを持っているはずです。したがって、先輩の意見は参考にするべきでしょう。今まで知らなかった幅広いものの見方を自分に取り入れると、自分では見えていなかったものが鮮明に見えてきたりするものです。

企業研究をおこなう

総合職と一般職で迷った場合、企業研究をおこなうのがよいでしょう。企業研究は、自分が働きたいと考えている会社について調べて、自分との相性を見極めることです。業務内容の他にも、勤務条件や待遇、職場の雰囲気について調査し、それぞれ比較するのがおすすめです。

また、企業研究が終わったら、自分が希望する職種で入社後にどう働くかをシミュレーションしてみましょう。実際に働く姿をシミュレーションすることで、総合職と一般職のどちらを選択すれば間違いないか判断できます。

また、採用枠の多さなども比較して、どちらの方が良いか考えてみましょう。総合職と一般職の違いを把握したうえで、企業研究をしていくことが大切です。

自己分析をする

よく、就職活動で大学の就職担当者から「自己分析をしっかりしなさい。」と言われます。なぜ、自己分析することが必要なのでしょうか。それは、普段あまり自分を冷静に見つめる機会が少ないため、自分で自分をきちんと理解しているのかわからないことがあるためです。

自己分析の簡単なやり方としては、生まれてから現在までの人生を振り返って、経験したことや頑張ったことなどを色々と紙に書き出す方法がおすすめです。自己分析をする際には、テーマを設定して深掘りしてみることが大切だといえるでしょう。そうすることで、自分で自分をもっとよく理解することができ、総合職と一般職のどちらが自分に合っているかの判断材料とすることができます。

自分の性格はどうなのか、強み・弱点はどこにあるのか、自分の人生をどう考えているのかなどの視点を中心に考えていくとよいでしょう。

ライフイベントを見据えた選択をしよう

就職活動をする前に、自分がどのように働きたいかということを考えるのは大切です。キャリアアップや高い年収を目指して総合職を選択するのか、転勤がなく残業も少ない一般職を選択するのか、ということを決めておく必要があります。女性の場合は、結婚や出産後も働き続けたいかという点を考えて、総合職と一般職を選ばなければなりません。

今の時点で出産後は退職して専業主婦になりたいと考えていても、5年後に同じ考えかどうかはわからないです。総合職を希望する場合は、出産後も働くことができるように、企業研究や面接のときに企業の状況や働きやすい環境づくりをしているか、という点もチェックすることが大切です。自分のライフイベントを見据えて、総合職と一般職のどちらを選ぶか決めるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ