面接対策

【面接の受け答えのポイント】練習方法や頻出の質問をご紹介

面接の受け答えに悩む人は多い

面接の受け答えに悩む人は多く、上手に回答できずに不合格になってしまうは人はたくさんいます。就活の選考では面接がメインですし、面接では質問に対してどんな回答をするかによって評価を決定します。

もちろん受け答えの内容以外にもさまざまな点が見られていますが、回答内容が重要視されていることは確かです。面接を攻略するためには、受け答えについてしっかり対策することが大切であり、きちんと対策を練っていれば選考を突破するのは難しいことではありません。

大切なのは事前にしっかりと準備をしておくことであり、面接についても練習しておけば攻略することは可能です。面接攻略のポイントは受け答えにありますので、事前にしっかり練習して、対策を練っておきましょう。

面接の受け答えでは何が見られているのか

面接では受け答えの内容によって評価を決定しますが、具体的にはどのような点が評価されているのか知らない人が多いです。ただ闇雲にアピールするだけでは効果的ではありませんし、アピールの仕方を間違えればマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

面接を攻略するためには、何が求められているかを知った上で評価される内容でアピールすることが大切です。面接での受け答えでは何が見られているのかを知って、高評価の獲得を目指しましょう。

コミュニケーション能力

面接での受け答えで見られているポイントとしては、コミュニケーション能力が挙げられます。面接官からの質問に対して、上手に受け答えができるかどうかで、コミュニケーション能力の有無が見られています。

コミュニケーション能力はどの業界、企業、職種でも必要なものであり、社会人として必要な基本的な能力です。コミュニケーション能力がなければ仕事で活躍するのが難しい場合は多く、どの企業でも最低限の能力は求められます。

コミュニケーション能力をアピールするためには、面接官との会話を意識しながら面接を進めていくことが大切です。能力が高ければ高評価に繋がりますが、最低限の能力さえ示せれば、マイナスの印象を与えることはありません。

自分の意見を言えているか

null

自分の意見を言えているかも、面接で評価されているポイントのひとつです。面接は自分らしさを発揮する場であり、自分がどのような人間なのかを知ってもらうためにおこないます。そのため個性をしっかりと伝えることが大切であり、いかに自分らしさが発揮できるかが評価されるためのポイントです。

個性を伝えるためには自分の意見を伝えることが大切であり、積極的に発言しなければなりません。就活の指南書などをコピーしてありきたりな意見を言うのではなく、自分で考えたことを言葉にして伝える必要があるので注意しましょう。当たり障りのない回答をしていれば大きくマイナスの印象を与えることはありませんが、それではプラスにもならないため、結果的に不合格になることが多いです。

質問に対してきちんと答えられているか

質問に対してきちんと答えられているかも、評価されているポイントです。質問の意図をきちんと理解して回答することが大切であり、これは面接を攻略するための基本的な注意事項でもあります。

質問されたこととは別の内容で答えてしまうと、質問の意図が理解できていないとしてマイナスの印象を与えてしまうので注意しなければなりません。また自分勝手に回答していると思われる場合もあり、自己中心的な印象を与えてしまう可能性もあります。

マイナスの印象を避けるためには、余計なことを答えずに聞かれたことに対して簡潔に発言することが大切です。質問に対して端的に回答ができることで、質問の意図が理解できていること、物事の本質を捉えて意見を言える能力などがアピールできます。

面接の受け答えにおける基本

面接に慣れない内は、受け答えに迷うことも多いです。しかしいくつかの基本を押さえておけば、本番で予想もしないような質問をされた場合も、自信を持って対応することができます。あらかじめ、面接の受け答えにおける基本をしっかり理解しておきましょう。

面接官の質問にただなんとなく回答するだけでなく、的確に回答できているか、自分の意見をきちんと言えているか、という点に気を付けましょう。ここでは、面接の受け答えで重要となるポイントを紹介します。

結論から述べる

null

どんな質問に対しても、結論から述べていくのは面接における基本中の基本です。多くの場合、面接は時間が限られていますので、先に理由を長々と述べてしまうと、面接官を待たせることになってしまいます。

また、面接は一対一とは限らず、集団面接のこともありますし、面接官は一日に何人もの就活生と対話します。他の就活生と差をつけるためには、インパクトのある受け答えが重要です。最初に印象付けられるような一言を、前もって考えておくとよいでしょう。

さらに、結論から述べることで、自分の言いたいことを構成しやすい、というメリットもあります。先に理由から述べ始めると、自分が何を言いたかったのかわからなくなってしまうことがあります。結論から話すことで先にゴールを示しておくと、自分も話しやすくなるでしょう。

聞かれたことに対してしっかり回答する

聞かれたことに対してしっかり回答するのは、一見、当然のことのように思えます。しかし、質問の意味を取り違えて、面接官が意図したのと違う受け答えをしてしまうことは、よくあります。

面接に際しては、質問を想定して回答を準備したりしますが、決まりきった回答やエピソードを暗記してしまうと、つい本番でそれが出てしまうことがあります。よくある例は、「学生時代にがんばったこと」を聞かれているのに、サークル活動を始めた動機を述べてしまう、といったものです。

練習ではうまくいっても、本番になると緊張したり、思わぬハプニングに見舞われて慌てたりして、つい暗記したコメントを無意識に述べてしまうことがあります。どんなときでも質問の意図をしっかり掴むように心がけましょう。

正しい姿勢と明るい表情で話す

意外にも重要なのが、姿勢や表情です。暗記した回答を述べ始めると、思わぬ方向を眺めてしまい、面接官と目が合わなくなったりします。面接官は、多くの就活生と対面しているプロなので、そういう表情はすぐに見抜かれてしまうと考えましょう。

面接の受け答えでは、コミュニケーション能力をアピールするのも重要です。姿勢を正して表情を明るくするだけで、意欲的に見え、志望度が高いと感じさせることができます。正しい姿勢と、明るい表情で話すようにしましょう。

受け答えを考えている最中は、しかめっ面になってしまう人も多いですが、しかめっ面はマイナスイメージに繋がります。また、ずっと無表情でいるのも、興味がなさそうに見えるのでよくありません。練習時に鏡を見てみるのもいいでしょう。

あなたの面接力は何点?

今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを試してみることがおすすめです。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

面接の受け答えで注意したいポイント

面接で受け答えをする際には注意すべきポイントがいくつかあり、それが守れていないとマイナスの評価に繋がる可能性があります。面接ではいかに好印象を与え、プラスの評価を勝ち取るかが大切ですが、それだけではなくどれだけマイナスの印象を与えずに済むかも重要です。

受け答えが完璧で高評価を得ていたとしても、注意点が守れていないことでマイナスの印象を与え、それが原因で評価を下げられ不合格になる可能性もゼロではありません。不合格のリスクを少しでも下げるためにも、注意点をきちんと理解しておきましょう。

スムーズに話せる=高評価ではない

面接では受け答えがスムーズにいくと手応えを感じやすいですが、スムーズに話せたからと言って必ずしも高評価になるわけではありません。スラスラと回答できたとしても、話の内容が薄ければ意味はないので注意しましょう。

また、スムーズに話せたからといって伝えるべきことが伝わっているとは限りません。面接では自分について伝えることが大切なので、スムーズに話せたかどうかよりも、伝えることを意識する必要があります。

しどろもどろになってしまったとしても、伝えたい内容さえ相手にきちんと伝えれば問題はありません。スムーズに話せるかどうかは大きな問題ではなく、大切なのは自分のことをしっかり相手に伝えられることだと考えておきましょう。

「えっと」「あの」など話すときのクセに注意する

面接に慣れないうちは、緊張して「えっと」「あの」などの口グセが頻発することがあります。あまり多いと耳障りですし、自信がないように見えてしまいます。緊張していない場合でも、普段からクセがよく出ると誤解されるかもしれません。

自己アピールや志望動機がよく練られていて、面接官を引き付ける内容であったとしても、クセを多用されるとそちらの方が気になってしまい、肝心の内容を伝えられません。「えっと」「あの」などのクセを予防するには、普段からこれらの口グセが出ないよう、心がけるのが一番重要です。

言葉のクセは自分では気づかないことが多く、自分にクセがあるとは思っていない人も多いでしょう。面接の受け答えを一度、他の誰かに聞いてもらうのもいい方法です。

言葉遣いも評価されている

null

面接では発言内容はもちろん、言葉遣いも評価の対象です。質問に対しての回答が良かった場合でも、言葉遣いが悪いとマイナスの評価になってしまうので注意しなければなりません。

言葉遣いとしては特に敬語が見られており、これがきちんとできていなければ大きくマイナスの印象を与えてしまいます。敬語はビジネスマンにとっての基礎的な能力であり、どの業界、企業でも共通して必要な能力です。

敬語がきちんとできていない=社会人としての自覚が持てていないと判断される可能性も高く、言葉遣いには慎重にならなければなりません。言葉遣いは一夜漬けでどうにかなるものではありませんので、日頃から正しい言葉遣いを意識して生活し、少しずつ身に付けていくことが大切です。

「ですます」口調で丁寧に話す

面接では、思いもしないような質問をされて、返答につまることもあるでしょう。そういった場面で、つい普段の使い慣れた言葉使いをしてしまうのはよくありません。敬語に自信がなくても、ですます調だけは忘れないように心がけましょう。

ですます調でしっかり話すことができれば、一生懸命に考えている姿勢をアピールできます。しかし、ときどき相づちなどで「うん、うん」と普段のクセが出てしまう人がいます。面接官に失礼にならないよう注意しましょう。

とくに人前で話し慣れていない人は、それだけ他人に指摘される機会も少ないので、面接などの機会でうっかりクセが出てしまいがちです。自分の話し方について、誰かに聞いたり、自分の言葉を録音して聞いてみると、思わぬクセに気づくことができます。

嘘はすぐに見抜かれる

面接では難しい質問をされる場合も多いですが、回答に困って嘘をつくのは避けましょう。嘘はすぐに見抜かれる上に、信用を大きく損なってしまうため、評価を大幅に下げられてしまいます。その場で嘘がバレなかった場合でも、後々自分の首を絞めることになるので、嘘はつかずに正直に回答することが大切です。

就職前に嘘がバレれば内定取り消しになる恐れもあります。嘘をついて評価されても意味はありませんし、過大評価は自分を苦しめるだけです。面接は自分のことを知ってもらうためにおこなうものですし、嘘はつかずに正直に回答することを心がけましょう。

面接前には履歴書の内容を確認しておく

面接は事前に提出した履歴書やESを見ながら進められ、それらを踏まえて質問されることが多いです。面接で履歴書と同じ質問をされる場合、履歴書に記載した内容と面接でアピールする内容が大きく違ってしまうのはNGです。

アピールの内容が変わってしまうと、どちらを信用していいのか分からず、面接官が混乱してしまいます。一貫性がないとしてマイナスの評価にもなってしまうので、面接前には履歴書をしっかりと見直し、どのような方向性でアピールするのかを確認しておくことが大切です。

履歴書やESは文字数の制限があるため、アピール内容は簡潔にまとめなければなりません。面接では口頭で細部まで膨らませるのがポイントですので、大筋は履歴書に書いた内容を伝え、細かい部分は口頭で補足して伝えましょう。

受け答えを上達させる面接練習の方法

面接では、受け答えを上達させるために練習をしておくことも大切です。面接では緊張してしまい上手に受け答えができないという人も多いため、事前に練習して慣れておく必要があります。

面接は緊張度の高い場ですし、多少の緊張は仕方ありません。むしろある程度緊張感があった方が集中して取り組めますので、高評価も獲得しやすいです。しかし、緊張しすぎるのはNGで、本来の実力が発揮できないのはよくありません。受け答えを事前練習で上達させて、緊張を和らげて落ち着いて面接に臨みましょう。

模擬面接

面接での受け答えを上達させるためには、模擬面接がおすすめです。模擬面接をすることで、より本番に近い雰囲気を感じながら面接の練習ができます。模擬面接は大学のキャリアセンターや外部のセミナーなどで体験できますし、まずはそれらを利用してみましょう。

キャリアセンターでは事前予約制のところが多いですが、予約さえしていれば基本的には無料で利用できます。外部セミナーの場合でも、初回は無料の場合が多いですし、お試しとしてそれを利用してみるのもおすすめです。

また、模擬面接は必ずしもプロにお願いしなければならないわけではありません。友人や家族などに面接官役をやってもらいながら練習する方法もありますので、もっと気軽に練習したいなら、そちらの方法を選ぶのもいいでしょう。

一人で練習

面接の練習は2人以上いないとできないと考える人が多いですが、実際にはそうではありません。ビデオに録るなど、工夫をすれば面接の練習は1人でもできます。1人でも実際の面接を想定して練習することは大切です。

練習の有無で本番での振る舞いも変わりますし、一度流れを確認しておけばそれだけで本番での緊張感を和らげることができます。面接の流れを一通りおこない、ビデオで確認しながら良い点、悪い点を洗い出し、悪い点は改善するのがおすすめの方法です。

面接中の振る舞いは自分ではなかなか分からないものですし、客観的に眺めることで改善点が見つかる場合も多いです。1人でならいつでも練習できますし、模擬面接より気軽に面接対策をおこなえます。

声に出して練習することが大切

受け答えを上達させるためには、1人で練習する場合でもしっかり声に出すことが大切です。頭で考えているだけと、実際に声に出すのでは感覚が違いますし、実際に声に出してみなければ分からないこともたくさんあります。

声に出してみることで、どれくらいの長さで答えるられるかが分かりますし、事前に準備した回答の長さや言い回しなどもチェックできます。面接では回答の長さや言い回しも重要であり、長すぎても短すぎてもいけません。頭で考えているだけでは分からないことも多いため、1人でもきちんと声に出して練習することを心がけましょう。

受け答えの上達には面接で頻出の質問の対策も必須

面接での受け答えを上達させるためには、面接で聞かれる質問の回答内容を考えておくことも大切です。業界や企業によって面接で聞かれる質問は違いますし、すべての回答内容を考えることは不可能ですが、頻出の質問だけに絞れば可能です。

面接では業界、企業で共通した頻出の質問があり、それをきちんと把握して、回答内容を考えておくことが攻略に繋がります。頻出ということはそれだけ企業でも重要視されている質問ですので、回答内容は必ず考えておきましょう。

自己紹介

面接の冒頭で自己紹介が求められることがほとんどです。自己紹介は本人確認の意味でおこなわれるだけではなく、最初のアピールの場としても設けられています。自己紹介の時点から評価はスタートしているので、しっかりとアピールすることを意識しておきましょう。

自己紹介では大学名や名前が必須ですが、これらを伝えるだけではアピールにはなりません。所属している部活やサークル、アルバイト、自身の性格などを簡潔に伝え、自分を知ってもらうことが大切です。

基本的な情報も伝えつつ、自分という人間を知ってもらうための情報も織り交ぜることがポイントです。自己紹介はあくまで話のきっかけ作りに過ぎませんので、ここで多くを伝え過ぎないようアピールの長さには注意しましょう。

志望動機

志望動機は就職先を決める上で非常に重要なものであり、面接では必ず聞かれる質問です。志望動機は単に企業を志望した理由やきっかけを伝えるだけではなく、いかに志望度が高いか、仕事への熱意があるかをアピールすることが大切です。

企業は志望動機から自社への興味関心の高さや成長意欲などを判断しているため、それらをしっかりアピールしていかなければなりません。志望度の高さをアピールするためには、なぜその企業を選んだのか、他の企業ではなぜダメなのかを明確にして伝えることが大切です。

他の企業でもいいのではないかと思われてしまうと、マイナスの印象を与えてしまい評価も下げられてしまいます。志望先の企業だからこその強みなどを踏まえ、他社との差別化を図ってアピールしましょう。

自己PR

自己PRも面接では頻出の質問ですので、必ず回答内容を考えておかなければなりません。企業がどのような人材を求めているのか、志望業界、企業ではどのような資質が求められているのかを知った上で、アピール内容を考えていきましょう。

企業は自社で活躍し貢献してくれる人材を探していますし、自社との相性のいい人材を採用したいと考えています。ただ自分のいいところをアピールするのではなく、志望先に合わせてアピール内容を変えることが大切です。

受け答えが上達すれば面接は攻略できる

面接を攻略するためには受け答えは重要であり、これは事前にしっかり練習していれば上達させることができます。受け答えに余裕を持てれば、面接もスムーズに進められますし、合格率も高くなります。

上手に受け答えができていれば、しっかり練習をしてきたことが面接官にも伝わり、企業への志望度の高さなどを感じ取ってもらえますので好印象になりやすいです。就活では面接が選考の中心となっていますし、これを攻略しないことには内定を獲得できません。

面接をいかにスムーズに攻略できるかが、素早く内定を獲得するためのポイントだと言えます。面接での受け答えは練習次第で必ず上達しますので、しっかり練習して就活の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ